「リンゴの木の村」

世界一周426日目(8/27)

 

斜面にテントを立てたため
上手く寝れなかった。

IMG_4395

 

 

気づいたらテントのはしの方に移動してるし、

マット代わりの段ボールから体がずれると、
背中に地面から寒さが伝わってきた。

 

 

気温もプラハよりぐっと下がった。

春夏様の寝袋だと心もとないので、
ここ数日は新しく買ったイマージェンシーシートを
布団のようにかけて寝ている。
寒さは大分しのげるようになった。

あとは平面にテントを設営することだな。

 

 

テント越しに空が
明るくなってきたのが分かる。

もう少し寝よう…。

 

 

テントの中からは見えないが、
外を人が歩くのが分かる。

だけど、こんなところに突如出現したテントを
誰も気にしてないようだ。

足音はそのまま素通りしていく。

 

 

ここは野宿しやすい町だな♪

そんな風にして二度寝をキメようと思っていた矢先、
飼い主から放られた犬用のボールが
テントに当たって、ビックリして飛び起きた。

近所の悪ガキから石が投げられたのかと思ったよ!

 

 

テントから顔を出し。状況を確認する。

テントを不思議そうに覗きこむ犬。
僕の姿を見ても吠えはしなかった。いい犬だ♪

飼い主さんに軽く会釈すると
向こうも手を振り替えしてくれた。

 

 

 

ここはチェコ、
ヤヴロニツ・ナド・ニソウという町。

「ヤヴロニツ」というのは
「リンゴの木の村」という意味らしい。

ちなみに「ナド・ニソウ」は
「ナイセ川沿いの河畔」と言う意味なんだとか。

IMG_4396

 

 

 

僕はここに雑貨を仕入れに来たのだ。

いくつかの国々で仕入れた雑貨は
盗まれてしまったけど
(っていうかバックパック丸ごととギターも盗られたけど)
ここでしか手に入らない物だったら
仕入れてもいいかもしれない。

 

 

ヤヴロニツの存在を大阪にある
北欧雑貨屋「チャルカ」の出版している本で知った。

ここはガラスボタンが有名らしい。

ドイツの近くにあるこのヤヴロニツの町は、
何百年も前にドイツからガラス職人がやって来て、
その技術を伝えたというのだ。

 

 

ガラスボタンて一体どんなんだろう?

ガラス職人ってどこにいるんだろう?

 

 

テントをたたんで、残っていた食糧をほおばる。

8時になるとだんだんと温かくなってきた。

ベンチに着いた朝露に濡れないように
ビニール袋を敷いて座った。

 

 

朝の公園はまさにギターを弾くのに
ぴったしのシチュエーションだった。

朝日を木々の葉が受け、
風に揺れているのを見ると、
なんだかフレッシュな気持ちになれる。

朝の公園が好きだ♪

 

 

チューナーで音を合わせて、
適当にコードや弦を弾いていく。

歌詞はない。

買ったばかりのギターの音が心地いい。

 

 

一曲、というかひと呼吸おくと、
おじいさんがやって来て

「ワシもヴァイリンを持っているんだよ!」
と僕に自慢げに話してくれた。

年期の入った迷彩柄のジャケットに黄色の靴下とサンダル。

パッと見、ホームレスかと思ったが、
そうではなさそうだ。
自分が言うのもなんだけどね(笑)。

 

 

おじいさんは自分の家から
本当にヴァイオリンを持ち出して、
「さあ一緒にセッションしよう!」と
僕を誘ってくれた。

英語はまるきり話せないおじいさんだったけど、
そこに音楽があれば言葉はいらない。

IMG_4399 IMG_4401

 

 

 

おじいさんは見かけよりも
ずっとヴァイオリンが上手かった。

しわくちゃになった指で
僕の曲に合わせて弾いてくれる。

簡単な”Stand by me”と
“Let it be””の二曲を合わせた。

 

 

「いいね」

犬の飼い主さんが僕たちに拍手して言ってくれた。

「普段だったらこんなところで
朝からギターなんか弾かれたら
注意するけどね。いいね♪」

 

 

犬の飼い主さんは英語が喋れた。

ヴァイオリンおじさんが
ここでの滞在期間を僕に尋ねているようだった。

 

 

「もし明日もヤヴロニツにいるなら
友達の前でセッションしよう!」

なんか楽しそうだ…。

 

 

これだよ。
これだよ!
楽器持っていることのいいことって!

だって朝の公園でたかだか
10分ギター弾いてただけで、
チェコのおじいさんと仲良くなれちゃうんだから!

 

 

 

明日もこの町に滞在することを僕は決めた。

おじいさんと別れた後、
軽くなったバックパックを背負って
町をブラっと歩いた。

IMG_4403

 

 

 

町のちいさなファストフード店は
プラハに比べ値段が安かった。

IMG_4404 IMG_4405

 

 

 

立った一人でお店をまわしている店長は
陽気に口笛を吹きながらテキパキと仕事をこなしている。

いつもパンとトマトとプラムばかりじゃ物足りない。
こういうのも食べておかなくちゃいけない!

ふかふかしたバンズに分厚いハム。
シャキシャキのレタス。

かぶりつくとバンズから
ケチャップとマスタードがはみ出た。

はみでたソースが残らないように
うまくハンバーガーを食べるのはちょっと大変だった。
そして美味しい物を食べると元気になれる。

IMG_4407

 

 

 

 

さてと、腹ごしらえも済んだし、
そうだな。まずは情報収集からといこう。

僕はバスターミナルに向かって、
この町からドイツへ向かう方法を訊いておいた。

IMG_4408

 

次ぼ目的地は
よいよドイツだ。

 

 

 

 

 

 

 

ヨーロッパ
に住む人全員が

英語が話せるわけではない。

IMG_4410

 

 

 

バスのチケット売り場にたまたま
英語の話せるお姉さんがいたからよかったけど、
最初に声をかけたおばさんは
マジで困った顔をしていた。

 

 

「英語なんて話せないからあっち行って!」

 

 

みたいなリアクションをされた時は

「ちょちょちょちょちょっっ!
ちょっと待って!」
と慌てたよね。

 

 

旅をしていると、
相手が英語を喋れて当然のように
錯覚してしまうようになる。

日本語なんて伝わらないのは当然だし、
頼るのは英語しかないのだから。

分かったことはここから直通の
ドイツ行きのバスは出ているらしいのだが、
3日後。

そうなると余分にここに滞在しなきゃならない。

一瞬

『おじいさんとの
約束なんてすっぽかして、
明日出発しようか?』

とゲスな考えが浮かんだのだが、
自分がなんのためにギターを
手に入れたのかを思い出した。

 

 

 

 

バスターミナルでコーヒーを一杯飲むと、
再びバックパックを背負って、
今度は駅へと向かった。

IMG_4414

 

 

 

途中にあったアンティークショップを覗いてみると、
そこにはガラスボタンが
あったことにはあったのだが、
僕が買えるような値段ではなかった。

100年以上昔のものを「アンティーク」、
それより新しいものを「ヴィンテージ」と呼ぶらしい。

やっぱりチャルカが仕入れてる雑貨たちって
素人には手が出せないようなものなんだなと
改めて感じた。

 

 

 

駅に着いた僕は盗まれていない
数少ない所持品のメモ帳で
窓口の駅員さんとやり取りする。

日付と国境の町の名前を書いて
チケットを手に入れた。

次に進むための手段だけ確保してしまうと、
僕はようやく雑貨探しへと繰り出したのだ。

 

 

 

ヤブロニツの町自体はそんなに大きな町じゃない。

町の中心地には薬局や服屋、
スーパーなんかある程度のお店が密集しているのだが、
そんなところにガラスボタンを扱うお店なんて
あるのだろうか?

もっと町の端っこにあるんじゃないか?

 

 

そう狙いをつけて、ヤヴロニツの町を
ぐるっと回るようにしてガラスボタンを探したのだが、
町の中心地から離れれば離れるほど、
辺りは静かな住宅地へと変わっていたった。

IMG_4415

 

 

 

雑貨を仕入れることについて考える。

工場に直接発注をかける人もいれば、
現地のコネクションみたいなのもあるんだろうな。

一番簡単なのは観光地で売られている
お土産を買うことだけど…

 

 

 

結局僕は町の中心地へと戻って来た。

IMG_4438

 

 

 

見つけたガラクタ市や周辺の小さなお店で
ベタな雑貨とも言えなくもないチェコの雑貨を仕入れ、
さっきは行っていない方向へ歩いて行った。

IMG_4420

 

 

 

 

面白そうなお店を見つけると
僕は足を止めた。

 

IMG_4434

 

 

 

ディスプレイに展示された味のある置物に、
一見そこが雑貨屋のように思えたのだが、
そこはこじんまりとしたカフェだった。

店内に入るとコーヒー豆のいい匂いが香った。

IMG_4428

IMG_4430

 

 

理科の実験で見たフラスコみたいな
ガラスの容器でコーヒーを淹れている。

僕はこのお店をすぐに気に入った。

 

 

 

お店のオーナーはハンドメイドの
自分の雑貨も売っていた。

カーテンの隙間から奥の部屋が
作業場になっていることが分かった。

IMG_4425

 

 

 

 

『雑貨を仕入れるならここだな』

 

 

その町でしか手に入らない、オリジナルの雑貨。

僕はカラスの絵がプリントされた
マグカップとアクセサリーを仕入れた。

IMG_4426

 

 

 

そしてお店にたったふたつしかない椅子に座って、
サイフォンで淹れたコーヒーをゆっくりと味わった。

IMG_4432

 

 

 

 

 

雑貨を仕入れる他にも
やりたいことはあった。

買ったばかりのギターをこの町で弾いてみたい。

 

 

一番人通りのありそうな通りで
ギターを構えたが、ここは小さな町だ。

人通りもまばらでレスポンスがありそうな
シチュエーションではなかった。

それでもよかった。

まず第一に自分が楽しむことが大事。

 

 

 

通りはほんとうに静かで
ギターと自分の声がよく響いた。

IMG_4441

 

 

 

気持ちよく唄っていると、
通りかかった人たちがニコニコしながら
コインをギターケースに入れてくられた。

最後の方にやってきたガキんちょたちは、
こんなところで唄っているアジア人が
たいそう珍しいようだった。

ケースに入ったお金を見て
信じられないような顔をしている。

一番小さな坊主頭のガキんちょが
おぼつかない英語で僕に言った。

 

 

「give me money!(お金くれ!)」

 

 

はははは。

君もギターを買ったらいいんじゃない?

笑顔で断る僕。

こんな小さな町でレスポンスが
あるなんて思わなかったのに。
良いバスキングだったぜ♪

 

 

 

この町のお店は早い時間に閉まる。

Wi-Fiの入るカフェでジュースを注文して、
一時間だけネットに繋いだ。

お店の閉店後はお店の外で
タバコをすいながら弱いWi-Fiを使った。

IMG_4444 IMG_4447

 

 

 

 

そろそろ今日を終わりにしよう。

日が暮れた町を昨日の公園へと向かう。

教会の脇に目立たないようにテントを立てた。

IMG_4449

————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

でもー、なんだかプラハよりも落ち着くんですよね。
ヤヴロニツ。なんか好きです♪

でも、ガラス職人はどこにいるんだろう?

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★今までとは違った漫画描いてます。
Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>