「Good Morning! Vietnam!」

世界一周67日目(9/3)

 

ベトナム最後の街
サイゴン(ホーチミン)に
到着したのは
まだ日も昇らない時間だった。

IMG_8903

IMG_8909

 

 

外に出るのはもう少し待とう。

僕は荷物を階段の脇に括り付けて
駅の中をうろついた。

IMG_8905

 

この街で
何が僕を待っているのだろう?

 

 

 

ベンチで一眠りした後、
オフラインのマップアプリで
宿のありそうな場所に
見当をつけて
朝7時にサイゴン駅を出発した。

IMG_8914

 

 

ベトナムに来てから
バイクの量に驚いたが

ここ、サイゴンのバイクの量は
ダントツだった。

IMG_8920

 

 

まるで水の様に流れるバイクの群れ。

運転手たちのほとんどは
マスクをつけている。

排気ガスが呼吸器官に
ダメージを与え続け
中年と呼ばれる年齢にさしかかった時
蓄積されたダメージは
爆発するのかもしれない。

それを知っているからこそ彼らは
このクソ暑い中、マスクをしながら
バイクにまたがり移動するのだろう。

 

アホみたいな交通量の中、
僕はバックパックを背負い、
Tシャツを汗で濡らしながら
宿のありそうな場所を目指した。

 

 

途中何度かコーヒーの休憩を挟み、

IMG_8922

ほんとうにこの国の値段設定はピンキリだ。
高いお金を払ったところで
良い物が手に入るとは限らない。

安宿の集まる通りに到着した。

 

ひとつづつ
ホテルにドミトリーはあるか尋ね
5ドルの安宿を探す。

 

 

広い通りに出ると
客引きのおばちゃんが

 

「ヘイ!
5ダラー!チープ!」

 

と声をかけてきた。

僕はとりあえず、
おばちゃんに呼ばれるまま
ドミトリーのベッドへと案内される。

 

 

荷物を置いたあと、
ベランダでタバコを吸って
一息ついた後、

日本人の男の子が声をかけてきた。

 

どうやらこの宿は
日本人の宿泊客が多いらしく、
いわゆる

「日本人宿」

と化しているようだ。

 

ベトナムに入ってから
日本人に出会う回数が増えた。

外国人との出会いも新鮮だが
日本人との出会いも
時として面白いこともある。

日本にいたら
決して出会うことのない人たち。

 

海外に出てまで日本人とだけつるむのは
旅の魅力が損なわれてしまう
場合があると思う。

だが、
欧米人向けに観光地化した
ベトナムの街のドミトリーでは
夜遊び組が大体昼過ぎまで寝ているため
これといった出会いはしてこなかった。

旅の中で出会った
日本人との情報のやりとりも
僕にとっては大切だ。

 

 

 

 

 

HOLA guest house

に宿泊している旅人のほとんどは
大学生だった。

 

幼なじみと東南アジアを周遊してる男の子や

予備校時代の友達と一緒に旅してるヤツら。

女子大生の一人旅。

 

 

僕にもそんな時代があった。

相棒のまおと大学2年の時に
初めての海外旅行で行ったインド。

そこには様々なドラマがあって
今でもその思い出の数々を
鮮明に覚えている。

 

あの経験がなかったら
今の僕はないんだろうな。

インドが僕に
「旅」の魅力を教えてくれたんだ。

 

 

 

 

 

宿の
テーブルの一角を占領して
2時間ほど漫画製作にあたった後、

僕はロシア・中国でお世話になった
ヤムチャさんから頂いた
「地球の歩き方(2006)/東南アジア」で
サイゴンのおおよその町並みを知り、
ある場所に向かった。

ガイドブックを読まなければ
手に入らない情報もある。

 

 

向かった場所は

 

ベトナム戦争証跡博物館。

IMG_8958IMG_8932IMG_8931

 

ベトナム戦争のことは
浪人時代に選択した世界史で
勉強してきたが
どんな戦争だったかは
すっかり忘れてしまっていた。

だけど、
大学に入ってからも
僕はベトナム戦争に度々触れてきた。

 

集英社に持ち込みをかけた漫画。

「Surf on the Radio!!!」

 

架空の世界を旅しながら
ゲリラ的にラジオ放送を行い、
出会った人たちとドラマを作っていく話。

 

僕は凄腕のラジオDJが
どんなものかを知るために

「Good Morning Vietnam」

という映画を参考にした。

 

ベトナムに送られた
アメリカ兵たちの士気を上げるために
凄腕ラジオDJがベトナムで
はちゃめちゃなラジオ番組を届ける。

そこにベトナム人との出会いや友情、
戦争相手としての葛藤など
様々なドラマがあるヒューマンドラマだ。

 

 

 

 

そして
僕の大好きな作家、
村上春樹の翻訳書の数々で
僕はベトナム戦争を知ってきた。

 

 

 

 

 

戦争博物館からは
生々しい戦争の傷跡が感じられた。

IMG_8944

 

多くのベトナム人が傷つき

そして死んでいった。

 

ベトナムという国が
ひとつになるためには
あの戦争は必要だったのだろうか?

 

 

戦争が終わった後も
沢山の人が傷ついたままだった。

戦争で使われた枯れ葉剤の影響はすさまじく、
普通の生活すら送ることが難しい障害を負った
子供たちが生まれた。

 

 

 

そんな障害を負ったベトナム人が作り上げた
木彫りのベッドの装飾を見た時、
体が震えた。

IMG_8952

 

これを作り上げた人の魂が
この装飾には宿っている。

 

生きることを強く願う
生命力のようなものを感じた。

IMG_8953

 

 

 

 

建物の中から
スコールの雨音が聞こえる。

 
 

75年のサイゴン陥落から
2013年の今現在まで
まだ38年しかたっていない。

 

この国は社会主義国として
ひとつにまとまり
今日までの目覚ましい復興を遂げている。

IMG_8961

 

 

今まで旅してきた
にぎやかな観光地や
のんびりとした雰囲気の残る田舎。

 

でも、ここで
戦争があったんだよ。

 

 

強いよな。

ベトナムのみんなって。

IMG_9004

 

 

 

癒えない傷もある。

 

だけどベトナムは
そこから立ち上がったんだ。

 

踏みしめて
一歩ずつ
進め。

 

————————————-
世界一周ブログランキングに参戦しております。

バナーをクリックして
にほんブログ村のページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

 

 

このあと、
同じ宿の金髪の大学生、リュータロウくんと一緒に
夜の街をぶらつきました。

お互いお酒が弱い中
缶ビールのアルコールに任せて
バーの並ぶストリートで路上ライブをしました。

人はいっぱいいるんだけど
みんな椅子に腰を落ち着けて
人の通りはない。

そんな中で僕が歌っていると
声をかけてきたのは
ベトナムミュージシャン、ヤムさん。

ちょっと日本語が喋れて
桜大好き。
テンションもミュージシャンのノリで

ヤムさんのお友達といっしょに
ビールを飲みました。

ていうか
ヤムさんおごってくれた。

 

夜の街はひったくり、スリが多いと
ホテルの人から注意されたので
iPhoneや貴重品はホテルに残してきたため
写真は一枚も撮っていませんです。

 

まぁ、サイゴン初日は
そんなことがありました。

やっぱ音楽ってすげえ!

 

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>