「下り坂。上り坂」

世界一周237日目(2/20)

 

もう一度、
日の出を見て僕は宿をチェックアウトした。

IMG_5005

 

 

向かう先は
チャングナラヤン。

そこまでハイキングできるというのだ。

 

 

 

最初のうちは楽だった。

IMG_5010
ナガルコットのバス停まで来てしまえば
あとはずっと坂道を降りるだけ。

IMG_5014

 

 

途中にいた警備員のお兄さんが
「こっちがショートカットだ!」
なんて教えてくれたり、

IMG_5016 IMG_5017

 

 

僕はちょっとした
アドベンチャー気分を味わっていた。

IMG_5024

 

 

 

ショートカットを抜け、
バスが通るメインの車道に出てから
徐々に肩にくるようになった。

IMG_5028IMG_5030

 

 

 

わかってるよ!
僕は荷物を
持ってき過ぎたんだ。

IMG_5027

 

 

そりゃ、カトマンズで泊まっていた宿に
原稿用紙やスケボーやら
重りになるようなものは置いてきたさ。

だけど、
圧縮袋に入れた衣類は全部持って来ちゃったし、
よくわかんないけどギターだって持って来た。

寝袋もパソコンも一眼レフも
あまり活躍する機会のないgorillapod(三脚)も
バックパックとサブバッグに別れて入っている。

ナガルコット2泊3日の
滞在に持って来た荷物は、

使った物よりも
使わなかった物の方が多い。

 

そもそもサブバッグを前にかけて
トレッキングするヤツがいるだろうか?(僕だ)

ここで出会ったツーリストたちは
ほとんど軽装だった。

 

 

 

 

「トレッキング」
という言葉に踊らされているのは間違いない。

『ようは山を登ればいいんだろ?』

調子こいてました。

できることなら
トレッカーのみなさんに
土下座したい。

IMG_5052「えっ!?トレッキングってこんなじゃないのかい?(マス◯さん風に)」

 

どれくらいの荷物がベストなのか?
みんなどんな荷物で臨むのか?
基礎知識なしで挑んだ長距離の移動。

まぁこれがフル装備だったら
そのままバスに乗って
カトマンズまで帰ったことだろう。

 

 

 

 

 

 

 

始まって1時間は
心に余裕があった。

IMG_5031

 

 

 

来ると時にバスであっという間に
通り過ぎてしまった場所を
こうして歩いてみると、
身近な物に目が向くようになる。

 

周辺の山々やアーケードのようにかかる松林。

IMG_5038
途中いくつもあるレストランの脇で
通学バスを待つ子供たち。

IMG_5033

 

 

朝9時の山歩き(下に向かって)は気持ちがよかった。

IMG_5036

 

 

僕を抜去る通学バスの窓から子供たちは
「ナマステー!」
と声をかけてくれた。

 

 

 

 

ナガルコットのバスターミナルから
坂道を下りきった中継地点で
マウンテン・デューと
ココナッツ・クッキーを買って休憩した。

横にはバスが2台ほど泊まっており、
中年の欧米人ツーリストたちがゾロゾロと出て来た。

 

「チャングナラヤンに行くんだったら、
彼らについていけばいいよ」

売店のお兄さんが教えてくれた。

「いや、いいよ。
だってあの人たち歩くの遅そうじゃない?」

余裕ぶっこくウサギさん状態。

 

 

 

 

「そろそろ行こうかね」

と山道を歩き始めた瞬間、
ハイキングはトレッキングになった。

 

背負った荷物が足に来る。

一歩一歩が重たい。

一時間以上バックパックを背負っていると
肩が痛くなってくる。

 

バックパックを背負った移動で
何が一番しんどいか?

足にたまる乳酸か?
流れ出る汗か?
運動量を上げた体が
酸素を求めた呼吸か?

いやそうじゃない。

 

 

肩への重みだ。

IMG_5053

 

 

腰に負荷をかけるウエスト・ベルトを
締めていても肩にはしっかり
バックパックの重みを感じる。

そして時間が経つにつれて
重みは「痛み」に変わる。

 

 

僕は理解した。

トレッキングの難易度は
背負っている荷物の重さに比例する
ということを。

 

 

それでも歩き続ける。

欧米人ツーリストたちには、
案の定開始20分で追いついてしまった。

のんびり歩く彼らとは
違う道で目的地を目指したのだったが…

 

 

ん…これ道だよ…ね?

IMG_5041

 

 

あー、すんません。
えっと、チャングナラヤンってこっちですよね?

IMG_5044IMG_5048

 

 

やー、のどかだなぁ…。

IMG_5050

 

 

水飲んで休憩。
この時ほど水を美味しく感じたことはなかった!

IMG_5054

 

 

 

 

途中まで来た所で、
方向音痴っぷりを発揮して
道を逸れててしまっていたことが発覚。

IMG_5062

 

 

近くにいたおっちゃんが
「菜の花畑を突っ切って行け!」
と僕にアドバイスしてくれる。

あぜ道をバランスをとりながら進む僕。

その後も舗装されていない道を進み
民家を通り抜けて行った。

そう!
これはもはや散歩でもハイキングでも
トレッキングでもない!

アードベーンチャーーーーーっっっ!!!
IMG_5067

 

 

 

そして最後に待ち受ける急斜面。

IMG_5070

 

 

坂本さんには悪いけど、
上を向いては歩けない。

だって坂道が続くのを見たら
心が折れそうになるから。

 

道路の脇にある黄色い点線を見ながら
少しずつ登って行く。

バックパックを降ろして休憩していると
後ろからバスが僕を追い越して行く。

 

あぁ…。

僕はなんでこんな
ヒーヒー言いながら

坂道を上っているんだろう?

IMG_5064

 

自分で自分のしていることが
よく分からなくなってくる始末。

 

 

 

 

 

歩き始めて5時間。

やっとの思いで辿り着いたチャングナラヤンは
歴史ある小さな建造物だった。

IMG_5085 IMG_5093

「ばかーーーーーっっっ!!!」

 

 

小さな通りの雰囲気が好きだ。

IMG_5071

 

 

入場料を払ってゲートをくぐり、
近くのレストランにバックパックを預かってもらった。

中をぶらつき、1時間もしないで
僕はカトマンズへ戻るバスへ乗り込んだ。

IMG_5100

 

 

 

 

たった2日間離れていただけなのに、
タメル地区に戻るとどこか落ち着いた。

そしてまた同じ宿の同じ部屋に荷物を降ろすと

 

「帰ってきたな」

 

そんな気持ちになったのだ。

————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

ちょっと話が逸れますが、
ネパールではATMでお金をおろせないことがよくあるそうです。

ATMによっては10,000ルピーしかおろせないものから
35,000ルピーまでおろせるものもあります。
しかも手数料が400ルピーっていうね。高いですね。

僕は銀行に内接するATMでトライしてお金を降ろすことができました。

 IMG_5101

 

今回の経験で他のトレッカー/ハイカーのみなさんが
どんな荷物を持って行くのか非常に興味が湧きました…はは。

『いや~、シミさん、あいかわらずアホっすね~!』って人はポチを。
君をちょっとでも楽しい気分にさせることができたんだ。嬉しいよ..?

『結局は荷物の持ってき過ぎでしょ?』っていうあなたは…。
はい。おっしゃる通りです。
僕の代わりにパッキングするもののリストを
メールで送ってもらってもいいですか(笑)?

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★ちょこちょこアップしてます!
相棒の作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくです!
旅の最中に描いた名刺、描いた漫画、
旅に持って来た道具の紹介なんぞやっております♪

4 件のコメント

  • シミさん、こんにちは。
    だいぶ前に1年前程から見ています、とコメントした者です。

    長時間のトレッキングお疲れさまです…
    シミさんの写真を拝見していると顔つきがとても
    凛々しくなられたように感じます^^
    全然関係ない、私事なのですがもうすぐ会社を退社し、
    少しの間だけ私も1人で旅行をしようと思いました。(国内ですが)
    シミさんのブログを見ていて影響を受けました。笑
    これからも応援しています。

    • >ハチさん

      顔つきが凛々だなんて…(照)
      いやぁ、緩んでばっかですよ。

      むしろ笑うように心がけてます。
      その方が楽しいですし、
      周りの人たちとも
      すぐに打ち解けられますからね。

      そしてハチさんはお仕事をー…

      って、
      えぇえぇええぇえええ!!!!
      デザイナーさんの仕事は!!??
      いいんですか?独立ですか?
      (ハチさんのことを心配できる
      立場じゃないですが笑)

      てかおれの影響って〜〜〜!!!
      責任重大じゃないっすかーーーっっっ!

      でも、
      国内の旅はとても素敵だと思います。
      日本は野宿しやすい国なんだな〜と
      常々思います笑。

      某空港内外国人突撃インタビュー番組で
      大阪から東京までテント持参で
      徒歩で旅する23歳の英国人バーテンダーさん
      のお話がありました。
      (かかった費用は
      一ヶ月で4万円だったかな?)

      そういうハングリーな旅も
      面白いかもです笑。

      だんだん日本も温かくなってきますね♪
      春だなぁ。

      • そうなんですね。
        それってとても大切なことですよね。
        私は結構、初対面の方とお話する時には
        緊張してしまうので、シミさんのように
        コミュニケーションを取れる方はとても尊敬します!

        そうなんです。笑
        覚えていただけてとても嬉しいです^^
        独立出来る程、経験がありませんので
        退職後は別の職種に就く予定ですが
        一番は自分のやりたい事を優先したいと思います。
        デザインは相変わらず大好きなので
        フリーで、と言う程仕事の宛はありませんが
        細々と趣味ででも続けていきたいと思います^^

        なるほど、参考になります。
        その英国人の方とちょうど同じ歳ですので
        国籍は違えど、私も何かしらこれから
        アクションを起こしていくように努力したいです!

        長々とすみません。
        とても励ましていただきました。
        日本も本当に暖かくなってきました^^
        私もシミさんのように前向きにがんばります!
        お体に気をつけてくださいね。

        • >ハチさん

          コメントに春を感じました。

          新しい一歩を
          踏み出す感じが伝わってきて。

          僕もハチさんのこと
          応援してますよ♪

          「春風吹いたら、
          それがスタートの笛の音」

          ってね。

          大好きな藍坊主の曲に
          そんな歌詞があるんです。

          イイね!春!
          ガンガンアクション起こしていきましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です