「平凡のはざま」

世界一周51日目(8/18)

 

先輩を
見送った後、

僕は昨日、
老寨(ラオジャイ)山旅館 にやって来た
2人のあんちゃんたち

ヤスイさん、シマノさん

20130819-102116.jpg

香港で知りあったというのに
気持ちがいいくらい仲が良かった。
「地元の幼なじみ」って感じ。

 

 

と一緒に
20元札のモデルとなった場所に行った。
奥さんは僕たちに

「スリに気をつけなきゃね!」

と言ってくれた。

 

えっ!?
スリ?

 

 

観光地化したこの町では
外国人を狙ったスリがいるらしい。

あからさまにポケットに
手をつっこんでくるとか笑。

 

 

雨は降ったりやんだり。

最低限の持ち物を持って
僕たちは20元札の場所へ行った。

20130819-102104.jpg

 

お札に印刷された風景を
見る事ができるポイントは
いくつかあるのだが、

僕たちは一番手前のポイントで満足し
近くの屋台でビーフンを食べて帰った。

 

 

 

 

 

 

雨脚が弱まるのを見計らって
僕は再び山に登った。

ゲストハウスを出るまえ
林さんが

「ほれ!」

と言って
ごみ拾いセットを渡してくれた。

20130819-102137.jpg

 

 

林さんの作った展望台に行くために
多くの観光客が山を登るが
散乱するごみの数も多い。

20130819-102148.jpg

 

さっきはシマノさんがごみを大量に
拾って帰って来た。

今度は僕の番だ。

昨日一度通った道なので
汗だくになってごみを拾いながら
山頂にたどり着いた。

 

 

 

いくらか靄がかかっていたが、
昨日とは比べ物にならないくらい
遠くの方まで見渡す事ができた。

山頂には中国人の観光客が7人くらいいた。

僕がごみを拾っていると
中国人のあんちゃんたちが2人

 

「おれらも拾うよ」

 

と、ごみ拾いを手伝ってくれた。

20130819-102253.jpg

20130819-102228.jpg

 

戦争の終わった8月15日や政治の問題で
中国国内の居心地の悪さを感じた人も
いただろう。

ニュースや中国の抱える問題を
先輩やヤスイさんたちから聞くと

世界がどんよりと暗いイメージしか
僕には湧かなかった。

 

いや、
実際そうなんだろうけど。
この世界はどんどん複雑になってく。

 

 

 

 

だけどさ、

ボランティアでごみ拾いをしてた僕に
「おれらも拾うよ」って
日中関係とか関係なしに
声をかけてくれたことが
素直に嬉しかったんだよね。

 

色々な先輩が
僕に世界の魅力を伝えてくれるけど

やっぱり自分の目で見て
感じないとダメだ。

 

別の観光客の女のコが
写真をとってあげたら

 

「good relationship!」

 

って握手をしてきてくれた。

 

 

そうだよな。

そうなんだよ。

 

やっぱり
変わらないものが
どこにだってあるんだ。

僕はそれを信じて
旅をしていこう。

20130819-102241.jpg

 

 

 

僕らだけになった山頂で
あんちゃんたちは
僕にタバコを差し出してくれた。

 

降り出した雨と
タバコの匂い。

20130819-102220.jpg

 

 

あんちゃんたちが帰った後も
僕はぼーっと景色を眺め、
袋たっぷりになったごみを抱え
下山した。

もちろんアドレナリンを分泌させて。

 

 

 

 

 

次の目的地、

昆明(クンミン)

へはいつもと同じように列車で
硬座(一番安い席、シートのみ)を使おうと
思っていた。

林さんも硬座なら
当日でも買えるだろうと
言っていたので、
特に調べもしなかった。

 

『まぁ、桂林に着いて
すぐに切符を買えば
夜行列車が捕まんだろう』

 

と全く情報収集を
していなかったのだが、

桂林から昆明までの列車を調べてみると

一日に2本しかない。

 

しかも

宿予約してなーい!

 

 

 

なんなんでしょうね?
この余裕っぷりは。

 

 

余裕なんかじゃない。
僕はまたドキドキするような
脳内麻薬が「ドバッ!」と出るような

そんな旅を、また再開させたかったのだ。

 

 

最近、よく思うんだ。

 

旅は自分からするもの

なんだって。

 

 

 

先輩方から有益な情報を
教えてもらった僕は

何事もなくスムーズに
中国を旅する事ができた。

 

でもそれは
自分の力で旅をすることじゃ
ないんだ。

 

自分で情報を集めて
自分の足を使って旅をする。

 

まぁそりゃ
人から教えてもらう場面もあるさ。

それが必要な時だってある。

 

だけど、
それは僕の求める旅なのか
そういうことなのさ。

 

 

 

 

とにかく、
ノープランで桂林に突入してみよう。
なんとかなんだろ。

 

 

ラオジャイ山旅館を出る時
林さんと話した。

林さんは僕の漫画家としての夢を聞いて
こう言ってくれた

 

「そんなに焦る必要はないんじゃないか。

今はあんたが色々なことを学ぶ時だ。

20代で培った事が
30代で活きてくるはずだから」

 

 

高校を卒業して
アシスタントになるわけでもなく

時間のある大学生で
投稿作品を描き上げるわけでもなく

 

僕は

「漫画家のレール」

から外れて旅に出た。

 

自分の描きたいテーマを描くために。

 

 

何が起こるかわからない。

でもやるしかない。

やるしかないんだ。

20130819-102044.jpg

 

 

 

 

 

 

 

バスに揺られて2時間。

桂林の街も雨が降っていた。

そして僕は
一泊10,000円もするようなホテル
これを書いている。

20130819-114140.jpg

 

宿を予約していないということを言うと
シマノさんとヤスイさんは
彼らの泊まるホテルに
ベッドがひとつ余っているからということで

僕にベッドを提供してくれた。

 

ヤスイさんは

 

 

「ほんとうは
こんなことしたくないんだけどね。

だって
バックパッカー
ぽくないじゃん?」

 

 

と冗談めかして言った。

 

いやいやいやいやいや!!!

 

 

バックパッカーに
「節約」はつきものですからーっっっ!

 

 

『やった!
これで宿代浮いた!』

 

 

って思った事は
このブログ内だけに
留めておいてくださいな笑。

 

 

 

 

でも、

こうして
旅でお会いした方々に
自分の夢を応援してもらえる事は
やっぱり嬉しいんです。

 

そして
この夢はやっぱり自分だけのものじゃ
ないんだなと思うんです。

 

ほんとうに
ありがとうございます。

沢山の応援や優しさをいただいて
僕は旅をすることができるんです。

 

今の僕には
まだ何かをお返しする事はできませんが
きっと、何か別の形で
お返しをしたいと思います。

20130819-114202.jpg

 

 

———————————-
世界一周ブログランキングに参戦しております。

まあ平凡な日々もあるさ。
それもまた旅だよね。

クンミンには
その先の街には
次の国、ラオスには
何が待っているんだろう?

ドキドキワクワクしながら
シミの旅は続きます。

 

★パソコン用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★スマホ用☟
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


「平凡のはざま」” への2件のコメント

  1. しみさんっお久しぶりです!
    つぎラオスですかー?!?!?!ニアミスですねぇ!
    わたしも日曜までラオスですよー(*^^*)

    • も、も、もちすわぁ〜〜〜ん‼

      なにやら泥棒被害に合われたそうですが
      前向きな感じがやっぱりらもちさんっすね!
      おれもクレジットカードが
      ATMに飲み込まれた時、

      「たかがカードじゃないか!
      旅が終わったわけじゃない!」

      ってスイス人のおっちゃんに
      励まされました。

      それと
      ニアミスですかぁ〜…
      おれもいつラオス入りするのか決めてないんで
      まぁ、運がよければお会いできるでしょう!

      それではよい旅を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>