下書き公開:RMH(16)

 

 

 

 

漫画を作る上で厄介な点は書き出したらストーリーの変更ができないところだと思う。

そういうわけでプロの漫画たちはネームを作り、編集と打ち合わせをするのだ。

キレのある漫画を作るためにはプロットやネームは必要不可欠だ。

僕もその行程には賛成だ。

 

 

今回の回を作る上でたかだか8ページの漫画ではあるけど、

プロットを何度も書き直し、ネームを4回描き直した。ページ数で言えば32ページ分。

無印良品のB5ノートにプロットを書き出し、それを元にパソコンのメモにモノローグやセリフを打ち込む。

そうして今度はその文章を元に粗ネームを作るのだ。

一日中「あーでもない」「こーでもない」と頭の中でこねくり回して、結局しっくりしたものができなかった時の徒労感は半端ない。おれは一体何をやっているんだろうと思うくらいだ。

 

 

 

今回はのテーマは「一発試験の問題点」

 

漫画のテイストが説明調になってしまうので、どういうトーンでいくのかがポイントだった。

「ここがよくない、ここが悪い」なんていう漫画を書く場合、どうやったら面白くできるんだろう?

そんなことを考えながらヒントを得たのは

「賭博黙示録カイジ」だった。

カイジっていったらあのエッジが効いた漫画がすぐ思い浮かぶけど、ここではあえて中国の映画版をご紹介!

 

 

会話文ではなく、語り手側のモノローグで読ませる漫画ってどう書くんだろう?

四稿目でようやくしっくりしたネームを元に漫画を描いてみたのだけれど、まだまだぎこちなかった。

 

いや〜〜〜〜

漫画描くのってムズくね?

 

 

 

 

▷告知

 

 

いよいよ合同展が開幕(2/2 ~ 2/17)

開催場所は駒澤大学前駅から徒歩7分の場所にある「UNITED CAFE」。


2月2日はレセプションパーティ、2月17日はクロージングパーティとなっております。

なんと入場無料!みんな来てね!

 

 

合同展FLOWERS

フェイスブックのイベントページはこちら

テーマは「花」

主役となるのは写真家、漫画家、絞り染め師。活動するフィールドが全く異なるアーティストたちが「花」というテーマに沿ったそれぞれの作品を展示します。
期間中各々の在廊日にはアーティスト達による物販が行われる他、一部の作品をオーダーすることも可能です。

開催期間 : 2019年1月30日(水) – 2月17日(日)

【Reception Party】
2019年2月2日(土) 17:00 – 21:00
【Closing Party】
2019年2月17(日) 17:00 – 21:00

※Party日にしか見られないアーティストも出演します。お誘い合わせの上ぜひお越しください。一体どんなケミストリーが起こるのか… ご期待ください。

【滝川真白】
日本大学芸術学部写真学科1年。大学で写真を学びながら、自身のライフワークの一環として、音楽、イラストなど幅広く活動している。「WorksApartment」名義 https://www.instagram.com/sy_works._ で作品公開中。
Instagram:https://www.instagram.com/m_a_ss_y_99

【「旅する漫画家」シミ】
「旅漫画」を描くべく、約3年間に渡る世界一周で66カ国を旅する。節約派の貧乏バックパッカーで通算200本以上のヒッチハイク、そして先進国では至る場所で野宿を敢行。 現在はイベントに出店したり、イラスト製作なども手掛ける。2017年7月双葉社より刊行された最新版「バックパッカーズ読本」に短編旅漫画を寄稿。お仕事のご依頼もお待ちしてます!!
Blog : http://yosukeshimizu.com
Twitter : Indianlion45

【飛田大輔】
絞り染め師。2015年に友人から技法を習ったことがきっかけとなり、その後独学で染色を追及する。また10年以上に渡る野外フェスティバルでの環境対策活動の他、クラブイベントオーガナイズ、地域復興政策、飲食店経営などの企画に携わり現在に至る。多様な経験と絶え間ないインプットを消化吸収し、形成された独自の文化感を「絞り染め」という手段を用いて表現している。2018年6月UNITED cafeにて個展「COCKTAILS」を開催。

 

 

原画公開だよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です