「にっちゅう」

世界一周35日目(8/2)

ユースホステルに
泊まっているあんちゃんたちに

「ツアーいっしょに行かない?」

と誘われたが、
僕は行かなかった。

と言うより行けなかった。

お金がないし、

なにより僕の旅は
観光名所を巡る旅ではないのだ。

世界遺産の町、
ピンヤオに来れただけでも十分だ。

それに、
僕は「旅する漫画家」を
名乗ってる以上、
漫画を描かねばならない。

呼和浩特(フフホト)の
投資目的に次々と建てられた、
誰も住まない高層ビルから、
僕はインスピレーションを受けたのだ。

今日はその話の下書きをしようと
決めていた。

「INTO THE WILD」

と言う、大好きな映画がある。

予告編をスクリーンで見た時は
衝撃を受けた。

『こんな旅の映画があるなんて‼』

一部劇場でしか
上映されなかったこの映画を
僕は新宿の映画館で見た。

構成、音楽、世界観、
どれをとっても最高だった。

『こんな漫画を描いてみたい!』

この映画は僕に漫画のヒントを与え、
僕を旅へと駆り立てたのだ。

旅は楽しいことばかりじゃない。

主人公に自分を重ねた。

チェックアウトを済ませると、
僕は10元のコーヒーを注文して、
ユースホステルのテーブルに
原稿用紙を広げた。

17:00前に3ページの下描きを終えると、
僕は遅めの昼食(早めの夕食)を取り、
ピンヤオの町を
バックパックを背負ったまま
Pennyboardに乗り、駅へと向かった。

町ゆく人々が
物珍しそうに僕を見ている。

自転車や原付きはよく見るが、
スケートボードで
世界遺産の町を行くヤツなんて
僕しかいないだろう。

山盛りの荷物を持って
Pennyに乗る僕を見て、
犬が吠えてくるのは当然のことだろう。

今回は負けなかったけど。

18:30に駅に到着した。

西安(シーアン)行きの
列車の到着時刻は20:47。

なぜか時間に
余裕を持ち過ぎてしまうのが僕なのだ。

僕は駅前の階段に荷物を降ろし、
Martin Backpackerを取り出した。

いつものように
CARAVANと奥田民生を歌う。

目の前には中国の警察、

「公安」

と書かれた車がある。

公安のライトブルーの制服を着た
恰幅のいいおっちゃんと目が合う。

注意されるだろうか?

おっちゃんは笑顔で
僕にサムズアップした。

何曲か歌った後で
ギターに新しいヒビが
入っているのを見て、
僕はライブを切り上げた。

ロシアのハバロフスクで
Pennyでコケてからといもの、
このギターをガムテープで
応急処置をしてきたのだが、
本格的な修理が必要かもしれないな。

東南アジアにギター工場があったっけ?

「Are you a korean?」

隣に座っていたおっちゃんに
声をかけられた。

なんでったって韓国人なんだよ⁈

ロシア、モンゴルと旅してきたけど、

「日本人?」

って訊かれるよりは、

「韓国人?」

って言われる回数の方が多い。
今日の朝飯を食べたお店でも
韓国人に間違われた。

思わず

「なんでそう思うの?」

っね訪ねたら

「顔?目とファッションかしら?」

だって。

そうかい、
ひとえまぶたで目が細いと
(それでいて前髪のボリュームがあると)
誰でも韓国人になれちまう。
20130803-144742.jpg

「さっきの歌、
よくわからなかったけど日本語の曲?」

おっちゃんは言う。

「そうだよ。
日本語のカバーソングだよ」

僕は言う。

「へぇ〜」

そんな些細な会話から、
列車を待つ間僕たちはお喋りした。
誰が言ったんだろう?

「中国人は日本人が嫌い」

って。

テレビからリピートされるデモの映像。
狂った様に反日を叫び、
日本車を破壊し、
領土問題を持ち出す中国人。

僕はここにくる前、
とても不安だった。

『この国で、
何事もなく旅をすることが
できるだろうか?』

だけど、
一日、また一日と経っていくにつれ、
僕の中国に対して抱いていたイメージは
変わって行った。

確かに、
日本のことが嫌いな中国人もいるだろう。それは日本だって同じだ。自分たちの正当性を主張

相違を受け入れられないのも理解できる。

でも、根っこのところはさぁ、
そんなんじゃねえと思うんだよな。

彼らには彼らの生活があって、
僕たちには僕たちの生活がある。

日々の人生を生きるのに
僕たちは精一杯だ。

どこに彼らを、
僕たちを嫌う余裕があるのだ?

僕は店に入ると必ず

「ニーハオ」

と言い、

何か買わせてもらったり、
美味しいご飯を食べた後には必ず

「シェイシェイ」

と言う。

どこの国でも一緒だ。
イージーでシンプル。
感謝と尊敬の気持ちを持って
僕は旅を続ける。

時には差別を受けるかもしれない。

その時は…

まぁ、しょうがないさ。
ユーモアで笑い飛ばして
行こうじゃないか。

そうだろ?ミッキー?

「Are you japanese?」

「Yes!」

「コンニチハー!」

駅の改札を抜ける時、
ボディーチェックのおねーちゃんが
僕に笑いかけた。

そういうことだよな。

—————————-
★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

6 件のコメント

  • おっしゃる通りですよね。中国人が皆悪い訳がない。13,4億人もいれば、そりゃあ悪いヤツもいるけどほとんどの中国人は良い人だし良い国交を望んでいますよね。なにより日本からmade in chinaが無くなったら大変ですしね。日本人も中国人もお互いが相手国の皆が皆悪い人じゃ無い事を理解せねばなりませんね(._.)

    • >じゃっきーさん

      じゃっきーさんの言うとおりっすよ。
      みんながみんな同じじゃないんだよ。

      旅に出てから
      今まで持っていた考え方が
      どんどん変わって行きます。

      旅って素敵だぜ。

    • さんきゅー!

      って言っても、まだまだだよ。
      それに旅は始まったばかりさ。
      着実に一歩一歩上り詰めていこう。

  • 先のコメントで書いた「お友達」はラジオネームしか聞いてませんけど、シミさんとスカイロケットカンパニーに一緒観覧に行ったコウタツさんじゃないかな?お互いラジオネームでしか挨拶していないので、「極上おでん」という名前しか聞きませんでしたけど。

    僕も中国では「韓国人?」と聞かれます。
    どうやら「日本人にしては貧乏くさい(値切ったりするし)」「日本人にしてはオシャレじゃない」という理由らしいです。韓国の人からしてみれば失礼な話ですけど(笑)

    僕は、日本に住んでいて時々旅に出るだけだけど、上海あたりに来ることがあれば飯でもごちそうしたいな。
    酒は飲めないんだよね(笑)?

    • >いんちき番長 @すいよう西田さん

      メガネをかけた気のいいヤツだったら、
      コウタツですね。

      中国の旅に話は戻りますが、
      今のところ上海に行く予定はないんですよ。
      折角の御誘い、死ぬほど嬉しいのですが、
      またの機会にお願いします。

      「駆け抜けろチャイナ編」
      8月5日に重慶に向て出発です!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です