「グッバイ。ネパール」

世界一周245日目(2/28)

 

まるまるひと月、
ネパールを旅してきたことになる。

IMG_1844

 

 

トレッキングはできなかったけど、
ビジェイの家でのホームステイや、

日本人宿サンタナポカラでの
仲間から依頼された漫画の製作。

三顧の礼とも言えるインドビザ申請。

ナガルコットでヒマラヤと対面することができた。

カトマンズでサブバッグの修理もやった。

もちろん素敵な人たちとも
沢山出会うことができた。

 

 

道路はどこもかしこも
絶賛工事中で、一日の半分は停電。

IMG_1866

 

停電の間はバッテリーやジェネレーターで
電気を供給するなど、観光資源以外の
ネパールの側面も見ることができた。

 

 

そして、何より
人々が素直だった。

IMG_1868

 

 

今まで旅してきた国々がそうだったように、
常に警戒心を持つように心がけてきたけど、
ネパールではそんな必要もなかったように思える。
(そりゃ、メシ屋のにいちゃんが
ふっかけてくるようなことはあったけどね)

 

 

人の暖かみを感じたネパール。

いつかまた旅をしたい。そう思える国だ。

IMG_1876

 

 

 

 

いつものように
コージー・カフェでWi-Fiにありつこうと、
建物の前でiPhoneの設定画面を開く。

だが今日はお店のバッテリーへ
電気を貯める日なのか、それとも
Wi-Fiの料金を払っていないのか、
僕のiPhoneはWi-Fiを検知しなかった。

 

だけど、僕は2階にあるカフェへと上がっていく。

お店のスタッフたちは笑顔で僕を迎えてくれる。

たかだかWi-Fiが使えないくらいで
お店を代えることもない。

行きつけだったこのカフェとも今日でお別れ。

いつものように30ルピーの
ミルクティーを注文してブログの下書きをしたり、
旅ノートをつけたりしてバスの時間を待った。

IMG_1853IMG_1855

 

 

僕はインドに戻るのだ。

戻ると行った方がしっくりくる気がする。

僕の中の「何か」が始まったインド。
様々なきっかけを与えてくれたインド。

いや、あれは僕が自ら選んだんじゃない。
相棒の一言から始まったのだ。

 

 

シンガポールへ英語の実践に行こうと
考えていた僕に相棒はこう言った。

「おれとインドへ行こう!」

「えっ?なんでインドなの?」

「インドには
今しか行けないだろう?」

 

 

不思議なものだ。

あそこで僕がシンガポールに行っていたら、
また違った人生を歩んで
いたかもしれないのだから。

インドが人生観を変えただとか
スピリチュアルな国だとか
そういう扱いはしたくない。

だけど、僕にとって
インドは特別な国なのだ。

 

 

 

 

 

おっと、
そろそろ宿のボスに一緒に
バスターミナルまで連れて行ってもらう時間だ。

国境の街まで1300ルピー(1,334yen)。
16:30出発のバスで、到着は翌朝7時らしい。

次なる目的地は
ダージリン。

 

僕はボスがチャーターしてくれたタクシーで
数キロ先のバスターミナルまで向かった。
250ルピー(257yen)。

IMG_1858 IMG_1879 IMG_1882

 

 

近くの屋台で軽食をとったり、
大好きなクッキー”parle-G”を買い込んだ。
そして遅れて到着したバスに僕は乗り込んだ。

IMG_1885

 

お財布の中のネパール・ルピーはほとんどない。
うん。いい感じで使い切ったな。

 

 

 

 

 

あっという間に
日は沈み、外の景色は窓から見える
数メートル先の砂っぽい路面だけになった。

街灯なんてどこにもない。
車のヘッドライトが地面を照らし、
前を行く車についていくようにバスは走る。
自分の乗っているバスが
今どこを走っているのか見当もつかない。

オフラインで見られるマップアプリを確かめると
バスは目的地とは
全くの逆方向を進んでいる。

 

 

うそぉっっっ!!!!???
おれ、間違ったチケット買っちゃった?

 

いや、待て!
前にもこんなことあったぞ!

ルンビニからポカラ目指すときも
アホみたいに迂回した記憶が。

ネパールのバスは安全な道を通るために
めちゃくちゃ遠回りするのだ。

 

 

6時間かけてようやくハイウェイまで出る。

バスの中ではドライバーが睡魔に負けず、
テンションを上げたまま運転できるように
大音量で音楽がかかっている。

イヤホンで音楽を聴いていても
嫌でも耳に入ってくる。

 

なぁ頼むよ。いい感じの余韻で
ネパールを去らせてくれてもいいじゃないか。
久々に藍坊主を聴いて
センチメンタルな夜を越えてぇんだよ!

てか
僕の真横の席の上に
スピーカーが設置してある。
ふぁっく…。

眠りにつけず、
ずっと座っているため
お尻が痛くなってくる。

僕はしょっちゅう座り方を変えて
バスの中をやり過ごした。

 

どういうわけだか、
あまり眠たくはない。

トイレ休憩で停まったレストランの前で、
最後の5ルピーで買った煙草を吹かしながら、
僕はふと思った。

IMG_1891

 

 

 

デリーからドバイ経由、イランに向けて
出発するのが4月10日だろ?

とすると、僕は
約40日間
インドを旅できるわけだ。

 

 

40日…。

 

バングラディシュやブータン、
ミャンマーに接した北東インドを見てみたい。

もう一度バラナシを
今度は時間をかけて見てみたい。

ちょっと長めの漫画も描けるかもしれない。

インドの雑貨も仕入れたい物がいくつかある。

 

…テンション上がる。

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

そうして僕はネパールとバイバイしたのでした。

なかなか濃かった28日間。
そしてネパールで出会った人たちの色々な話を聞く度に、
僕の経験していないネパールの魅力を感じるのでした。

あと、メシが美味かった!宿安かった!

停電や埃っぽい感じは否めないけど、
これもまた数年後には変わっていくんだろうな。

好きですネパール♪

 

『ネパールかぁ。私も行ってみたいかも…』って人はポチを。
シミの世界一周、ネパール編にお付き合いいただきありがとうございました。

『いやさ、おれが気になってるのは、あのネパール帽だよ。
なんかストリートファイターのキャミィもあんな帽子被ってたじゃん?
ってことはキャミィってネパール人?』って君は
十字キーの下/横/下/横/強パンチだ!!

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★運命を変える一言を放つ相棒まおくんの手がけたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくです。
シミの旅の仲間もストーリーと共に紹介しちゃってます!

★Twitterもボソボソと。アカウントは「indianlion45」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!