「ちょっ!お父さん!何教えてるんですか!!!?」

世界一周482日目(10/23)

 

 

意外と
ロンドンって
野宿しやすいのかもしれないなぁ。

IMG_8406

 

 

 

イギリスにやって来る前は

『こんなところで
野宿なんてできるのか?!!』

とビビっていたが、いざ野宿してみると
むしろ快適だったように思える。

 

 

 

 

 

寒くさえ
なかったね…。

IMG_8404

 

 

いや、この寒さだから、
外に人があまり出歩かなくなって
むしろ安全ってことなのか??!!

 

 

 

いずれにせよ選んだ公園もよかった。

テムズ川のほとりで野宿とかしてたら
ホームレスに絡まれたかもしれない。

「治安が悪い」だなんて、
けっこうギスギスした場所なのかな?
と思っていたのだが、
全然そんなことはなかった。

 

 

日本と比べたらみんな表情が
にこやかな気もした。

停滞する日本に比べて、
イギリスはロンドンオリンピックもあったし、
人口も増えているようだ。

そろそろ日本の人口と
バッティングするとかしないとか。
もうしたのかな?

 

 

 

 

ロンドン最終日。
今日の21時のバスで僕はここを経つ。

リベンジをしようと思う。

IMG_8413

 

 

 

どこに?

IMG_8407

 

 

 

 

 

図書館に。

 

 

 

昨日フル装備(バックパック、サブバッグ、ギター)
乗り込んだら、
入り口で止められた先日。

あの宣伝用の絵が描かれた
「Terror and Wonder」展に
どうして行きたかった。

 

 

中にどんなものが
展示されているのかは分からない。

昨日、チャイナタウンにバスキングする前に、
ここでギターの元を交換したんだけど、

たまたま近くで見学を終えた生徒たちが
はしゃいでいたので、そのうちの
クリンクリン頭の無愛想なガキの一人に
エキシビションはどうだったのかと訊いてみた。

ちょっと彼は
「まぁよかったよ?」と言っていた。

アイツちょっと生意気そうだったもな。
そんな彼が「よかった」と言うのだ。
けっこうな内容に違いない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩いて図書館まで向かった。

今日はキングクロス駅まで行かずに
その手前のユーストン駅に
荷物を預けて行くことにした。

IMG_8415

僕がいっつも買ってるクッキー。
お分かりだろうか?一枚多く入ってた!
クッキーに対する愛が伝わったんだな!

IMG_8416

野菜も摂取!
栄養補給もばっちしだ!

 

 

 

3時間未満までは6ポンド。

24時間以上だったら5ポンドという
よくわからないシステムだ。
預けっぱなしの方が安いの?

まぁ、ここで荷物を預けないことには
エキシビションには行けない。
ここは素直にお金を払うことにした。

 

 

だが、この値段は荷物ひとつにつき。

や、だってふたつで
12ポンド(2,084yen)ですよ??!!

んなもん払ってられないよ!

 

 

ギターは持ち込むことができるだろうと踏んで、
預けるのはバックパックだけにしておいた。

 

 

 

 

ユーストン駅ではWi-Fiにありつくことができた。

IMG_8419

 

 

 

駅のベンチに座ってiPhoneをいじっていると、
隣りに日本人のご家族がやって来た。

お母さんは小学生くらいの二人の兄弟の面倒を
お父さんに任せてどこかに行ってしまった。

兄弟は日本語でペチャクチャとお喋りしている。

 

 

「ねえ知ってる?万(まん)って
千より大きいんだよぉ~」

 

 

お兄ちゃんは覚えたてのことを
弟に自慢していた。

 

 

「だから千個よりも
一万個の方が多いんだぁ。
百万個、千万個、
まんこまんこまんこぉ~~~♪」

 

 

 

 

ちょっ!
お父さん!!!

僕はもう隣りの席で笑いを
こらえるのに必死だったよ!
それともただのマセガキかっっっ??!!

 

 

 

 

 

 

 

サブバッグとギターを持って
エキシビションに乗り込んだ。

IMG_8420

 

 

 

「すいませんね。お兄さん、
ギターは持ち込みできません」

 

 

はぁっっっ!!!???

 

 

「いや、ちょっと待って下さい!
ギターですよ。ほらギター!
なんでこれを持ち込んじゃ行けないんですか!」

「いや、見せられても困ります。
ほら、私たちは次の人の荷物を
チェックしなくちゃならないんで
どいたどいた」

「や、だって、え~~~~…
そんなのってあり?」

 

 

昨日とは違うスタッフが荷物の
チェックをしていたが、言うことは同じ。
「キングクロス駅で預けてこい」だ。

だから、なんで図書館で
荷物の預かりとかできねえんだよ?

受付とかにほんの一時間ばかし
預かってくれていればいいのに…。
ぐぬぬぬぬ…。

 

 

考えろ、
考えるんだ。

ここまで来ておいて
エキシビションを見ずに帰って
たまるかってんだ!

だが、また6ポンドも払って
ギターを預けるのは嫌だ!

ぜったいに払いたくない!

こうなったらー…

 

 

 

 

 

 

僕はギターを隠せる場所を探した。

茂みの中に放り込もうかとも考えたけど、
誰かに見つかって持って行かれたら間抜けすぎる。

いい隠し場所はないかと
図書館の自転車に入ってみた。

IMG_8423

 

 

人気の無いひっそりとした自転車置き場。

こんな都会にある図書館には
地元の人はそこまでこないのかもなぁ。

 

 

 

これでよし!

IMG_8422

 

 

 

柱の裏側で限りなく見えにくい部分に
ギターを立てかけて、
鉄柵と南京錠を上手いこと結びつけた。

これでギターが盗まれる場合は、
犯人が挟みを持っていた場合のみ。

そんなヤツがいないことを祈ろう!

IMG_8421

 

 

 

「荷物はどうしたんだ?」

「あぁ、うん。
キングクロス駅で預けてきたよ」

 

 

 

これで文句なかんべえ。

ロンドンの図書館も
かなりグレードの高い図書館だった。

カフェではノートパソコンを
広げた人たちだらけだった。

えっと、エキシビションは
どこで見られるんだろう?

 

 

図書館の壁には外で見た宣伝用の絵が
プリントされたスクリーンが
どどーんと張られている。

IMG_8424

 

 

 

 

10ポンド(1,734yen)のチケットを買って、
僕は念願だったエキシビションに行くことができたのだ。

 

 

だが、このままテンションは下がって行く。

 

 

 

やー、あれは完璧に
「釣り」
ですね。

外で見た宣伝用の絵がよかったから、
このエキシビションに期待してきたものの、
中にあったのはゴシック・カルトの
歴史の編纂みたいなもの。

モンスターや幽霊、
ドラキュラが出てくるような古城のイメージは
どこが起源だとか、
大昔に書かれたホラー系の挿絵だとか。

展示されていたのは
何百年も前のものだったり、
映画が白黒だった時代に描かれた
カラー広告とかそんなん。

一番面白かったのは、
「ウォレスとグルミット」のウォレスが
満月の晩に巨大なウサギに変身してしまう
ムービーくらいだったかな。

あんなに期待してたのに、
ハードルを上げ過ぎたよ。
あの絵は誰が描いたんだろう?

IMG_8435

 

 

 

 

 

 

 

6ポンド払って
バックパックを回収した僕は
そのままバスキングへと向かうことにした。

IMG_8444

あー、ONE PIECEが好きなんですね。人目で分かります!

 

 

 

手持ちのお金はすっかり底をついてしまった。

イギリスに入って
合計140ポンド(24,343yen)おろしたんだよな。

スコットランドも合わせて17日間かー。

それのほとんどが食費だったな笑。

 

 

バスに持ち込む食糧も買っておきたいし、
今はテンションを上げるために唄っておきたい。

だが、昨日の場所で唄い始めると、
「今日はここでやってくれるな」と
いきなりストップがかけられてしまった。

 

 

たぶん日替わりでバスカーや、
パフォーマンスする人が変わって行くんだと思う。

今日はマイクを持った
マジックみたいなのが近くで行われていた。
他のヤツが出す音は邪魔なんだろう。

どこか他の場所で唄えないものかと、
マーケット周辺を探した。

 

 

モレスキン・ノートのショップを発見した僕は
節約するはずが、11ポンド(1,910yen)の
手帳サイズのノートをお買い上げ♪

いやさ、ノートのストックがないと不安なんだよね。

 

 

 

 

 

結局最後のバスキングは
マーケットの外の通りだった。

IMG_8449

 

 

日本人の女のコたちが
「頑張ってくださいね~!」と
コインをパラパラ入れてくれたのが嬉しかった。

しばらくしてスーツを着たイギリス兄さんが
申し訳なさそうに言った。

 

 

「ごめん、
僕たちミーティングしてるんだよ?
ほら、あのー、わかるだろう?」

 

 

す、すいませんっっっ!

 

 

これでもかなり声量落として
唄ってたんですけど、ノってくるとつい…!!!

お兄さんに対してできるだけ
申し訳なさそうな表情を作り、
「ソーリー」と言ってすみやかに退散した。

 

 

まぁ、それでも1時間もやらないで
8ポンド(1,389yen)が手に入った。

モレスキンが3ポンドで手に入ったことになるな笑。

IMG_8451

 

 

 

 

 

 

そのままビッグベンを見て
僕のイギリス観光は終了した。

IMG_8471 IMG_8463

 

 

 

目の前でお札を落としたお兄さんを
発見したので、そっこーで届けた。

「ヘ~イ!お兄さん!落としましたヨ!」

と軽くテンション上げて声をかけたのだが、
「だ、誰??てかこの金おれの?」ってなってた。

そりゃそうか。

 

 

あまった小銭は路上でペイントをしている
ホームレスとシェアして、
その代わりに写真を撮らせてもらった。

IMG_8487 IMG_8482

 

 

 

 

 

 

 

 

バスまでの
一時間はスターバックスでアメリカーノの
グランデサイズをすすりながらWi-Fiにつなぐ。

お店のお兄さんはポーランド出身で
日本人の彼女がいるとかいう人だった。

「コンニチワ~!アリガト~♪」
など、知っている日本語のワードで
僕に話かけてきてくれた。

 

 

よく日本語でも「ありがと~」とか
言っちゃうんだよね。だから、
向こうがちょっとでも日本語を知ってたりすると、
話しかけてくれる場合がある。

こっちも半ば無意識に
「ありがとう」って言っちゃってるから、
向こうから「日本人でしょ?」って言われると
「どうして分かったんだ!」って
びっくりするんだけどね。

 

 

 

余ったコインで食糧を買い込み、
バスターミナルのトイレで30ペンス払い、
頭だけ洗っておいた。

IMG_8488 IMG_8491

 

 

次の目的地はオランダ、アムステルダム

 

 

 

 

 

バスにはUSBの充電ポートがついており、
iPhoneの携帯バッテリーを充電するのに役に立った。

バスには僕と同い年か
それより年下の若い子たちが沢山乗っている。

 

 

 

 

隣りと後ろに座っていたのは
アメリカ人のヤツだった。

後からバスに入って来たので
座席が前と後ろに別れてしまったようだ。

 

 

欧米人って初対面でもフレンドリーだよね。

聞こえて来た会話の感じでは
後ろの二人は初対面なのに、
ペチャクチャペチャクチャよぉ!

うっせ!

 

 

なんであんなに喋れるんだろう?

てか最近また英語が聞き取れなくなってきたわ。

なんつってんの?それ英語?って感じ。

 

 

イヤホンを耳につっこみ、Caravanの曲を流す。

これでロンドンともお別れ。

 

 

 

あぁ、なんだか久しぶりにCaravan聴いたな。
やっぱ彼の音楽は旅にぴったしだ。

ロンドンのネオンが
前から後ろへとどんどん通り過ぎていった。

IMG_8476

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

物価高かったけどね。テーマがあった分、
イギリスを楽しめました。
それにしてもけっこう野宿できるもんだな。

ただし、僕の意見を参考にして
野宿されて何かあった場合でも、
僕は一切の責任を負いませんからね!

や、イギリスで野宿なんてしねーか笑。

今日も読んでくれてありがとさん♪

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」

4 件のコメント

  • 私はゴッホが大好きで学生の時に2年間アルバイトして、彼のミュージアムのオープンの翌年に、アムスに行きました。
    欧州は素敵な美術館が多くて、2ヶ月間でも全然廻り切れませんでした、1ドルも300円の時代でマジで私の旅は、貧乏旅行でしたね~。(笑)

    • >JOSANさん

      1ドルが300円の時代って、
      日本の景気がよかった時ですよね?

      当時多くの学生が貧乏バックパッカーを
      やったとかやらなかったとか。

      確かにヨーロッパは美術館が多過ぎて、
      通り過ぎた後に、
      『あ!見逃した!』
      って気づくことが多いですね。
      それにお金もかかります…。

      レンブラントの夜景、
      見たかったなぁ…。(ボソっ)

      • 私はこの欧州旅行の年の春に、大学を出て就職しました、その翌年にはなんとお給料が、3割も上がりましたよ!、日本が高度成長の真最中の頃でしたね。
        でも当時の初任給の8カ月分のお金が、この2ヶ月間の欧州旅行で、綺麗に消えました~。(涙)

        • >JOSANさん

          なんだか「給料が上がる」って
          けっこうモチベーションになりますよね。

          僕も串焼き屋さんでのバイト時代、
          店長に「時給上げといたから。頑張れよ」
          って言ってもらえて
          嬉しかった反面、

          『おれなんかがそんな金もらって
          いいのだろうか?』

          と賃金に見合った働きが出来ているのか
          考えてました。

          それより、8ヶ月分のお給料を
          2ヶ月の欧州旅行につぎ込むその心意気!
          JOSANさんのお金の使い方
          素敵だと思います!!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です