「立ちションと野宿の関係性と重要性を僕は説きたい!」

世界一周414日目(8/16)

 

僕の他にも

ベンチで寝ているおっちゃんがいた。

IMG_3758

 

 

 

寝袋から這い出て、

『あ、眠い。もっかい寝よ』

と二度寝をかまそうとしたら、
スタッフに「そろそろ起きなきゃダメだよ」
と起こされた。

まぁ、そんなもんだ。

 

 

ここはモンテネグロの首都、
ポドゴリツァのバスターミナル(宿泊二日目!)

 

 

そして次の目的地はセルビアだ。

とりあえずセルビア側の一番近い
国境の町までチケットを前日に買っておいた。
17ドルくらい。

イタリアなんぞに比べれば全然高くない。

IMG_3759

 

 

 

自分の中でヨーロッパの国の物価や
人や環境なんかを考える時、
イタリアと比較対象することが多くなった。

イタリアに対する僕の持つ感想。

 

 

・主要都市はだいたい観光地

・バスキングが稼げない
(実力不足ってのもあるけど)

・メシが高い

・交通費が高い

・人が冷たい(特にヒッチハイク)

 

 

や、イタリアには良い思いでも沢山あるんだよ。

ヤッケン兄さんや
伝説のバスカーKさんにも会えたし、
イタリア人の友達もできたさ。

素敵な人たちにずいぶんとよくしてもらった。

でも、それ以上に
やられっぱなしの印象が僕の中にはある。

電車のタダ乗りもすぐバレたし。

稼いだスイス・フランの50ドル分は
手数料でもってかれるし。

たぶん、これからもこの比較基準は
僕の中に残り続けることだろう。

 

 

 

 

バスターミナルの外にあるトイレで用を足し、
これからバスに乗るというのに、
自動販売機で1ユーロのコーヒーを2杯も飲んだ。

そして10時になると
やって来たバスに僕は乗り込んだのだ。

モンテネグロ。たった二日しかいなかったな。

IMG_3765

 

 

 

 

 

 

 

バスは
あっという間に
首都を離れた。

IMG_3766

 

 

というかもともと
ここは首都っぽくなかったから、
回りの環境が一気に自然豊かになったのだ。

 

 

『モンテネグロには
何があるのだろう?』

 

 

たぶん、日本にいる人たちは
みんなそう思うことだろう。

実際僕も2つの町だけじゃなにも分からなかった。

 

 

 

だが、僕は思う。

一番モンテネグロが楽しめるのは
長距離バスから見える景色

ではないかということを。

IMG_3774

 

 

 

むき出した、何層にもなる岩の切れ目をバスは走る。

時折、ポツポツと
人が住むようなのどかな風景もあれば、

まるでアトラクションのように
岩をくり抜いたトンネルを抜ける。

IMG_3767

 

 

 

トンネルには電灯がついていなかった。

だからトンネルの内部は真っ暗だ。

たぶん、運転席からはヘッドライトの光で
道がどう続いているかが分かるのだろうが、

バスの横側しか見えていない僕にとっては
けっこうスリルがあった。

対向車がバスとギリギリの
距離ですれ違ったりすることもある。

こういうアトラクションだと思えば楽しいよ。

オススメです。

 

 

 

 

 

バスの中では音楽も聴かずに
ずっと考えごとをしていた。

なんとなくセルビアを
5日くらいで回ろうかと考えていた。

 

 

ヒッチハイクもしやすい国らしい。

2012年くらいのどっかの大学生のブログで、
3分くらいでヒッチハイクを成功させた
動画を見たことがある。

 

 

だが、僕にそんな時間があるのだろうか?

 

 

てか、9月初めまでに
ベルリン行ってなきゃいけないのに、
このままゆっくりしてたら
行きたかったチェコに滞在する時間も
なくなってしまう。

それにセルビアで野宿するのって
なんだかヤバそうだ。

自転車旅している人からしてみたら
野宿天国らしいけどね。

 

 

 

 

 

そんなさなか、
バスが煙を上げて道の脇に停車した。

顔を見合わせる乗客たち。僕の思考も止まる。

 

 

どうやらバスが故障したみたいだ。

IMG_3777

 

 

 

なぁに、すぐに直るだろうと、
一眠りから目覚めても、
バスはさっきの場所から全く動いていなかった。

IMG_3776

 

 

 

 

バスを降り、コチコチになった体をのばす。

15mくらい離れた茂みに立ちションする。

ちゃんと自分のおちんちんを
水で洗うことも忘れない。

 

 

や、尿ってさ、酸性だと思うんだよね。

ちょっと待て!
え?ちんこって洗わない?

もしくは紙でおしっこぬぐわない?

IMG_3775

 

 

 

前々からこのトピックについては
書こうかどうか迷った。

 

 

 

 

 

 

そうだな。どこから話そうか?

最初に残尿について考えるようになったのは
小学校の時だったと思う。

みんなが同じ様な白いブリーフを穿いていた時代。

穿きこんだブリーフはどんどんと股間の部分が
黄色くなっていかなかっただろうか?

ちゃんとおしっこした後、
ちんちんを「ピッピ!」と
水(尿)切りしているのにもかかわらずだ。

小学生の時に見た、うちの親父の
白ブリーフの股間も
若干黄色がかっていたのを覚えている。

 

 

何が言いたいのかと言うと、
ちんちんの先端をピッピ!と振っても
(これを”ション切り”と呼ぼう。今考えた)
100%おしっこは切れていないということだ。

 

 

汚い話で恐縮だが、こんな話をする機会は
もう二度とないかもしれないので書いておこうと思う。

 

 

僕はどうにか100%の”ション切り”
できないものかと色々と思考錯誤してきた。

自宅のトイレにいる時は
トイレットペーパーでおしっこをぬぐい、
周りにトイレットペーパーの
ないような状況(駅のトイレなんか)では
人差し指と中指でチューブの絵の具を
出し切るように、おしっこを切った。

IMG_3778

 

 

 

 

ここで“ション切り”の重要性について解きたい。

これは実は野宿とも切り離せないことなんだ。

 

おしっことはもともと体の内部にあったものだ。

多少体にくっついていても
問題はないのではないか?

そう思わなくもない。

眉唾ものだが「飲尿法」という健康法もあるらしい。

 

 

だが、僕の経験から言わせてもらえば、
おしっこはできるだけ切るに越したことはないのだ。

 

 

旅を始めて以前程に
“ション切り”がままならなくなると、
だんだん違和感を覚えるようになってきた。

ネパールなんかで二日間シャワーを
浴びない時なんかは、

それは”あせも”みたいな
ピリピリした不快感を僕に与えた。

 

 

最初にも行った用に尿は酸性だ。

もっと言うなら”弱”酸性。

野宿をする僕にしてみたら、
おしっこをした後はちんちんは
洗った方がいいのだ。手を洗うみたいにね。

そりゃペットボトルの水は
もったいないように感じるけどね。

ヨーロッパではどこかしらで水を補給できるので、
水不足に困ることはあまりない。

 

 

 

ちなみに、僕がおしっこの後に
ちんちんを洗うことを意識し始めたのは
インドを旅した時だった。

隣りで放尿してたおっちゃんが、
毎日やっているように慣れた手つきで
自分のちんこを洗っているのを見て、
『ああ、なるほどな』と妙に納得したのだ。

 

 

 

宿に泊まらない旅をして来て、
臭うポジションが”股”と”足”だと思う。

夏のヨーロッパはもちろん暑い場合もあるが、
日本の夏に比べて湿気も少ないし、
汗が臭うことはあまりない。
Tシャツも着っぱなしでもそこまで臭わないしね。

 

 

なんせ下着を取り替える
タイミングがあまりないのだ。

まぁ、トイレに下着を持っていって
着替えれば済むだけの話なんだけど。

考えたんだけど、股って
ずっと蒸れてるんじゃないかな?乾くヒマがない。

 

 

人間の体の汚れはお風呂に入れば
80%はお湯で落とせるそうだ。

つまり、
ちょっとお股のお手入れをしてあげれば
君の野宿ライフも快適になること間違いないだろう。

そういうことだ。

IMG_3700

 

 

 

 

 

 

 

 

やばいな…

 

これで論文書けるんじゃないかな?

タイトルは

「野宿とション切りの関係性について」

ノーベル化学賞も夢じゃない。

 

 

僕の頭の中はだいたい
そんなことが議題に上がっている。

 

モンテネグロの山道に止まった故障バスは、
車の整備しらしきおっちゃんの
手によって無事に動き出した。

 

 

そして、30後に
もう一度エンジントラブルを起こした。

おいっ!

 

 

運転手と添乗員のおっちゃんがいじったあと、
なんとかバスは動き出し、5分も経たずにストップ。

乗客たちはみんなうんざりしたような顔になっていた。

結局、後からやってきた同じ行き先の
バスに乗客たちは移動させられることになった。

IMG_3779

 

 

 

 

 

 

 

セルビアの入国もあっという間だった。

IMG_3782 IMG_3783

 

 

 

中に国境のスタッフが入って来て、
乗客のパスポートやIDカードを回収して、
スタンプを押しておしまい。

国は変わっても町はのどかなカントリーサイド。

僕はこれでヒッチハイクなんか
できるのかなぁというのと、
ここはガンガン飛ばすべきなんじゃないか
という考えに変わっていった。

 

 

バスの添乗員のおっちゃんに言って、
行き先をセルビアの首都ベオグラードまで代えてもらう。

追加の12ユーロ(1,652yen)を支払った。

モンテネグロからだとトータルで37ドルくらい。

昨日のバスキングのお金でまかなえた。

IMG_3793

 

 

 

 

 

 

バスの故障もあり、
ベオグラードに着いたのは23時前だった。

近くの公園からは野外ライブの音が聞こえて来た。

夜遅くの時間になっても、みんなが出歩いている。

IMG_3794

 

 

 

僕はひとまず巻きたばこを一本巻くと、それに火をつけた。

タバコをすい終わると、
隣りのバスターミナルにWi-Fiにありつきに向かった。

IMG_3806

 

 

 

行きたい場所はわかっている。

明日も移動だ。オン・ザ・ロード。

 

 

そしてバスターミナルのカフェの裏に
ブルーシートを敷くと僕は寝袋に入った。

—————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

こういうくだらない話も必要っしょー?え?書くネタがないって?

そんな!僕の頭の中にはいつも似た様な話が
あと100個くらいありますよ。

えっと、そうだなー、じゃああの話にしよう!

あー、ちょっと、待って!みんな行かないで!

その前にバナーポチしていってください。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ブログのリアルタイムとはラグができちゃいましたけど、
「Biography」にコメントくださった
AKIRAさんありがとうございました。

自分でもう一度読み直して、
自分が前に進めているんだっていう実感が持てました。

 

★雑貨買い漁ってます。
タイトルとは違うこともやってるよーん♪
旅する漫画家」Facebookページっす。

★Twitterもね「Indianlion45」

 

 

今日も読んでくれてありがとう。

8 件のコメント

  • 17~8世紀の貴族の女性達でも、入浴は週に1回だから必然的に香水が流行したそうですよ、シミ君もオーデコロンでも付けて見たら、後は衣類はちゃんとリンスしないと、知らない内に匂いますよ。

    • >JOSANさん

      最近、検索するワードは
      「体臭 改善法」とかです笑。

      入浴法もありますが、食生活が変わったことが
      根本的な原因だと思っています。

      ですが衣類にリンスとは初めて聞きました。

  • いやーしょーもないこと過ぎて好きでした。
    その自分のなかで譲れないとこと?みたいのありますよね。

    自分はシャワー浴びたあとに下の毛が湿っているのが嫌でドライヤーしたいんですけどそんなの無いから仕方ねぇ剃るか…って

    俺もチンドラ(チンチンドライヤー)の論文書こうかな。

    また読みにきますね!

    • >えぬけーgさん

      「チンドラ」て(笑)‼︎

      いやー、共感していただいて
      嬉しいっすわー♪

      引いた人の数のほうが
      多かったと思いますけどね。

      でもですよ。

      インドでお会いした
      サイクリストの方は
      全剃りらしいっすよ。

      なんか雑菌が繁殖するとかしないとか笑。

  • タイに居るホームレスは酢の匂いがします、せめて2日に1度は、温水シャワーを。(笑)

    • >JOSANさん

      わかりました!

      旅で変わった食生活に加え、
      野宿が原因みたいです。

      体洗っても、臭うらしいです。

      つまりー、
      体臭ってことですかね?

      地味に落ち込んでます笑

    • >そらさん

      ちょっと…
      手遅れかもです…

      まー、
      しゃーないです。

      ヨーロッパ旅も
      一生続くわけじゃない。

      けどー。

      あれ、なんだか目から
      塩水がー…

      やー、
      にしても、なんで
      ホームレスの臭いするんすかね⁇

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!