「だ、大丈夫…僕なら耐えられる」

世界一周179日目(12/24)

 

列車の
出発の時刻は16:30。
WL(ウェイト・リスト)のチケット。
果たしてキャンセルは出ているのだろうか?

 

 

自分の座る席が保証されていない
プリントアウトされたチケット。

『たとえ席がなくとも
僕は前に進んでやる!』

昨日は不安だったが、
ここまでくるともう開き直った。
やってやんよ!

 

 

時間までネットカフェに行こうと思ったら、
滞在8日目にして近くで野良Wi-Fiを見つけた。

今まで僕が払ってきたネット代はなんだったんだろう?

ネットカフェの近くで常連の後ろめたさを感じながら
時間を気にせずネットに接続してパソコンをいじった。
朝の風邪が心地よい。

 

 

お昼前には宿をチェックアウト。

宿のスタッフは昨日
「24日はパーティーがあるんだ?君も参加しないか?」
と言ってくれたことが後ろ髪を引かれる思いだった。

 

そしてバックパックを背負ったまま
デッケン・フライド・チキンへ行き、
最後の漫画製作をする。

顔なじみの店員が
「シミ!How are you?」と声をかけてきてくれる。
いつものようにカプチーノを注文して、テーブルにつく。

大きめのボリュームでかかる店内BGM。

ヒマそうな従業員たち。

変わらない外の風景。

最近できた跨げるほどの中央分離帯は、
コンクリートが固まる前に学生たちがやってきて
自分の名前(だと思う)を落書きしていった。

ボロボロの服を着た男性と女性の2人の作業員が
コンクリートを塗って工事の続きをしている。

目の前の道路をバスやトゥクトゥクが
何台も何台も通り過ぎて行く。

 

店員に「今日で僕はこの街から出て行くよ」
ということを告げると、
フライドポテトをただでごちそうしてくれた。

胡椒がたっぷりかかっていて、
ちょっとしなびていたけど
嬉しかった。

 

さてと、そろそろ時間だ。
先にネットカフェで情報収集しておこう。

バックパックをかついで
お世話になったDFCを後にした。

IMG_8781

 

 

 

 

 

 

 

「18」

これが僕のWLの順番だった。

IMG_8788

 

マジか…。
てかこれで乗れるのか?いや、乗るんだけど!

IMG_8786

 

 

『もしかして今の自分のチケットの状況を
確かめられるんじゃないか?』

と旅行代理店で訊いてみると簡単に調べてくれた。

「バスなら出てるよ」と
提示された料金は列車の2倍以上。
千円もするのか…。却下!

 

歩いて駅まで行き、
念のため校内掲示板に貼られたWLから
座席をゲットした者たちのリストをチェックする。

もちろんこれから乗り込む列車の番号には
自分の名前はなかった。

WL100番以上の人間の名前が
載っていたりしたけど、
これは僕より前の順番のヤツだったんだ。
つまり僕は大量にキャンセルが出た後に
チケットを買ってしまったことになる。

 

だ、だいじょうぶ!
こういう時の事態でどうするかは
ちゃんとシミュレートしているんだから!

 

まずは車掌がチケットのチェックに来るまで
入り口付近で立ち乗りをして、
車掌がチケットの確認にきたら
袖の下で席を確保する!

他の人はボられて100ルピーとか言ってたから、
50ルピーくらいでいいだろう。

 

 

時間通りにやって来た列車に乗り込み、
サイドアッパー(2段分の寝台の上)に荷物を置いて
自分も横になった。

どうせ他のヤツもテキトーに乗ってるんだろう?
それに寝台上部は夜まで使われないから
僕が寝ていても大丈夫っしょー!

IMG_8789

 

 

 

 

 

開始5分でこの作戦は失敗した。

おっちゃんが「そこ私の席なんだけどー…」と
困った顔で言ってきたので、

「あれっ?おっかしいなー?ちゃんと
コンファームしてもらったんだけどね!」
とそそくさと退散。

結局出入り口付近で立ち乗りすることになる。

 

開けっ放しのドアの近くでタバコを吸おうとしたら、
一緒に乗っていた女のコに注意された
「見つかったら罰金よ!」

へぇ、インドなのにしっかりしてるなぁ。
中国もそうだったけど、マナーが向上したのかなぁ?

 

 

どんどん日が沈み、あっという間に夜になった。

IMG_8794

 
時刻は18時。まだ一時間半しか経ってない。
到着は翌日の7時過ぎだ。

 

立ち乗りガール・ボーイたちとお喋りをしていくうちに、
一人の男の子が僕のチケット状況を
車掌に確認してくれることになった。

IMG_8800

 

 

「WLが18だったら他の席が空いてるかも!」

 

僕としてはわざわざ車掌に確認に行きたくはなかった。

できることなら穏便に
賄賂でさささっとことを済ませてしまいたかった。

 

 

 

「さあ!あの男の子についていくのよ!」

と立ち乗りガールがせかす。

他の立ち乗りの乗客たちをかきわけて
どんどん進んで行く立ち乗りボーイ。

うう…。まぁとりあえず行ってみるか。
もしかしたら席にありつけるかも。

 

2~3両通り抜けて僕が気づいたのは
座席の数以上にいるインド人たち。まぁ毎度のことだ。

 

そして発見した車掌は
他の座席に座って他の乗客たちと
チャイをすすりながら和気あいあいとしていた。

 

 

こ、こいつ…、
仕事してねえ!

 

 

どうりでチケットチェックになかなかこないわけだ。

なら、わざわざ車掌見つけに来なくてもよかったんじゃないか?

 

「この人のチケットなんですけど、席ありますか?」

立ち乗りボーイが車掌に尋ねると、
車掌は男の子のスマホで僕の座席の現在状況を確認させた。

 

 

「18」

 

あれから変わってない…。
(アップデートされていないだけじゃないか?)

 

 

「ほらここに書いてあるだろう。
ウェイト・リストの人間は
乗車してはダメだって!
この次で降りなさい!」

 

 

でたぁあああああああ!!!

冷徹なまでの一言「次で降りろ」

 

 

マジ意味ワケワカメ!

なんでチケット持ってないような他の乗客が
ボンボン乗ってるのに
わざわざ訊きにきた僕が降りなくちゃいけないんだ?

ていうかチケットチェックしたらもう「芋づる式よ」?
どんだけこの列車がスカスカになることだろう?

 

こうなったらなりふり構ってる場合じゃない。
ここは賄賂で乗り切るしかー…

 

「分かりました!ちょっとお金払うますよ。
だから乗せてください」

「いや、そんな余分なお金もらっても
困るから!次の駅で降りて!」

「そうだよ!次の駅で降りて
「ジェネラル・チケット」買いなよ!」

 

 

 

….ん?「ジェネラル」?

 

 

 

 

なにやら、当日券立ち乗りということで
ジェネラル・チケット」なるものが
安い値段で窓口で買えるらしい。

一緒に乗っていた立ち乗りガールも
そんなこと言ってたな。

彼女の目的地は3時間くらいのところだったので
わざわざ寝台のチケットを買わなかったのかな。

 

「おれは次の駅で降りる気はないから!
だっておかしいじゃないか!
こんなにチケット持ってないような人間が
乗ってるなんてさ!

てかさっきの車掌も
吞気にチャイなんて飲んで
全然仕事してなかったじゃん!」

 

不満をぶちまける僕。
困った顔の立ち乗りボーイ&ガール。

 

「大丈夫だ!僕がついていくから!
次の駅の停車時間は15分はあるから!
余裕だよ!」

 

余裕ってねー、あんた。
僕はバックパックを背負って
あのウジャウジャ窓口にいるインド人たちをかき分けて
チケットを入手しなくちゃならないんだよ?

ぜってー乗り過ごすっしょ?

 

話していても埒が空かない。
終いには他の車掌がやって来て
僕のチケットを確認して、
次で降りろと同じことを言う。
ふぁっく。

どうやら次の駅で降りて15分以内に
ジェネラルチケットとやらを買う以外になさそうだ。

 

 

列車が完全に停車する前に
僕たちはソッコーで駅を駆け出した。

3分でチケット売り場まで辿り着き、
男の子は小さい窓口に手をぶっこみ
1分半でチケットを入手した。
はえぇ…。

 

立ち乗りガールはここで降りると言う。

 

「Have a nice Trip!
Happy Christmas!!」

 

と彼女は言った。

ははは。
全然ハッピーじゃねえよ。

 

ジェネラルチケットは
最後尾の車両に乗らなくてはならないらしい。

僕は男の子にチケット代150ルピー(249yen)支払って、
一番後ろの車両までダッシュした。

 

 

 

 

 

 

 

乗り込んだ最後尾の車両には
立ち乗りマスター的なじいちゃん三人と
いつもの様に外国人に興味津々のインド人たちがいた。

IMG_8802 IMG_8806

 

 

寝台を覗くと彼らは器用に一台の寝台に
身を寄せ合うようにして2人寝ている。

IMG_8810

 

だから教えてくれよ。そのチケットはどうなってるんだと。

 

僕は立ち乗りのじいさんたちと同じ様に
出入り口付近で膝を抱えて目を瞑った。

IMG_8817

 

 

座り心地の悪い汚い床。

IMG_8821

 
時々トイレの臭いが鼻をかすめる。

IMG_8823

 
救いはiPodから流れる宇多田ヒカルの曲。

 

 

 

 

てかぁ、じいさん…
なんでトイレに行かずに
列車の連結部の隙間に向かって
小便しているんだい?

IMG_8805

 

 

ふつうにタバコ吸って、
当たり前の様に床に唾するじいさん。

なにもそこまでインド人を代
表しなくってもいいじゃないか。

 

 

 

 

25時過ぎに寝台の乗客たちが一斉に降りた。

IMG_8824

 

 

ふうこれでようやく席にありつける。

いやいや、
そんな簡単に行くわけ
ないじゃないですか?

とでも言わんばかりに
席についてしばらくすると車掌がやって来る。

ジェネラル・チケットから
席を得るためには更に追加料金がかかるらしい。
手に持ったチャートで料金を調べる車掌。

 

「もちろん彼らにも
チケットの確認をするんですよね?」

 

嫌みをこめて車掌に言う。

 

「何!?誰のことだ?」

「誰って、
後ろで余裕ぶっこいて寝てる彼らですよ♪」

車掌の真後ろの寝台で
さっきの立ち乗りじいさんたちが寝ている。

IMG_8825

 

 

「彼らも僕と同じジェネラルでしたよ?」

 

車掌がチケットを確認すると、
一人のじいさんたちは
めんどくさそうに追加料金を払ったのだが、

もう一人は
「ワシには払うお金がないんだよ…」とごねている。

大声で怒りだす車掌。

「だって、しょうがないじゃーん。
席が空いてたから寝てただけだよ」
とでも言い訳した途端、

 

 

「スパーンッッ!!!!!」

 

 

車掌がじいさんの
後頭部をひっぱたいた。

老人へのいたわり一切なし。
車掌に退場を命じられ
しぶしぶと車両を後にするじいさん。

 

あ~、じいさん、
さんざんなクリスマスプレゼントだったね。

メリークリスマス♪

IMG_8808

——————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

ふふふ。
たぶんこれからもっとすごいことになるんだろうなぁ。

とだけ言っておきましょう。

うわぁああああああん!
もう嫌だよぉおお!!!
10時間以上の立ち乗りなんてぇえええ!!!

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • なんかこの回は詩的に美しいね。
    いいね。なんかそういうにおいとか感じたことって一生忘れない感じが。
    なんか海外で人が殺された話を聞くといつも心配に思うよ。
    日本はとても寒いけどそっちはどんなかな?
    どんな気分?
    寒さに心やられず!
    旅を楽しんでね!
    体を壊しませんように。

    • >koutatsu

      コメントありがとー!
      おれは大丈夫!(いや、風邪ひいたな。移動しんどい…)

      インドの西側をただいま旅しております。
      寒いっていうか暑いよ…。
      弱った体に直射日光がこたえるぜ…。

      めまぐるしく通り過ぎていく日々。
      この風景もいずれ忘れてしまうのかな?と思うと、
      なんとかして頭に焼き付けておきたいと願う毎日です。

      koutatsuの日本の生活はどんな感じだい?
      インドのネット環境が悪くって
      なかなかみんなの近況を知ることはできないけど、
      koutastuが毎日を精一杯生きてるといいな。

      いつもブログ読んでくれてありがとう♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です