「Drift、ボルダリング、Alex」

先日、
まおくんと一緒に
渋谷シネマトラストで公開されている

 

“Drift”

を観てきました。

IMG_3870

 

この映画を観るきっかけになったのは
まおが鑑賞割引券を持ってたからなんだけど、

 

個人的にこういう
サーフ系のロードムービーが大好きなシミです。

主人公が喜びを感じ、
苦難を乗り越え成長していくストーリー。

少年ジャンプが提供してくれる
「友情・勝利・努力」なんかよりも
よっぽどリアルに感じる。

 

 

そして、
この映画はの特筆すべき点は

 

GoPro
IMG_3871

 

っていう超小型ハイビジョンカメラで
一部のシーンが撮られているってことなんだよね。

これで、様々なアクティブなシーンを
高画質の動画で撮れるようになるんですわ。

iPhoneの動画なんかじゃ比べ物にならないくらい綺麗。

 

劇場の外にGoProが展示されてたんだけど、
めっちゃ小さかったです。

 

 

 

Drift自体もかなり面白かったですね。

ストーリー構成はかなり王道なところがあって
観ている方もある程度先のストーリーを予想できるんだけど、

演出や音楽、世界観そのものにぐっと引き込まれました。

1970年代の実話に基づく話ってのも
説得力を増す要因のひとつだったかもしれません。

 

 

何より、

『”創る”っていいな〜』

と改めて思わされました。

 

この話自体が、

オーストラリアで性格の違う二人の兄弟が
仲間たちと力を合わせて
自分たちのサーフショップを創っていく

っていう筋なんだけど、

 

それがたとえ、脚色を織り交ぜて
観る人を楽しませる内容に作られていたとしても

やっぱり「何か」をゼロから創るのは
簡単なことじゃなくて骨も折れるけど
エキサイティングで素晴らしいことなんだな
と思わずにはいられませんでした。

 

こういうのを観るとね。

『漫画描きてぇ〜!』

ってなるよね(笑)

 

 

 

 

 

この日は、
映画の他にもやることがありました。

まおくんが「やってみようぜ!」
って言うもんだから
トコトコついて行った

 

ボルダリング

IMG_3906

ねえ、ボルダリングって知ってる?

壁に岩をみたてたブロックが付いていて
それを足や手を使って登ってくスポーツ。

 

小学校の時

「クリフハンガー!」

とか叫んで裏山登らなかった?
てか、「クリフハンガー」って映画知ってる?

 

まあいいや。

自分もまおに誘われて行ってみるまでは

まさか、
宮下公園の一部に
ボルダリングのスペースがある
なんて
全然知りませんでした。

 

なんだか威圧的な感じもしなくもない…
IMG_4511

 

 

ボルダリングは2時間350円。
シューズは200円で借りられます。

まお曰く、

他のボルダリング場だと 
1000円以上するのところがほとんど
だそうで、

こんなにお手軽にできるところはない
そうです。

 

まあこじんまりしてるしね。

 

 

シミたちは14時半に行ったんだけど、
その時間帯もよかった。

IMG_3908

夕方になると混んできて
思う存分遊べないと受付のあんちゃんが
教えてくれました。

ラッキーです。

 

 

 

 

じゃあ、
シューズも借りたし、
さっそくボルダリングしようぜ!

ってボルダリング場の中に入ったのですが

 

そこには
ビギナーにはちょっと気が引けてしまう
サイレントな空気が張りつめてました。

IMG_3872 IMG_3876

みんな黙々と壁を登っている。

 

中には壁に登る前から
イメトレみたいなのをやってる人もいて
IMG_3885

 

『そうかー。
ボルダリングは自分との対話をするスポーツなんだな』

ってなくらい会話の少ない環境でした。

IMG_3894IMG_3891

多分、一時間も登ってたら
飽きて帰っちゃってたかも…

 

 

 

 

 

1時間も
登っていると、
まおがボルダリング場の外から
こちらをずっと眺めている外国人に気づきました。

まおがジェスチャーで

『こっちくる?』

ってやるとー…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来ちゃった!
IMG_3933

 

 

 

彼の名前はAlex。36歳。

ドイツ人でエンジニア。

3ヶ月の長期休暇で日本を訪れているんだって!

 

 

 

アレックスと一緒にボルダリングをやり始めて

一気ににその場の空気感が変わった。
IMG_3921IMG_3919IMG_3928

 

今まで、寡黙で神聖な空気を汚さないように
努めていたシミたちでしたが、

アレックスが加わった途端、
楽しさが「ぐんっ」と増した。

 

アレックスも初心者で
「どうやんの?」
ってところから始まり、

受付のあんちゃん(ボルダリング歴10年)
直々に教えてもらったり、

初めてのボルダリングが
楽しくて仕方なかった。

IMG_3915

 

 

 

 

 

アレックスとは英語でお喋りしました。

 

最近
英語の練習なんてサボりまくっていて、

『これで世界一周やってけんのかな?』

と不安を感じなくもなかったですが、

もはや英語はノリ

ですね。

 

まあそりゃ、留学とかビジネスとかは違うよ?

でも、日常会話くらいのコミュニケーションくらいだったら
身振り手振りを交えたノリの会話で
全然会話できることを実感しました。

浪人と大学の時の貯金のようなものがあって
ちょっとの文法と単語は出てきたけど、

 

それでも、中学校レベルの英語で
コミュニケーションがとれるのには驚きです。

 

発音も文法もめちゃくちゃで、
英語の達者なアレックスの発言に

「えっ?もっかい言って!」

となるシーンも多々ありましたが、

 

お互い

『あぁこんな感じのこと言ってるんだな』

と想像できるし、

どーしても分からなかったら
今はスマホで調べられるしね。

 

 

 

でも、
こんなスムーズに

輪に入れる/ 入れる

かって訊かれたら、

 

その人たちが培ってきた

「ノリ」
ってのが大きいと思う。

アレックスめちゃくちゃノリ良かったもん。
歳の差なんて感じさせなかった。

 

 

それでも、まおの
『こっちくる?』

がなかったら、アレックスと一緒に
ボルダリングをするなんて考えられなかった。

 

英語だって決して得意とは言えないまお。

けど、すごいぜ。
そんなことに怖じけづかないで
外国人を巻き込めるんだから。

 

 

後で訊いたら

「こっちが「ニコッ」ってやったら
向こうも笑い返してきたから。

それに、ずっとおれたちのこと見てて
ボルダリングやりたいんじゃないのかな
と思ったんだ」

 

そんな相手の気持ちも思いやれるなんて
やっぱモテる男は違うっ!

 

 

 

 

ボルダリングの後
アレックスが一緒にメシに行こうよ
と誘ってきたので

王将

でメシ。
IMG_4528

 

なんで王将なのかって?

そりゃ、餃子は日本の文化じゃないですか!

日本で一番食べられてる中華料理なんじゃない?
日本国内で毎日100万個の餃子が
作られているって言うし。

 

それにアレックスが寿司も蕎麦もうどんも
喰ったとか言うもんだから、

ほんなら、安さで攻めようよ
ということで王将にしました。

 

 

 

 

その後、
パチンコがやりたい
とか言い始めたアレックス。

おれらも入った事ないのに
パチンコを初体験。
IMG_4529

 

あっという間にアレックスの千円札が
台に飲み込まれていきました。

「もう二度とやらない」

だって。そりゃそうだ。

 

 

 

9時から人と会う約束をしているようで
アレックスとは渋谷駅でバイバイ。

IMG_4523

LINEの連絡先を交換して

「ドイツに来たら連絡くれよ!」

とまで言ってくれました。

 

 

「今日はサンキュー、アレックス。
すげー楽しかった。

ドイツで会おうぜ!」

おれのこと忘れてなければ、ね。

 

 

 

 

 

2013年6月後半に
世界一周に旅立ちます。

旅立つ前のシミのファンキーな日常。

世界一周ブログのランキングに参加しております。
日本ブログ村のページが最後まで読み込めば
どうやらポイントが入るみたいですわ。

 

『アホな事やってんなー』のポチでもいいし、
『へえ、ドイツ人と英語で会話できんだ』っていうポチでも構いません。
まあポチってくれりゃあ嬉しいっす。

★パソコン用
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★携帯用
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
この日は色々ありすぎて
けっこうなボリュームになっちゃったけど
今日も読んでくれてありがと。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!