「別れはごく自然のことだ。そして僕は新しい街へ」

世界一周428日目(8/30)

 

ソファの上、

朝の6時半に目を覚ました。

 

 

パヴロじいちゃんは既に起きており、
僕に朝ご飯を作ってくれた。

窓の外を見ると、空が白く明るい、少し寒そうだ。

 

 

パヴロじいちゃんの家を出るとき、
じいちゃんは僕に十字架のついたネックレスと
マリア様の絵が描いたポストカードを
僕にくれた。

IMG_4534

 

僕はキリスト教徒ではないけど、
きっとこれが僕を守ってくれる
そんな気がした。

 

 

 

ここはチェコ、ヤヴロニツ。

そして今日、僕はドイツへと向かう。

 

 

 

 

 

電車の時間は7時45分。

朝ご飯を食べると、
荷物をまとめて大家さんにお礼を言い、
パヴロじいちゃんと一緒に駅に向かった。

朝からパヴロじいちゃんはノリノリだった。

IMG_4538

 

 

 

軽くハミングしていたかと思うと
「ポウッ!」とマイケル・ジャクソンみたいな
高い声を出して僕の笑を誘った。

胸一杯に行きを吸い込むと
フレッシュした気持ちになれた。良い旅立ちだ♪

駅まで歩いて行き、待合室で電車を待った。

 

 

 

10分前にやって来た電車。

IMG_4541

 

 

 

プラットフォームとも言えないような場所で
じいちゃんとハグをする。

僕が電車に乗り込む前に、じいちゃんは
「別れが寂しい」とでもいうように
泣き真似をしてみせた。

IMG_4542

 

 

 

最後の最後に良い出会いが待っていたな。

公園で野宿していてバックパックや
一眼レフ(それに眼鏡まで)盗まれて、
チェコが心底嫌いになりかけたけどー、

 

 

ここにまた帰ってこれる場所ができた。

元気でね。じいちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

7時45分になって
電車は国境の町へ向けて
動き出す。

IMG_4545

 

 

 

僕は電車の入り口から遠ざかって行く
じいちゃんに向けて手を振った。

じいちゃんの姿はあっという間に見えなくなり、
僕は自分の座席についた。

 

 

 

 

涙が出た。

 

 

 

 

涙なんてどれくらい流してなかっただろうか?

この旅の中で惜しげも無く
僕に優しさを注いでくれた人たちのことを思い出す。

 

 

僕はー、その優しさに
何かで応えることができたかなぁ?

 

 

なんでこんな僕なんかに
優しくしてくれるんだろう?

 

 

僕はー、あなたに会えてよかったです。
それは間違いなく言えます。

 

 

 

 

 

 

 

森の中を抜けるようにして電車は走った。

時折木々の合間から農場が見えた。

牧草をマシュマロみたいな形に
まとめたものがいくつも転がっていた。

もうこの景色ともお別れとなると、
自分目に今映っているものが
たまらなく愛しく思える。

IMG_4543

 

 

 

でも、旅はその繰り返しだ。

ネパールでも、アルメニアでも、イタリアでも、
どんな国だって、通り過ぎていく景色は一回きりで、
自分の心のファインダーに残しておこうとしても、
いつの間にか、色あせてしまっている。

時々

『あの国のあの場所で見た景色は、
どんなんだったっけな?』

と、自分が訪れた国に思いを馳せるが、

カメラのように精密でない
僕の頭が再現できるのは、
なんとなくのイメージだけだ。

IMG_4547 IMG_4548 IMG_4550

 

 

 

 

 

 

 

 

2時間ほどで僕は国境の町に着いた。

マップアプリでドイツへ続く線路を辿り、
今いる町から電車を乗り換えれば
ドイツに行けることが分かった。

 

 

 

大きな橋を渡り、3kmほどの距離を歩いた。

IMG_4553

 

 

 

これが今まで背負っていたバックパックなら
大変だったなと思わなくもない。

再出発だ。失ったものはたくさんあるけど、
その分身軽になれた。前向きに行こう。

IMG_4558

 

 

 

地元の人の訊いて、
ドイツ行きの電車が出ている駅へと向かった。

まず向かう先はドレスデンという町。
200コロナ(985yen)だった。
国境を越える電車だけど、そこまで高くない。

手持ち余ったコロナもユーロに両替しておいた。

 

 

ドレスデン行きの電車が出るまでの1時間半で、
僕は駅周辺をブラついた。

爪切りやタバコ、ちょっとした食糧を買って、
よいよチェコとのお別れの時間だ。

IMG_4561

 

 

 

 

僕が乗り込んだのは車内に
トイレの着いているような綺麗な電車だった。

 

電車は国境を形成している川沿いを走り、
あっという間にドイツへと入国した。

マップアプリを見ていなかったら
自分が今ドイツにいることなんて
分からなかっただろう。

今までのような
チェコの田舎っぽさとは打って変わって
とたんに洗練された先進国の景色になった。

 

 

チケットを確認しに来た恰幅の良い車掌さんは、
僕にドレスデン行きの乗り換え電車を教えてくれた。

車内アナウンスもドイツ語へと変わり、
ドレスデンの駅へと降り立った時、
僕はドイツへとやって来たことがよく分かった。

もう日本のそれとほとんど
変わらないのではないだろうか?

IMG_4564

 

 

 

駅の目の前には大きなショッピングモールがあり、
チェコののどかさなんて1ミリも感じられない。

IMG_4577 IMG_4579

 

 

 

バスキングによさそうな歩道も見つけた。

その先進国の空気に僕は興奮させられた。

ここならまたバスキングでお金が稼げるかもしれない!
しかも相手はドイツだからな!
イタリアよりはいいんじゃないか??!!

 

 

ニヤニヤしながらギターを構えた。

通行人は僕のことなんて
これっぽっちも気にしている様子は無い。

それでいい。僕なんてそんなもんさ。

肺に空気を吸い込み、唄いだす。

人通りは多い。

レスポンスはほとんどない。

人に寄っては露骨に顔をしかめる。

 

 

 

20分ほどのバスキングで
僕はすっかり萎縮してしまった。

『僕なんてー、こんなもんだ』

とは思いたくなかった。

だって今までどれだけ
バスキングやってきたと思ってるんだよ?
今まで培って来たものはなんだ?

ショッピングストリートのベンチに座って
持っていたプラムとパンをかじる。
軽くなったはずの荷物が
数日前の重さと同じように感じた。

 

 

僕はiPhoneを取り出し、フリーのWi-Fiを探す。

町にはWi-Fiが行き交っていたが、
どこにも僕が使うことのできるWi-Fiはなかった。

 

 

『なんかー…冷てぇな…』

 

 

先進国という括りの中に入るドイツ。

みんながそれぞれにプライベートの領域を持ち、
他人とはそこまで干渉しない。
インドやトルコの人なつっこさが欲しかった。

 

 

 

どうやらスターバックスでは
Wi-Fiが無料で使えるようだ。

お店の外でアンテナ一本分の
Wi-Fiを使ってするのはいつもと一緒だ。

パソコンでブログを書いている以上、
ブログの更新はできない。

なんか贅沢なブログだなぁ。
こんなん旅ブログじゃないのかもなぁ。
でも、iPhoneのフリッカーで文章書くと
なんだかノれないんだよ…

 

 

 

 

 

 

『もう一回チャレンジしてみようか?』

僕は諦めが悪い。

さっきは人通りの多い歩道だったが、
人との感覚が狭かった。

ある程度の広さがないと
バスキングはダメなんだよな。

とりあえず自分が納得できればそれでよしっ!

しゃーーーッ!やったらーな!

 

 

いかに「バカ」を演じられるかだ。

IMG_4580

 

 

ただのカラオケマシーンにはなりたかない。
からだ全体を使ってシャウトする。

すると、さっきとは違い
パラパラとレスポンスが入った。

子供連れのお母さんなんかが
ニコニコしながら足を止めてくれたりする。

 

 

見回りの警官だかにストップをかけられて、
僕のバスキングは終わった。

この町でバスキングをするには
パーミット(許可証)がいるらしい。
まぁ、明日はもう別の町に行くから、大丈夫っすー。

パスポートの確認はされたけど、
そこまで怒っている様子はなかった。

 

 

僕には行かなくちゃいけない場所がある。
だからこの町の隅から隅まで見ている時間はない。
町の中心地だけ見れただけで十分だ。

最近パソコンもすっかりご機嫌ナナメだし
修理にも出したい。お金かかるけど….。

IMG_4583 IMG_4584

 

 

 

 

 

ファストフード店の二階で
充電をしながらキーボードを叩いた。

IMG_4590

 

 

 

22時の閉店時間まで日記を書いた。

Wi-Fiが使えやしないか、
もう一度スターバックの前まで行ってみたが、
閉店後のスターバックスからは
Wi-Fiは流れてこなかった。
スイスだったら使えたのになぁ。

IMG_4594

 

 

 

「Hitchwiki」には時々、
野宿の情報も載っている。

ドレスデンでは川沿いで気軽に野宿ができるそうだ。

地図を頼りに川まで向かい、
人気の少ない暗がりにテントを立てた。

 

 

テントの出入り口を川の正面にする。

朝起きて外を見ればそこが川っている
ゴキゲンなロケーションだ。

テントの中に荷物を入れ、
マット代わりの段ボールを敷いて、寝袋を広げた。

 

 

 

町の灯りが反射する川を眺めながら、
ぼうっとタバコをふかした。

 

 

お疲れ。おれ。

 

 

約束の場所はすぐ目の前だ。

IMG_4596

——————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

ツンデレの意味について考えます。

やっぱりー、旅はいいっす。
またチェコに戻ってきたいなと思わせてくれた
パヴロじいちゃんには感謝です。

でもね、次は宿とるわ笑

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家」も
どうぞよろしくお願いします。

★Twitterもね!「Indianlion45」


「別れはごく自然のことだ。そして僕は新しい街へ」” への4件のコメント

  1. シミ君チェコの「神様」は、君の重いバックバックを新しく、そして軽くしてくれて、古いギターを新しい良い音色のギターに変えてくれて様ですね。(笑)
    そして君をチェコにまた来て見たいと思わせてくれる、愉快なお爺さんとの出遭いをくれました、シミ君チェコは忘れられない国に成りましたね。

    • >JOSANさん。

      おっしゃる通り、こういうときに
      物事をどういう風に
      捉えるかが大事だと思います。

      僕は大学生まで、
      あまりパッとしない
      人生を送ってきました。

      だけど、
      今こうして世界を旅している
      ことを考えると、
      あのパッとしない時代も
      必要だったのだと思います。

      次回チェコを訪れる機会があれば
      宿は確実に抑えていきます笑!

  2. シミさん、おはようございます。
    チェコの事心底嫌いにならなくて良かったわ。
    パブロさん達と過ごした時間が失ったものを幾らか補ってくれて
    ホッとしました。
    過去のブログは昨年の7月まで読み終わったところです。
    リアルタイムは何処にいらっしゃるのか・・とにかくご無事で
    旅を楽しんで下さいね(^^♪

    • >ミヤワキケイコさん

      今回のような出会いがあると、
      ほんとうに旅をしていて
      よかったなぁと思います。

      きっとこれからも
      楽しいことばかり
      じゃないとは思いますが、

      ひとつひとつの出会いを
      大切にしていきたいですね。

      それより
      僕の日記を最初から読んで
      下さるだなんてー…

      す、すごい!
      読んでて疲れませんか笑?

      コメントありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>