「サンペドロへ」

世界一周786日目(8/24)

 

 

一緒に

行ってくれる人がいるのは心強い。

IMG_9315

 

 

なんて言ったって

今日が僕にとって初めてのチキンバスだったからだ。

 

 

「チキンバス」の話は
日本で世界一周ブログを読んでいたことから知っていた。

アメリカから払い下げられてというスクールバスが
ここグアテマラで現役で活躍しているらしい。

地元の人間に押し合いへし合いになり、
疲弊する様子や強盗やスリに遭う危険性がある。

あまりいいイメージは持っていない。

名前の由来は地元の人間がバスの中に
売り物の鶏(チキン)を運び込んで来ることもあるからだとか。

まぁ、アフリカと変わらないだろう。

 

 

ここはグアテマラ、シェラ。向かう先はサン・ペドロだ

 

 

 

 

 

ホソイさんもサン・ペドロに行くと言うので、
僕も一緒に行くことにした。

ホソイさんはシェラにいる間に何度かチキンバスに乗って
近くの山や湖に行っていたので、
どこに乗り場があるのかも分かっていた。

パッキングを住ませて9時には宿を出た。

IMG_9316

それでは、お元気でぇ〜〜〜〜♪

 

 

 

歩行が困難だった。
旅が始まった頃の過剰に荷物を持っていたあの頃を思い出した。

両手は塞がっている。
ギターに加え雑貨が入った手提げも持っているからだ。
バックパックの中にも雑貨が入っている。
せいぜい5~6kgだが、それでも歩くのをしんどく感じた。

IMG_9319

 

 

日本に帰ってから相棒たちと開く雑貨屋をイメージして
なんとかふんばる。

だが、今の僕の苦労なんて日本いる彼らは
ちっとも分かってくれないのが悲しい。

 

 

 

そうして僕はなんとかチキンバスの乗り場に着いた。

IMG_9325

 

 

バスの上には次々に段ボール箱や生活雑貨や食糧が積まれていた。
乗り物の限界を極めようとしているそのたくましさを見ると、
僕は発展途上国の生命力の強さなんかを感じずにはいられない。

出発20分前だっていうのにバスの中には
2~3人くらいしか乗客がいなかった。

荷棚の埋まり具合から、
他の乗客は席をはずしているのだということが分かった。

 

 

 

僕とホソイさんは後ろの方に座った。
後ろの方に座る理由は、強盗に遭った場合に狙われにくくするという
ささやかなリスクヘッジだ。

僕はバックパックをバスの上に上げたのだが、
ホソイさんはバックパックごと乗車していた。
押し込むように荷棚にバックパックを置いて席についた。

時間になるとバスはのろのろとシェラの町を発った。
移住エリアがしばらく続いていたので、
まぁ、これが第二位の町ということになるのだろう。

IMG_9327

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンペドロ

までは三時間かかると聞いていたのだが、
バスは快調に飛ばしていた。

「これじゃあ思ったより早く着くかもしれませんねぇ」

なんていいながらお喋りをしていたのだが、
バスの速度がガクっと落ちたのはサンペドロ直前の山道だった。

IMG_9332

 

 

ただでさえ車二台がすれ違うのがやっとの道幅で、急斜面。
おまけにコンクリートの道路は劣化が激しくところどころ穴が空いている。
バスはガタガタと揺れその度に僕たちはシートの真上に弾き飛ばされた。
ホソイさん曰く「旅の中でワースト5に入る悪路」らしい。

この時感心したのは前に座っていた3歳児くらいの男の子が、
母親の膝の上でこのバスの揺れを楽しんでいたことだ。
やはり現地人は違う。

 

 

サンペドロまで10kmを切っていたのに、
山道を抜けるのに時間がかかった。

聞いていた通り、到着した頃には三時間以上が経過していた。

IMG_9333 IMG_9341

 

 

僕はどこに泊まるかは目星をつけていた。

「タカハウス」でウォールペイントをしていたタカくんから
安宿の場所を聞いていたのだ。

ホソイさんはここにある日本人宿に向かうらしい。
僕たちはバスを降りてすぐの場所で別れた。

サンフランシスコ」と言うのが安宿の名前だった。
フランシスコというおっちゃんが宿のオーナーらしい。

 

 

看板を頼りに路地に入り、さっそくフランシスコさんに会った。
通常35ケツァール(538yen)なのだが、
タカくんは長期滞在を理由に
30ケツァール(461yen)にまけてもらったらしい。

「僕の名前を出せば30で泊まれますよ」と行った通り、
僕も30ケツァールで眺めのいい二階の部屋に泊まることができた。

そこからはアティトゥラン湖を一望することができた。
これでシングルなんだから言うことなしだ。

IMG_9346

 

 

昼寝をしようか迷ったが、
Wi-Fiの感度がよかったので、そのままアニメを見ていら
(あ、「キルラキル」ってやつです)

いつの間にか夕方になっていた。

 

 

 

 

外にふらっと夕飯を食べに出かけた。

宿は湖までの坂道の中腹にある。
そこから坂を昇ったところにメルカドがあり、
屋台がいくつか出ていた。

グアテマラと言えども、そこまでグアテマラらしい料理はない。

出ている屋台もタコスとかだ。
ただしここのタコスはメキシコのものと比べて
肉汁に浸し過ぎる。それに高い。

いや、食全般がメキシコに比べて高く感じる。

『あぁ、これがメキシコだったら
同じ金額でもっと食べられたのになぁ』

と思わずにはいられない。

そこまで腹が減っていないかったので
10ペソのタコスを夕食にした。

 

 

歩いていると、上空に何かが飛んでいるのが見えた。

夕方になると湖から吹いて来る風を利用して
子供たちが凧を上げるているようだった。

尾の長い凧がユラユラと上空に上がっている姿は
時代さえ違えば未確認飛行物体だ。

いくつも町の上空に凧を見つけることができた。

IMG_9365

 

 

どういうわけだか
この日は22時には寝ていた。

夕暮れ

—————————————–
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Facebookページ

旅する雑貨屋”Drift’

Twitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です