「なんでガキんちょに「ファ◯ク」って言われなアカンの?」

世界一周513日目(11/23)

 

 

東の空が
ぼんやり明るくなったころに
僕はベルベルテントの裏手にある砂丘を登った。

IMG_1538

 

 

 

上の方から人の声がしたので、
傾斜30°の砂丘をガシガシ登って行ったのだが、
彼らは別のもっと傾斜がゆるやかな場所から
登って行ったらしい。

僕が一人で砂丘を登っている姿を見て、
昨日会ったスペイン人のカップルが
「ジャポ~~~~ン!」と叫んだ。

IMG_1541

 

 

 

 

 

砂丘の中腹で僕は腰を下ろした。

IMG_1546

 

 

 

じわりじわりと空が明るくなり、
朝日がサハラ砂漠を照らす。

朝、一番最初に目の前を照らす太陽の光。

一日のはじまり。

いっつもこれを見るたびに、
どこか心が現れた気持になる。

IMG_1547

 

 

 

ベルベルテントでパンと数種類のジャム、
コーヒー、ミントティーの朝食をいただいて、
僕たちはホテルに戻ることにした。

IMG_1559

 

 

 

「それじゃラクダは勝手にホテルに帰るから」

と手綱を話すハミット。

 

 

えっ?マジかよ?

そんなにラクダって賢いの?

IMG_1560

 

 

 

キャンプから5分は他のツアー客の
足跡を辿っていた僕の白ラクダは、
すぐに道草を食べ始めた。

おいおい道草喰ってんじゃねーよ!

 

 

頭にターバンを巻いたハミットが戻って来て、
ようやくラクダは言うことを聞いた。

IMG_1565

 

 

 

天気は快晴。

それでいて地面はほどよく湿気を含んでいる。

 

 

行きと帰りで違う砂漠を
見れるなんて贅沢じゃないか。

ラクダに乗りながらずっと砂漠を見ていた。

世界にはこんな景色もあるんだなって。

来るまでは乗り気じゃなかったけど、
ここへは来てよかったと思う。

IMG_1582 IMG_1567

 

 

 

 

ラクダを停めるとハミットは
僕をホテルの裏に呼んだ。

物置みたいな所から取り出して来たのは
ガラクタとも呼べそうな雑貨たちだった。

卵の形をした置物なんて、
誰が買うんだろうと考えてしまう。

「さて!どっちが本物のゆで卵でしょう?」
なんてやるのかな?

 

 

「ごめん、ちょっといらないかな?」

「フレンド!安いよ!
この灰皿に浮かんでる貝殻は本物なんだぜ!」

「ゴメン、いらないよ」

 

 

何度かこのやり取りが続くと、
ハミットは諦めてくれた。

ラクダ引きの仕事はそこまで儲からないらしい。

これが彼の臨時収入になるんだろうな。

何か良いものがあれば買ってもよかったんだけど、
卵の置物や重たい灰皿は、申し訳ないけどいらなかった。

 

 

その代わり、
ハミットに名刺を描いてプレゼントした。

 

 

「もし、僕が有名になったら売れるかもね!」

「何言ってんだよ?ここじゃ価値ないよ」

「ははは。そうかも(笑)」

IMG_1591 IMG_1590

 

 

 

昨日別のラクダ引き(彼もまたハミット)に
払ってしまった100ディルハムも返してもらえた。

次の街まで向かうバスが出る町まで
タクシーで送ってもらえた。
これもツアー代に含まれている。

IMG_1593

 

 

 

なんだかんだ、80ユーロ分のツアーだったな。
「サハラ砂漠独り占めツアー」なんてね♪

IMG_1597

 

 

 

雨の影響で一部の道路が
通れなくなってしまっているらしい。

バスターミナルへの道の途中で見た町で
大きな水たまりを見ることがあった。

IMG_1604

 

 

 

ひとまず200ディルハム(2,665yen)の
マラケシュ行きのチケットを買った。

 

周りには欧米人のツアー客の姿もあった。
きっとみんなサハラ砂漠の
ツアーを終えてきたのだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギターを
貸してくれと言ってきた男の子ちは
まさかパキスタンとブータンの出身だった。

IMG_1610

 

 

 

驚いた。

ってきりみんなアジア人の顔だと思っていたから。

ブータンのIDを持つ彼はフランスに
留学しているヤツで、
ルーツはネパールにあるとか言っていた。

ふーーん。

 

 

 

 

 

時間までは近くのカフェで
コーヒーをすすりながら作業をした。

こんなちっぽけな町のカフェでも
Wi-Fiが使えるなんて驚きだった。

後からさっきのブータンの彼らも
ここで昼ご飯を食べに来ていたのだが、
両替所を探しに行っているうちに
マラケシュ行きのチケットが
売り切れてしまったと言うのだ。

彼らはひとまず別の町へ行き、
そこからマラケシュに向かうらしい。

 

 

握手をして別れた。

もしかしたら路上でギター弾いているヤツが
いるかもしれないから、ソイツがおれだよ。
と僕は言った(だけど、結局彼らと再会することはなかった)

 

 

ギターを持っていると、どこでも人気者だ。

貸してくれと言ってきたおっちゃんは
タバコを加えてギターを構える姿が
なかなか様になっていた。

IMG_1627

 

 

 

小さな息子二人が興味津々でお父さんの姿を見る。

なんだかいい瞬間に立ち会わせてもらったな♪

そろそろバスの時間だ。またね!

 

 

 

 

バスターミナルの前にちっぽけな
売店とも言えないようなシロモノのスペースがある。

そこで1ディルハムのクッキーが
買えたので大量に仕入れておいた。

近くから頭のクリンクリンの子供たちが寄って来て
僕に「お菓子をくれ!」とジェスチャーしてくる。

よしよし。1ディルハムくらいなら安いもんだ。ほら。

 

 

2人くらいにクッキーをあげた。
そのうちの一人が僕に何かを言った

え?聞き取れたけど、
うん、もっかい言ってもらっていい?

 

 

 

 

「ファック・オフ!
ファック・オフ!」

 

 

「刹那の見切り」で
メタナイトをぶった切るくらいのスピードで
そのクソガキからあげたお菓子をひったくった。
もちろん笑顔でね♪

 

 

一瞬の出来事にクソガキは
何が起こったか理解するのに時間がかかっていた。

いやいや。なんでお菓子上げたのに、
ファックとか言われなアカンねん。

ビビって僕から距離を置くガキんちょを見ていると、
まぁ、菓子ぐらいいかなと思い直した。

笑顔で手招きしたのだが、
ガキんちょは小動物並みの
警戒心を抱いて寄って来なかった。

ハッ!そうかい。ならいいわ。

 

 

 

 

愛すべき人たちは今目の前にいる人たちだ。

IMG_1635

 

 

 

僕は怒らない(ように勤めている)

笑顔は忘れない。

だけど、悪口を言われたら
お菓子をひったくるくらいはするさ。
頭をひっぱたくよりかはマシだろ?

 

 

 

 

荷物代を払いバスに乗り込んだ。

IMG_1637

 

 

 

バスはなかなか走り出さなかった。

駆け込みの客が乗りそこなったのか、
バスターミナルを出る直前で何かわめいていた。

 

 

雨水のたまった道路をバスはゆっくり走った。

バスが前に進むと、
ディズニーランドのアトラクションみたいに水が波打った。

ヘッドライトが前方のバスを赤く照らした。

僕は久しぶりにiPodで椎名林檎を聴いて、
『セカンドアルバムいいな♪』と思った。

隣りのおっちゃんが親切だった。

斜め前に座っていた目の大きなモロッコ人の
女のコに変顔を披露すると、
「キャッキャ」と笑ってくれた。

 

 

 

深夜2時にバスは途中休憩を挟んだ。

窓から煙が見えたので最初は
バスが故障したのかと思っていたのだが、
煙の正体はケバブを焼く煙だった。

IMG_1649

 

 

 

今回は寒さで眠れないなんてことはない。

相棒が持って来てくれたブランケットが
ちゃんと役に立っているからだ。

IMG_1618

————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

些細なことも楽しめるようになったなーと思います。

世界を見るには1年や2年じゃ足りないと思うし、
全てを見る必要もないと思います。

自分の目に移る一瞬一瞬を愛おしく思えれば、
ハッピーじゃん?

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★更新頻度はブログより多い!twitter「Indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!