「ゆるゆると町を出ようか」

世界一周774日目(8/12)

 

 

「ごめん(笑)」

IMG_8663

 

 

屁をこいたので、マコっちゃんに一言詫びた。

 

 

「いや、大丈夫っすよ。時々聴こえてますから」

「え?!」

 

 

 

 

オナラが出過ぎるのは
昨日バナナばかり食べていたからだろう。

ほら、食物繊維を含む食べ物を食べると
腸内活動が活発になるじゃん?

 

 

ここはメキシコ、オアハカ。夜9時発のバスでここを発つ

 

 

 

 

 

 

11時には宿に荷物を置かせてもらって僕は外に出た。

 

 

日記を書くなら今くらいの時間からがいい。
宿にいるとどうも気分が乗らないのだ。

これは日本に戻っても一緒だろうな。
だから職場が欲しいと思う。気軽に逃げ出せないような場所が。

 

 

なんとなくソカロを見下ろしながらコーヒーが飲みたかったので、
適当にテラスのあるカフェを当たっていった。

ソカロの一画にあるカフェは観光客用のものがほとんどで
料理の質も値段も高かった。

僕が訪れたカフェ・レストランの二階席のテーブルには
きちんとテーブルクロスがかかり、
フォークが座席分きちんと並べられていた。

僕の他に客がいなかったこともあり、
コーヒー1杯でもテーブルを使わせてくれたのはありがたかった。

IMG_8646

 

 

 

昼過ぎからソカロは賑やかになっていった。

多くの人たちがカフェの下を行き交った。

相変わらず教師たちの座り込みは続いていた。
あのテントはいつになったら片付けられるのだろう?

インディヘナのおばちゃんが肩から大量の布を下げて歩いている。

地面にシートを敷いてお土産を売る人たち。

電子音みたいな音のする木琴を叩く地元の音楽家。

トウモロコシやホットドッグの屋台。

CD屋のスピーカーから大音量でポップ・ミュージックが流される。

IMG_8650 IMG_8649

 

 

 

それらの人々を見下ろしながら僕は日記を書いた。
Wi-Fiが入ったがあえてパソコンでは使わなかった。

一本日記を書くとソカロを見下ろし、
気分転換に「サムライ・チャンプルー」の続きを観た。

 

 

16時になるとレストランが混み始めたため、
僕はスタッフから追い出されるようにして店を出た。

でも、ここにはもうこないもんな。いい作業場をありがとう。

IMG_8655

 

 

 

 

外に出ると、旅人料理人のユウトさんが(あの下ネタの好きな人だ)
がコロッケを売っていた。

出発前に挨拶ができたのもいい。

15ペソのコロッケをひとつ買って、
僕はマセドニア通りにバスキングをしに行った。

IMG_8666 IMG_8668

 

 

 

 

演奏時間は18時からストップがかけられた19時までの一時間。

レスポンスはボチボチ。アガリは172ペソ(1,314yen)。
まぁ、バス代の半分って考えればまぁまぁだろう。

IMG_8670

 

 

 

バスキングが終ったあと、
もう一度ユウトさんに会いに行くと、
そこには日本人の若い夫妻がいた

話してみると彼らが雑貨屋をやろうとしていることが分かった。

奥さんの方はもともと雑貨屋で働いていたらしく、
4ヶ月で世界一周をする強行ツアーの中でピンポイントで
雑貨を仕入れて行ったらしい。
このメキシコが彼らの旅の最後になるみたいだ。

日本では既に物件を借りているとのこと。
東京に店をオープンさせるらしい。

 

 

「今どれくらい雑貨持ってるんですか?」

僕は彼らに質問を投げかけた。

 

 

「めちゃくちゃ重いっすよ。
えっと、雑貨だけで50kgはあるかな?」

IMG_8665

今回のオアハカでの僕の仕入れはこんなもん。
だって持ち運ぶ量に限界あるんだよ!

 

 

 

二人がこの四ヶ月で使ったお金は200万以上

話によると、最低で100万円分の雑貨があれば、
ストックも含めてお店を開業することができるらしい。

もちろん送料もかかるので、
今回は機内持ち込みの限界まで雑貨を運ぶというのだ。

 

 

旅のスタイルは「Door to Door」。

雑貨は大型のスーツケースに入れて運んでいるそうだが、
重過ぎるために宿までの移動はタクシーがほとんど。
うわぁ~~~…、本職って怖い..。

 

 

仕入れた雑貨の話しも面白かった。

奥さんの方は「何が売れるか分かりませんけどね♪」と言うが、
その土地でしか手に入らないものや特産品などの情報を
よく知っているように思えた。

オアハカでは石を仕入れようと考えているらしい。

僕は二個目のコロッケを食べながら二人の話を聞かせてもらった。

いやぁ~~、おれなんて勝負になんねえな(笑)。

IMG_8679

ユウトさんのおモテになられっぷりもすごいっすよ。
やっぱスペイン語だな。

 

 

 

 

 

 

 

 

宿で

マコっちゃんと待ち合わせをして、ターミナルまで向かった。

IMG_8682

 

 

 

ギターの他に雑貨を入れた手提げを持っているので
移動のしんどさが増した。

21時を少し過ぎたとことでバスがやってきた。
エチオピアで乗ったようなオンボロの三等バスだった。

IMG_8690

 

 

僕は最前列を指定していた。
そこならギターを足下におけるスペースがあると思ったからだ。

だが、三等バスの座席の間隔はかなり狭く、
ギターは一番後ろに置かざるえなかった。

 

 

 

 

バスはターミナルを出発すると、
町から出る間に何人か客を拾って行った。

マコっちゃんは僕の隣りの席でパソコンを広げると、
「桃太郎電鉄」をプレイし始めた。

マコっちゃんはみるみる負債が溜まり、
キングボンビーに何度も取り憑かれた。

 

 

 

一時間もしないでバスは停まった。

 

 

「故障ですかね?」

「う~ん、どうだろ?
遅く着く分には構わないけど」

マコっちゃんがバスの外に出てみると、
荷室にレモンを詰め込んでいる最中だった。

これが三等バスのマイペースさだ。

 

 

荷積みが終るとバスは再び走り出した。

町を抜けて高速に入るとバスの速度は上がった。

 

 

「あ~、これで事故ったら僕たち死にますね」

「何言ってんの?
おれ魔法使えるから大丈夫だよ」

「この前、鳥取から東京行きの長距離バスが
事故起こしたの知ってます?
運転手の居眠りで中央分離帯に突っ込んだんですよ」

「いや、知らないけど」

「前に乗っていた人たちが死んじゃったみたいですよ。
それに僕の友達も乗ってたんですけど、
運良く後ろの方の席で助かったんですよ。
丁度事故が起こった日にソイツと会う約束をしていて、
遅れて来るからどうしたの?って訊いたんですよ。
そしたら「お前ニュース見てなかったの?」って言ってましたね。
Tシャツに血がついてました。
だから僕がバスに乗る時は後ろの方の席に座るんですけど、
今日はミスったな..」

 

 

何を唐突に言いだすのかと思ったら、

とんだ怖い話じゃねえか!

 

 

僕はすぐにバスの運転手を見た。
添乗員二人と会わせて会話をしているので
居眠りすることはなさそうだが、バスはかなりのスピードを出していた。

 

 

怖い話を聞くと眠れなくなる。

シートも妙に角度が悪かったし、細切れの睡眠を何度も繰り返した。

ふと目を覚ますとバスが猛スピードでトラックとすれ違う。

ハイウェイには電灯がほとんどないので、頼りはお互いのヘッドライトのみ。

 

 

ヒヤヒヤするアトラクションだよ..。

まだまだ死ねないぜ…。

————————————————–
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Facebookページ

旅する雑貨屋”Drift’

Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です