「ふっ…、ここがメルボルンか」

▷1月11日/ニュージーランドの⇨オーストラリア、メルボルン

 

 

imageにほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

 

 

 

4時過ぎに起きて、チェックインカウンターを探した。

天井には巨大な人形が吊るされていた。そのうち一体はロードオブザリングに出てきた、あのハリーポッターの「ドビー」みたいなガリガリの薄気味悪いヤツが(名前忘れた)手を伸ばして、巨大なトラウトを捕まえようとしていた。ニュージーランドがロードオブザリングのロケ地になったっていうのはどこかで聞いたことがあるけど、どうしてあのキャラをチョイスしたのかが分からない。だからさ、あのかすれ声で「オー!マイ、プレシャス!」とか言うアイツだよ。最後にイライジャの指を噛みちぎるヤツ。

 

 

それで僕はジェットスターのチェックインカウンターに向かったんだけど、こんな朝早くから空港内は人で賑わっていたな。だけど、搭乗時間の三時間前ってこともあってジェットスターのカウンターはほとんど人がいなかった。

僕は少し緊張しながらプリントアウトしたチケットを提示したんだけど、カウンターの女のコはニコニコしながらチケットなんてほとんど見やしなかった。「それではよい旅を!」なんか言っちゃってさ。あーあ、なんだよ。スケジュールとか突っ込まれるんじゃないかってビクビクしたよ。

 

 

バックパックやギターを預けてしまうと、僕はとっととゲートを抜けて、あまった小銭でサブウェイに行ったり、コーヒーを買ったりした。

7時なると搭乗受付が開始され、僕は飛行機へと乗り込んだ。こんなに飛行機乗ることはもうないだろうな。

ジェットスターの客席の幅はいくらか狭く、座席にモニターもついていなかった。さすがLCCってとこだ。

 

 

飛行機は決められたように律儀に空港を離陸し、雲の上に出るとそこには青空が広がっていた。

一ヶ月もニュージーランドを旅したわけだけれども、懐かしさに浸るようなロマンチストな気持ちには全然ならなかったし、オーストラリアに対する緊張感みたいなのもまったく感じなかった。きっと睡眠が十分にとれていないせいだろう。だから飛行機の中ではほとんど眠っていた。

オーストラリアに到着した頃は、マイナス二時間の時差のせいもあり、朝の8時過ぎだった。

 

 

ちょっと未来的な入国ゲートをくぐると、パスポートをスキャンする無人のブースのようなものもあった。そこにパスポートを入れると勝手に電子ビザの照合をしてくれるのだ。

ニュージーランドであったような荷物の検査もあったのだけど、なぜだかこの時は麻薬犬に匂いを嗅がれただけでパスとなった。ニュージーランドのそれに比べれば、こちちらは大分ユルいような気がする。

世界一周64カ国目、ニュージーランド入国ってわけだ。ひとつめの都市はメルボルン。

 

 

 

 

ダウンタウンまではずいぶん距離があったので、僕はシャトルバスに乗ることした。値段は18AUドル。

バスに乗る前に空港のWi-Fiでレートを調べたんだけど、その時は「1AUドル=88円」だったな。でも、この日記を書いている時点では80円にまで値下がりしている。どういう理由で価値が下がっているのかは分からないけど、レートも調べるのがめんどうだから、これからはフツーに「○AUドル」って書くことにするよ。って、だれも気にしてないかな?

ちなみにこの時の手持ちは1,160AUドルだった。ってことはいくら?九万円くらいっすか?

 

 

 

ちょっと話はそれるけど、

ニュージーランドのバスキングで稼いだお金は2457ドルだった。

今のレート(1NZドル=75円)で考えると18,625円。
で、そのうち600NZドル(約45,000円)で、今使っているiPad mini2を買ったから、残ったお金は1857NZドル(139,275円)。あ、そうだ。入国した時175NZドル持ってな。1875−175=1700(12,7500円)。

で、今持ってるお金が9万ってことはーーー、一ヶ月のニュージーランドの旅で使ったのは37,500円っちゅーことか。でも、そのうち間違いなく200NZドル(15,000円)は文房具に使ってるから、それをさっぴくと22,500円。

1日あたり725円か…。僕は一体どこの東南アジアを旅してきたんだろう笑。しかもなに計算してんだろ?あとで別個に記事書こうかな。

えっと、どこまで話したんだっけな?そうだ。シャトルバスに乗ってダウンタウンまで行った話だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダウンタウンの大きなバスターミナルに到着すると僕はすかさずiPadでマップアプリを広げて自分の現在地を探した。

だってiPhoneはしばらく前からWi-Fi機能が完全に壊れちゃってるからね、マップのダウンロードをしていなかったんだよ。

iPadを使ってみて思うのだけれど、GPSの機能はiPhoneの方がよかったように思える。細かくWi-Fiを捕まえて位置を定めていかないと、iPadではマップアプリの正確性があまり向上しない。それでもWi-Fiにつなげたのは空港だったから、僕は今、自分がどこにいるか確かめることができたわけだ。

 

 

バックパックを担いでのっしのっしと歩いて向かった先はnudie jeansのコンセプトストアーだ。なんせこの日のためにクイーンズタウンで選択してから一度も穿いていなかったんだからね。どうしてそんなことをしたのかと言うと、ここで修理をやってもらえるからだ。

お店のスタッフは僕のボロボロのジーンズを見ると目を輝かせてくれた。あぁ、ロサンゼルスの時とは大違いだな。なんだかみんなジーンズが好きって感じだった。

僕はさっそくジーンズを直してもらおうと思ったんだけど、お店はその時セール中でね、ミシンはここにはないっていうんだよ。これにはまいちゃったよね。

それでスッタフが言うには、チャペルストリートにある別のコンセプトストアーに行けばミシンがあるらしいので、僕はそこまで向かうことにした。もちろんバックパックも一緒にね。

 

 

 

トラムに乗るには「マイキーカード」っていう磁気カードが必要なんだけど、それがなんせ6AUドルもするんだな。まぁセブンイレブンに行けば買えるんだけどね。セブンイレブンはどこにでもあるから、カードを手に入れるのは困らなかった。

それでトラムに乗ってこ僕はチャペルストリートまで行き、目印をつけたマップアプリを見ながら例のコンセプトストアーまで行ったわけさ。なんだかお店のあるチャペルストリートはブランドアパレル店が立ち並んでいて、どこか表参道を思い出さずにはいられなかったな。

チャペルストリートの方の店にはちゃんとミシンが置いてあった。こちらのスタッフたちも僕のボロボロのジーンズを見て「お前マジクールだよ!」なんて褒めてくれたのは嬉しかったな。いや、男のロマンスってのがあるんだよ。他の人にはボロボロにしか見えないものにカッコ良さやストーリーを感じるロマンチズムみたいなやつがさ。

ジーンズは一週間後の受け取りになったけど、僕はそれで構わなかった。メルボルンほど大きな街だったら、またバスキングでお金が稼げると思ったからだ。

 

 

それで再びトラム乗って、メインストリートらしい「Swanton Street(スワントン・ストリート)」ってとこに行ったわけだ。

道にはすごい人が沢山いた。オークランドの二倍くらいは人がいたんじゃないかな?

すでにそこにはアンプを使ってギターを弾いているヤツがいてさ、僕は「アイツらは敵じゃないから」って自分を落ち着けて、少し離れたところでバックパックを下ろした。少しドキドキしながらね。いつものように準備をして、膝の上で漫画を描きはじめたわけなんだ。

 

 

 

だけどどうだろう?

いやぁ、マジでビビったよね。なにって、そのレスポンスの薄さだよ。これだけ人がいるのにほとんどの人が素通りなんだ。そりゃニュージーランドでも同じようなリアクションはあったけど、それでも、足を止める人の数はあったよね。

16時から21時くらいまで、場所を替えたりしながら絵を描いたけど、結局似顔絵は二枚、日本人のハーフの女の子が漫画を一枚買ってくれて、それで上りは50AUドルちょっとだった。

オーストラリアの漫画バスキングに対するレスポンスの低さは想定外だった。どーしよう?出国の航空券は取ってあるんだけど、あと43日も生き残れるかな…?

 

 

日の長いオーストラリアで、僕はマクドナルドなんかで時間をつぶすと、適当な公園でテントを張った。

 

 


8 件のコメント

  • シミさんはじめまして!!
    メルボルン反応薄いですよね…
    リアルではもう移動されてらっしゃいますか?
    もし立ち寄られることがあればシドニーの下のウロンゴンという街が密かなスポットだと思います♪
    差し出がましくて申し訳ありません!!

    • >目醒めよ!セブンセンシズさん

      ぬあぁああああ!!そうだったんですかーーー!
      いや、マジでありがたいっす!
      できることなら机の引き出しからタイムマシンに乗り込んでっってーー、
      ドラえもーーーーーん‼︎

      リアルタイムはブリスベンで、明日ヒッチハイクで北上します!
      バスカーだとお見受けします!情報ありがとうございました!

      • もうブリスベンまで進まれてらっしゃるんですね!?
        そしたらご存知かもしれませんが、ムールーラバ、アーリービーチはかなりオススメです♪ヽ(´▽`)/
        是非行ってみてください!!
        シミさんのクオリティなら100%稼げると思います♪

        僕もバスカーですが、シミさんとは反対に明後日からニュージーランドです♪ヽ(´▽`)/

        • ぬおっ!
          情報ありがとうございます!

          でもなぁ、明日はヌーサ行こうと思ってるんですよ。ブリスベンとの通り道ですけどね。

          このあと2/10までにケアンズに行って、そこからヒッチでパースを目指す大冒険が待っているのでーーーー、

          むむむ。ちょっと考えさせてください笑。

          ニュージーランドは世界一ヒッチハイクに寛容な国だと思っています。オーストラリアに比べてバスカーもあまりいない印象です。バスキングできる場所も少ないように感じますが、楽しんでバスキングしてきてください♪

          • ヌーサも非常に良かったのですが、明後日で夏休みが終わりらしいのでもしかしたら人が少ないかもしれませんよ…。
            昼間はパーミット警備員がうるさいです!!
            しかもパーミット取ってもメインのヘイスティングスストリートは止められます…。
            5時以降なら止められませんでしたよ~♪ヽ(´▽`)/

            ムールーラバは僕はそこそこでしたが、他のバスカーさんはかなり稼いでいるようでした!!

            ケアンズからヒッチでパースですか!!??
            めちゃくちゃキツそうですね…Σ(-∀-;)
            僕はまたも正反対でケアンズからヒッチでメルボルンまで来ました♪
            パースまでは灼熱らしいので気をつけて下さいね!!!

            ニュージー情報ありがとうございます♪まずはオークランドから楽しんできます!!♪ヽ(´▽`)/

            長々とすみません!!

          • >目覚めよ!セブンセンシズさん

            おとといムールーラバ行ってきました!
            セブンイレブンの前でエグいほど稼いでいるじいちゃんバスカーがいましたね。

            で、僕はと言うと、
            台風でモロかぶりで人なんていねーーーってかんじでした。
            天候ばっかりはどうしようもないですね。

            そしてケアンズからパースへのヒッチハイクは諦めました。
            「お前死ぬぞ?」
            ってグーグルアース見せられて説得されtんですもの。
            無難に飛行機です。

            Have a nice trip!!

    • >あっきーさん

      ついにです。
      てか、オーストラリアってものすごくデカいんですね!
      ヒッチハイクで進む距離がいつもの二倍ですよ!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!