「ぷっつん」

世界一周153日目(11/28)

 

デコボコ道を
ホッピングするバスの一番後ろの座席で
僕は目を覚ました。

IMG_6768

 

 

窓の外は靄(もや)で包まれ、
曇ったガラスのせいもあってか
遠くまで見渡すことができない。

IMG_6761 IMG_6766

 

向かっているのはミャンマー、国境の町
ミャワディ。

インドへのフライトのため、
タイに戻るのだ。

IMG_6769

 

 

バスが走っている道は
コンクリートで舗装されているものの、
しょっちゅう起伏があり、

「ちん寒ロード」の連続。

ひどい時にはバスの揺れで体が持ち上がり、
荷物を置く棚に頭をぶつけることもあった。

 

バスターミナルでもパスポートのコピーがとられたが、
途中の休憩所もパスポートのチェックをされることがあった。
パスポートが持って行かれてしまうとかなり不安になる。

IMG_6774

 

 

ここのオフィサーたちは賄賂を要求する様な
人たちではなかったが、
国によってはパスポートを渡さない方がいいんだろうな。

僕のパスポートとコピーを見て
オフィサーとドライバーがモメている。

IMG_6773

 

 

ここまで何も問題ないはずだ。
頼むからスムーズに出国させてくれ…

 

「これ!
パスポートの顔写真ページの
コピーじゃないぞ!」

「いやぁ…」

何も言い返せないドライバー。

バスターミナルでコピーされたパスポートのページを見ると
インドビザのページだった(笑)
なんでそこコピーしちゃうかなぁ?

IMG_6772

 

 

 

デコボココンクリロードを抜けると
次に待っていたのはバス一台が
ようやく通れる様な道幅の
険しい山道。

場所によっては舗装されてない箇所もあるし、
ガードレールなんてない。
落ちたら死ねる。
バスドライバーを信じるしかない。

IMG_6783

 

何でここの国境を開放してしまったんだろうか?
いずれバスの転落事故とか起こるんじゃないか?

 

バスは慎重に、ゆっくりと
山道を登って行く。

山の上からは地平線が見えた。

IMG_6777

 

 

 

 

 

 

 

 

『寝たらバスが転落する!』

と自分にプレッシャーをかけて
「バスドライバーと命運をともにしようゲーム」
を自分の中で勝手に開催していたのだが、

気づいたら国境の町だった。

IMG_6784

 

 

降りたバスターミナルでは
タクシードライバーたちが声をかけてくる。

陸路から国境を越えることができるようにはなったが、
モンゴルから中国へ入った時みたいに
車じゃなきゃ出入国できないのかなぁ?

 

「国境までいくら?」

「500(1,598yen)バーツだ!」

 

た、高い!

マップアプリで確認すると
国境までせいぜい2、3キロ。

こういう時、決まってますよね♪

 

「歩いていくから
いいっス♪」

歩いて行ってみて
車に乗らなきゃダメだったら
その時にチャーターすればいいのさ。

 

 

国境の町だということで
道路は整った方だった。

3キロの荷物をまおくんの家に
郵送したこともあり、
バックパックを背負いながらも
なんとかPennyに乗ることができる。

そして見えた。

イミグレーションだ。

IMG_6786

 

歩いて国境を越えることができた。
500バーツはないよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パーイで
ネットビジネスをする
サンフランシスコ出身のお二人と
一緒に手続きを済ませ、戻ってきたタイ。

IMG_6788

 

 

これで3回目だ…。

宿は安いし、インフラは整ってるし、
旅の起点になるんだよね。

東南アジアの他の国々をまわるとタイという国が
いかに快適なのかが分かる。

 

「ここが世界で数少ない
車線が交わる場所のひとつだよ」

IMG_6790

 

ミャンマーは右側車線に対して
タイは左側車線。

へぇ〜…
教えてもらわなかったら分からなかったっす。

IMG_6792

 

 

タイに戻った僕は
バンコク行きのナイトバスのチケットを求めに
ターミナルへ向かった。

IMG_6797

 

20:30の出発で333バーツ(1,064yen)。

さて、
チケットも手に入ったことだし
どうしようか?

 

道路を挟んで向かい大きな
ホームセンターが見えた。

IMG_6799

 

 

入り口の横には
漫画製作にうってつけのカフェがある。

 

 

僕がまず向かった先は
その横のトイレ。

IMG_6800

 

 

旅の中で挑戦してみたかったことがあった。

その名もー…

 

「洗髪 in トイレ」

IMG_6802

 

野宿したり、ナイトバスの移動で
シャワーを浴びられない時が
何回かあったミャンマー。

2日分もすると髪の毛が
「もってり」してきて、髪を洗った際の
抜け毛がすごい。

 

あれ…?
おじいちゃん、
僕、禿げない…よね?

人間って一日60本くらい
毛が抜けるんだよ…ね?

 

 

 

 

洗髪してさっぱりした僕は
カフェに入り、漫画を描いた。

IMG_6805 IMG_6810 IMG_6816

 

 

大型ホームセンターの脇にある
カフェにはめったにお客さんが来ない。

どう考えても人件費の方が高くつくくらいの数の
従業員ちちがヒマそうにお喋りしたり、
ネットゲームをしていた。

IMG_6806

 

 

日本だったら、
人件費削減で一人でお店を回させられて
人手不足でヒーヒー言ってそうな
シチュエーション
だよ。

漫画を描く旅人が珍しいのか
スタッフたちはよく僕の脇に立って
製作現場を眺めては、
また形だけの職場に戻って行った。

IMG_6820

 

 

え〜〜〜〜っと…

IMG_6807

 

すいませんっしたぁああああ!!!

IMG_6809こぼした…

 

 

 

 

「うはぁぁぁ〜…」

IMG_6959
受付で荷物を預けると
ホームセンターは生活雑貨で溢れ、

IMG_6961 IMG_6963

フローリングやタイルの素材を扱う棚は
まるで何かの展示場のようになっていた。

IMG_6960

 

在庫もここまで大きいと見応えがある。

IMG_6962

 

2Bの鉛筆…
か、買っちゃおうかなぁ…?

IMG_6955

 

 

テントが1000円くらいで買える!!

IMG_6958
日本で買った7千円もする
使えないソロテントより
よっぽど使えるぞ…

でも、絶対重いよなぁ〜…

IMG_6957

 

 

ホームセンターを見てまわり、
漫画を描く場所を提供してくれた
カフェのスタッフにお別れを言って
僕はバスターミナルへ向かった。

IMG_6821

 

 

ターミナルでギターの練習をしていると
チケット売り場のお姉さんが
「あのバスに乗るのよ」と
僕の乗り込むバスを教えてくれた。

 

やってきたバスにバックパックを
積み込もうと順番を待つ。

いつもなら運転手やポーターが
荷物を入れてくれるのだが、

どういうわけだかここのターミナルは
セルフサービス。

そして、荷室が高い位置にある。
盗難はされないんだろうけど、めんどくさいなぁ…

 

「ほら、ここに入れて!」

と重たいバックパックを持ち上げ
なんとか荷室にぶちこんで
後ろを振り返ると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サブバッグがない!!!

 

えっ!?
おれ、ちゃんとさっきギターの練習してた場所から
サブバッグも一緒に持っていたよな?

バックパックを積んで
バスの後輪の脇におろしたよな!?

 

一応、さっきいた場所を見てみるが
サブバッグの形は見えない。

バックパックだけかついで
サブバッグだけ残すなんてことは
絶対にしない!

中には一眼やパソコン、そして、
パスポートが入っている。

 

 

 

 

盗まれた!!?

念のすぐ近くにいた乗客に
黒いバッグを見なかったか訊いてみたが
「そんなバッグなんて見てないわよ」と
慌てふためく日本人を不思議そうな顔で見ている。

 

あの一瞬でもってかれたのか。

盗難ってこんなものなのか!!?

 

 

 

「ふざけんな!!!
てめぇ!誰だ?
おれのバッグ持って
行きやがったのぉぉッッ!!!」

 

日本語でシャウト。

20:00。ビクつくターミナル。

 

「どこ行きやがったあぁぁッ!」

燃え盛る炎の中
シルエットを漂わせながら歩く
そう。僕は巨神兵。

えっ?
何言ってるか分からない?
「風の谷のナウシカ」の冒頭のシーンだよ。

 

 

シャウトしながら
隣りのバスの荷室も探してみるが
サブバッグは見当たらない。

 

 

3分くらいして
若造が軽いノリで

「ごめ〜ん!
間違って持ってっちゃたヨ!

ソーリー!ソーリー!」

とサブバッグが戻ってきた。

手を合わせて、首をニワトリみたいに
ヘコヘコさせながら謝るソイツに
僕は「ぷっつん」した。

 

 

 

「てめぇ!
なにが『ソーリー』じゃ!
謝って済む問題じゃねぇぞォォォッ!
中にはパスポートが入ってるんだぞ!
これがなかったらなぁ!
おれは旅ができねえんだよ!
わかってんのか!タコ!
軽いノリで済む問題じゃねえんだ!コラァッ!」

 

「いやぁ、だから
ソーリー。ソーリー(笑)」

 

 

ぷつんっ…

 

 

 

若造の胸ぐらを掴んで
日本語で説教する。

喧嘩じゃない、
ヤツに絶対的な非があることをアピールすべく
中からパスポートを取り出し
周囲のタイ人にアピール。

 

僕としてはなんとか
コイツに謝らせたかった。

頭を下げさせたかった。

コイツの軽いノリが
どうしても許せなかった。

 

「まぁまぁ戻ってきたんだしいいじゃないか」
とでも言うように
バスターミナルのスタッフが仲裁に入る。

助かったとばかりに
その場を離脱する若造。

 

「おいっ!てめぇ!
逃げんじゃねえぞ!」

 

だが、頭の片隅では
冷静な自分もいた。

ここは僕のホームグラウンドじゃない。

僕の側に立ってくれる人間は
この場にはいない。

 

「ほら!バスが出発するから乗りなさい!」

「あと30分ある!」

 

って、そうか…
ミャンマーとは30分の時差があったのか…。

 

ドライバーに言われて、
僕は溜飲を下げられないままバスに乗り込んだ。

IMG_6824

 

 

 

怒りを静められないまま
僕はなんとか前向きに考えようと努めた。

IMG_6822

 

 

 

最終的にはバッグも無事戻ってきたんだから
「ツイ」てるじゃないか。

あのまま逃げられたら
手の打ちようもなかったじゃないか。

それに
あいつはもしかしたら
本当に間違えただけなのかもしれないじゃないか。

 

いや、
自分のバッグを間違えるか?普通。
僕のサブバッグは7キロもあるんだぞ?
スケボー用のストラップのついたバッグなんて
そんなないだろ。

ぜったいにヤツは僕が大声で
周囲を巻き込み始めたのを不利になると考えて
間違えたフリをしたに違いない。

 

 

こ、これは運がいいんだ。
だって盗まれてしまってからじゃ
対策はたてられないだろ?

思い返してみろよ。

今日一日めちゃくちゃツイてたじゃないか。
無事に国境に付けたし、
安くタイに入れたし、
ナイトバスのチケットは手に入れられたし
漫画製作にうってつけのカフェにもありつけた。

バッグだって、ほら、戻ってきただろ?

 

 

外の灯りに照らされて
窓枠に何かが映し出された。

 

 

うふふ♪
カワイイ
ゴキブリさん♪

IMG_6826

 

 

 

早朝5時に
バスはバンコクについた。

IMG_6829

 

僕は無料のバスに乗って
カオサン・ロードまで戻ってきた。

IMG_6831 IMG_6834

 

 

6時30分のカオサンロードは
静まり返っていた。

騒々しくて、欧米人だらけで
タイを感じられなかったこの場所に
安堵せずにはいられなかった。

IMG_6838

——————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

いやぁ…
自分でもあんなに大きな声出せて驚きました。

中学高校に戻った感じです。

戻ってきたバッグからは
ホームセンターで補給した水が
なくなっていました。

まぁ、アレはね。
ホルダーのゴムがゆるゆるで
すぐ落ちちゃうんだけどね。

腹の虫が収まらない…

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★スマホ用☟
にほんブログ村 世界一周

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です