「ざっくりシーク教徒」

 

 

 

 

 

あとがき

 

 

だめだ!

自分で自分が許せねえようぅ!

 

 

ここ最近毎日欠かさずブログをアップしていたのに、一日空いてしまいましたね。

ごめん!

ダレてた!

 

たれぱんだならぬダレパンダですよ!

え?たれぱんだってしってる?知らないよね。

 

 

まぁ、移動日とか新しい場所に来たりすると、

ぷらぷら外を歩く時間がどうしても多くなって

「今日は漫画描けねえな」ってなってしまうのです。

うん。インプットも大事!

現在はリシュケシュに潜伏しております。

 

 

ですが、

毎日続けていたこと、自分に課していたことができないと

やっぱりもどかしく感じてしまいまうのも正直な気持ち。

一日中部屋にこもっていても全然平気なんだよな。僕。根は引きこもりなんだと思います。

 

 

 

 

そんなわけで今回は6ページでした。

しかも宗教ネタ。

今回は色々調べた上で漫画を描いているのですが、

もともとは自分の訪れたアムリトサルという街を漫画にしたかったのですが、

宗教的に特色のある街なので「シーク教ってなんだ?」というところに

どうしても触れずに入られませんでした。

たかだか6ページにシーク教徒の概要を詰め込むなんて無理っす!

 

ほんとうはもっと書かなければいけないこともあるのでしょうし、

「ここの解釈違う!」とかもあるんだと思います。

 

ですが、あくまでもこの漫画はきっかけとして。

「ふーん。彼らはヒンドゥーじゃないのね」

くらいのとっかかりとして伝わればいいかな?

と思っております。

 

 

 

 

あれやこれや試行錯誤エブリデイ!

やっぱりインドは建物の感じが好き♪

 

言い訳がましくなってしまうのですが、毎回あれやこれや試しているので、今回は作画に時間もかかってしまいました。

色味も増えているとやっぱりデジタルって感じします。

 

また、嫌いだった「Gペン」もあれやこれや試して

「一体自分にはどれが一番フィットするんだろう?」

と筆圧感知度を調整してみたりして描いていました。

極力手書きにこだわって絵を描いております。

デジタルで描きつつもアナログ感を出せたらいいですよね。デジタルとアナログの融合みたいで。

 

 

早く、そして完成度の高いものを描く。

具体的な目標は週間20ページ以上。

 

週刊誌のような絵は描けずとも、

究極は「スヌーピー的な絵柄」で話を進めること。

 

 

デジタル漫画においてのテーマはそこですね。

依頼が来てもスパッと漫画が描けたら最強だと思います。

 

 

それではー…、

また次回!

今日も読んでくれてありがとう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!