「喰えない…」

世界一周813日目(9/20)

 

 

目が覚めると気持ちが悪い。
胃がどことなくムカっとする。

そんな気がする。

少なくとも食欲はない。

IMG_0561

 

 

そう言えば夜中に腹を下して何度かトイレに走った。
下痢だった。

だから朝ご飯は食べないことにした。

というか食べられなかった。お湯を沸かして白湯だけ飲んだ。

窓から見る遠くの山には雨雲がかかっている。
今日もまたこの町に雨が降るだろう。

 

 

ここはコスタリカ、サン・ホセ。滞在5日目
今日でサン・ホセは最後にするつもりだ。

 

 

 

 

 

僕が体調不良を訴えると、
同じドミトリーの台湾人シャンペンさんが胃薬をくれた。
ビーガンを広めている割には持っている胃薬はアメリカのものだった。

飲むと少しだ気分がよくなったような気がした。

そもそもこの身体的、心理的後退の原因は
「ガンカンジャー」という胃ガン患者の漫画を
読んでしまったことにある。

作者が本当に死んでしまったのか調べたくらいだ。
調べて分かったことは作者は韓国人でまだ生きているらしい

あれ?

 

 

腹痛の余韻はまだ続いていた。
何も手に着かないまま昼が過ぎた。

それでも僕は13時に路上演奏をしに外に出た。

 

 

 

 

大声合戦で消耗するよりか、
国立美術館の前の方が音が届くのではないか?と思ったので、
今日はそこでやることにした。

IMG_0546

 

 

体調不良もあって歌に力が入らなかった。
ただ覚えた歌をいつものコードでなぞるだけだった。

レスポンスはボチボチあった。
似顔絵も二枚描いたが、また雨が降って来た。

IMG_0547

あぁ、いい感じで描けたのにな。写真撮るの忘れちった。

IMG_0549 IMG_0550

メキシコからの単身赴任のお父さん。

 

 

 

もう今は完全にバスカー殺しの季節だ

あぁ、シンさんがここに来たのは数ヶ月前だもんな。
その時には雨は降っていなかったんだろう。

雨が上がると、僕は300コロン(67yen)でアイスクリームだけ買った。
食べ終わると腹がコロコロと小さく疼いた。

 

 

 

国立美術館近くのインフォメーションで
「TRACOPA」社のバスターミナルの場所を訊いて、
そこへ向かうことにした。

サン・ホセからパソ・カノイアスという国境の町まで
バスで向かうつもりだ。

コスタリカにはチキンバスのようなローカルバスはないようだ。
整備された値段が高めのバスしかない。

 

 

バスは翌日の5時発だった。値段は8065コロン(1,809yen)。
調べていたのよりもまた少し値段が上がっていた。

一体世界では何が起こっているのだろうと思う。

わざわざ2015年の情報に絞って検索をかけてみても
中米では値段が上がってるケースがほとんどだ。

IMG_0560

 

 

宿に戻る途中でに1300コロン(292yen) もする
生絞りのオレンジジュースを飲んだ。
体によさそうなものを摂取しないと気が済まなかったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宿に

戻ると、稼いだコロンをアメリカ・ドルに両替をしてもらった。
次に向かうパナマで使われている通貨はドルだから。
ドルの準備もここではしてある。ありがたい。

IMG_0551

 

 

 

稼いだコロンをドルに替えると、戻って来たのは104ドルだった

まぁ、五日間でよくやったよ。
一番よかったのは二日目だけだったけどさ。
似顔絵もいっぱい描けたし、ここにいた意味がなかったわけじゃない。

その後はとくに何もするわけでもなく、ウダウダと時間を過ごした。

 

 

 

 

シャワーを浴び終ると、
スタッフから「誰かが尋ねて来たよ」と呼ばれた。

そこには路上演奏中に声をかけてきてくれたルビンがいた

僕は「明日には行っちゃうんだよ」と言う。

ルビンは

「またコスタリカに来ることがあったら
いつでも連絡してくくれよ!」

と心がじんわりあたたまる言葉をかけてくれた。

僕も同じ言葉をルビンに返した。

 

 

 

「これ少ないけどさ」

と言って3000コロン(673yen)を僕にくれた。
両手で受け取って「ありがとう」とお礼を言った。

IMG_0564

マジいいヤツだったな。

 

 

 

今日口にしたものと言えば、
白湯、アイスクリーム、生絞りオレンジジュースだけだった。

固形斑を口にしていない。プチ断食もいいところだ。

パッキングを済ませてフロアで
フリーのオーガニックの紅茶を飲みながらウダウダしていると、
だんだんと食欲が戻って来た。

キッチンにスタッフのまかないがあったので、
僕はそれを売ってくれないか?と尋ねると気の良いスタッフは
「全部食べちゃいなよ!」と優しく言ってくれた。

彼も僕の体調が悪いことは知っていたので、気遣ってくれたみたいだ。

 

 

 

時々、食べ物について考えることがある。

外で食事を済ませる場合、
贅沢じゃなくてそれを常食とする場合だ。

そこには安いケミカルなものしかないような気がする。
どこの国もフランチャイズ店だらけだ。
なぜだか中米ではチキン・フライの店が多い。

 

 

やはり自分で作った食べ物がベストなんじゃないかと思う。
野菜を中心としたヘルシーな食事。

あぁ、こういう時にトラベルクッカーなんてものを
買ったことを思い出すのだ。出発前に置いて来たけど(笑)

 

 

そしていかに母親の作るご飯が
栄養満点だったかを思い出すのだ。

ほんと、お母さんってすごいよ..。

 

 

 

いつの間にか夜更かししてしまっていた。

このまま出発まで起きているか、
少しでもいいから寝ておくか考えたが、

自分の体が弱っていることを考えて、ベッドに横になった。

IMG_0567

 

 

 

それではお休みなさい。

————————————————-
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Facebookページ

Twitter

旅する雑貨屋”Drift”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!