「心が満たされれば僕は幸せ」

世界一周427日目(8/29)

 

 

う、

IMG_4454

 

 

あっ、

IMG_4453

 

 

おっ…、

IMG_4450

 
おはよ〜ございま〜す…

IMG_4452

 

 

 

 

 

今日は
ヴィセットじいちゃんとの
約束の日。

 

 

7時には教会脇に立てたテントをたたんだ。
朝日がまだここまで届かず、空気はひんやりと冷たい。

ここはチェコ、ヤヴロニツ
ガラスボタンが有名な町。

昨日会ったバイオリン弾きの
ヴィセットじいちゃんとセッションする約束をした。
今日の15時に今いる公園で会う約束だ。

 

 

撤収を終え、昨日買っておいた
パンとトマトを胃袋に収めると、
僕はギターを取り出した。

静かな場所でこのギターを弾くと、
音がよく聴こえる。

アルペジオにもなっていない
「なんちゃってアルペジオ」でもさまになっている。

どこからともなくお姉さんが現れて
ギターケースにコインを入れて行った。
20コロナ。約100円。

バスキングにはギターの音も
レスポンスに関係すると思った。

今まで使っていたトラベルギター、
Martin Backpackerは小ぶりで音も小さく、
一回壊しているため低音が響かなかったけど、

買ったばかりのアコースティックギターの
サウンドの力強さには自分でも驚いてしまう。
ギターってこんなに音でかかったんだって。

 

 

スカスカのバックパックを背負って
僕は昨日のカフェに向かった。

IMG_4456 IMG_4460

 

 

 

町のバー以外のお店は平日は
19時には閉店してしまうが、
その分オープンする時間もそれなりに早い。

コンセントの確保できる席で
ブログの投稿をしようとしたのだが、
Wi-Fiの調子が本当に悪い。

うーむ…。
ここはドイツで修理に出すしかないなぁ。

まぁブログが全てじゃないさ。

 

 

 

iPhoneで調べものをしたり、手帳に絵を描いたり、
パソコンで日記を書いたり、
お昼過ぎまではそんな風にして過ごした。

IMG_4462

IMG_4461

 

 

 

今日も同じバーガー屋で昼ご飯♪

IMG_4464 IMG_4467

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで雑貨を
仕入れることも忘れない。

ここにはガラス美術館がある。
もしかしたらそこで雑貨が手に入るかもしれない。

 

 

 

場所を調べてそこまで向かった。

ガラス美術館はそこまで大きくない、
ビルの3フロアを使った美術館だった。

フロントでチケットを買って、
バックパックとギターをクロークに預けた。

コーヒーの自販機でコーヒーをすすると、
僕は館内を足早に見た。

そこにはまさに自分の探している
ガラスボタンが展示してあった。

IMG_4470 IMG_4475 IMG_4476

 

 

 

ヤヴロニツのどこを探しても
僕にはこんなかわいいガラスボタンを
見つけ出すことができなかった。

『どうして今、これと同じような
ガラスボタンを作らないのだろう?』

と思ってしまう。

 

 

需要がないのかもしれない。

僕がガラスボタンが仕入れられる
お店を知らないだけかもしれないが、
町の中心地では手に入れることができなかった。

今、ガラスボタンを手に入れるためには
アンティークショップに行かなければ
手に入らないのだと思う。

雑貨の本を見て
この町にやって来たわけだけれども、
あれは本職の雑貨屋さんだからこそ
手に入れられたんだなと思う。

 

 

僕はガラスボタンが
手に入れられなかった代わりに、
ガラスの熊の文鎮とアクセサリーを仕入れておいた。

これもここでしか手に入らないものだ。

日本の誰かにて渡っても、
その人の生活に馴染んでいってくれそうな雑貨だ。

IMG_4486 IMG_4488 IMG_4489

これは小さなお店で見つけたー…なんだ?

 

 

 

 

一応美術館のお姉さんに他にも
ガラス製品の売っている場所を訊いて、
実際にそこへ足を運んでみたが、

今のヤヴロニツは需要のある
アクセサリーのような製品しか作っていないようだった。

IMG_4491

 

 

 

 

そろそろ約束の時間だ。
待ち合わせ場所の公園に行こう。

 

 

公園にはヴィセッツじいちゃんの姿は見られなかった。

昨日じいちゃんに出会った時のように
ギターを弾こうと思った。

きっとじいちゃんもギターの音を聞けば、
僕がここにいることが分かるだろうと考えたのだ。

チューナーを取り出そうと
ギターのサイドポケットのジッパーを開けー、
開けー、

あれ…?開いてる。

 

 

サイドポケットに手を突っ込み
中を探ってみるがチューナーを
見つけることはできなかった。

そんな!おかしいぞ!
こんな買ったばかりのケースのポケットを
締め忘れるだなんて!

しかもおかしいことに二つあるサイドポケットの
どちらとも全開で開いていたのだ。

不自然過ぎる…。

さっきいたカフェでトイレに行っている間に
盗られたに違いない。

サブバッグはもちろん
肌身離さずトイレに持っていた。

 

 

僕に背を向けるように座っていた
地元の若者(一人)は
僕がトイレから戻って来た時には
いなくなっていたのを思い出した。

たぶんあの時だ…。

買って3日くらいしか経っていないチューナーが
そっこーで盗まれた。

二日連続で盗難にあっている僕から言わせてもらえば、
ここではチャンスがあれば
何を盗ったって許されるのだ。

 

 

てかチューナーなんて盗ってどうすんだよ…。

一応、サブバッグを整理して
チューナーを探している時に
ひょっこりヴィセットじいちゃんが現れた。

昨日の朝に会った時よりも綺麗な格好をしている。

「これ、よかったら食べなさい」
と僕にパンをくれた。

 

 

ここでテンションを下げていても仕方が無い。

今日はじいちゃんとセッションするために
ここに残ったのだから。

 

 

 

 

じいちゃんが言うには
ヤヴロニツからバスでどこかに向かうらしい。

バス代はじいちゃんが払ってくれた。

IMG_4496

 

 

 

町の中心地から
15分くらい行ったところにあったのは
バーだった。

IMG_4497

 

 

 

周りは冬になるとスキー場になるらしく、
ゲレンデやコテージの看板が見えた。

バーの中には、スタイルの良い
ママさんみたいな人が一人で切り盛りしていた。

15時のバーには地元のおちゃんたちが
4~5人くらいしかいなかった。

IMG_4499

 

 

 

ヴィセットじいちゃんは
僕にビールをごちそうしてくれた。

IMG_4500

チェコのビールだなんて初めてだよ…。

 

 

ちょっと甘みを感じた。

こちらもお返しに久々の名刺を描いた。

IMG_4501

 

 

 

おじいちゃんには
線が細か過ぎる絵かなぁ?

IMG_4502

 

 

出来きもイマイチだし
個人的には納得のいかない名刺だったが、
ヴィセットじいちゃんはそれをすごく喜んで、
僕にハグをしてくれた。

IMG_4503

 

 

てか、僕、お酒飲むと
声出なくなっちゃうんだよね…。

チビチビとビールをすすり、
コンディションを崩さないように注意する。

 

 

「じゃあそろそろやろうか?」

 

 

とじいちゃんのタイミングで
僕は店内でギターを弾いた。

ヴィセットじいちゃんは僕の歌に会わせて
バイオリンを弾いてくれる。

部屋の隅っこのテーブルに座った
おっちゃんグループは全く僕たちのことを
気にしていなかったが
(それもそれでちょっと寂しいんだけど)、

一人でやって来ていたおっちゃんは
僕にジョッキのビールを一杯プレゼントしてくれた。

まだ、このグラスビールですら
全部飲めてないのに…。

IMG_4504

サラダもごちそうになりました。

 

 

 

 

そうこうするうちにやって来たのは
じいちゃんの友達たちだった。

一人は英語を喋れ、
僕とヴィセットじいちゃんの通訳をしてくれる。

IMG_4506

 

 

夫婦で来た二人はギターを持って来ていた。
英語のカントリーソングを僕に聴かせてくれた。

 

 

「でー、シミは今晩はどうするんだい?」

「また公園でキャンプっすかね?」

「パヴロ(ヴィセットはニックネームらしい)は、
『うちに来ないか?』って言ってるよ?」

「え??!!いいんですか?」

 

 

「もちろん!」と満面の笑みで
頭を縦に振るパヴロじいちゃん。

ここまで車で来ていた友達に送ってもらい
僕はパウロじいちゃんの家まで送ってもらった。

 

 

 

パヴロじいちゃんの家はなんと公園のすぐ隣りだった。

大家さんもこの家に住んでいるらしい。

小さな黒い犬が僕の臭いをクンクンと嗅いでいる。
大人しいいい犬だった。

 

 

 

 

 

初めて入ったチェコのお宅。

IMG_4515 IMG_4509 IMG_4510 IMG_4513

 

 

 

見るもの全てがまさに
自分のイメージしていたチェコ。

置いているなんてことないものまで、
僕にはセンスがあるとしか言えなかった。

じいちゃんの借りている二階のリビングルームには
古いターンテーブルや
ヴィンテージのピアノが置いてあり、
部屋の中心には丸いテーブルが置かれている。

 

 

「コーヒーでも飲むかい?」

とじいちゃんは僕にコーヒーを淹れてくれた。

他の部屋にはじいちゃんのアトリエのようなものがあり、
じいちゃんの描いた絵や写真が貼ってあった。

僕は飾ってある写真をじっと眺めた。

カラーの物から白黒のものまで、
そこにはパヴロじいちゃんの歴史が詰まっていた。

IMG_4520 IMG_4521

IMG_4525

 

 

 

たぶん横にいるのは奥さんなのかな?
これは息子さんだろうか?と
じいちゃんと一緒に写っている人が
誰なのかを想像する。

だけどー、今ここに住んでいるのは
じいちゃんだけだ。

リビングの脇の小さな部屋で
パヴロじいちゃんの作ってくれた晩ご飯をいただいた。

 

 

キッチンにもパヴロじいちゃんの
10年以上前の写真が貼られていた。

自分で作った料理を自慢げに見せるじいちゃんの顔。

IMG_4526

 

 

 

「そうだよな。人生ってさ、こうあるべきだよな」

 

 

もちろん戦争も経験して、
いくつもの別れも経験してきたのだろう。

でも、じいちゃんからは
とても温かいものを感じた。

僕もじいちゃんのように
歳を重ねて行くことができるのだろうか?

IMG_4529

 

 

 

 

夕食後、大家さんを交えて、
僕とパヴロじいちゃんはワインを飲みながら
再びセッションした。

もちろん、ジャズみたいな即興ではなく、
僕の歌に合わせてじいちゃんが
合わせてくれるわけなんだけど、
それでも今までにないこの音楽体験に
僕は始終頬を緩めっぱなしだった。

お酒に酔っていたってものある。

 

 

 

屋根もシャワーもソファもある。

心が満たされれば、僕は幸せだ。

それは間違いないよ。

IMG_4530

 

——————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

音楽のパワーとチェコの
このツンデレっぷりにはもう参っちゃいます!

またひとつ、戻って来れる場所ができました♪

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家
もよろしくお願いします。

★Twitterもね!「Indianlion45」


「心が満たされれば僕は幸せ」” への3件のコメント

  1. 初めまして(^o^)
    最近チェコに行って来ました。偶然このブログを見つけてクスクスと笑いながら読ませて頂いてましたが、パヴロじいちゃんの記事には目頭が熱くなりました。
    そうそう、私が感じた大多数のチェコ人の本質はこうなんです!
    確かに泥棒も沢山いるが、ほとんどのチェコ人は慎み深く思いやりのある人達なんですね〜

    • >ゆきじさん

      ブログ読んでいただきありがとうございます。
      チェコはいつかはリベンジしたい国です笑。

      ゆきじさんのおっしゃるとおり、チェコって素朴で童話の世界みたいな感じがしますよね。
      しっかりと防犯対策をすれば、楽しいく旅ができる国だと思います。

      人を信じなければやってけないですよね。
      まぁ、僕の場合、盗難にあっちゃったのは自分のせいだし、
      あれはギャグとして片付けてます笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>