「ブーツを修理しに行こう!」

世界一周728日目(6/27)

 

 

宿に

泊まるうえで何が一番いいかと言えば、
安心感が得られることではないだろうか

ここにはシャワーもWi-Fiもある。
全裸でいても誰も文句は言わない。
もう夜中に物音で目を覚ますこともないし、
清掃員に叩き起こされないように
朝早く起きる必要もない。

 

 

ああ!
素晴らしき宿!

yado

 

 

住む場所があるということの有り難さをかみしめる。

ここはメキシコ、エンセナダ

泊まっている宿は「ホテル・リオ」。
一泊160ペソ(1,249yen)。

メキシコの宿代はそこまで安くはないようだ。

 

 

 

 

 

カーテンの隙間から外の明かりが差し込んできた。
時刻を確認すると11時。

ぐっすりと眠ることはなんて贅沢なんだろう?
僕はそう思った。

 

 

 

 

パタゴニアで新しく買ったショートパンツに履き替えて
僕は近くをブラブラしてみることにした。

近くのバーから大音量で音楽が垂れ流されていた。
マリアッチのおっちゃんたちの顔はどこか疲れたそうな顔をしていた。

バーやスナックでオールした時の少しやつれた顔だ。
バイト時代、店長に連れられて朝方まで飲んだこともある。
そんな日本での記憶を思い出した。

IMG_6044

 

 

 

歩いてみると思ったのだが、
メキシコは発展途上国といえども
あからさまに何もないわけではないということだった。

ここがアメリカに近い観光地ということもあるのだろうが、
どこにでも「◯××◯(オクソ)」と呼ばれる
コンビニエンス・ストアがあるのだ

もちろん地元の人たちが利用する様なスーパーだってある。

そこでパンやリンゴ、バナナなどを買い、
コンビニでコーヒーを買った。200円ちょっと。

野菜などは意外に安い印象だ。

IMG_6046

そのサイズ感!

 

 

 

宿に戻ると僕はパソコンを広げて、
ブログをアップしたり日記を書いて時間を過ごした。

ここにはアメリカで利用したマクドナルドや
スターバックスがどこにでもあるわけではないが、
作業場となる場所があるというのはとても気持ちがいいものだった。

やることはいつもと変わらないけどこんな日もいいだろう♪
今日はオフ!オフ!

 

 

まぁ、
「エブリデー・オフ」
みたいな感じだけどね☆

IMG_6051

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな風

にして時間を過ごしていると
修理に出したブーツの受け取りの時間が迫っていた。

一体ブーツはどんな風になって戻ってくるのだろうか?

IMG_6053

 

 

 

日は昇り、外は見るからに暑そうだった。

洗濯したばかりのTシャツとジーンズを
濡れたままで見に付け、僕は外に出た。

 

余談だけど、ジーンズは濡れたままで穿くとすぐに破けます。
クラッシュデニムが好きな人はそうすればいいし、
大切に使いたい人はちゃんと乾かした方がいいでしょう。

ってなんの情報なんだか。

 

ま、お気に入りのnudie jeansの膝にばっちし穴が空いたって話。
僕は膝に空いた穴は許せるのです。変な美学でしょう?

IMG_6060 IMG_6061

巨大剣玉。

 

 

 

 

受け取り時間ぴったしに僕が修理屋に行くと、
ブーツにはまだソールが取り付けられていない状態だった。

時間にゆるいのがメキシコっぽいなぁと僕は思った。

僕はブーツの修理の現場を見学させてもらうことにした。

 

 

狭い部屋に工具やパーツが沢山並べられていた。
職人のおっちゃんがニコニコしながらブーツを直すところを見せてくれる。
修理の行程を見ていると僕はワクワクして思わず顔がニヤけた。

iPhoneにダウンロードしておいた翻訳アプリを駆使して、
たどたどしいスペイン語でおっちゃんと会話した。
二年旅をしているとか、どこでこのブーツを買っただとかそんなだ。

 

 

このブーツはスペインのバルセロナにある
nudie jeansのコンセプト・ストアで買ったものだ

 

 

履けば履くほどに、このブーツが旅向きではないことが分かった。

だが、ブーツを履いて旅をすることに憧れがあった僕は
ほぼ毎日このブーツを履いてきていた。

色もかなりいい感じになっている。

履き始めてまだ9ヶ月そこらしか経っていないが、
このブーツを履いていろんな国に行った。

モロッコ、アフリカ縦断、カナダ、アメリカの旅。
そしてこれから中南米の旅が待っている。

 

 

 

 

「ブーツのいいところは
ソールが擦れても交換できるところだ」

そう相棒が教えてくれた。

僕は一体どうやってソールが交換されるのかが気になった。

店によって違うのかもしれないが、
ここではすり減ったソールを可能な限り剃り落とし、
新しいソールを貼付けるようにして修理していた。


IMG_6024 IMG_6025

あ〜〜〜、このソールお気に入りだったのに..。

 

 

 

ブーツ用の接着剤で固定し、数カ所を釘で打ち付ける。

電動ヤスリのようなものできれいに形を整えれば、完成だ。

ソール以外にも中の破けた部分に新しくパッチを当ててもらった。

これで修理費が2300円だなんて安い!

IMG_6067

 

 

 

修理が終ったブーツをすぐに履いてみたのだが、
新しくパッチを当てたせいで、
また足が当たるようになってしまっていた。

僕はジェスチャーでどうにかならないか?と尋ねると
おっちゃんっは拷問器具のような道具でブーツの横幅を広げてくれた。

おっちゃんにお礼を言い、
お礼にコンビニで買ったクッキーを渡して修理屋を後にした。

ソールが新しいものに変わったので歩く時に少し違和感を感じるが、
それも歩いていれば直るだろう。

(また地獄の靴あたりの日々が始まるのだということは
薄々分かっていたけど…)

 

 

 

 

 

宿に戻り、20時まで昼寝をした。

コンビニでアメリカーノのグランデサイズを買って机に向かう。

僕は旅の計画をあまり立てない。
一体この国でどんな旅をすることができるのだろうか?

 

 

ヒッチハイクができるとも聞いていたので、
「メキシコ ヒッチハイク」などとキーワードを打ち込み検索をかける。

見つけたのは以前世界一周の旅をしたいた
「世界のどこかで会いましたよね?」という男の子のブログだった。
あぁ、これランキングでタイトルだけ見かけたことがあったな。

そこにはかなりキツそうなヒッチハイクが書かれていた。

風呂なんてもちろん入れないし、車だって捕まらない。

彼は非常に硬派な旅をしていたが、
残念なことにどこかの町で盗難に遭っていた。
電子機器と荷物のほとんどを盗まれた回の日記は
読んでいてかなり精神的にまいっていたんだろうな
ということが分かった。

僕もチェコでまるっと荷物を盗まれたことがある(それも二日続けて)。
まぁ、僕の場合はギャグでしたけどね。

 

 

 

もう野宿もヒッチハイクも散々やってきた。
ここでは安全に行こうと思う。

たまたま見つけた
鹿児島県に住むというヒッピーの動画を観て、
僕はこの日を締めくくった。

 

 

低予算で作るシンプルライフ。
コミュニティとの関わり合いの大切さ。
そしてクリエイティヴィティ。

観ていてワクワクする動画だった。

※今見たら動画削除されてたっぽいです。
代わりにサイトのURL載せておきます。

 

 

うむ。日本の外にいても、
日本から得る物も沢山あるのだね。

IMG_6080

キモッ!後ろに写っているヤツ、マジでキモくね?!!!
って自分か… 。

 

 

————————————————–
こんな活動内容が薄い日もちゃんと日記にする僕を誰かほめて欲しい。
願わくばワンレンのお姉さんに頭を撫でて欲しい!
求む!ワンレン!メキシコはワンレンが多いぞ!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
☆あ、Facebookページやってます。
最近更新してないけどさー。

☆メキシコでね、雑貨買うよ!
いずれアップされるでしょう
旅する雑貨屋”Drift”」もよろしく。

Twitter。こっちはマメに更新しておりやす。

2 件のコメント

  • 私はモンベルのゴアテックス使用のウオーキング・ブーツを、もう8年も履いています防水性&浸湿性に優れて、13000円程で安くて頑丈で疲れずに快適ですよ。
    シミ君、靴で足が当たる内側の部分には、セッケンを塗ると良いですよ、そして長旅の靴は良い物を選ばねば地獄ですよ。(笑)

    • >JOSANさん

      モンベル!日本のメーカーだ。良いのを使ってらっしゃる。
      もし僕が世界一周をまた始めるのであれば
      メレルのブーツを買いますね。
      シンプルでかっこいいし、機能的にも優れているから。

      長旅に合った靴を買うことも確かに重要なのですが、
      僕が他に『こうしておけばよかった』と後悔したのはずばり寝袋です。
      9月のヨーロッパ、4月のカナダの野宿は
      眠れない時もありましたから…。

      金丸さんのブログを読まれていたならご存知だとは思いますが、
      あれだけの野宿を可能にさせていたのは(特にヨーロッパ)
      金丸さんの持つ寝袋によるところも大きいです。
      けっこういいの使ってたみたいですね(カナダで盗まれてましたけど)

      石鹸試してみます!ありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です