「まるでこの展開は漫画だ」

世界一周399日目(8/1)

 

寒くて眠れなかったのは
いつぶりだろう?

IMG_2833

 

 

 

「寝袋が役に立たねえ!」
とか

東南アジアで時々する野宿では
文句たらたらだったのに、
夏のヨーロッパでは
かなり活躍してくれている僕の寝袋。

プロモンテっていうメーカーの一番薄い型。
ネット通販で6,800円くらいだった。

 

 

 

 

昨日は足が冷たくて
上手く眠ることができなかった。

15℃までが適温とされている僕の寝袋では
太刀打ちできなかったようだ。

 

 

ここはスイスの首都ベルン。

街の少し離れたところにあるベンチ。

昨日は羊の首につけられた
美しい鐘の音がよかったもんだから、
ここで眠ったんだけど。

そうだ、ジーンズも履き替えたんだった。
パタゴニアのサーフパンツに。

眠れなかったのにはそれもあるね。ははは。

 

 

 

 

寝袋をたたみ、着替えたあと、
朝の一服を終え、
僕はヒッチハイクのポイントへと向かった。

ハイウェイの中に入って
ヒッチハイクすれば
警察のご厄介になることは間違いないだろう。

だから僕がヒッチハイクをする場所は
普通の道路がハイウェイに交わるところだ。

ここだったら止まってくれるだろう。

IMG_2836

 

 

 

スイスでフリーのWi-Fiを使うには
電話番号がなければならない。

情報収集もしていない僕が
頼りにできるのは己の嗅覚のみ!

 

 

何台か車が通り過ぎていった後で
一台の車が止まってくれた。

 

 

 

 

 

 

セバスチャンはTOYOTAの車を運転していた。

次の目的地のチューリッヒには行かないが、
ここよりももっといいガソリンスタンドまで
僕を送り届けてくれた。

IMG_2837

 

 

 

ガソリンスタンドでは
さらっと僕におごってくれた。

僕がお金を払おうとすると、
「君の旅にはお金が必要だろう」と
スマートにお会計を済ませ

「それじゃあ良い旅を」と
華麗に去っていった。

IMG_2839 IMG_2840

 

 

 

セバスチャンいわく
チューリッヒナンバーを指す
「ZH」と書かれた車を
ここで探せばいいらしい。

日本のナンバープレートに
どこで車を買ったかが書いてあるようにね。

 

 

 

 

 

僕は「ZH」と書かれた車を探したが、
どこも「BR(ベルン)」から来た車ばかりだった。

 

 

そうこうしていると
オランダ人のおばちゃんが
僕に声をかけてきてくれた。

旦那さんが僕にコーヒーをごちそうしてくれたが、
目的地がチューリッヒから少し離れた
バーゼルであることが分かり、
乗せてもらうことをお断りした。

コーヒーありがとうございました♪

 

 

 

 

ガソリンスタンドは広く、後ろにカフェもある。

駐車場も広く、
僕はペニーボードで行ったり来たりして
チューリッヒ行きの車を探した。

一時間探してもなかなか車は見つからない。

声をかけても、ドライバーさんは困ったように
「ごめんね」と言うだけ。
車が満員だなんてのもザラだ。

 

 

 

 

そんな中で出会ったのが
ドイツ人のヒッチハイカーだった。

バックパックにマットをつけ、中に寝袋が入っていた。

似た様な格好をしているヤツを見つけると
ついつい声をかけてしまう。

 

 

「お互いヒッチハイクがんばろうぜ」

 

 

軽く話をしたあと、

彼は2分後に自分の車を見つけていた。

IMG_2843

ちーーーん…

 

 

 

 

は、はは。

ドイツ語が喋れると何かと便利らしい。

これから向かうチューリッヒやバーゼルでは
ドイツ語がメインに話されているからだ。

 

 

えっ?

じゃあ地方が違うスイス人同士が
どうやってコミュニケーションをとるかだって?

英語なんだってさ。

面白いよね。

それでいてこの国の教育水準の高さには驚かされるよ。

 

 

 

 

やっと僕が見つけた車のドライバーさんは
浄水器をデザインされている方だった。

IMG_2846

すいません名前忘れました。

 

 

もの静かな雰囲気だったが、
いろいろとお話を聞くことが出来た。

浄水器を取引しているメインの国は中国らしい。
お仕事で中国に頻繁に行くそうだ。

 

 

バブルとはいいつつも経済成長を続ける中国。

僕も去年行った時に驚いた。

まだまだ一部では品質が悪いイメージがあるけど、
なんだかんだで、中国製品のクオリティも
上がっているように感じる。

だってiPhoneの部品のほとんどは
中国で作ってるんでしょ?あれ?違ったっけ?

IMG_2844

 

 

ドライバーさんとは
スイスと日本の社会の比較を話たりして
ドライブを終えた。

「Have a nice day!」

そう言ってドライバーさんと別れた。

僕が今日あなたに会えて、
気持ちよく過ごせるように、
あなたの一日も素敵なものになりますように。

そう願いをこめて。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チューリッヒに
着いた僕は

さっそく駅の近くの
スターバックスでWi-Fiにつないだ。

 

 

スターバックスのWi-Fiは
登録さえしてしまえば好きなだけ
使っていいというものだったが、
どういうわけかパソコンでは使えなかった。

Wi-Fiは感知するのに、
使えないってどういうことだ??!!

 

 

仕方が無いので情報収集だけにとどめ、
パソコンで書きたまった日記を書く。

iPhoneの方ではFacebookにつなぎ、
ここで会おうとしていたメグミさんに送った
メッセージに返信があるかを確認する。

 

 

グルジア、トビリシであった
写真家のたまごのメグミさん
あっ、リンク貼って来ました。頭なでてください。

もしかしたら
ルートがかぶって会えるかも!

とのことだったが、

友達との約束ができてしまい、
スイスには来ないでイタリア、
ミラノに飛ぶことになったらしい。

 

 

まぁ、それも旅だよな…。

僕も急に連絡したし、
すぐにはレスポンスできなかったから…。

結局僕が一人で旅することは変わらない。

つくづく日本人とはあまり会わない旅だ。

そして会う人には
会うべくして会う旅だと思う。

 

 

 

 

 

17時になってスターバックスを切り上げる。

街は建国記念日だというのに、静まり返っていた。

IMG_2849 IMG_2852

 

 

 

もっとにぎやかなお祭り騒ぎを期待してたんだけどな。

さまざまなブランド店が並ぶメイン通りは全て閉店。

トラムがルーティンワークのように走るだけだ。

IMG_2850

 

 

 

僕はバスキングができそうな場所を探した。

なんだかんだでジュネーヴと
ベルンでしかバスキングをやっていない。

ここに出稼ぎ労働者の精神でやって来た僕。

ここでちょっとでもいいからお金を増やしたい!

 

 

湖まで行き、人がいることを確認する。

建国記念日と言えども、
人はいるんだな!よしよし!

 

 

 

バスキングができそうな場所を探していると
スペースドラム、カホン、バイオリン
組み合わせの三人組を発見した。

バイオリンのお兄さんが
「僕の片親も日本人なんだよ」と言う。

「一緒に何かやろうよ」と誘っていただいたので、
スタンバイミーを思いっきり熱唱した。

やっぱり、いい場所には先客がいる。

お兄さんたちがやっていた場所は
音が反響していいパフォーマンスができる場所だった。

IMG_2853

 

 

スタンバイミーに入った5フランを
お兄さんはウィンクで僕にくれた。マジ太っ腹!

バイオリンケースには10フラン札も入っている。

どんだけ稼ぐんだろう?

IMG_2855

 

 

 

 

 

僕は他にも場所がないものかと探したが、
結局もとのメイン通りへと戻って来てしまった。

IMG_2860 IMG_2863

 

 

 

さっきここでアンプをつけて
演奏していた2人組はもうどこかへ行ってしまった。

パーミットはあってないようなものらしい。

今日が建国記念日っていうのもあるだろう。

とりあえずやってみんべ。

 

 

人は少ないし、
トラムがうるさいそんな場所だったけど、
それなりにレスポンスが入る。

日本人の女の人がコインを入れてくれた後に
「かっこいいよ~!」と言ってくれたのが嬉しかった。

だいたい40ドル分くらいかな?

まぁ、僕にとっては上出来。

 

 

 

 

 

 

 

二分の一フランがてっきり
最低単価のコインだと思っていたが、
そうではないらしい。

一番小さいコインだか邪魔者扱いしていたが、
この小さいコイン2枚で
100円以上の価値だなんて!

野良Wi-Fiでコインの価値を調べ、
実験的にスーパーでいつもより豪華なご飯を食べた。

フランスパンとMARS(チョコ)とサラダ。

マジ贅沢ぅぅぅ!!!

 

 

 

夜になって花火があがる。

IMG_2867 IMG_2870

建国記念日っぽいね。

 

 

24時過ぎまで
閉店後のスターバックスでiPhoneをいじる。

そして重い腰を上げて
今日の寝床を探しにでかけた。

IMG_2872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅を離れ、

バーのある通りを抜けた。

 

 

幸い道路が整っているので
バックパックを背負いながらスケボーに乗れる。

見つけた公園はステージが組まれ、
バンドが演奏していた。

 

 

水場を発見して
ペットボトルに入れようと思ったのだが、
いつもより溜まっている水が濁っている。

近くに洗剤のようなものも置かれている。

これ大丈夫なのかな?

近くにいた兄さんに尋ねてみた。

 

 

「これって飲めるのかな?」

「もちろん!」

「それより君、日本人?
ドウモハジメマシテ。
ワタシノナマエハ
“サミュエル”デス」

「おお!」

 

 

「どこ泊まってるんですか?」
「キャンプだよね!」
「あーそうですか。なら今夜うちに泊まりませんか?」
「え?マジ?じゃあー…」

 

 

そんなふうにコロコロと話が進み、
僕はサミュエルの家に泊めてもらうことになった。

サミュエルは”ヒデさん”という日本人と
ルームシェアをしているらしい。

ヒデさんは現在ポルトガルの
フェスに遊びに行っているらしく、
そこに寝させてくれるというのだ。

 

 

 

 

 

案内された部屋はまるで
秘密基地のようだった。

IMG_2873

 

 

音楽機材が並び、
奥にはTシャツをプリントする
ロボットみたいな機会が置かれている。

 

 

「え?!!ヒデさんって
ミュージシャンか何か?」

「スシショクニンデス」

 

寿司!!!???

 

 

サミュエルは自身は
片手間のミュージシャンだった。

日本の漫画で松本大洋が好きって!
それ僕の好みとぴったし!

 

 

 

 

 

 

「ミンナデダンスシニイキマショウ」

サミュエルに誘われて
その友達たちと夜のクラブに踊りに行く。

IMG_2877 IMG_2875 IMG_2878 IMG_2884

 

 

 

まったく、なんだってんだ?

急激な展開がまるで漫画だよ!

 

 

体験はお金じゃ買えない。

20フランの入場料をためらいなく払った。

 

 

 

クラブの重低音に体をノらせる。

朝から動きっぱなしで眠たい…。

 

 

 

チューリッヒ….、いい街だぜ…。

IMG_2888

 

「カエリマスヨー」
「待って…眠くて頭がフラフラする。
てか、歩くの早い…」

———————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

やっぱり会うべくして会うだなぁと思います。

きっと誰の旅でもそうなんだと思う。
日記なんて書いてる場合じゃないぜ!
まぁ楽しく旅しているので、
更新が不定期でも気にしないで。お母さん笑。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

一応さ、iPhoneの方がWi-Fi使える機会が多いんだ。
だからFacebookページ(もしくはアカウント)で探してみてよ。
リンクも貼っておくね。「旅する漫画家

Twitter、っていっても、
ガラケー使っているお母さんじゃわからないかな?
一応アカウントか遺徳ね。「Indianlion45」だよ。
トシにフォローさせておいて笑。

 

 

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

元気に旅してっから。

そしていままで
余分にとっていたカロリーが
日々消費されております笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!