「タケシさんから頂いたもの」

世界一周782日目(8/20)

 

 

あれだけ

メキシコシティやオアハカでウダウダしたのに、
どうやら僕はまだ懲りないらしい。

IMG_9074

ケンさん。ベジータのTシャツだなんて微妙なところ攻めましたね..。

 

 

3日くらいの滞在にしようと思っていた
サンクリストバドル・デ・ラスカサスだったが、
どうしてか分からないけど、
今日で滞在8日目だ。

南米には人を引き離さない魔力があるのかもしれない。
自分でもどうしてこんなにスローに旅しているのか分からない。

 

 

バスのチケットはタケシさんに言って手配してもらった。

ここからグアテマラのシェラという町まで移動しようと思う。
そこには日本人宿もあるし、
そこで面白そうな情報が得られるかもしれない。

陸路からコレクティーボやボートを乗り継いで
自力で国境を越える道もあるらしい。

そこも楽しそうだなと思ったが、
僕は安全で確実な方を選ぶことにした。

まず雑貨がある状態で冒険をしたくない!

これで失くしたりしたら相棒や仲間たちから非難囂々だろう。

出発は明日の朝7時。
シャトルバスで値段は300ペソ(2,400yen)。
直通で向こうの宿まで送ってくれるらしい。
サービスの高さに驚くばかりだ。

IMG_9075

出発前にnudie jeans縫っとこっと♪

 

 

 

 

そんなわけで今日がサンクリストバドルの最終日だ。

雑貨も仕入れてしまったので、
これと言って特別何かしよう!ということはない。

向かった先は行きつけのカフェだった。

アメリカーノを注文してトタン屋根の下のテーブルに着く。

IMG_9083

 

 

僕の旅のアクティヴィティの30%は
「カフェに行くこと」が占めているんじゃないだろうか?
大体いっつも安い場所なんだけどさ。

まぁ、カフェ巡りは好きですなぁ♪

 

 

作業内容も変わらない。

一体いつになったら追いつくんだ?という日記の執筆に、
いつもの漫画描き。

低予算のスロー・トリップ。

まぁ、こんなグダグダする旅もあるんですよ。
というご紹介だ。

日本にいた頃の自分がこのブログを読んだら
『おいおい、コイツ、何も面白いことやってねぇじゃねえか』
と思うに違いない。

いやいや、面白いことはしょっちゅう起こらないんだよ。

IMG_9077

ね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涼しく

なってきた夕暮れ前に僕はカフェを出て、
メキシコ最後のバスキングに向かうことにした。

IMG_9085

 

 

一番いい通りでギターを構えると、レスポンスがボチボチあった。

似顔絵のウケもいい。

大体は子供連れの親御さんが
「この子の顔を描いてくれないかしら?」と言って来る。

IMG_9088 IMG_9087

名前入り♪

 

 

絵を描きだすと人垣ができるので、
作業が見やすいようにしゃがみながら絵を描く。

必要最低限の線を使っていかにその人を表現をするのは難しい。
細部に捕われれば変に老いさせてしまう。

 

 

「クワント・クエスタ?」と値段を訊かれると、
僕は「アップ・トゥー・ユー」と答えた。

あぁ、英語だと伝わらないんだっけ。

「貴方次第です」
ってスペイン語でなんて言うんだ?

「ウノ(1)ペソ・シンコ(5)・ディエベ(20)。
オッケー!シィ~!シィ~!」
苦しいボディランゲージでも伝わるもんだ。

大体20ペソ札が一枚。

IMG_9093 IMG_9090

ハナちゃん。

 

 

 

そんな中でインディヘナの女のコが
背中におんぶした弟を描いて欲しいと僕に言ってきた。

「クアント?(いくら)」
と訊くので、いつもと同じように答えてやると、
安心したようにポケットに手をツッコんで小銭を握った。

雨が降り出したので
近くのアパレル店の屋根の下で似顔絵を描いた。

むっつりした表情の弟くんを
どのように描いたらいいのか手こずった。

IMG_9096 IMG_9094

マリオくん。

 

 

似顔絵が描き終わると女のコは「グレシャス♪」と言って
大事そうに絵を受け取って、代わりに6ペソを僕に渡した。

あぁ。いいパフォーマンスだな。

 

 

歌も調子がよかったのだが、
弦が切れてしまい一時間程度で宿に引き上げることにした。

アガリは107ペソ(777yen)。高校生の時給くらいかな?
いや、今の子はもっともらってるかー。

IMG_9097

ジュンさんのソロ・バスキング。それでも様になってる!
「お金なくなってもいいからブラジルに辿り着ければいいかな?」
なんてカッコイイこと言ってた。

 

 

 

 

 

宿で

食べる食事も今日で最後だ。

ほぼ毎日栄養のあるものが食べられるのも
しばらくないかもしれない。

 

 

「野菜食べたいです」
とカオリさんにリクエストしていたのだが、

今日の晩ご飯は中華丼

IMG_9099 IMG_9101

 

 

野菜がふんだんに使われ、あんと白米の相性がたまらない!

それに乗じて女子アナのタケくんが
「ビールいる?」と当然のようにビールを注いでくれた。
マジありがとう。

 

 

 

食事が済むと洗い物をして、パッキングもある程度終らせた。

タケシさんが「渡したい物がある」と言って僕に渡したものは、
自身がレコーディングした14曲入りのCDだった

「レコードみたいなパッケージングにしたかった」
という紙ジャケットの表紙はブルックリンのメキシカン・フード店の前で
髭をたくわえたタケシさんの横顔だった。

裏面にはタケシさんが自ら描いたイラストと曲名表記。
そしてプレスした場所に「Taiwan(台湾)」 と書いてあったが、
曲を録った場所はオーストラリアやベルギーなんかも含まれていた。

まさにこれは旅をしてきた中で生まれた音楽だった。

IMG_9107

「ブーツク!ブーツクッ!」「ちょっ..!!」

IMG_9108

「カッ!カッッッ!プッツッッ!」「だから写真撮るんでーー..」

IMG_9109

「ボボボッツ!ボッツッッ!!!」「ブレてーーー..」

 

 

 

僕は何かレスポンスがしたかった。

日本だったらいくらだ?
一枚1000円~1500円がおれの中のマックス。
えっと100ペソだと足りないよなぁ。

そんなみみっちい計算を頭の中でしていたが、
ここに泊まっていた間に何杯も朝のコーヒーをいただき、
話を聞かせてくれた他、
居心地のいい場を提供してくれたタケシさんに
ちゃんとレスポンスがしたかった。

財布から200ペソ(1,600yen)札を取り出し、
タケシさんに感謝の気持ちと共に渡した。

タケシさんは少し驚いたようだが、それを受け取ってくれた。

200がおれの限界でした(笑)。

 

 

 

長かったメキシコともこれでお別れ。

中米の南下の旅は次の国へ。

IMG_9110

————————————————
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Facebookページ

旅する雑貨屋”Drift”

Twitter


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!