「モロッコのニット帽はアツイ!!!」

世界一周515日目(11/25)
【雑貨下見編2】

 

 

ナオト・インティライミ
が世界一周に費やした期間は
515日間だった。

IMG_1847

 

 

 

僕は彼の世界一周の本を
上下巻どちらも持っている。

大学のある表参道まで向かう
小田急線の中で読んだ。

 

 

 

 

で、今僕はそのちょうど
その期間を迎えたわけです。

 

 

 

 

どこで?

 

 

モロッコで。

IMG_1802

 

 

 

さすがに進むのが遅過ぎて焦ってきたから
(や、そんな焦ってないな)
モロッコは早く抜けることにしている。

ほんとはもっと
時間をかけたかったんだけどなぁ~~~~…。

 

 

行きたいところはまだまだ沢山ある。

その場所が増えれば増えるほど、
時間はどんどん必要になってくる。

どこに行きたいか?何を見たいか?

そう自分に問いかけて、答えを持っていなければ、
あっと間にスタート地点に戻ってしまうことだろう。

 

 

僕はまだアフリカにも南米にも、
北米にだって行っていない。

行けることであればニュージーランドや
オーストラリアも行きたい。

どれだけ遠回りしてゆっくり進んでいたとしても、
同じ方角に進んでいれば、
いつかは最初にいた場所に戻って来れる。

 

 

不思議なもんだぜ。

僕の旅は今どこら辺なんだろうか…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日の始まりは
愛用のnudie jeansに
パッチを縫い込むことから始まった。

IMG_1853

 

 

9月20日にスウェーデンの
イェーテボリで(タダで)手に入れた
“Regular Alf Red selvage”。

サイズは28インチ。
最初はキツく感じたデニムも
今ではだいぶ体に馴染んできた。

コイツを手に入れてからは
一日も欠かすことなく着用してきた。

今、このデニムにはヨーロッパで
ホームレスやった記憶が詰め込まれている。

女のコ様には理解できまい!

 

 

 

 

一番最初に擦れて穴が空くのが股の部分だ

IMG_1857

 

 

 

これは人によって違うと思うのだが、僕の場合はそう。

早くも二ヶ月目にして、股の部分が擦れて
そろそろ穴が空きそうなのを発見した。

同じメーカーのジーンズ6本目となれば
どこに穴が空いて、
どうやって広がっていくのかは分かっている。

各国のコンセプトストアを回って
手に入れた当て布を縫い込んでいった。

IMG_1858

これでよしっと!

 

 

やべ、もうこんな時間だ。
そろそろ行かないと!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も
雑貨の下見に一日をかけようと考えている。

IMG_1849

 

 

マラケシュの物量は多い。
丸一日かけて雑貨屋巡っても回り切れないと思う。

日課にしている朝のコーヒーを飲むと、
昨日とは別の方面へ探しに行ってみることにした。

IMG_1907

 

 

 

極力、雑貨は買う前は
相棒に確認をとるようにしているのだが、

時差もあれば、向こうは仕事をしているので、
なかなか思うように連絡をとることができない。

寝る前に雑貨の写真を送って、
朝起きたら返事が来ている。そんな感じだ。

 

 

そして、「ビビビッ!」と来た雑貨に関して言うと、
相棒に確認もとらずに財布の紐を緩めてしまうのだ。

 

 

今回見つけたのは皮のポーチだ。

ポーチ

 

 

 

お店の人が言うに、
絨毯の一部(キリム)が縫い付けてあるらしい。
皮はヤギ(ゴートって言ってたからそうなのかな?)のもの。

どこでも売ってそうに見えて、
その国にしか売っていない雑貨っていうのがある。

『これ、他の国にも売ってそうじゃね?』

と思っていても、案外見つからない雑貨が。

 

 

このナチュラルレザーの色合いが
なんともいえない!!

そしてこの絶妙なサイズ感!
何入れるか分かんねーけど、いい!

 

 

 

また、こういうの買うと
「売れない」とか言うんだよ!アイツは?

そんなこたぁなくないですか?

なんかこのポーチよくないですか???

っていうか金じゃねーし!
郵送費の時点で赤字だし!

 

 

 

 

だが、聞いて欲しい。

ヨーロッパで散々ケチってきた僕だが、

 

 

ここで旅の資金を
ぶっ込むことに決めている。

 

 

今の僕はお金を払うことに関して
なんらためらいはないのだ!!!

うっしっし♪

IMG_1860

 

 
そして何軒もの雑貨屋さんを
冷やかした僕は開けた広場に出た。

 

 

 

『はっ、
はうぁっっっ……!!!』

 

 

 

そこに大量に並べられた

“ニット帽”

に僕の心はときめいた。

IMG_1877 IMG_1888

 

 

 

『あれ…?
なんかモロッコのニット帽、
アツいかも??!!』

 

 

厚手のウールにパサパサした色合い。

東南アジアでもニット帽はよく見かけたけど、
あれとはまた別のよさを出している。

とりあえず2枚だけ仕入れておいた。

気分ルンルンで宿に引き上げて、
自分で被ってみたりして、
やっぱりいいなと思うのだ。

IMG_1905

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿に戻って
しばらくすると
ムラムラしてくる。

IMG_1881

 

 

 

あ、ソワソワしてくる。

 

 

 

なぜだか、どういうわけだか

絵が描きたくなるのだ。

 

 

一日描かなくなると、
どうも居心地が悪い。

それに最近ペンタッチが良い。

シンペイ兄さんと一緒に
ライブパフォーマンスをした後くらいだ。

いい影響を与えてくれる人の側にいると、
何か自分の中で化学変化みたいなんが
起こるんじゃないかと思う。あざっす!

 

 

ただ、モロッコでほどよい作業机を
見つけるのはなかなかに難しい。

いや、難しくはないんだけど、
安くコーヒーなんかが飲めるお店は大体において薄暗いし、
席数も少なければテーブルの高さも
微妙な場合がほとんど。

だから絵を描くには
ちょっと高めのお店に行くしかない。

って言っても150円くらいなんだけどさ。

 

 

 

 

フナ広場に出て、照明の明るいレストランで
コーヒーを注文してノートに絵を描いていると
あっという間に時間が過ぎた。

 

 

絵に時間を描け過ぎると、
日記なんて書くエネルギーは
どこかに行ってしまう。

けど、これでいいのだ♪

レストランのおっちゃんは
「向こうにも同じようなこと
やっているヤツがいるぞ!」と言うので
見に行ってみると、

スイスから来た2人組がいた。

IMG_1921

 
彼らの持つノートには
かっちょいいイラストが描いてあった。

IMG_1916 IMG_1918

 

 

 

彼らはイラストレイターという分けではなく、
趣味で絵を描いているそうだ。

本職は機械のデザインなんだんだとか。

絵を見ればなるほどなと思う。

 

 

靴下をペンケースにしてるだなんて、
なかなかハイセンスですね。

靴下ペンケース

 

 

 

 

20時ぐらいにもう一度宿に引き上げた。

もうブログアップするくらいっきゃ
やる気もないわ。

シャワーも寒いからなし。

 

 

ヨーロッパで野宿したせいで、
一日や二日シャワーを浴びなくても
平気になってしまったよ。ぼかぁ。

IMG_1925

—————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

以上、今回はモロッコのニット帽はアツい!っていうお話でした。

え?その後は何してたかって?

ひたすらに自分の部屋でグダグダしてましたよぉ。
昼寝とかしちゃだめだね。
深夜2時に起きたって、何もする気しないからさー…。

はい!ニット帽欲しい人はポチしてください!
ポチしたところであげないんだけどね。
いつか”Drift”までお越しください(笑)。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!