まずは横浜まで!

49285

8時半から17時半までのバイトの後、

家に帰った僕はパッキングの最終確認を行った。

パッキングは昨日の夜のうちにある程度済ませている。

ゆっくり出発しよう。

そう思うのだが、気持ちは焦ってしまう。

なんていたって今日が旅立ちなのだから。

なんだか久しぶりに旅の高揚感みたいなのを感じている。

ここへ来たばかりの時は、新しい環境に身を置くことにドキドキ、ソワソワしたものだが、今は生活がいくらかルーチン化し、僕は絵を描くことに専念している。ちょっとストイックなくらいがいい。

パッキングをすませると、歩いて駅まで行った。

まずは横浜まで。

横浜には

YCATと呼ばれる空港行きのバスや高速バスが出るターミナルがある。

なんだかYMCAかなにかの仲間だと思うのだけれど、「横浜シティ・エア・ターミアル」というのが正式名称らしい。なんだか横浜に空港があるようにも感じる。

横浜駅におりると、まずはルミネの8階にある「世界堂」に向かった。

IMG_5648

そこで似顔絵用の紙を20枚ほど仕入れた。

バックパックを背負った僕は、たぶん、ここではかなり浮いた存在だったろう。

というか、ここにいると小綺麗な人たちが嫌でも目につく。鼻につくくらいだ。

冷房はガンガンに効いているため、汗もかかない。そんな快適な空間は僕には少し不自然に思える。というかここには人が多すぎる。

スターバックスには人がたくさんいすぎて、とてもじゃないけど、落ち着いてコーヒーなんて飲めたものじゃなかった。

横浜って大きな街なんだなと、僕は思った。

IMG_5649

「YCAT」の案内標識を頼りに第一ターミナルまでたどり着いた僕は、バックパッカーのクセのようなもので、ついつい電源を探してしまった。

それを見つけて、パソコンとiPadを充電しながら作業をしていると、若い係員が申し訳なさそうに「ここはお客様の待合場所ではないんです..」と僕に言った。まぁ、そうだよね。ごめんごめん。

スタバに行けば電源もあるんだけどね。

なぜだかヨーロッパを旅している時を思い出した。

22時25分の深夜バスで僕は大阪に向かう。

IMG_5652

仲間に教えてもらったフレンチ・キウイ・ジュース。いいよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」を目指す、清水陽介(シミ:24歳)の世界一周ブログです。