「ちょっと名前のヤバイ神社」

 

シミです。

今回は徳島県鳴門市にある「阿波國一之宮 大麻比古神社」に行った時のお話。

日本ではドラッグのイメージの強い「大麻」ですが、旅をしていると意外と(大)麻の文字を神社で見かけることがありました。

それはそうと、日本で大麻が禁止されたのは戦後のことらしいんですよね。ちまりそれ以前から日本には大麻があったということです。

今だからこそ、ヘンプ素材の医療繊維や食事、医療にも取り入れられる大麻。僕が世界一周をした時もアメリカの何州かでは大麻が合法化されていました。

今後日本が科学的根拠に基づき、大麻を悪いものだと見なすことがなくなるかどうかはわかりませんが、

旅をすると大麻って日本に昔っからあったんだな〜と気づかされることが多いです。今回はそんなお話でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!