「GUDAGUDA」

世界一周279日目(4/3)

 

お腹が
ゴロゴロ言っている朝6時。

IMG_4308

 

 

二段ベッドからゆっくり起きだし
便座に腰掛けると、
水だった。

 

えっ?何が「水」だったって?
それはご想像にお任せします(笑)

 

おかしいな。

ここに来てからそんな変な物
食べてないはずなんだけど。

 

毎日ローカルなご飯と
ラッシー飲んでててもなんともなかったし、
ガンジス川で沐浴してから
潜伏期間と呼ばれる2日間もなんともなかった。

これは漫画を完成させたことで
お腹がゆるんだのかもしれない…。

いずれにせよ漫画を完成させて
なんだかホッとしているのは事実だ。

IMG_4307

 

 

バックパックからインドの薬を
半錠取り出し、水と一緒に胃袋に流し込んで
再びベッドに横になった。

去年の12月にタイからコルカタに来た時に
12錠入りの下痢止めを購入してはや3ヶ月。

1錠だと効き過ぎるので
半錠に噛み砕いて飲んだり、
下痢に苦しんでいる人に
分けたりしてきたけど、

残す所あと一錠だ。買い足そうかな?

そのくらい信頼のおける
オレンジ色の薬だ。色はあれだけど…。

 

 

薄暗い部屋の中、
6台ベッドのあるドミトリーに
泊まっているのは
僕一人だ。

IMG_4317

 

 

昨日まで日本語が喋れる
ベルギー人のイヤンもいたんだけど、
彼は連れ去られてしまった。

 

同じくこの宿の女子ドミに泊まっている
英語がネイティヴ並みに喋れる、
台湾人の旅行ライターの女のコがいるんだけど、

まぁ、イヤンと
いちゃいちゃしてたよね。

パソコン開いて
二人で映画なんて見たりしててさー。

まぁ、いい感じだったわけですよ。

ていうかいちゃいちゃし過ぎて、
台湾人の女のコなんて
フツーに男子ドミに入ってくるし、
僕としてはかなり気ぃ使ったよね。

 

それで昨日、ついに二人は
どこかへしっぽりと消えてしまった。

外泊かよ…。

 

「”台湾肉食系巨乳旅行ライター”だね」

 

と宿の誰かが言っていた。

まさしく…。

 

 

 

 

 

 

 

『やべぇ、
何もする気がおきねえ…』

IMG_4305

 

再来したお腹ホーリーのせいもあってか、
僕はちょっとした脱力感に苛まれていた。

明日にはデリー行きの列車に
乗ることになっている。
バラナシで自由に動けるのは今日だけだ。

雑貨もいくつか仕入れておきたい。

朝食の時間にはいくらか
お腹の方も落ち着いてきので、
野菜スープとトースト三昧、
チャイの朝食をいただいた。

IMG_4313

 

 

 

それとお金も
ある程度おろしておかなくちゃな。

ゲストハウス近くのATMは
お金が底を着きていた。

警備員のおっちゃんがヒラヒラと手を返す。

IMG_4298

「やる気ナッスィン」

 

 

ゴードリア へ出てお金をおろすことができた。

IMG_4299 IMG_4301

 

 

 

部屋の片隅にまとめておいた荷物を
ある程度パッキングしておく。

IMG_4318 IMG_4319

 

 

自然光が入ってくる共有スペースで
ブログの下描きなどをして、
昼寝をして僕はその日の午前中を過ごした。

こういうまったりした一日もいい。

昨日外泊したベルギーと台湾の二人も
猫の様にいつの間にか宿に戻ってきていた。

 

シタールを習いにインドにやって来た
ナカタニさんは、ドラムの巻きたばこを
上手に巻いて、ゆっくり吹かしながら
僕にこう言った。

 

「シミズくんが
一番バラナシ楽しんでたよねぇ…」

 

毎日毎日外へ出て漫画を描いて、
それでも沢山の人たちと出会ってきた。

時には何かのチャンスを
逃してしまっているんじゃないかと
不安になったが、

その一言が嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

14時に
スタッフのバダイに起こされた。

そろそろ
「サフー・ティー」
に行く時間だ。

 

「地球の歩き方」にも載っているらしい
有名な紅茶屋さんがバラナシにある。
(ガイドブック持っとらんからよくわからないけど)

四年前に相棒のまおくんも
サフー・ティーに行ったこともあり、
「是非行ってみてよ!」とオススメされので、
バダイにお店の人を呼んでもらい、
連れて行ってもらうことにしたのだ。

 

日本にいる他の仲間からは
「チャイが作りたい!」と
お願いされたこともある。

ローカルな材料でチャイを
作るなんて面白そうだ。

他の人と一緒に
サフー・ティーを目指す。

 

 

バラナシに張り巡らされた路地を抜け、
案内されたお店の中には
茶葉が詰まった袋が山積みになっていた。

IMG_4342

 

 

お店のご主人は僕たちに
アッサムの茶葉で作った
チャイを試飲させてくれた。

IMG_4331 IMG_4335

 

 

 

チャイの作り方は至って簡単だ。

IMG_4332

 

 

お店によってどんな香辛料を
入れるかに違いはあるが、基本は

水、茶葉、ミルク、その他お好みで
ジンジャーなどの香辛料の材料をぶち込んで
沸騰させて、あとは茶こしでコップに移せば完成

IMG_4339

 

 

ね、簡単でしょ?

カルダモンやシナモン、
が効いているチャイもあれば、
超絶どシンプルのチャイもある。

たぶん露店のチャイ屋は
一番安い茶葉を使っているんだろう。
そうじゃなかったら
あんなに安い値段でチャイを売れないからね。

 

サフー・ティーのご主人はやはり商売人だ。

IMG_4337

 

 

僕たちにできるだけ良い物を
買ってもらおうとセールストークをしかけてくる。

「こっちの葉はすぐに味が
落ちてしまうからダメだね。
買うんなら100g、300ルピーの
茶葉とかの方がいいよ」

 

だが、僕たち(一緒に来た二人は大学生だった)
そんなに高い物を買っても味の違いが
分からないようなヤツら。

かろうじて
最後に加えたチャイ用のマサラは美味しいと思えた。

 

「ねえ、もっとシンプルなヤツないの?
インスタントみたいに混ぜれば出来上がるヤツ」

ていうかこの質問自体、
ブランド物を扱っている
サフー・ティーではナンセンスだ。

だが僕は尋ねた。

いや、だってさ、もしかしたらいい品質の
インスタントチャイがあるかもしれないじゃん!

 

「そういうのはうちでは扱っていない」

だんだん不機嫌になってきたご主人が応える。

『ゴネてないでさっさと買えよ!』

という心の声が聞こえてきそうだ。

 

 

高い買い物をする時のコツはすぐには、
すぐには買わないことだと僕は思う。

今回のなんて仲間にお願いされた物だから、
下手に高い物を買って向こうの欲しかった物と
マッチングしなかった時のことを考え、
僕は購買決定を先延ばしすることに決めた。

IMG_4340

 

 

「種類が沢山あって
何を買ったらいいかよく分からないから、
一回友達に訊いてみるね」

僕はお店のご主人にそう言った。

二人の大学生も一体何を
お土産に買ったらいいのか分からなかったらしく、
僕と同じように何も購買しないまま
サフー・ティーを後にした。

 

お店の人からしてみたら
せっかく試飲までさせてやったのになんだよ!?
という気持ちだろう。

だけど、僕たちにも考える時間が必要なのだ。

僕は宿に戻ってさっそく仲間に連絡を取った。
各茶葉の種類と香辛料を含めた値段を伝える。

 

 

「や~、そんな高くなくていいよ。
ローカルなので大丈夫」

 

 

うん。ごめんねサフー・ティー。

 

 

 

 

 

 

宿に戻った僕は
ドミトリーにいつまでも置いてある
荷物の仕分けに取りかかった。

今泊まっているのはイヤンと僕の二人だけ。

また新しいお客さんが来る前に、
きちっと不要な荷物は片付けておかなくちゃね。

 

「これ、イヤンの?」

「いや、違うなぁ」

 

たぶん誰かが必要ない物を
ここに捨てていったのだろう。確信犯的に。

でも、宿のひと人たちしてみたら
どれが誰のかなんて分からない。

不用意に捨ててしまったら、
後で厄介な問題になりかねない。

 

整理し終わった荷物を部屋の一角にまとめて
宿のスタッフ、ユキさんに声をかけて、
荷物の処理をお願いした。

ここで持ち主に置いていかれてしまった荷物たち
(そのほとんどは衣類だ)は
「エクスチェンジ・ボックス」
に入れられることになる。

ユニクロのロンTやパンツ。
ネパールで活躍したであろう
保温性抜群のジャケット(まずインドでは使わない)、
ブランケット、

そして写真

 

現像されたネガと写真には
この前まで泊まっていた
イギリス人のマーカスがバッチし写っていた。

あんにゃろ~…
大人しそうな顔してしれっと置いてったな!

マーカスはプリーに行ってしまったとのことなので、
一応プリーにあるサンタナに連絡をとるみたいだ。

 

 

 

 

夕飯は初めて
宿の物を食べた
鳥からとトマトのパスタ。
パスタが太くてボリュームがある。

IMG_4344

 

 

昼飯を食べていなかったので
モリモリとパスタをかっこんでいたら、
あまったパスタが僕の方へとまわってきた。

もったいない。
ありがたくいただきます♪
いやぁ、お腹にたまるね。

それをモリモリ食べていたら、
横で神妙な顔つきのお姉さんが僕に言った。

 

「これー、食べます?」

う”…。
正直お腹いっぱいだ。

 

僕に期待がかけられていることは察知できた。

『コイツなら喰えるんじゃねえ?』

 

「男には女のコの期待に
応えなくちゃいけない時があるんですよ!
ごっつあんです!」

 

なんとか完食することができたのだが、
僕はその場から動けなくなってしまった。

き、気持ち悪い…。

100%のキャパシティーまで
食べちゃダメだってつくづく思う。

 

 

無駄に共有スペースでゴロゴロして休んだ後、
僕は屋上でギターを弾いた。
腹いっぱいだと声もでやしない。

 

 

その後、宿にの本棚で偶然見つけた
インドのスラムを書いたルポタージュ
「レンタルチャイルド」を一章読み、

夜中の2時までおっちゃんたちに
「宗教」の話を聞かせてもらった。

 

「ねえ、君にとって
「信じる」ってどういうこと?
「信じる」って一種の
思考停止なんじゃないかと私は思うわけ。
だから私にはそれが
どういう状態であることなのか
イマイチ分からないんだよ」

 

とか哲学じみた質問をされて僕は
『ったくめんどくせー質問だなぁ』と思いながらも、
その質問の意味を頭の中でウダウダと考えていたのだ。

 

そんな風にして僕の
バラナシでの最後の夜は終わった。
夜風が気持ちいい。

————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

いやぁ~、グダグダしたブログだったぁ~。
まったりした一日を文章にするってけっこう難しいっすわ。
テキトーに書くのもありだけどね、
できるだけ毎日分の日記は書きたいんです。

そしてジワリジワリと焦ってきました。
イランです。イラン。
その前にドバイです。ドバイ。

トランジットで一日しかいないけど。

まもなく始まる中東遍。嵐の前の静けさってヤツか…。

 

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ
旅する漫画家」もよろしくね!

★ついったー「indianlion45」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!