「ミドルフィンガーはサムズアップの対極か?」

世界一周450日目(9/21)

 

 

イェーテボリの
朝の空は白かった。

IMG_5782

 

 

 

テントをたたんで駅へと向かう。

IMG_5786

 

 

 

もちろん次の街まではヒッチハイクだ。

物価もクソ高い。

 

 

スウェーデンの売店ではよく
「セット売り」を見かける。

1つのお菓子なり果物なりを買うよりかは、
2つや3つ買う方がお得なのだ。

おかげで食べ物を買う時には
まんまとお店側の戦略にはまってしまっている。

やっぱ食ベ物の値段高いよなぁ。

 

 

駅の売店でコーヒーとセット売りのフルーツと
パンひとつ買うと、あっという間に食費は
700円くらいになってしまった。

IMG_5790

これ怖くない?駅構内にある女のコの銅像。
最初見たとき「うわっ!」って言ったもん。
めっちゃ落ち込んどる…。

 

 

 

 

ヒッチハイクポイントがある場所までは
通勤電車に乗った。

IMG_5792

 

 

イェーテボリから5つくらい先の駅だ。
そのお値段66クローナ(1,239yen)。

は、はは…。
交通費もアホみたいに高いや…。

 

 

北欧の電車は日本のグリーン車よりも綺麗だった。

IMG_5793

僕、グリーン車乗ったことないけど(笑)。

 

 

 

駅名はアナウンスのみの通知だったので、
降り過ごさないように注意する。

駅から少し歩いたところにIKEAがあり、
すぐその先にハイウェイへ続く道がある。

IMG_5797 IMG_5798 IMG_5799

 

 

 

 

IKEAでトイレをすませると、
僕はヒッチハイクポイントへと向かった。

実際、その場所に行ってみると、
全然車が止まるようなスペースがなかった。

スウェーデンのヒッチハイクの成功率は
「average(平均)」と書かれれていたが、
どれくらい時間がかかるんだろうか…??

 

 

僕はギターケースから
黄色い画用紙を取り出した。

ドルトムントでバスキングをやった時に
日本人のサポーターの方からもらったものだ。

表面には
「香川選手おかえりなさい」
と書かれている。

IMG_5804

 

 

 

裏面に筆ペンで「Malmo」と書いた。

次の目的地はスウェーデンで
三番目に大きい街、マルメ。

海を渡るハイウェイを辿れば
そこはデンマーク、コペンハーゲン。

 

 

僕はコペンハーゲンに戻らなくてはならない。

24日の飛行機のチケットは
アイルランド行きだ。

 

 

さあ、今日はどんな出会いが
待っているんだろう?

 

 

元気よくやって来る車にボードを振りかざした。

朝の時間帯で車の交通量は少ない。
一体ここを通る車のどれほどが
マルメへと行くのだろうか?

それなりにレスポンスはあったが、
一台も止まってくる車はない。

もしかして目的地を
書いてるからいけないのだろうか?

僕としても一発でマルメまで
行けるとは思っていない。

イェーテボリからマルメまでは
200km以上も離れている。

 

 

運転手からいつものように
「行き先がちがうんだよ」や
「がんばれ!」となんかの
ハンドサインを送られてくる。

無表情で中指を立ててくるヤツもいた。

いや~、久しぶりだなぁ。

久しぶり過ぎてドキっとなったよ。

 

 

 

 

ついつい考えてしまう。

 

 

『僕は親指を立てる。
ヤツは中指を立てた。

これって”真逆の位置関係”に
あるんじゃないか?』

と。

 

 

僕は「乗せてくれないか?」
とハンドサインを送り、

ヤツは「乗せるもんか!」と言う。

 

 

そーいうことだろう。

別に無視すりゃあいいものを。

精神年齢が低いんだろうか?

どんな場所にも嫌悪感を露わにしなくちゃ
気が済まないヤツはいるさ。

あー、気にしてもしょうがねえ。

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に
2時間が過ぎた。

僕は何度か場所を代えてみたが、
結果は同じだった。

ハイウェイ直前で、
まだスピードを出し切っていない車だが、
どうやらここは車が止まるスペースがない。

その間に僕は新たに
「ファックサイン」を送って来る運転手に
二回も会った。

 

 

もう慣れたよね。

お金も払わずにタダで
移動しようとしていることが気に喰わないのか。
高い金払って手に入れた自分の車に、
タダで乗るってのが気に喰わないのか。

まぁ、貧乏バックパッカーなんてそんなもんだし、
人の好意をあてにしているところもある。

その土地に、働いて、お金を稼ぎ、
毎日を暮らす人とは、
僕は真逆の位置にいる人間だ。

ただそこを通り過ぎるだけの、
風みたいな存在。

風来坊とはそういう意味なのかもしれない。

IMG_5805

 

 

 

 

 

 

 

てか車止まんねぇ~~~~~~…。

 

 

自分がそんな長い時間、
同じ場所に留まっているなんて感覚はなかった。

向こうからやって来た車に笑顔で
ひたすらアピールする。それの繰り返し。

え?まさかここで野宿とか、
そんなギャグはないっすよね?

IMG_5809

 

 

 

 

 

「10マイルほど離れた
ファルケンボーグまでだったら
乗せてあげるよ?」IMG_5811

 

 

 

3回目に場所を代えた時に
ようやく車が止まってくれた。

運転手のお兄さんはビール会社で働く
カラッツさんとう方だった。

両親のIKEA買い物につき合って、
その帰りだと言う。

車の後ろにはプラスチックの籠が
3つほど置いてあった。

 

 

やっぱり、車に乗せてくれる人は
どこか似ている気がする。

どこか優しげで、それを相手に感じさせる
空気感みたいなのがある。

スウェーデンは電気を買う際に、
電力会社を選べるんだとかそんな話をした。

 

 

 

 

僕は途中にあるガソリンスタンドで
降ろしてもらった。

IMG_5813

 

 

お礼を言ってカラッツさんの車を見送る。

ガソリンスタンドで売られている食べ物は
やっぱり値段が高かった。

ここまで食糧を運ぶコストがかかるからだろう。

 

 

何も買わずにトイレを済ませ、
マルメ行きの看板の少し手前で親指を立てる。

一気に気温が下がり、パタゴニアのフリースを羽織った。

街から離れれば離れるほど、
人は優しくなっていくような気がするのは
僕だけだろうか?

 

 

 

 

15分もしないで車が止まってくれた。

タバコをプカプカ吹かすカップルだった。

IMG_5818

 

 

 

ドライバーの髭をたくわえた
ガタイのいいお兄さんはムッツりしていて、
彼女の方はタバコを吹かしながら
楽しそうに喋っていた。

後部座席に座った僕とは特に会話はなかったけど、
ただ単純に「行き先が同じだから乗せてやるよ?」
という優しさだった。ありがとう。

 

 

何度か寝落ちしかけ、
揺られる車に頭をぶつけては目を覚ました。

ヨーロッパのハイウェイ沿いの景色は
ほんとうによく似ている。

畑や森があり、時々風力発電の羽が回っている。

使われなくなった大型トラックの側面に
「Burger King 1km」なんか書かれた広告
が一面に貼られ、畑の隅っこに放置されていたのが、
スウェーデンにしては雑だなぁと意外に思えた。

IMG_5815

 

 

 

大きなガソリンスタンドに着くと、
お兄さんは「ここまでで悪いね」と言ってくれた。

何をおっしゃいますやら♪
ここまで僕なんかを乗せてくれて
ありがとうなのに。

IMG_5819

 

 

 

ガソリンスタンドでコーヒーと
チョコバーを買って休憩した。

カプチーノやマキアートが出てくる
コーヒーマシーンがお店の中に置いてあり、
お客さんはそれをついでレジに行く。

 

 

『これってタダ飲みできそうだな…』
とついつい思ってしまう。

僕は先にお金を払って、
ちょっと高いカフェラテをいただいた。
大人になれてません。いぇあ。

 

 

 

コーヒーを飲むと僕はヒッチハイクを
開始しようとガソリンスタンドの出口へと向かった。

そこには既に二人のバックパッカーが
ヒッチハイクしていた。

IMG_5821

 

 

 

ポーランドから来た二人は僕と同じ
マルメが目的地だった。

別に急ぐ旅でもないので、
近くベンチに腰掛けて順番を待った。

ここに来たのは15分前だという。
やって来た場所も僕と同じイェーテボリだった。

彼女の方はドライバーに直接交渉しにいき、
10分もかからないで車をゲットしていた。

やっぱ女のコだと車捕まえるのが早いよね。

 

 

「乗せてくれない?」

「いいとも」

「二人なんだけど、
大丈夫かしら?」

「いいよ♪」

って行てみたら
彼氏がいるっていう。

後部座席でいちゃついたら殴りそうだ(笑)。

ごめん、
漫画家の妄想だから許してね。

 

 

 

 

ポーランドの二人がいなくなって
僕もヒッチハイクを開始した。

雲がずいぶん低いところを流れていた。

カラスが太陽に向かって
風に乗って飛んでいく姿は、どこか美しく見えた。

IMG_5826

 

 

 

何台か車が通り過ぎ、
近くに停まっていた車に
おじいちゃんが戻って来ると、僕に手招きをした。

オゥヴァさんというおじいちゃんは片耳が聞こえず、
会話をすると時には僕は
はっきりと喋らないといけなかった。

 

 

「あそこに狩猟状があって、
シーズンになると海外から
ツーリストがやってくるんだよ」

とか

「あそこに原子力発電所が見えるだろう?
スウェーデンには10台ほどあるんだ」

とか

「あそこに見える建物は
部屋を借りるのにとてもお金がかかるんだ」

とか車を走らせながら僕に色々と教えてくれた。

 

 

乗っていたレクサスは
今日の走行距離を示していた。230km。

きっと今日の僕と同じような距離を
移動してきたんだろう。

IMG_5829

 

 

 

マルメの中心地近くに着くと、
オゥヴァおじいちゃんは
僕をメトロ乗り場の前で降ろしてくれた。

IMG_5832

 

 

 

「ここからコペンハーゲン行きの
電車に乗ることができるよ。
ええっと、確か100クローナ
ちょっとだったかな?」

隣りの国に行くのに
1500円くらいで行けるだなんて。
これならヒッチハイクする必要はないな。

 

 

オゥヴァおじいちゃんとハグをして別れた。

19歳の孫娘さんがいるらしい。
とても優しい笑顔をしてきた。

IMG_5830

 

こういうヒッチハイクのあとは
とても優しい気持ちになれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

日曜日のマルメの街は
静まりかえっていた。

IMG_5835 IMG_5838 IMG_5839

 

 

街の中心地をぶらついてみたが、
カフェくらいしか開いていなかった。

僕は噛みタバコを買ってみた。

nudie jeansの写真に時々、
バックポケットに丸い跡がついているものを
見ることがある。

あれは噛みタバコのケースを
入れている跡らしいのだが、
一体どんなものなんだろう?

 

 

ミャンマーやインドでクチャクチャして、
濁った唾液をペッと吐き捨てるのを
見たことがあるけど、まぁ物は試しだ。
ひとつ買ってみよう。

45クローナ(686yen)でてきとうに
ひとつ選んで買ってみた。

味わい方が分からない。
とりあえず不味い唾がでるくらいだ。
これなら普通のタバコの方がいいな。

 

 

でも、最近すい過ぎで
肺がゼーゼー言ってるから、停煙で。

IMG_5844 IMG_5847 IMG_5850 IMG_5857

 

 

 

 

 

マクドナルドでコーヒーひとつ注文すると
24時過ぎまで作業した。

Wi-Fiとコンセント。

物価の高い国すら
300円もあれば作業ができる。

IMG_5861

 

 

 

お客を長居させないためだろうか?

マクドナルドの入り口は
ずっと開けっ放しになっており、
外から冷たい風が入ってきた。

 

 

寝床を探しに外へ出ると、気温は一気に下がった。

体をこわばらせながら深夜のマルメの街を歩く。

今日の寝床は公園。

冷たい風に木々もざわめく。

IMG_5863

——————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

それでもヒッチハイカーです。

イェーテボリからマルメまで電車で行っていたら
どれだけかかるか考えると背筋がゾッとします。

いいヒッチハイクもあるけど、
車が捕まらないとやっぱりそれなりに疲れます。

あ~中指立てられるとけっこうショックだよねぇ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!