「ローの休日」

世界一周141日目(11/16)

 

「あのぁ~…

弟くん、
呼んでもらってもいい?」

 

「どうしたの?」

 

「いや…あのっ、
そのぉ…

トイレが…」

 

 

ミャンマーの朝。

トイレの前で気まずくなる僕。

イイちゃんの無表情。

流れない僕のうん◯。

 

 

 

「いいのよ。気にしないで。
後でやっとくから」

IMG_5419

 

 

昨日手をつないだことが
いけなかったのだろうか?

朝だから低血圧で
元気が出ないのだろうか?
(僕としてはこっちを信じたい!)

イイちゃんの顔には
どことなく冷めた感じがあった。

 

 

「あのっ、
これ少ないけど
昨日のガイドしてくれたお返し。
ガイド頑張ってね!」

と言って10,000チャット(1,019yen) を
僕は手渡した。

 

 

「うん、ありがと…」

 

 

 

 

やっぱり冷めてる!!

IMG_5421

 

 

昨日、弟くんのバルーン製作現場におじゃました時
「ガイド料10,000チャットでいい?」って訊いたら

「うわぁ!ありがと~!私も弟もすごく喜ぶわ!」
って言ってたのに!

 

こ、これはアレだ!
感情的になると別れが辛くなっちゃうから
わざと冷めたフリをしているんだ!

あったばかりの外国人が調子に乗って
積極的に手をつないじゃったりなんかしたから、

 

『うわぁ~..
マジ、コイツないわぁ~…』

 

なんて幻滅しているわけではない!
断じて!

IMG_5414

 

 

 

乗り合いトラックが出る場所までは
おじいさんがついてきてくれることになった。

IMG_5417

 

 

僕はおじいさんに訊いてみた。

 

「僕は、このまま次の町から
マンダレーへと向かいます。

ここへは今回の旅では
戻ってこないかもしれません。

でもー…機会があったら、
また、戻ってきてもいいですか?」

 

 

 

「もちろんだよ。
君のためにいつでも
家のドアは開けておくから」

IMG_5418

 

 

真夜中にタクシーに騙された、
ホテルがないなどわめいて
突然転がり込んできた見ず知らずの日本人に
ここまで優しくしてくれるその根源は
どこにあるのだろうか?

僕も彼らの様に優しくなれるのかな?

 

おじいさんに見送られて
僕は朝8時出発の乗り合いトラックに乗った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次なる目的地
インレー湖のある町

Nyaung Shwe(ニャンシュウェ)
ミャンマーの地名に中国っぽさを感じるのは僕だけだろうか?

 

乗り合いトラックで1,000チャット(102yen)。
かなり安い。やっぱり高いのは観光なんだね。

 

トラックに揺られることおよそ一時間。
僕はインレー湖のある町の中心地に降ろされた。

IMG_5425

 

 

一応マンダレー行きのバスの値段を調べてみると
10ドルが最安値のようだった。

うん、そこまで高くないな。
電車で乗り継いで行くよりも安い。
マンダレーまではバスで行くとしよう。

 

 

新しい町についてから
まずやらなければいけないことは安宿探しだ。

ただでさえクソ高いミャンマーの宿の中から
最安値の宿を探したい。
目標は10ドル以下!

 

いつものようにバックパックを背負って
ニャンシュウェの町を歩き回る。

 

 

「How much?」

「20ドル?そうですかー…」

 

「How much?」

「満室?マジかー…」

 

「ハウマッチ?15ドル?
少し高いが観光地で野宿とかはできまい。
ここにしとくかー…って、ここも満室ですか…」

 

インレーの町は宿が高いばかりか
満室のところが多い印象を受ける。

15ドルのJOY HOTELのスタッフは
僕に別のホテルを紹介してくれた。

IMG_5443

 

 

「”Big Drum”だったら安いわよ」

IMG_5431

 

 

マーキングしてもらった地図を片手に
辿り着いた宿は絶賛工事中で川沿いにあった。

インレー湖へ行く観光用のモーターボートやら
地元民の足になるようなボートが
ひっきりなしにエンジン音をあげて走って行く。

 

レセプションに行くと
部屋は17時過ぎにならないと
用意できないと言われたので、

僕は荷物を置かせてもらい
インレー湖に自転車で向かうことにした。

 

「JOYなら貸してくれるわよ。
先にJOYでシャワーでもあびさせてもらえば?」

 

ここの宿とJOY HOTELは
どういう関係にあるんだろう?

IMG_5444

 

 

「Big Drumに泊まってるんですけどぉ~」
って言ったら普通にWi-Fiも貸してもらえた。
(ただし、クッソ遅かったが…)

IMG_5445

 

 

 

 

 

 

 

インレー湖までの道のりは
アップダウンはないがボコボコしたオフロードを行く。

IMG_5449 IMG_5465 IMG_5470

 

 

一応、舗装されて入るのだが、
ところどころヒビ割れていたり、
道路が途切れてしまっていたりする。

 

前から後ろからバイクや大型トラックが
気遣いのかけらも感じさせずに
「追い越すぞ!」とクラクションを鳴らし
僕にビビらせる。

車に追い越されるたびに
排気ガスや砂煙がモクモクとのぼる。

IMG_5520

 

 

もちろんインレー湖までは
宿のあつまる中心地から運河が走っており、
モーターボートで向かうことだってできる。

IMG_5429

だけど、僕は自転車なのだ!

 

 

 

「い、インレー湖に着いたら
コーラでも飲もう…」

 

たかだか1時間の距離でも
車からのプレッシャーで精神を
すり減らされてしまった。

IMG_5471

 

 

インレー湖にかかる木の橋を前にして
さてどうしたものかと考えていると、

IMG_5472

 

 

後ろから同じ様にママチャリでやって来た
背たかのっぽの欧米人が一人。

IMG_5473

 

 

なにやら英語で話しているけど
欧米人の英語はまだまだ聞き取りずらい。

 

それでも東南アジアの人たちは
彼らが何を言ってるのか
わかっちゃうんだからすごいよね。

リスニング能力の一番高いのは
東南アジアの人々なのではないかと
思っちゃうくらいだ。

 

 

 

インレー湖は自転車と一緒に
ボートで渡ることも可能なんだけど、

後からやって来た背たか欧米兄さんが
川は渡らず30分そこらボートに乗りたいと
話しているのを聞いて、思わず

「よかったらシェアさせてもらえないかな?」

IMG_5474

 

とお願いさせてもらった。

45分で4,500チャット(459yen)。
一人当たり200円弱。安い。

 

 

 

 

お兄さんの名前はロー。

IMG_5490


オランダ出身。
business administrator(ってどんな職業だ?)。

 

 

「ペダルボートの方が
モーター音がなくて静かでいいからね」

IMG_5485

 

と言うロー。
インレー湖で生活する人々とすれ違う度に

「ミングラーバー(こんにちは)

と挨拶をする。

IMG_5476IMG_5514

 

 

ほんとに彼はしょっちゅう挨拶するんだ。
目に入ってくるミャンマー人全てに
って言った方がいいくらい。

外国人からこんなに親しげに挨拶されたら
現地の人も悪い気がしないだろうな。

僕も見習おうと思った。

 

 

 

のんびりとしたボートが好きだと言っていたので、
自分から積極的に話しかかる様なことはしなかった。

IMG_5496

 

 

出身地だとか仕事だとか
どうして旅をしているの?だとか
当たり障りのない質問くらい。

IMG_5488

 

 

こうして旅に出て思うのは
世界中の観光地には
必ずと言っていいほど欧米人がいるということ。

彼らがどの国出身なのかは判別がつかないけど、
日本人なんかよりもよっぽど
海外に出ることが好きな民族なんだと思う。

 

 

「ローはどこをどれくらい旅をしているの?」

IMG_5478

 

 

「う~ん、タイとミャンマーを旅して、
今ちょうど半分くらいかな?
トータルで81日」

 

「よくそんなに休みが取れたよね。
日本でそんな長期休暇取れないよ。
仕事を辞めるか、
会社側になんとか理解してもらって
休職扱いにしてもらうかだよ」

 

「僕の雇用主もいいヤツだったんだと思う。
週に40時間の労働が決められていて、
それよりもプラス10時間、
もしくは、休日にちょっと余分に働くと
まとまった休みがもらえるんだよ」

 

「へぇ~…なんだかよくできたシステムだ…」

IMG_5481

 

 

僕は日本で言う「社会に出る」を経験していない。
「漫画家になる!」って決めて就職活動なんてしなかった。

だから、日本と海外の休暇取得システムの
比較なんてできないけど、感想として言うなら

 

彼らの仕事には
余裕がある

IMG_5510

ということだ。

 

 

バイト時代に会ったお客さんたち、
社会人やってる友達の話などを聞く限り、
日本はほんとにガチガチに働く国だなぁと思うった。

『休んでいたら利益が上がんない!』

とでも言わんばかりに。

 

飲食店なんてそうだ。
お店を借りているスペースの家賃もあるし、
競合他社が多い分、休んでなんかいられない。

休まないことが美徳のようにも思える。

働き続けることでのアドバンテージもあるだろう。
社会保障はもちろんのこと、
暮らしの物質的充実。昇進、
給料アップ(能力があればの話だけど)。

IMG_5503

 

 

 

まぁ、海外をふらふら旅をしている僕が
日本の労働の是非を書いても説得力はない。

そうだったね。
長期休暇中のロー兄さんのことだったね。

 

まぁ海外には色んな旅人がいるんだなってことだ。
こういうビジネスマンしてる旅人には
初めて出会ったよ僕は。

その人が自分の国で
どう生きてるのかを訊くのは野暮かなと思って
あまりそういうことは尋ねないようにしてたんだけど

これからは取材がてら訊いてみようと思う。

 

 

「へぇ、旅する漫画家…
すごいな!

オランダに立ち寄った時には
ぜったい僕の家を尋ねてくれよな!
そうすれば宿代が浮くから♪」

 

ボートを乗り終えて桟橋の前に戻ってきた後
iPhoneのアルバムに入っている僕の漫画を見せると、
ローは嬉しくなる様なリアクションをとってくれた。

 

僕は即席で名刺を描き
(っていうか机もない状況で描いた名刺だったので、
クオリティも低過ぎて写真を撮る気も起きなかった)

Facebookの連絡先を交換して別れた。

 

ローはこれからワイナリーに行くらしい。
彼らはほんとうに旅を楽しんでいるように見える。

長身のローの漕ぐママチャリは
見ていて気持ちよくなるくらいに加速して
その場を去って行った。

IMG_5518

 

 

 

 

 

 

 

 

Big Drumに戻り
通された部屋にはベッドが二つあった。

IMG_5537

 

 

工事中、従業員用レストラン脇
(ここではレストランも経営している)の水シャワー使用
ということで宿代は一泊7ドル。

 

僕がブログの下書きをしていると
体に痒みを覚えた。

 

 

蚊に刺されるあの感覚じゃない。

目には見えない「何か」に刺される感覚

 

手には無数の刺された跡が。

床ジラミだ。

 

たぶん軟禁虫よりか症状は軽度だが
厄介なんだよなぁコイツら。

 

僕はブルシをベッドに敷いて
バックパックから寝袋をひっぱりだして
それにくるまった。

それでも時々体に痒みを覚える。

IMG_5540

————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

ちょ、ちょっとずつだけど
書き溜めたブログをアップしていくぞぉ…

今はマンダレー。
8ドルの宿です。

シャワー場に体洗いタオル置き忘れたら
戻ってきませんでした…
(たぶん、捨てられてしまった…)

あれ、ミャンマーとかタイで
買えるんでしょうか?

地味に重要ですね。アレ。

背中洗えねえ…

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!