「確かな充実感を片手に」

世界一周351日目(6/15)

 

おしっこがコーラ色

になった僕はびっくりして
ベンチで朝を迎えたわけだが、
4回目のおしっこからは至ってノーマルカラーだった。

IMG_0585

 

 

 

ふぅ。治って良かった。

やー、血尿ね!
マジ焦ったよね!

 

 

やっぱりバックパックを背負って歩き過ぎたのだ。

締めた腰のベルトが腎臓を圧迫してうんたらんかんたら~…、

 

 

 

 

よし。
今日はオフにしよう!

オフオフ!休む日も必要だーい!

えっ?いつも休んでるって?

 

 

 

できるだけ、体に負荷をかけないように
のそのそと行動を開始した。

7時には太陽がジリジリと僕を照らしつけてきたので、
僕は木陰で30分ほどぼっとした。

近くに墓地があり、そこの水場で髪の毛を洗った。

IMG_0567

 

 

墓地の管理人さんはフレンドリーに
チャイをふるまってくれた。

弱った体。なんかそれが嬉しかった。

IMG_0570

 

 

人通りの少ないトルコ、シャンルウルファの日曜日。

売店でパンを買おうとすると、
ハーフサイズならタダで持ってけと、
お店のおじちゃんは気前がよかった。

IMG_0577 IMG_0581

 

 

近くの売店でお菓子やジュースを買い、一緒にそれを食べる。
野菜が欲しいところだけど、この時間だと
どこもやってないからしょうがない。

IMG_0579 IMG_0582

て、テクノカット!

 

 

 

 

9時半に昨日のショッピングモールへと向かった。

IMG_0517 IMG_0519 IMG_0520

す、スケートリンクがある…。

 

 

ここでも開店は10時からのようだ。

入り口でフリーのWi-Fiを使ってブログを読んだりする。

こんなばかデカい荷物もって何の様だ?セキュリティは僕を訝しむ。

IMG_0596

 

 

いやいや。カフェに行こうと思ってるんですよ。
そう言うと、カフェは早めにオープンしていると僕に教えてくれた。

ありがたい。

IMG_0595

 

 

 

電源の確保できる席を見つけ、バックパックをおろす。

5リラ(238yen)のカプチーノを注文して
Wi-Fiのパスコードを訊きだすと僕は席に着いた。

汗が引くまで僕はテーブルでカプチーノをすすりながら
のんびりとiPhoneの画面を親指でなぞる。

今日の目的は体を休めることなんだ。

何もしない罪悪感に教われる必要は無い。

IMG_0591

 

 

 

キャンプ生活だとどうしても日記が書きたまってしまう。

ずっと一日中外にいるわけだし、日記に書く量も多い。
ここらでしっかり書いておこう。

 

 

一本日記を書くと、
僕はまた新しいことにチャレンジしてみることにした。

キャンプ生活をしながら漫画がかけるのかということだ。

漫画を描くためには同じ場所に何日か滞在したい。

ころころ作業環境が代わるの嫌だけど、
これからはそんな状況でもガシガシ描いていけるようにならないと。

バックパックから圧縮袋に詰まった衣類をテキパキと出し、
原稿用紙を取り出す。

 

 

原稿用紙の周りに1センチずつ枠を引く。
一番下の外枠だけは4センチの感覚だ。

特に漫画を描くのに決まりはないけど、
これは漫画を描き始める儀式のようなものだ。

3枚フレームを描くと、僕は原稿用紙の裏にアイデアをまとめ始めた。

ネットで調べた画像をスケッチして、軽く絵を描く準備運動する。

今回はどんな話にしようか?

 

 

 

話がまとまると僕はコマ割を始めた。

今描いているのは自分の修行みたいなもんだから、
誰かに依頼されて描くとか、ネームをチェックしてもらうだとか
そんな必要が全くない。

話の全体像しかできてない状況でコマ割から始め、
それにストーリーを割り当てて行くのだ。
ちょっと変則的な漫画の描き方だと思う。

そんな風にして、僕はB4版の商業用の原稿用紙に
漫画の下書きをし始めた。

期間が空くと腕がなまるのは仕方の無いこと。

スピードもまだまだ遅いが、近頃意識してるのは
「何もせずにグダグダしている時間」を減らすこと。

例えばFacebookを眺めている時間を減らすとか。

 

 

 

 

 

 

トルコのカフェで

漫画を描いているアジア人を、
やはりスタッフさんは気になるようだ。

マネージャーさんは僕に自分の似顔絵をリクエストしてきた。
僕もテーブルを使わせてもらっている身なので、心よく応じる。

名刺に使っているのは無印良品のメッセージカードだ。
僕はそれに下書きなしでステッドラーの0.4のペンで絵を描いていく。

似顔絵が似ないのはいつものことだが、
マネージャーさんはたいそうよろこんでくれた。

いいコミュニケーションツールだ。

IMG_0606 IMG_0605

ちょっと顔の形意識し過ぎたね。

 

 

 

「どうだ?チャイはいるかい?」

「あ、へえ。ありがとうございやす」

 

 

と、ここまではいつもの流れだったのだが、
ここのカフェが驚くほど僕に気を遣ってくれる。

最初のカプチーノ以外に
僕は5杯以上チャイをごちそうになった。

お金を払おうとすると受け取ろうとしない。

 

 

って
どうなってるんぁぁあああ~~~~!!!

IMG_0607

食べ物までごちそうしてもらったよ!

 

 

この日はオーラスを飾る勢いで
9時半から23時までカフェにお世話になった。

日記も書いたし、一応下描きも完成した。

カフェでオープン・ラストさえできれば漫画描けるぞ!

IMG_0620 IMG_0621

 

 

 

 

 

確かな充実感を片手に

今日の寝床に選んだのは丘の上の公園。

IMG_0625

 

 

12時を過ぎても大人たちはレジャーシートを敷いて車座を作り、
その近くで子供たちが遊んでいる。
公園内はどこもかしこも電灯が明るく輝いていた。

一体何時まで起きてるんだよ…。

半ば飽きれながらも芝生の上に寝転んだ。
草の上に寝転ぶことがこんなに気持ちがいいだなんてな…。

彼らの側じゃ気になって眠れなかったので、
公園の端でブルーシートを敷いて寝袋に入った。

公園の端は若者たちが黄昏れるスペースで夜遅くまで彼らの声がした。

彼らがどこかへ行ってしまって、ようやく眠れるという時に
公園の管理人が僕を見つけた。

別に隠れてたわけじゃないけどね。

 

 

「ここで寝てはダメだ」

 

 

うへぇ…マジですかい…。

すごすごとその場を後にし、目をつけていた別の芝生へと歩いた。

深夜1時をまわったというのに、公園ではスプリンクラーがまわっている。

けっこうリッチな街なんだなシャンルウルファって街は。

誰も来なさそうな芝生にブルーシートを広げ、再び僕は横になった。

シャンルウルファの街に灯りは絶えない。

IMG_0623

——————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

マジ血尿びびりますよ。
バクマンにも平丸さんがそんなことを言うセリフあったな~。
「あれ、違う病気に思われそうで怖い」って。

てか漫画家もきっと血尿になる人がいるんでしょうね?どうしてだろう?

バナーをポチしてページの読み込み完了するとポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家」も!

★Twitter「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!