「製作十八時間(うちアニメ鑑賞挟む)」

2月21日/オーストラリア、パース

 

 

 

imageにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

8時半にはルークが僕にモーニングコールをしてくれた。

ホームステイは野宿の100倍くらい快適なので、ついつい寝坊してしまいそうになる。朝のコーヒーとフルーツをいただいて、一本ルークからタバコをいただいた。

10時にはウォールペイントの続きに取り掛かることにした。

 

 

下描きは意外とスムーズで12時には終えることができた。

image

 

 

 

 

昼食はボロネーゼ。美味。

美味なり。

 

 

 

下描きが終わり、ついにペン入れになるわけだ。

僕は色を塗ったりするスキルはない

漫画の延長線上としてウォールペイントをしている。よく路上でこのすごい絵を見るけど、彼らと僕は勝負するところが違うのだ。

僕が使うのは黒ペンといくつかの色ペンのみ。「パーマネントマーカー」と呼ばれるペンしか使わない。パーマネント(permanent)は「ずっと変わらない」とかそういう意味だけど、素材は油性マジックとなんら変わらないだろう。つまり僕は油性 マジックで壁に絵を描くことになる。

 

 

だが道具にはこだわりがある。

今回使うのは「SHERPIE PRO」だ。このシャーピーってペンは比較的どこの国でも見かけるペンで、僕はコロンビアでもこのペンを買って似顔絵を描いたものだ。安いので100円ちょっとで買えたのだが、ここはオーストリア。しかもプロって付くもんだから値段もちょっと貼る。まぁ、あとは気分的な問題だ。MacBook Proも持っているだけでちょっと仕事ができるような気になる、でしょう?

壁とインクとの相性はヌーサでウォールペイントをした時にわかっていた。こいつは壁に漫画の絵を描くのには最高のペンだ!

 

 

 

 

僕は右利きなので、まずは左側から描き込みを進めていく。

一番上からでもよかったんだけど、壁とのペンタッチも確かめたかったので、簡単なコマから描き進めていくことにした。描きながらでも試行錯誤をしていくのだ。image

 

 

 

ここから夕飯はいただいたり、タバコ休憩を挟みつつも、夜通し描き続けた。

途中でエネルギーが出なくなって、ついつい懐かしのアニメ「Panty and Stocking and garterbelt」をBGM代わりにYouTubeで流していたら、一時間くらい作業中断してたからね!アニメマジやべーーーー!

 

 

 

 

 

だけど僕は今日寝るわけにはいかなかった。

明後日(23日)の夜にはパースを出発しなけえばならない。フライトは24日の朝。

なんとか根性で持ちこたえて絵を完成させた。

imageimage imageimageimageimageimage image

 

 

 

 

絵を描いていると時間の感覚はほとんどなくなる。

だけど、僕の周りは時間に沿って動いているので、僕もそれに合わせなくちゃならない。

それになんだかんだ言って体は睡眠を必要としている。その日は大丈夫でも次の日には必ずパフォーマンスが落ちてしまうのだ。

 

 

完成した絵を見てルークもジュリアも驚いていた。

ルークとジュリア仕事は早い。6時には家を出た。

もちろん僕も一緒だ。

image

 

2 件のコメント

    • >あっきーさん

      ありがとうございます!

      でも、「これぞ漫画家」
      って僕の髪型はそうですかね笑?

      こんな漫画家、他にいたらウケるな。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!