「ワルガキとピアス」

世界一周97日目(10/3)

 

「とりあえず

「ワット・ポー」

に行っとけば
バンコクに来たことになるだろう」

僕がバイト時代に読んだ
世界一周ブログ、「ひとりのり」の
のりさんは言っていた。

夜遊びで栄えるこの街にも
観光名所くらいあるってわけだ。

IMG_1940

 

僕は朝にブログを一本書いた後、
バスに乗ってワット・ポーを目指した。

 

 

 

それにしても
タイのバスはほんと不便だ。

いや、不便と言うか
旅人には扱いずらい代物だ。

どこにバスが停まるかも
よくわからないし、

自分が何番のバスに乗るか分かっていても
バス停の番号が落書きで消されていたり、
番号が削れてしまっていたりする。

 

僕はGoogleマップアプリで
何番のバスに乗ればいいのか調べ、
いざバスに乗ったのはいいが、

集金係のおばちゃんから要求された金額は
12バーツ。

IMG_1942

 

 

あれ?

2年前のブログでは
7バーツってなってるけど、
値上がりなんてそりゃないぜ!

っていうか
12バーツも払うくらいなら
歩いていきゃよかった…

 

持って来たPenny Boardを
座席の横に置いて
窓から流れる景色を眺める。

 

 

僕はワット・ポーから
ちょっと離れたところに降ろされた。

IMG_1949

 

やれやれ。

降りたらすぐそこが目的地ってわけには
いかないのか。

 

 

待ち歩きがてら
にぎやかな露店を見てまわる。

路上で売られる
カラフルなお供え物用の花や
装飾品を見ると

タイという国が
仏教に対してどういう態度で
接しているのかが分かる気がする。

IMG_1947

 

こういう華やかな仏教もいいかもな。

 

 

 

 

 

 

 

ツアー用
バスが何台も停まっているので
ワット・ポーの入り口はすぐ分かった。

IMG_1956

 

 

中に入るとすぐそこは
「リクライニング・ブッダ」
が収められているお寺がある。

だが、外からは中が見れない。

そしてすぐ脇にはチケット売り場。
入場料100バーツ。

IMG_1961

 

 

僕はすぐにチケットを買えなかった。

 

『100バーツもかかるのか…』

 

カンボジアから旅をしてきた僕は
この3ドルという入場料を
もったいなく感じてしまったのだ。

3ドルあればパッタイが
3回も食べられ。

 

お菓子などはすぐに買ってしまうくせに
こういう時に妙にケチってしまう

これは一種の旅人の抱える病なのか?

 

 

果たしてこれは100バーツ分の
価値があるものなのか?

おれの旅は観光メインの旅じゃない。

今日じゃなくたっても
ラオスから返ってきたらで
いいんじゃないか?

見たら意外と
がっかり
するんじゃないか?

 

 

 

チケット売り場のベンチに座って
そんなことを考えていた。

係員がせわしそうに
チケットを切っているのが見える。

あれをかわすのは無理だ。

IMG_1959

 

 

僕はチケットを買うかどうかを
決められないまま、
外の屋台でココナッツアイス
(ココナッツの容器に山盛りのアイス、その上に練乳をかける!)
を30バーツで買い求め、

脳ミソに糖分を注入した後、
ワット・ポーの周りを歩いてみることにした。

 

『この壁を越えちまえば
タダで入れるぞ!』

 

そんなことさえ考えた。

 

 

 

「オイオイ、
こっちは入り口じゃないぜ?」

IMG_1969

 

バイタクのおっちゃんが
僕に教えてくれた。

 

「いや、いいんだ。
ただ歩いているだけだから」

 

 

 

ワット・ポーの周りを一周したら
気持ちも変わってるかもしれない。

 

そんな風に壁の周りを歩いていると
さっきの入り口とはちょうど反対側に
裏口のようなところを見つけた。

これはもしや!?

IMG_1997IMG_1995

 

ああ、
こっちはおち◯こでした笑。

 

 

 

 

僕は
忍者ハットリくんばりに
「するり」と中に侵入し、

IMG_2006

 

 

色とりどりなお寺を写真に収めつつ
リクライニング・ブッダのあった
場所に近づいて行った。

欧米人の観光客たちや
タイ人の学生たちとすれ違う。

IMG_1980IMG_1984

 

 

 

ブッダの収められる建物の

「EXIT」

の文字が見えた瞬間
僕は小さくガッツポーズを決めた。

 

 

チケットが
チェックされることはなかった。

サンダルを脱いで中に入ると
ブッダの顔が柱越しに見える。

IMG_2019

 

ばちあたりもんでもなんでもいい。

でも、
こいつは期待以上だ…

IMG_2023

リクライニング・ブッダを
じゅうぶんに堪能したあと
僕はPennyで宿に戻った。

 

 

 

 

 

 

 

6時から
人と会う約束をしていた。

IMG_2114

IMG_2119
ブログのコメントにメッセージをいただき、
相手のアドレス宛に
直接コンタクトをとった。

どうやらカンボジアの
ヤマトゲストハウスでお会いした方が、
僕のことを
ちょうどタイを旅している友人に
教えてくれたらしい。

ありがたいです。

 

 

よくブロガー同士の繋がりが
あるみたいだが、
そんなのブログランキング上位のヤツら
だけだと思っていた。
金丸さん大好きです!おれのために歌ってください!

 

実際にこんなこともあるんだな。
初めてだよ。
こういう出会いは。

だからこちらとしても
どんな出会いになるのか
楽しみだった。

 

 

メールの差出人は
おれと同じく絵を描く事が大好きなヤツ。
25歳。
ってことは早生まれの僕と同い歳か。

旅をしながら漫画を描く僕に
興味を持ってくれたらしい。

 

メールの丁寧な文体から
真面目そうな青年をイメージしていた。

 

 

「カオサンのマックの前に6時集合」

IMG_2113

 

 

相手は僕の顔を知っているが、
僕は相手の顔を知らない。

一体どんな人なんだろう?

 

 

 

「あ、
シミさんですよね?」

 

現れたヤツは
僕の想像とは真逆の姿をしていた笑。

 

両耳に重量感のあるピアスをつけ
明るい色に染めた髪を
後ろで無造作に束ねるファンキーな
男の名前は

シンノスケ。

IMG_6390 IMG_6389

 

美容師の相棒スグル

IMG_6388

IMG_6387

 


と一緒に絵を描きながら
世界一周の旅をしているらしい。

IMG_2122

 

 

 

そしてもう一人、
関西弁を操
超キャラの立ってる兵庫出身の
オオカマアニキ。

IMG_6386IMG_6385ブログもやられているそうです。
カマアニキのブログはコチラ

 

さっそくお互いの
旅や活動を喋り合って
フレンドリーになっていこうか
と思っていたがー…

 

 

会話の8割は
僕とオオカマアニキ…

IMG_2124

 

 

口数の少ないシンノスケとスグル。

IMG_2125

 

 

『やっちまった…』

 

 

相手が聞き手にまわると
喋るのが止められないのが
僕の悪いくせだ。

ついつい一方的に喋ってしまう。

 

っていうか
話題振っても膨らまんのですわ!

ちょっ
2人とも喋って〜…!!!

IMG_2127

 

 

自分の宿に戻り
シャワーを浴びながら

「おれ、
バカだぁぁぁあああ…」

と自己嫌悪に陥ったのは
言うまでもないです。

—————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

この後、タメ口で喋るようになって
ぐっと距離が縮まりました。

敬語もいいんだけど、
フランクでフラットなのが一番良いよね。

旅をしていると
ある程度距離感を意識してしまいがちです。

でも、
そんなこと気にせず話せる仲間に出会えたら
最高だよね!

 

他のブロガーさんみたいな出会いは
できないと思っていました。おれは。

でも、こうして
「会いたいです」ってメッセージくれた
シンノスケには感謝です。

おれも価値ある出会いを得る事ができたから。

 ★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

4 件のコメント

  • 全然喋らなかったとかいいながらその二人超写真写りいいのな!
    そんな風に見えんわ!

    • >koutatsu

      最初はね、おれとアニキの独壇場だったんだけど、
      タメ語で話すようになってからは
      全然そんなことなかったよ。

      こういうノリの気の良いヤツらなんだよ。

      やっぱごみゼロの文化も
      すごいなぁって思った。

      年齢とか関係なしにフラットに
      コミュニケーションとれるってすごいよね。

    • >れーな★ちゃんさん

      ワット・ポーって
      寝釈迦だけじゃないんですよね!

      まわりをぐるっと歩いてみて
      あれは100バーツの価値あったなと
      思いました。

      結局入場料は払ってないんですけどね笑。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!