「ちゃぶ台返し」

世界一周41日目(8/8)

日本にいる時には、

『中国人は
日本のことが嫌いなんだろうな』

って思ってた。

そりゃあ、
あんなにデモだの反日教育だの
日経企業襲撃だの、
食品偽装問題だの
ニュースで伝えられたら
誰だってそんなイメージを持つだろう。

いつだったか
たまたま清水家に遊びに来ていた
弟のバイト先の中国人留学生に
訊いてみたことがある。

「ねえ、やぱっり
中国人は日本のこと嫌いなのかな?」

彼の答えはこうだった。

「いや、全然そんなことないよ。
デモとかの発信源は
やっぱりやめておいた方がいいけど、
他は全然そんなことないよ」

当時はそんな答えに
イマイチ実感が持てなかった。

日本に住む俺らが
過剰にネガティヴなイメージをもって
しまっているだけなんだって。

だけど
実際にここに来て
彼の言ってたことが理解できた。

★★

「旅する漫画家」

を名乗って、
僕は中国を旅してきたわけだけれど、

みんな僕の漫画製作風景に興味を示し、
気軽に声をかけてきてくれた。

「ニホンジン!」

西安(シーアン)のユースホステルで
会ったウェブデザイナーと
スポーツのコーチの資格を持つ彼は、

特に用もないのに
僕には声をかけてきてくれた。

———————

オハヨウゴザイマス♪」

重慶のホステルのスタッフは
自ら「日本が好き」と
僕には言ってくれて、
とても親しみが持てた。
20130810-005649.jpg

———————

お金を浮かすために乗った
寝台のない、
1列5人がけの「硬座」では
必ず誰かが僕に声をかけてきてくれた。

自己紹介も兼ねて
自分が漫画家志望であることと
世界を旅していることを伝えると
みんな興味をしめして
僕のiPhoneの画像を見てくれた。

———————

同じ飲食店に
2回、3回と食べに行くと

お店のおっちゃん、おばちゃんは
親しみの目で
僕に笑いかけてくれた。

20130810-005825.jpg

———————

楽器屋のおっちゃんは
ギターの弦を交換してくれた後、
僕の歌を聴いて
タバコを一本くれた。

懐かしい味を
ゆっくり味わった。

20130810-005922.jpg

交換してもらった弦は
たった一日で切れたけど笑。

20130810-010009.jpg

———————

重慶で話した
ホステルのスタッフは
僕の漫画家としての生き方を聞いて

「nothing lost
nothing gain」

と言う言葉をくれた。
リスクを冒すことを恐れるなかれ。
やらなきゃなにも始まらない。

20130810-010059.jpg

———————

靴下を探してたまたま入った
「Jack Jones」
と言うお店で、

接客してくれたおねえさんは
僕にはノートを渡して
何か絵を描いて欲しいと言った。

20130810-010411.jpg

「ねえ、彼の分も描いてくれる?」

「もちろん!」

———————

重慶北駅で行った路上ライブは
わずか2曲でストップがかかった。

ギターをしまっていると
鼻毛の飛び出た兄ちゃんが
パンダ保護の募金を募った紙を見せて
僕には話しかけてきた。

ギターを引く真似をして
親指を立てた。

そうさ。

稼げなくたって
それでいい。

20130810-005732.jpg

★★★

自分からコミュニケーションを
とることは得意ではない。

特に英語で話しかける場合。

『会話が途切れちゃうんじゃないかな?』

『おれのボキャブラリーで
言いたいことを言えるかな?』

『もしかして
ウザったく思われてないかな?』

そんな僕に
「漫画」という媒体は
作者と読者を繋げるだけではなく

コミュニケーションのツールとして
新しいドアを僕に対して
開いてくれている。

全く話したことのない人とも
繋がれるんだ。

★★★★

「反日教育」

なるものが
中国にはあると言う。

中には日本を悪役にした
「抗日ドラマ」
というものも存在するらしい。

数々のネガティヴな情報たち。

オイオイ

ちょっと待てよ!

おれらが
中国を嫌いになるように
教育されてるんじゃないか⁉

伝えられてることは間違っちゃいない。

でも、
スポットの当てられている所が
偏り過ぎてるんじゃないか?

一人の人間としての付き合いには
余計なことはいらないんじゃないか?

20130810-010511.jpg

———————

重慶から広州までの22時間の旅。
「硬座」の列車の中で
熟睡できない頭を抱えて
そんなことを考えた。

向かいの席のおばちゃんが
果物をくれた。

20130810-005605.jpg

そうさ。

人の優しさは
どこの国でも
おんなじじゃねえか。

———————
———————
世界一周ブログランキングに
参戦しております。

今回はフラッシュバックの様に
ブログには書けなかった
シミの出会った人との出会いを
書いてみました。

音楽にも救われていますが
同様に
漫画にも救われているんです。

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>