「似顔絵大量受注!!!」

世界一周803日目(9/10)

 

 

チューナー

がぶっ壊れていた。

IMG_9967

めちゃくちゃシャイな家族。写真を撮ろうとしたら一目散に逃げてった。

 

 

 

今朝方、調子の悪かったチューナーを確認すると
中の配線のうちの一本がちぎれていた。

映画でよきある爆破を阻止した後の
時限爆弾のコードみたいな切れ方だった。
赤と黄色のコードのうち、黄色のコードだけがブッツリと切れていた。

チューナーはいつもギターのヘッドにつけっぱなしにする。
壊れるのも無理はない。

六弦の音を合わせるのに僕はこいつを必要とする。
僕に絶対音感なんてない。

はぁ..、ただでさえお金がないって言うのになぁ..。

テンションの下がる一日の始まりだ。

 

 

ここはグアテマラ、アンティグア。滞在は今日が最終日。
いよいよ明日から中米南下の旅が始まる。

 

 

 

 

 

昨日ホンジュラス行きのチケットを買ってしまったのだが、
僕は気が変わった。

そうだ。エルサルバドルに先に行っても、
どっちみちホンジュラスは通るじゃないか。

情報収集をしていたらエルサルバドルののんびりした空気に
心惹かれてしまったのだ。

僕はチケットを買った旅行代理店へ言ってみることにした。

 

 

昨日チケットを売ってくれたホアンさんは、
昨日と同じ場所で友達とたむろしていた。

僕はチケットの変更ができないかと尋ねてみると
ホアンさんは僕を旅行代理店まで連れて行き、
係のお姉さんにチケットの変更ができないか確認を取ってくれた。

お姉さんは電話でバス会社に連絡を取ってくれたのだが、
雲行きから変更できないだろうなということが分かった。
お姉さんは受話器を置くと「ノ~~」と答えた。

昨日までだったらチケットの変更ができたらしいが、
まぁ、しょうがねぇだろう。

 

 

 

グアテマラを発つ前にやっておきたいことは他にもある。
宿の近くに服の修理屋さんを見つけたのだ。

IMG_9963

いいキャラしてんぜ!

 

 

中には背中を丸めたおじいちゃんが
年季の入った足踏みミシンの隣りに座っていた。

僕はnudie jeansの膝の部分を補強してくれるように
おじちゃんにお願いした。

ジェスチャーを交えて三回くらい同じ要望を伝える。

おじいちゃんは「膝の穴は塞がなくていいのかい?」と尋ねたが、
そのままにしておいてもらうことにした。
ジーンズのダメージは味なのです。

修理にかかる値段は10ケツァール(156yen)。安い!

ジーンズは要望通りに補強されていた。
ていうかこれで何度目だろう?修理するの。

 

 

 

そしてとうとう僕はチューナーを買うことにした。

セントロには上手い具合に楽器屋がある。
中米にしてはしっかりとした店だ。

店内には松竹梅みたいに三種類のチューナーが置いてあり、
僕は一番安い千円くらいのチューナーを買うことにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのまま

向かったのは中央公園だ。

本日最後のバスキング。今は時間があれば唄っていたい。

 

 

選挙が終ったこともあり、この日も警察のチェックは緩かった。

唄っているとすぐに人垣ができた。
公園内には中学生くらいの学生たちが集まっており、
かなり興味を示してくれた。
しかも1ケツァール札をちょいちょい入れてくれるのが嬉しかった。

IMG_9969

 

 

 

似顔絵も最初の一枚の依頼が入れば、
あとはぶっ続けで描きっぱなしだった。

人垣の中に警察の姿が見えたような気がしたが、
特に何も言われることはなかった。

IMG_9970 IMG_9971

まずは似顔絵一発目!ざっす!

IMG_9972 IMG_9973 IMG_9974 IMG_9975

あ、歯がねえ(笑)

IMG_9978 IMG_9979

実はさっき右側の男の子の似顔絵描いてた(笑)

IMG_9980

あ〜〜、撮り忘れた。けっこうガタイのいい男の子だったのだ。

 

 

 

今回も値段は決めていない。
子供たちで5ケツァール(78yen)(安っ!)、
大人で20ケツァール(312yen)だ。

中にはカップルで似顔絵を頼むマセた子もいたけど、
僕としては枚数が描けることはありがたいことだ。

スコールが降り出さなければスケッチブックがなくなる勢いだった。

IMG_9981 IMG_9982

彼らはベネズエラ出身の2人組。

IMG_9983 IMG_9984

家族スリーショット!

IMG_9985 IMG_9987

本日最後の似顔絵。一番漫画っぽくデフォルメできて満足!

IMG_9990

そしてスコール。まぁ、いいタイミングだったね。

 

 

 

 

 

 

 

路上

パフォーマンスの前半戦が終ると
僕はいつものカフェでアメリカーノを注文した。

この時点でチューナー代は稼ぐことができていた。あざっす!

IMG_9994

漫画の続き。

 

 

 

スコールは30分ほどで止んだ。

夕方頃になるとまた公園の方へと戻って行った。

 

 

暗くなるとギターの演奏は目立たない公園の中でやるよりかも
アーケードでやった方がいい。

アーケードでポロポロとギターを弾いていると
警察にすぐに止められてしまった。

公園に移って続けてみたがレスポンスは悪かった。
夜になると公園の人通りも少なくなる。

またアーケードで試してみたがチェックは厳しかった。
「もうお前いい加減稼いだろ?」ってことだろう。
へーへー。分かりましたよ。

 

 

宿に戻る前に楽器屋に立ち寄った。

夕方シフトの店のお兄さんは気の良いヤツで、
僕の持っている余った5、6弦と必要な弦を交換してくれた。

ギターの5、6弦は滅多に切れないので、
セットで買った場合に余ってしまうことが多い。

交換するタイミングは錆びて音が響かなくなったらだろう。

楽器屋で弦をバラで買える時があるけが、
まさか交換できるだなんて。別の場所でも試してみようかな?

 

 

今日も教会の近くの屋台で夕飯を済ませて宿に戻った。

IMG_9998

栄養補給!

 

 

 

 

ドミトリーの机の上にパソコンを開いてFacebookを見ていると、
ヤッケン兄さんが自分のブログ記事をシェアしているのが
たまたま目に入った。

そこには、

「南米の旅が始まった時点で
手持ちが三万円しかなかった」

と書いてあった。

 

 

僕が思わずコメントをすると
ヤッケン兄さんからすぐに返信が返ってきた。

 

 

 

「31万もあるなんて豪遊出来るじゃん!
緊張でお腹が痛い?食べ過ぎじゃんじゃないの?」

 

 

 

ちょっと煽るような返信だったが、
なんだかヤッケン兄さんらしかっい。

ここにも路上パフォーマンスで世界を旅してきた人がいるじゃないか。

考えてみればヤッケン兄さんは
10万円からヨーロッパで旅を始めて、
もう1年以上も旅を続けてきたんだよな。

貯金を切り崩すだけの僕と違って
ほぼほぼ旅の資金は旅先で己の力で稼ぎだしているんだ。
改めて考えてみたらすごいことだ。

アフィリエイトやネットの仕事があるとも言っていたけど、
世界をサバイブする技術は旅人の中でも
かなり高いんじゃないだろうか?

 

 

 

勇気をもらった。

おれもまだまだやれるはずだ。

IMG_9997

———————————————————–
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Facebookページ

旅する雑貨屋”Drift”

Twitter


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」を目指す、清水陽介(シミ:24歳)の世界一周ブログです。