「ハッピー・ニュー・イヤー」

世界一周551日目(12/31)

 

 

えっっっ!!!

もう2014年も
もう終わり??!

IMG_3699

 

 

 

海外で年越しするとそんな感覚全然なくなってしまう。

去年の年越しはどこにいたかなぁと考えると、
僕はインドにいた(そして翌日インドで初詣をした)。

毎日色々なことが起こり過ぎて、
365日前がもうずっと何年も前のように感じてしまう。

 

 

 

ここはエジプト、ダハブ

 

 

 

『いつまでダハブに沈没してるの?』
と思うかもしれないが、ご心配なく。

あと3日したらカイロに行くから。

 

 

 

 

宿のみんなの会話の中に
「年越し」
というワードが混じり始めた。

僕も日本人宿に泊まっていなかったら、
年越しなんて全く意識しないで
旅を続けていったことだろう。

それに、回りに流されているというのもある。

カイロに出発する日を決めるのだって、
ディープ・ブルーのみんなが車を
チャーターして行くというので、
僕もそれに混ぜてもらったのだ。

 

 

なんだか今まで取っていた旅のスタンスと全く違う。

一人で行動しなくちゃいけないという不安もないし、
反対に、気が緩んでいると言ってもいいだろう。

それもカイロまでだよなぁ。ま、いっか。

 

 

ベッドの上でブランケットに包まってウダウダしていると、
聞き覚えのある声がした。

 

 

「あれ???マサトさん!
戻って来たんですか?!!」

 

 

談話スペースに出るとマサトさんがいた。

なんとマサトさんはここで年越しをするために、
わざわざカイロから戻って来たのだ。

なんとも物好きな方だ!

や、ここで食べるシェアご飯、美味しいですもんね♪

 

 

 

 

身支度を整えて、チョコクロワッサンを摂取して、
いつものようにカフェに向かった。

2014年最後の日だからと言って、
ここでのやることは変わらない。

IMG_3720

 

 

 

ほんと、ダハブでずっと絵描いてたな。

今漫画を描いているノートも
あと10ページほど描きこめば一冊が終る。

8月23日からスタートして4ヶ月ちょっと。

まるで小さな漫画本みたいだ。

 

 

何回も開いたり閉じたりしているので、
形は平行四辺形になっているし、
表紙はボロボロになり、
むき出しの紙の側面はインクでしっとりしている。

インク意外にも僕の手汗なんかが染み込んでいることだろう。

 

 

エジプトで少し雑貨を仕入れたら、
このノートも一緒に相棒の家に送ってしまうつもりだ。

一冊終っても、まだ2冊同じサイズの手帳ノートがある。

一冊4ヶ月と考えると、まぁ、
日本に帰るまでは新しいのを買う必要性はないだろう。

 

 

 

 

 

 

今日も

少し早めにカフェを出た。

一緒の宿に泊まっている
超エリート、カズくん(一っこ下だ)、
二日前ほどにやって来た大学生のシンヤくんと一緒に
今日のシェアメシ用の食材を買い出しに行った。

今回は何人かがグループになって、
一品づつ作るというものだった。

僕たちはポテトサラダを作ることになっていた。

 

 

作業に集中するために、午前中から夕方にかけては
ずっと外にいる僕にとっては今日、
料理を作らなくちゃいけないことなんて
聞かされていなかった。

っていうか、ほとんど
ゴクツブシ
(定職につかずぶらぶらと遊び暮す者の意味)
状態なので、

料理担当のイッチーからは
「シミくんは食べるの専門だからね!」
とまで言われてしまっている始末だ。

カズくんから言われて
初めて今日のシェアメシの内容を知ったのだ。

 

 

このカズくんという青年は、
有名大学出身で、超有名大学院に席をおき、
なおかつあ有名車製造メーカーに内定済みという、

まぁ、言ってしまえば
安定した人生を送ることができるであろう人物だ。

すっげえ努力したんだろうな。

 

 

だが、こうして海外で会ってみると
全然、超高学歴の人間という感じがしない

ネームバリューがある大学を出身、
もしくは在籍している人は

 

 

『そんな大学を出ているのだから
人間的に凡人がおよそ及ばないような
切れ者に違いない』

 

 

という先入観のようなものがある。

彼らは僕から言わせてもらえば
「勉強する才能」のある人たちなのだ。

僕は勉強の仕方も分からなかったし、
興味のない分野に関しては全く身が入らなかった。

 

 

 

 

話をカズくんに戻そう。

最初彼がディープ・ブルーにやって来たとき、
談話スペースにいた何人かが挨拶をした。

 

 

「名前なんて言うんですか?」

とイッチーが友好的に尋ねた。

 

 

「えっ…???

あ~~~~…

(ここから5秒くらい考える)

 

 

 

その場にいた僕たちは、
自分の名前を即答できない彼に対して
「なんだコイツは?」と思ったかが、
彼が超有名大学大学院生だと知って

『あぁ、彼の頭の中は計算式でいっぱいなんだ。
きっと僕たちには分からない数式で
物事を考えているに違いない』
と考えるようになったのだ。

頭のいい人が、一般人のレベルまで
降りてくるのは大変のようだ。
きっとそういうことだろう。

 

 

 

僕たち三人は近くのマーケットに向かって歩いていた。

道すがら、カズくんはずっと
「スキューバのライセンスを取るのに、
クレジットカードで払うか、キャッシュで払うか」
について決断を下せないでいた。

 

 

「クレジットが使えるなら、
それで支払えばいいんじゃない?」

「クレジットで5%の手数料がかかるんですよ」

「じゃあお金おろせば?」

「いや、キャッシングできるか分かんないんですよ」

「じゃあ、一度銀行に電話して訊いてみたら?」

「う~ん…」

「その話、僕にも言ってきました」

 

 

さりげなく一緒にいたシンヤくんが自己申告をした。

彼の頭の中ではよっぽど難しい問題なんだろう。

 

 

野菜を買う時点でも、ウンウン悩んでいた。

きっと、いかに完璧なポテトサラダを作るか
頭の中には難しい計算式が展開されているんだろう。

 

 

 

 

他にマヨネーズと卵を買った後、
宿戻ってさっそく調理に取りかかることにした。

IMG_3723

 

 

 

僕はポテトサラダの作り方をよく知らない。

カズくんが調べておいたというので、
彼が言う通りに動こうとしたのだが、
正直たかだかポテトサラダをつくるのに、
三人もキッチンにいる必要は無い。

自分は指示役に徹して、
別の作業をしてたイッチーとマサトさんと
ぺちゃくちゃとお喋りをしていた。

 

 

 

 

今日のご飯はちらし寿司とショウガ煮と
シーザーパスタとポテトサラダ。

IMG_3725

 

 

 

なかなかに豪勢な食事だった。

毎回食事が終った後は、料理を作るのに
かかったお金を当てるというゲームが開催されている。

ピタリかニアミスで景品は
1ポンドのチョコクロワッサン。
もしくは皿洗いなしか。

 

 

マサトさんがチョコクロワッサンにかける情熱は
凄まじいものだ。

半分以上の予想でマサトさんは
チョコクロワッサンを手にしてきた。

今回もピタリと255ポンドという金額を予想し、
見事皿洗いを免除された。

 

 

 

皿洗いは僕の提案した
インディアンポーカーで決めることにした。

罰ゲームや商品が出ると白熱する。

一回につき2回まで手札が交換できるルールだ。

インディアンポーカ_

 

 

結果、皿洗いは大学院生と僕とノリコさん。

いかなる頭脳を持ってしても、
勝因までは計算できなかったようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご飯を

食べたあと、僕はバスキングにでかけた。

IMG_3728

っとその前に今年のシーシャ納め!

 

 

 

今年最後のバスキングだ。

エジプトでお金が稼げるなんて
これっぽっちも思ってなかったので、
気負うところもない。

 

 

最初はガザラマーケットの前でギターを構えた。

24時になるまで3時間を切っていたので、
夜の町には人が多くいた。

一曲唄ってる最中にどんどん地元の
ガキンチョたちが集まってきて僕を囲んだ。

IMG_3729

 

 

 

唄っていると、宿に泊まっているショーヘイくんが
1ポンドをギターケースの中に入れてくれた。ありがとう。

それを見て、1ポンドコインが数枚投げ込まれた

あれ?意外だな…。

 

 

だが、悪ノリで匂いつきの泡スプレーを
吹きかけてくるガキんちょもいたので、
すぐに場所を代えることに。

 

 

 

その後はこまめに場所を代えてバスキングをした。

町には『こんなに人がいたのか??!!』と驚くくらいに賑やかだ。

IMG_3727

 

 

 

そして、レスポンスもよかった。

紙幣が入った時は僕も驚いた。

特に欧米人の観光客は羽振りがよく、
コインよりも5ポンド、10ポンド札のレスポンスが多い。

 

 

カフェに連れ込まれて唄わされることもあった。

連れていかれた先には欧米人がテーブルでご飯を食べている。

てか場違いじゃねぇ??!!

 

 

『え?マジでここでやるの?』

とアイコンタクトを取ると、
僕をここに連れてきたエジプト人がニコニコしながら
『そうだ!』と言う。

ベタベタのスタンドバイミーとオリジナル曲を一曲やって、
「それではありがとうございました~!よいお年を~♪」
と足早にカフェから立ち去ろうとすると、
おばちゃんが5ポンド札を渡してくれるなんてこともあった。

 

 

 

 

 

 

1時間半ほど唄って
そろそろ最後にしようかという時に、
欧米人のマダムから声がかかった。

 

 

「もし、よかったら
“コームイン”っていうカフェに来なさい。
そこで唄わせてあげるから」

 

 

おばちゃんはスイスから来た
クリスティーナという名前の女性だった。

クリスティーナさんの後をついて行ってみると
「Carm INN」という名前の
お洒落なカフェ・レストランがあった。

IMG_3734

 

 

 

店内には即席のライブスタンドがあり、
マイクとキーボードがセッティングされている。

こんな場所で唄っていいのだろうか?

最近あまり練習をしていなかったので、声もよくでない。

声が出ないのはご飯を食べたあと、
シーシャを吸ったのも原因だろう。

 

 

 

手持ち無沙汰なのでギターの練習をしたり、
お店のWi-Fiを使って、マサトさんに連絡を取っておいた。

きっとマサトさんならカメラマンを
引き受けてくれるに違いない。

それにリスナーが知らない人ばかりだなんて
ちょっと寂しいだろう。

ジャイアンの気持が少し分かった。

 

 

 

 

僕が踏んだ通り、マサトさんは
すぐにカフェに駆けつけてくれた。

そのタイミングで今回のギャラらしい、
よく冷えたマンゴージュースが振る舞われた。

 

 

スタッフのゴーサインで僕はマイクスタンドの前に立った。

誰かのエレアコを持って、店内を見渡す。

せいぜい7人くらいしかお店にはいない。

そのうち半分はさっき僕をここに呼んでくれた
クリスティーナの家族と友達のようだった。

 

 

まぁ、それなら緊張する必要もないか。

 

 

 

 

さっきまで練習していた
ELLE GARDENの
“SURF Rider ASSOCIATION”を唄った。

唄った曲数はオリジナルと合わせて
全部で7曲ぐらい。

IMG_1543 IMG_1552 IMG_1587

 はーい。”Let it be”は鉄板だね〜〜〜!

 

 

 

 

 

ライブを終えて、クリスティーナさんが
僕の唄を褒めてくれた。

 

 

 

「あなたの一年が素敵なことに
なるように祈っているわ」

 

 

 

おいおい。

なんつー2015年の幕開けなんだ。
もう旅がうまくいく気しかしないよ♪

IMG_3750 IMG_3739 IMG_3730

————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

そんなこんなで、遅れまして、あけましておめでとうございます。

たぶんこれがアップされるころにはアフリカにいるんじゃないかなーと思います。

「世界はちょっとづつよくなっているよ」

とタイのチェンマイで出会ったフランス人が言っていました。

それを信じよう。

あなたの一年も素敵なものになりますように。

2015.1/3 清水陽介(シミ)
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

4 件のコメント

  • 明けましておめでとう!シミ君。(祝)

    私はタイの田舎の街で信じられないでしょうが、今ストーブを点けて寒さに震えながら、家族とー緒に暮らして居ます。(マジ)

    タイでも北や東北地方では、12~2月は寒い地方も有るのです、しかし最近までは暖房器具がこのタイ国内には丸で無く、漸く去年の暮れにストーブが初めて売り出されて、暖かい年越しが出来ました。(祝)

    しかし3月半ばから私の住む地方は急に暑くなり、4月~5月は42~43度まで気温が上がり、冬から急に真夏に成り1年で1番暑い季節が続きます。(汗)

    シミ君この地球は面白いですね!、今年も安全に楽しい旅を続けて下さい。(笑)

    • >JOSANさん

      連日の移動でコメント遅れました!
      あけましておめでとうございます。

      いつもちょっとした
      タイの暮らしぶりを聞かせていただくのを
      楽しみにしておりますが、

      「ストーブがない」って…、いくらなんでも
      『寒いからストーブ買おうよ?』
      くらいの発想は誰もしなかったのでしょうか?
      お金の問題もあると思いますが、(光熱費など)
      JOSANさんが温かく年越しをされてなによりです(笑)

      そろそろ、旅の資金も終わりが見えかけてきて、
      『どこに行こうかな?』と
      真剣に訪れる場所を考えています。

      地球は面白いですよね。

      『お金がもっとあれ行きたいところに行けるのに』
      なんてついつい考えてしまいますが。
      自分の行ける範囲の場所に行くからこそ
      旅は面白いのだと思います。

      いつもコメントありがとうございます♪
      アフリカはマラリアと盗難には気をつけて旅をしたいと思います。

  • 素敵な年末を過ごされて、安心しました。
    2015年はもっと素敵な年になることでしょう!

    まさとさんって、とっても良い人なんですね。
    私はシミさんもまさとさんも、ブログずっと読んでいますが、
    2人が出会って一緒に旅をされたこと、なんだか嬉しかったです。

    • >あっきーさん

      あけましておめでとうございます!
      2015年はいかがお過ごしでしょうか?

      旅を始めたころはブロガー同士の繋がりなんて
      一部の人しかないと思っていたのですが、
      出会う人とは出会えるような気がするんですよね。

      マサトさんは実際にお話させていただくと
      人間味のある人だなぁって思いました。
      僕にとっては優しいお兄さんというところでしょうか?

      今回マサトさんに頼まれていくつか絵を描きました。
      いつの日かお披露目できる日を
      楽しみにしていてください♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です