「そのほとんどが棒立ち」

世界一周498日目(11/8)

 

 

近隣の皆様に
警察を呼ばれる前に
ここを離れよう。

IMG_0099

 

 

言っとくけど、
僕は荷物全部盗まれるようなことがあっても、
まだ一度だって住民のみなさんに
怒られるようなことは経験していない。

野宿にもマナーが必要ですね。

 

 

何が言いたいかって言うと、
警察には注意されたことはあるけど、
近隣住民のみなさんとは仲良く(?)
やってるってことですね。

まー、外で寝ている時点で
マナーもクソもねえか。

めんどくさいことが起こるリスクを
低くすることはできるってこと。

 

 

 

ここはフランス、ボルドーの街

IMG_0100

 

 

 

テントをたたんでいる最中に小雨が降り出した。

もう勘弁して欲しいよ。
テントがいつまでたっても乾かないままだ。

朝露と降り出した小雨で湿ったままのテントを
そのままケースに収納してバックパックに括り付けた。

バックカバーにレインカバーを到着して
パタゴニアのアウターをギターケースから
取り出して羽織った。

 

 

 

 

僕は雨の中、
昨日とは別の道から
中心地へと向かうことにした。

IMG_0103 IMG_0107

 

 

 

こんな雨が降っていても
ランニングしている人の姿を時々見ることがある。

あんなに一生懸命走って、
彼らは何を目指すのだろう?

ヨーロッパのランニングは
日本よりずっとポピュラーだと思う。

 

 

 

 

橋を渡って、カールフールで
サラダセットとフランスパンとクッキーを買った。

出来合えのサラダはそこそこの値段だが、
野菜にお金を惜しまないことにした。

この野菜でどこまで栄養が
カバーできるか分からないけど、
これは気分の問題だ。

野菜喰えばオッケー!健康!風邪ひかない!

 

 

 

もう11月だってのに
外でキャンプしている僕だけど、
どういうわけだか体調だけは崩さない。

やー、お母さんに感謝だよね。

 

 

放蕩息子は
今日も元気です♪

IMG_0112

 

 

 

 

この毎日クドクド書きまくっているブログだけど、
以前うちの親父がかかさず
読んでいるとお母さんが言っていた。

 

 

家族からの
レスポンスはない。
見放された!!??

 

 

 

まぁ近況はFacebookにもアップしてるし、
こちらも日記ということで
ブログをアップしているし、
向こうも知っているだろうということで、
連絡もほとんど取らない。

便りがないは元気な証拠ってね。

そういうことなんだろう。
清水家は放任教育だからね(笑)

 

 

 

 

 

 

雰囲気の良い
ローカルなカフェを見つけると、
僕はそこで日記を書いた。

IMG_0120

 

 

 

「書く」と言っても
カタカタとキーボードを打つだけなんだけど。

基本一度書くと見直しはしない。
誤字脱字が多いのはそのせいだろう。

四、五年前のブロガーはこんなにも記事の投稿に
熱心じゃなかったのかもしれないなとよく思う。

今ではどこでもWi-Fiが手に入り、
ネットへとのアクセスの容易になった。

もし僕がその当時を旅していたら、
こんなに熱心にブログのアップなんて
しなかっただろうな。

 

 

以前にも書いたけど、
この日記は僕のアイデア帳だ

僕が描きたいのは旅を題材にした漫画。

書くこと、ストーリーを作ることは
漫画家の仕事のひとつだと思う。

だから毎日の日記を書くことも
漫画の修行の一環だと思って続けている。

もちろん絵を描くことも忘れない。

あいかわらず時間配分が下手くそで、
ノって絵を描いていると日記なんて書く時間も
気力もどこかへいってしまう。

IMG_0119

 

 

僕が入ったカフェには
電源もなければWi-Fiも飛んでいなかった。

地元の人たちが立ち寄るローカルなカフェ。

1.5ユーロくらいのアメリカーノをすすりながら
90セントのチョコパンをかじる。

逆に何もない方が日記を書くことに
集中できたりするんだよな。

一本日記を書き終えて、絵を描いていると、
お店の人が褒めてくれた。

ハナクソなのはまだまだかわりないけど、
そういうポジティヴなレスポンスがあると嬉しい♪

 

 

 

 

 

 

13時半には
カフェを出て街を歩いた。

IMG_0129 IMG_0133

 

 

 

今日は土曜日ということもあり、
通りは人で賑わっている。

唄いたい欲求がウズウズしてきた。

IMG_0154

 

 

 

手頃な場所でギターを構えて
アップがてらに唄いだす。

多くの人は素通り。

だけど、目が合った人は
ニコッと笑いかけてくれる。

そういうのに出くわすと、
フランスの人たちの心の
ゆとりがあるなぁと常々思うのだ。

 

 

最初のうちはレスポンスはほとんどなかった。

30分くらいで切り上げようと思っていると、
ちびっ子が一人僕のパフォーマンスに足を止めた。

バスキングをやっていると、
小さい子供が外国人の僕に
興味を示してくれることがある。

そのほとんどが棒立ちだ。

棒立ち

 

 

 

な、なんなんだ。

表情が動かないから
全然レスポンスがつかめんっっっ….!!!

つ、つまらないのか???

『なんでコイツは
ここで唄っているんだろう??』
って疑問に思ってるのか?

 

 

 

とえあえず、
そのちびっ子のために体を動かし、
ノって唄っていると、
足を止めて演奏を聴いてくれる人たちが現れだした。

スペイン出身の三人組は僕に話しかけて来てくれた。

兄妹とその友達。

IMG_0157

 

 

 

別れ際に女のコが
僕のほっぺたにキスをしてくれた。

内心飛び上がるほどに嬉しかったが、

「あ、どもー♪」みたいな感じで
平然を装う僕。

 

 

旅をして

「モテ」

の要素は上がったのだろうか?

 

 

 

いや、
それはないな(笑)
むしろ逆だろ。

IMG_0172

 

 

 

30分のつもりが一時間半。

2ユーロ、1ユーロ、
50セントコインを数えただけでも
28ユーロはレスポンスがあった。

お、おおっ!さすが週末!

IMG_0165 IMG_0181

 

 

タッピング演奏なんて初めて観た。
1ユーロ入れちゃったよ。

IMG_0183

 

 

 

 

週末のボルドーは
お祭りのように人で賑わっていた。

IMG_0160

 

 

今日はもうやらないつもりだったが、
最後に狭い路地でギターを弾いた。

声が建物に反響して
負荷をかけなくても唄うことができる。

30分ちょっとで
10ユーロのレスポンスがあった。

ここまでくると、お礼しか言えない。
どうもこんな唄を聴いてくれてありがとう。
僕は楽しく唄えました♪

 

 

稼いだコインをビニール袋に入れる。

マクドナルドは混んでいたが、
窓際の椅子にありつくことができた。

IMG_0194

 

 

 

夜になっても通りを行き来する人たちを
見下ろしながら二階席で充電をしながら日記を書いた。

24時にはマクドナルドが閉まる。

 

 

 

 

 

バックパックを背負って大きな川にかかる橋を渡る。

水面に揺れる街の灯り。

 

 

バックパックを背負いながら歩いていると
体が火照った僕は
首まで上げたフリースのジッパーを少し下げる。
どうせ明け方には一気に冷え込むのに。

どこかのオフィスビルの裏にいい感じの草むらがあった。

木の下にテントを張って、中に銀マットと寝袋を敷く。

ブランケットその上からサバイバルシートをかける。
朝にはサバイバルシートの裏側には結露がびっしりだ。

 

 

寝よ。寝よ。

ここは治安が良い気がするなぁ…。

IMG_0197

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

繰り返しますが「どうでもいいことを(クドクド)書く」のが
僕のブログのモットーです。たぶん脱線したら戻って来れないと思う。

毎回お付き合いいただきありがとうございます。

読んでくださったみなさまの毎日もハッピーでありますように♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」(リアルタイムだってばよ!)

2 件のコメント

  • 私の場合なんですが、
    子育て中で一番辛抱がいるのが、
    黙って見守るっていう事です。
    いくらだって、口も手も出したいです。
    まぁ、私は過保護過ぎだって、
    親に怒られてるんですけどね・・

    どの親も
    我が子の事を一番に思っていると思います。

    • >あっきーさん

      お子さんを持つ
      お母さんからの言葉は
      説得力があります。

      そうかー…。

      どーなんだろう?

      ちょっと冗談めかして書いたけど、
      なんだかんだ、心配してくれている
      んだろうなーと思います。

      やっぱり、両親の心境を理解するには、
      自分が父親にならないと分からない
      のかなーとも思ったり。

      あったかいっす。
      ラーメン食べたいです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!