「いや、ほら、あのさ…、ありがとな。一緒に旅してくれて」

世界一周446日目(9/17)

 

 

ベルリンに来たからには
やっぱりベルリンの壁がみたい。

IMG_5554

 

 

 

東西冷戦がどうのこうの、
背景知識もすっかり忘れてしまったし、
それにまつわる映画も弟のトシと一緒に観たけど、
あまり細部まで覚えていない。

情報収集を怠りがちな僕だが、
とりあえず観ておきたい。

 

 

ここはドイツ、首都ベルリン。
まおとの旅も今日で最終日だ。
明日の便でまおは日本へ帰る。

IMG_5545 IMG_5544

 

 

 

公園で目覚めテントをたたむと、
僕たちは朝ご飯も食べずに
ベルリンの壁へと向かった。

イーストサイドギャラリーというのを
僕は見てみたかった。

ピースフルなウォールペイントが
壁一面に描かれた写真を
ブログなどでよく見てきたから。

IMG_5559

 

 

 

イーストサイドギャラリーは
公園から歩いて行ける距離にあった。

もうかれこれ13日も一緒に旅をしてきて、
しかも連日野宿だから、
朝は遠足の日の子供みたいに
テンションが上がらない。

 

 

「そいじゃ、行きますか」

 

 

どこか、観光ノルマを
達成しようとしているようにも思える。

あれ?僕ってほんとうに
ベルリンの壁行きたいんだっけ?って感じ。
分かるかな?

たぶん世の中には
そういう類いのものが沢山あると思う。

「観光地」や「有名スポット」という
名前がついているだけで、
そこに行かなくてはならないような気がするのだ。

ベルリンの壁のアートは
見ておきたい!と思ったけどね。

 

 

やっぱり朝は砂糖を
たっぷり入れたコーヒーを飲んで、
血糖値を上げなくちゃダメだったんだと思う。

 

 

 

 

黙々と朝のベルリンの街を歩く二人の日本人。

最近まおがよく口ずさむ定番ソングは
猿岩石が日本に帰国した時にリリースした曲だ。
藤井フミヤ作曲のミリオンヒットしたってヤツ。

僕は当時の猿岩石のことなんて
ちっとも覚えていない。

『あぁ、なんか海外で道着て
空手パフォーマンスしている芸人が
いたなぁ』ってくらい。

 

 

歌詞の中には
二人旅をする若者があてもなく旅する。
そんな歌だった。

 

 

 

 

ガソリンスタンドでトイレを借りた。

個室トイレだったけど、僕は頭を洗わずに、
Tシャツをもみ洗いするのに留めておいた。

そうすると外で待っているまおを
待たせなくちゃならない。
あぁ、今日で3日くら髪洗ってないなぁ…。

僕が先にトイレから出ると、
まおは家から閉め出しをくらった
子供みたいにして順番を待っていた。

もうテンションの低さが滲み出る感じ。

 

 

別にトイレを待っている時に
テンション上げて待ってくれだなんて、
バカみたいなことは言わないけど、
まぁ、『テンション低ぃ~~~…』ってのは分かる。

ガソリンスタンドのおばちゃんに
トイレの鍵を返すと、再び僕らは
ベルリンの壁に向かって歩き始めた。
会話もあまりない。

相手もたぶん同じことを僕に対して
感じているんだろうけど、
この

「テンションの低い人と一緒に行動する」

のって、少し居心地が悪い。

四六時中、ハイテンションのヤツと
一緒にいるのもそれはそれで疲れるだろうけどね。

あー、おれ、何書いてるんだろう…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルリンの壁には

最初の方だけにしか
僕が期待したクオリティの絵はなかった。

IMG_5564 IMG_5562 IMG_5563

 

 

最寄り駅に対して
正面側に観光客がよく写真に収めるような
絵が描かれているんだけど、

DSC_1041 DSC_1059

 
裏面には近所の悪ガキが描いたような
落書きしか描かれていない。

IMG_5566

 

 

 

ちょっとガッカリだ。

これがベルリンの壁じゃねえのかよ。

正面側の第三者から加えられた
落書きもヒドイものだった。

DSC_1048 DSC_1047 DSC_1050

 

 

日本人アーティストの描いたであろう
ペイントもあったのだが、
ほんとうにどうでもいい落書きや
クソみたいなサインが描かれている。

くだらな過ぎる。

これがみんなを巻き込んだアートならいいけどさ、
ここに自分の名前なんて書いて一体なんになるの?
何を示したいの?って感じ。

 

 

ベルリンの壁のすぐ目の前には、
ほとんど隙間も無く路上駐車されていた。

少し後ろに下がれば
ペイント全体がカメラに納まるのに、
おかげで変なアングルになってしまう。

絵を見ていて気づいたことは、
ほとんどの絵が比較的最近に
描かれたものだということだった。

2009年に描かれたものもあった。

きっと、時々アーティストを募り
絵を描き直すんだろうな。
一部の有名な絵は残しておいてね。

 

 

 

僕のベルリンの壁に対する
期待は見事に裏切られた。

ベルリンの壁は僕が生まれた
1989年に壊された壁。

小学校の校長室前のディスプレイに
壁の破片が展示されていたのを思い出した。

ベルリンの壁は平和の象徴でもあった。
これが壊されて世界はまたひとつになった。

僕の中ではそういうイメージだった。

 

 

 

「はぁ~…疲れた」

イーストサイドギャラリーの
終わりまで行った時に思わず口から漏れる。

まおはそれなりにベルリンの壁に
感動したようだが、僕はガッカリだ。

「あの有名な絵を見た!」って感じ。

今日の次の予定はまおが行きたかった
一年中クリスマスの装飾品が売られている
というお店だった。ここから電車に乗れば行ける。

 

 

 

 

とりあえずは駅まで歩いた。

朝からご飯も食わずに行動だなんて、
僕のイライラは次第に募ってきた。

節約節約とか行っておきながら、
駅の売店で「もう、メシ喰おうぜ?」と
すぐさまサンドイッチを買った。

DSC_1069

 

 

 

「どれ喰う?」

とまおに訊いた。

まおが僕のよりも高い
サンドイッチを迷わず選んだ時は、
『貴様…!!!』
と思った。

 

 

ここ数日、食費は僕持ちになっている。

まおが日本から持って来た3万円は
もう底をついていた。

 

 

まおが来る前は

『わざわざ日本から来てくれるから、
滞在費は全部おれが持つよー♪』

なんて調子のいいこと言ってたけど、

連日ビール飲んだり、
ファストフード食べたり、
今までストイックに節約していた
あの頃の自分はどこへやらだ。

 

 

野宿やヒッチハイクにつき合わせているけど、
僕なりに気を遣っている。

写真家のたまごのメグミさんも、
日本から友達が来た時は泊まっている
宿のグレードも少しばかし上げると言っていた意味が
ちょっと分かった気がした。

 

 

ゴメン。愚痴るつもりじゃないんだけどさ。
日記だから。

それにお腹減っているとダメね。IMG_5596

 

 

 

小腹を満たすと大分気持ちもスッキリした。

クリスマスオーナメントが
売られているお店までスムーズ辿り着くと、
お店の近くのベンチでタバコを吹かした。

街はいくらかひんやりとして、
辺りには落ち葉がある。
空を見上げて感じたことは
「秋」だった。

 

 

日本で何回もこの季節を経験した。

秋はいつも気づいた時にはいなくなっていた。

寒さに凍えるでもなく、
かと言って暑さに上着を脱ぐほどでもない。
風が服と上着のポケットに手を突っ込む。
確かに感じる秋の気配。

 

 

僕より一足先にお店に入ったまおは、
クリスマス一色の店内に感動したようだった。

IMG_5593 IMG_5595

 

 

 

僕が「フ~ン」とか言っていると
「清水はこういうの好きじゃないかもね」と言った。

や、好きか嫌いかで言ったら好きだけどさ、
まおくん、けっこう乙女チックなところあるよな。

 

 

 

店内で売られているものはけっこうな値段がした。

まおは持って来たクレジットカードが使えたので、
自分の好きな物が買えたようだ。

お店をあとにして僕たちは
プラプラと歩きだしたが、急に疲れを感じた。

そんな僕に向こうも気を使ってくれたのか、
「どこかで昼寝でもすれば?」と提案してくれたので、
動物園前のベンチで一休みすることに。

 

 

 

 

 

 

なんだかんだで僕も
疲れが貯まっていたんだろう。

 

 

『今日を最終日に持ってきたくなかったな..』

 

 

まおに対してちょっと申し訳ない気持ちになる

 

 

 

まおから起こされた時は一時間以上が経っていた。

「悪いね。昼寝につき合わせちゃって」

僕が寝ている間にどこか
ブラついててもいいよと言ったけど、
まおはずっと近くでスマートフォンをいじっていた。

荷物のことでわざわざ近くにいてくれたのだろう。

さすがにまた、寝ている間に
盗難だなんてしまらないからね。

 

 

「あ、帽子なくした…」

「え?どこで?」

「ケルンからベルリン行きの
バスに乗った時は持ってたから、
きっとバスの中だ」

 

 

まおが被っていたパタニアの
迷彩柄の帽子がいつの間にか消えていた。

旅をしていると置き忘れってけっこう多い。

DSC_1072

 

 

 

まだパタゴニア・ベルリン店が
閉まるまであと2時間ほどあったので、
メトロで向かうことにした。

今回はiPhoneのバッテリーもちゃんと
残っているのでお店までは迷わずに行くことができた。

店内には割とたくさん帽子が置いてあったが、
まおが日本で買った帽子はなかった。

迷彩柄ならあったけど、横がメッシュ。
こういう微妙なディテールの違いってけっこう気になる。

 

 

結局何も買わずに、
そのままご飯に行くことに。

まおのクレジットカードが
使えると分かった今!

今日はヤツのおごりだ!!!

しゃーーー!
思う存分食べてうやんぞ~~~~!

 

 

 

だけど、周辺のお店は
どこも全滅。

キャッシュのみで
クレジットカードなんて使えなかった。

 

 

結局は僕が食費を持つことに。

日本に帰ったらこの分は
返してもらうことにしよう笑。

スーパーで売れ残りのパスタや
果物や野菜やパンやチーズ、
そしてワインを買った。

今日はアウトドアで贅沢をすることに。
IMG_5599

IMG_5600

 

 

 

野宿場所にしている公園のカフェバーで
ビールをお互いに一瓶ずつ注文して、
テーブルの上に買ったばかりの食べ物を広げた。

ビール一瓶と安ワインで
僕はすっかり酔ってしまって、
ベンチで爆睡。
青春トークも全然盛り上がらなかった。

 

 

 

 

「そろそろテント立てようぜ?」

「うぇ…吐きそうだ…」

DSC_1074

————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

こういう内面をさらけ出すような
日記を読まれてさぞ疲れたことでしょう。おつかれさま。

でも、旅ブログにこういうのって少ない気がします。

どーでもいいことを
クドクド書くのが僕のスタイルですから!
読んでくれてサンクス!

友達とのお金のやり取りは
いつになってもめんどくせっ!

「そんなの貸したっけ?」
くらいが丁度いい。

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページはまおくんが作ってくれたんですよ?
旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

4 件のコメント

  • しみさん、こんにちわ。

    過去ブログ100日目を読み終わりました(^^♪
    タイでいろんな方と会ってすごーく楽しそうに過ごされてますね(^^♪
    ドイツの罰金制裁は凄いですが・・・しょうがないですね(^^;
    郷に入り手は郷に従えって事で(笑)

    • >ミヤワキさん

      おおっ!
      100日目まで読まれたんですか!
      ありがとうございます。

      まぁ、思い返せば
      旅のささやかな日記なので、
      金丸さんのようなアドベンチャーは
      少ないですが、
      お暇な時に読んで頂ければ幸いです。

      郷にいっては〜ですが、
      ドイツ人のにーちゃんも
      ポイポイ捨てますからね…。
      逆に影響受けました…。

      嘘です。

      でも、あーいう場所にいると
      ポイ捨てにそんな抵抗
      なくなるの、不思議…。

      • しみさん、おはようございます。
        度々失礼します(^^)/
        ドイツ人には請求しないって事なら
        観光客を狙い撃ちしてるのかな?
        なんかドイツ嫌いになりそう(笑)

        • >ミヤワキさん

          毎日更新できているのは
          Wi-Fiのある場所で予約投稿機能を使い
          まとめて編集しているからです。
          すぐに返信できない場合はすみません。

          そうですね。
          別に観光客を狙い撃ちにしている
          わけではないと思います

          が、

          観光客に情け容赦ないことは
          間違いなく言えます!

          でもちゃんとルールを守る旅人だったら
          きっと楽しみるはずです。
          治安もいいですしね♪

          ドイツ人を嫌いにならないで笑!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!