「NYを歩き回る」

世界一周656日目(4/16)

 

 

「んはっ!!??」

IMG_0125

 

 

 

案の定、出勤して来たスタッフのお姉さんに叩き起こされた。

 

 

「どうしてここで寝ているの?
ちゃんと自分のベッドがあるでしょう?」

 

 

と少し怒っていた。

 

 

おいおいちょっと待ってくれよ?

せっかくカナダでの都市型キャンプ生活を終えて、
一泊30ドルというクソ高い宿泊代を払ってここに泊まっているんだ。
何を好き好んでソファの上で寝るものか!

まぁ寝心地は最高でしたよ。外に比べれば、ね。

 

 

 

僕は割り当てられたベッドで他のヤツが寝ていたのだと
お姉さんに事情を説明した。

お姉さんは二階のドミトリーに確認に行き、僕もそれに続いた。

昨日も確認したのだが、
僕のベッドで寝ていたソイツ(たぶんイタリア人)のレシートにも
同じ番号が書かれていた。

一階のパソコンで宿泊客の
ベッド状況を管理しているであろうエクセル表を見て、
お姉さんは「あらごめんなさい。何かのミスね」と謝った。
そこまで申し訳なく思っている様子はなかった。

「でも、ソファも寝心地よかったでしょ?」

と言っているようだった。

 

 

 

僕は腑に落ちなかった。

特に

イタリア人のアホンダラ

に関しては。

 

 

君さ、よく考えてみてくよ?

ベッドメイクしてあって、
かつ洗濯物がかけてあるベッドが自分のベッドだと思うかな?
「あれ?おかしいな?スタッフのミスかな?」って思うでしょう?
なんでそのまま寝ちゃったの?

昨日は深夜三時ということもあり、ことを荒だてまいと
「いいよいいよ」と言ったものの。

そのことを問い直すような発言をすると、彼は

「昨日君は『ノープロブレム』だって言ったじゃないか?
何か問題あるのかい?」

と開き直っていた。

 

 

やれやれ。

IMG_0141

 

 

 

ここの宿は9時に朝食がつく。

内容は簡単なものでティーとベーグルとサンドイッチだが、
貧乏バックパッカーにはありがたい限りだ。

機嫌を直すために多めに食べておいた。

 

 

10時になると僕は外に出た。

IMG_0045

 

 

 

 

 

 

ニューヨーク

には長くいるつもりはない。

だからこそ今日はNYの街をトコトン歩きまわってやろうと思っていた。

 

 

まず一番始めにすべきことは手持ちのカナダドルの両替だった。

キャンプのかいもあり、クレジットでの支払いを除けば
(ギターの200ドルとか…ね)、
入国した際におろした140カナダドルは12日間の滞在で全く
と言っていいほど減らなかった。

バスキングをしたのもあるし、似顔絵が売れたってのも助けになった。

近くのCHASEという銀行で両替ができないかと訊ねたのだが、
ここではアメリカの口座を持っていないと
両替はできないと言われてしまった。

 

 

手っ取り早いのは観光地であるタイムズ・スクエアで
両替屋に行けばいいのだが、調べたところによると
かなり手数料をとられるらしい。

それでは先に別のやりたいことを済ませてしまおうと、
僕が向かった先は

“patagonia”

だった。

IMG_0057

 

 

 

4thアベニュー駅から地下鉄に乗り、
ボロードウェイの近くで降りた。

入店した段階で僕は
まるでマラソンのゴールテープを切ったかのような仕草をする。

「あぁ!ついにここまで来たぞ!」ということを
手っ取り早くスタッフさんたちにアピールすることだ。


IMG_0060

 

 

三人いたスタッフのうち、
一人が苦笑いして僕の対応をしてくれた。
ノーリアクションよりもマシ…さ。

だが、僕が世界一周をしていること、
パタゴニアの会社のコンセプトが好きなことを伝えると
「よく来たね」とフレンドリーに対応してくれるようになった。

 

 

 

パタゴニアのお店のいいところは
このように遊びにこれることだと僕は思う。

いつものように話を聞いてもらい(僕の一方的な愛の告白だ)、
店内をゆっくりと見てまわった。

IMG_0063 IMG_0068

 

 

 

スタッフさんが言うには
今日は映画の上映会があるとのことだった。

IMG_0073

 

 

 

日本のパタゴニア渋谷店でも
一度だけ映画の上映会に参加したことがある。

アウトドアメーカーの店舗で上映される映画ということもあり、
内容はもちろんアウトドアだ。

今回ここで上映されるのは、サーフィンの映画らしかった。

接客を担当してくれた若いスタッフは
「普段はお客さんにこんなことしないんだけど」と言って
連絡先を書いた紙切れを渡してくれた。

どうやら家に泊めてくれるらしいのだが、
僕は明日にはここを出ようと思っていたので、
お礼だけ言って胸ポケットにしまっておいた。

僕は夜になったら来ますと言い残して、お店をあとにした。
今回もご当地ステッカーを何枚かもらった♪

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま僕は

地下鉄に乗らずにひたすらNYの街を歩き始めた。

IMG_0097

 

 

 

これと言って行きたい場所が定められているわけではない。
強いて言うならセントラルパークを見てみたいくらいだ。

立ち並ぶ高層ビルの森を通り抜けて、大都会の空気を胸一杯吸い込んだ。

街には日本と同じ様な匂いを感じた。
人々がせわしなく行き交い、面白そうな店が立ち並ぶ。

 

 

銀行で両替も済ませたのだが、
なんと10ドルも手数料がかかってしまった。

結局はそういうことなんだと思う。
どこでやっても外貨を両替するとロスが出てしまうのだ。

アフリカなら200~300円程度のマージンが加わるだけだったが、
先進国ではそれは顕著になる。

あぁ、スイスフランをユーロに替えた時は酷かった。

あれはイタリアのヴェネツィアでやったんだけど、
手数料20%近くあったもんな。マフィアかよっての。

結局12000円くらいあったカナダ・ドルが
1万円未満になってしまった。こればかりは仕方がない。
僕は諦めて街の散策を続けた。

IMG_0086

 

 

 

NYの街は歩けば歩くほど楽しさが分かってくるような気がした。

とてもじゃないが、一日で見てまわることはできない。

『またいつか来る時が来るさ』と思うことにして、
ずんずんとセントラルパークのあるマンハッタンへと歩いて行った。

IMG_0089

こういうひとコマもいいね♪

 

 

 

 

 

 

その途中に教会を見つけた。

IMG_0109

 

 

 

中に入りベンチに腰掛けて一休みをした。

教会は改装工事中らしく、内部には足場が組まれている。
ドリルの音や足音が聞こえるが、不思議と会話はほとんど聞こえない。
教会の静かさをここで感じることができた。
目を閉じると心が穏やかになった。

足場の組まれた教会の内部はどこかSFチックな感じがした。

後からやって来た女のコが「beautiful!!」と呟くのが聞こえた。

『そう言うあなたの方が
ビューティフルですよ』

と僕は心の中で呟いた。

 

 

 

 

 

 

セントラルパークの手前で見つけたのは
Appleストアだった。

IMG_0116

 

 

その未来的な店構えに、僕は店内へと続く階段を下りて行った。

地下は明るく、多くの客で賑わっていた。
そのうち3分の1の客はAppleストアのWi-Fi目当てのように思えた。
各々がスマートフォンの画面を見ていた。

 

 

 

僕はとうとうUSBケーブルを買うことにした。

と言うのも、日本から持って来たUSBケーブルがダハブで疾走をとげた後、
僕は何本ものUSBケーブルを買ってきた。
そのいずれもが純正品ではなかった。

ご存知の通り僕はケチって安物を買うタチなので、
純正品に近い形をした「それっぽいもの」を買い続けてきたわけだ。

今まで手に入れて来たUSBケーブルはあっという間に壊れた。
二日後に壊れるのもあれば、
あろうことかサイズが合わないものさえあった。

そして不可思議なことに、USBを売っていたのは
(というか僕が買ったのは)

全員インド人だった

ということだ。

インドは大好きな国なので、
「インド人だから〇〇だ!」という風に彼らを非難したくはないのだが、
USBケーブルに関して言うと、いや、電化製品類に関しては、
もう二度とインド人からは買わないことを僕は誓った。

 

 

だからこそ、”Apple”本場のアメリカで買うことにした。

僕の使っているのは未だにiPhone4Sで、
それ専用のケーブルを購入した。値段は19ドル。

安いように思えて、日本円に換算すると2400円もしやがる。

だが、また安いものを買ってすぐに壊れることによる損失を考えると、
そこはブランドと品質を優先すべきだなと僕は考えた。
良い物は高いのだ。

USBケーブルを手に入れて、
僕はようやくセントラル・パークへと足を踏み入れたのだ。

 

 

 

 

 

 

最初に

目についたのが、公園のすぐ外にある本屋さんだった。

売られているのは古本ばかりだったが、
サリンジャーの短編集や面白そうな本があって、
僕は思わず財布の紐を緩めそうになった。

こんな青空の下でMOLESKINノートも売っているのだ。
なかなかにお洒落な本屋さんだった。

IMG_0119

 

 

 

 

僕はそのまま公園には入らずに東側の公園の塀沿いを歩いた。

公園の外にも平日の時間帯から観光客たちの姿が見えた。
セントラルパークは観光地でもあるようだ。

 

 

 

 

 

公園の端の方を突っ切り、僕はセントラル・パークの西側に出た。

そのままフラフラと通りを歩き、はっと足を止めた。

なんとここにもパタゴニアのお店があったのだ。

IMG_0142

 

 

 

僕は先ほどと同じように入店した。

今度は誰も無反応だった。変な目でしか見られていない。

その空気を察っした僕はすぐにポージングを解除し、
『あれ?なにか僕の顔についていますか?』
と一瞬で大人しい客に早変わりした。僕の持つ演技力の賜物だろう。

こちらは先ほどの店舗よりも古いものだった。
スタッフも中年のおじさまだった。

僕はさりげなく、旅をしてきたことを伝えた。

すると、おじさまは「スッ」とステッカーをくれたのだ。
どこの店舗でも同じ流れだなぁ。

まぁ、同じお店でも、空気感がお店ごとにことなる。
ここでも写真を撮りながらゆっくりと店舗を見て回った。

 

 

 

 

パタゴニアを出た後は道端で売られている
1.5ドルのシナモンロールを頬張りながら
やって来た方面へと戻った。

途中で見つけたマクドナルドで「世界新聞」に寄稿する
漫画の二作目を完成させると時間は20時を回っていた。

IMG_0160

 

 

 

 

 

ブロードウェイ

近くのパタゴニアで上映会があるのを思い出した。

マップアプリで店舗の位置を確認して最寄りの駅まで歩いた。

その途中でかの有名なタイムズ・スクエアを通り抜けた。

夜のタイムズスクエアはそれこそSF映画に出てきそうなくらい
多くのネオンで彩られていた。そして観光客の姿も大勢あった。

IMG_0169

 

 

僕はそんなタイムズ・スクエアを足早に通り抜け、
地下鉄駅へと降りたのだが、

なんと券売機はお釣りがないとか抜かしやがる!

たぶんこのタイミングで「fuck!」と言うのが
正しいニューヨーカーなのだと思う。

エフ・ワードは汚い言葉だということは間違いないだろう。

だが、いざネイティヴの英語圏に入ってみるとどうであろうか?

どこもかしこも
「fuck」だらけじゃないか!

 

 

女子供お年寄りもみんな「fuck」だの「Shit」だのを言っている。
「fuck」に関して言うと「fucking〇〇」と言うように
何かを形容したり装飾したりする時に使うことが多い。

日本の感覚で言うと「マジで〇〇」の感覚に近いのかもしれない。
ただ、聞いている側としてはONE PIECEのサンジ並に
「クソ」を連発しているので、あまりいい気持ちはしない。

おっと、話が逸れてしまった。

 

 

 

 

地下鉄の券売機では切符が買えなかったために、
僕はさらに駅ひとつ分歩かなければならなかった。

映画の上映会なら20時くらいだろうと思っていたのだが、
実際に店舗に足を運んでみると、もう上映が終る間際だった。

店内は人で溢れており、後ろの方(入り口付近)では
立ち見客が大勢いてスクリーンがほとんど見えない。

IMG_0181

 

 

後ろの方にいると、スタッフさんが僕を見つけて
無料で配布されている缶ビールを一本僕にくれた。

上映会は二部もあるらしいことをスタッフさんが言っていたので、
一部目の上映が終わり他の客が掃けた後、
僕は最前列のベンチに座りで次の上映を待っていた。

だがそれは単に僕が英語を聞き取れなかっただけで、
二回目の上映は行われることはなかった。

なんだ。僕はここに缶ビールを一本飲みに来ただけだったのかよ。

悔し紛れに宿の近くの売店でサンドイッチを買って宿に戻った。

 

 

 

 

 

変更されたドミトリーは4階だった。

バスタブにお湯を張り、貯めた湯船の中で体を伸ばすと
気分は大分スッキリした。よし。明日NYを出よう。

 

 

今度こそちゃんとありつけたベッドでの睡眠は
なかなかに心地よかった。

IMG_0187

——————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

NYはまた訪れたい街ですね。みたいものが沢山ある。

でも、さすが世界一の大都市ってこともあって金がかかるんすよね。
到着の三日前に事前にカウチサーフィンのホストを探したのですが、ダメでした。残念。

きっとビッグなアーティストになってこの地に戻ってきたいと思います。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅する漫画家(Facebookページ)

旅する雑貨屋”Drift”

★Twitter”Indianlion45“☞リアルタムっす♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!