下書き公開(要塞ラビリンス編)

 

 


 

 

 

 

あとがき

 

 

やばい…、

描く気が起きない。

 

 

 

「描かなくちゃ、描かなくちゃ」

と思えば思うほど、どんどん腰が重くなってしまうのはなぜ?

相変わらず、ちょいちょい小さなアートブロックにはまっているシミです。

 

 

自分の中で変な法則を発見したんですけど、

外で遊んだ次の日は調子が上がらない。

ってのがそれです。

 

お酒飲んだりするって言っても、僕は下戸なのでせいぜい三杯くらいだし、

人と話して色々と刺激になったり、応援してもらったりして元気はもらっているはずなんですけどね、

なんか次の日むっちゃ腰重いんですよ。(なぜ?)

遅れた分を取り戻そうとすればするほど、ますますドツボにはまってしまい、

今週は「よし!ジタバタしないぞ!」って逆に開き直って別のことをしてました。

むしろダラけることに専念してました。

同時にプチ断食も実践してました。その話はまた今度ね。

 

 

 

現在はガイドブックの他に、ちょっとしたツテで依頼されている1ページ漫画を描いております。

販促としてカタログに漫画を載せたいとのことで、

ハンドパンについての漫画

を描いております。

 

 

ハンドパンって知ってます?

なかなかレアな楽器なので知らない人の方が多いかもしれませんね。

それをわかりやすく紹介するのが今回の目的なのです。

そう。たとえるのであれば、ベネッセがダイレクトメールに使っていた「うっかり進研ゼミを受講しそうになってしまう漫画」のような。

あれって今もあるのかな?

 

 

 

 

 

また、調子が上がらない時はけっこう映画を観たりします。

今回観たのはトム・ハンクス主演の「キャスト・アウェイ」と

コーエン兄弟監督の「トゥルーグリッド」っていう西部劇です。

絵が描けね〜!とか言ってるわりにはこういうのは描けちゃうんですよね。まじ不思議です。

 

 

 

まず「キャストアウェイ」のスケッチはこちら。

 

いつもの4分割でお見せしますね。

ネタバレにならないように描きますが、何と言っても「ウィルソン」はナイスだっと思います。トレイラーでも紹介している通り、こちらの映画は無人島からの脱出を描いた作品です。僕も無人島に行ったらウィルソンと友達になると思います笑。

 

トムハンクスの顔がうまく描けません。時々いるんですよねー。そういう顔の作りの人が。左下の人なんてもう別人じゃないですか笑。トム・ハンクス顔を描くのがうまいなーって思うのは浦沢直樹さんです。役柄とはいえ、ちょいメタボ入っていて脂も乗ってる中年男性を演じるのうまいですよね。トムハンクスって。

 

 

サバイバルものの映画を見ていると、ついつい「なるほど!そこはこういう風にすればいいのか!」って思ってしまいます。実際そんなシチュエーションにいる時ってほぼないかと思うんですけど、まあ、知っておいて損はないですよね。

 

だいたい後半になると観ることに集中してしまい、スケッチしなくなってしまうのですが、今回は全編を通して描きたい箇所をスケッチすることができました。筆もノってたな。自然描写が多い映画だと正確に線を引かなくても構わないので楽に描けますね!

 

 

 

 

続いて「トゥルーグリッド」

西部劇ですね。

全体はこんな感じ。コピー用紙なので、裏面に描くとスキャンした時に後ろの線も上がってきてしまうため、スケッチは表面だけにしてます。これも溜まったら作品になるなーって思います。ふふふふ♪

 

出だしに公開処刑のシーンが入ってくるんですけど、当時の人からしてみたら、公開処刑って一種の見世物でもあったんですね。フランスだと圧政に対する市民のフラストレーションのガス抜きでもありましたしね。そりゃ悪者や権力者が殺される姿を見たら市民はスカッとしますよね。知ってました?ギロチンって即死させることができるから当時は人道的な死刑方法として見なされていたんですって。

 

主人公のマティと一緒に旅する荒くれ保安官、コグバーンの右目がなぜ眼帯なのか、ストーリー常にはその話は上がってきません。僕としてはそういう細かいところの設定が気になるところです。でも、かっちょよかったな。コグバーン。むっちゃ強いんだもん。 そういうえば、マティがすっとコグバーンの巻きタバコを巻いてあげるシーンは、あれどういう意味合いがこめられているんでしょうね?「オンザロード」観てた時には「女の子で巻きタバコ巻けるコはそうはいない」って箇所があったんですが、アバズレ的な意味があるのかな〜って思います。

 

 

リメイクだからなのか、途中途中に「その部分いる?」みたいなシーンやキャラが出てきます。熊の毛皮を被った薬剤師とかキャラ設定が活きてなかったのでは?と思いました。せっかくのキャラなのに勿体無い。 それとスケッチしていて気づいたのが馬の胸筋ってムキムキだなってこと。

 

白状してしまうと、やっぱり銃撃シーンなど普段描いたことのない絵を描くのは苦手です。どうしても避けがちになってしまう。たくさんキャラが出てくると顔重視になってしまうのはクセでもありますね。気をつけてレベルアップに努めていきたいところです。

 

 

 

今回はこんな感じでした。

依頼入っちゃうと制作ペース崩れるんですけど、

楽しくやってます!

 

それでは完成をお楽しみに♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です