「ハロー・グッバイ」

世界一周189日目(1/3)

 

『さ、
サナトリウムか!!?

ここは!!?』

IMG_9488

 

 

 

宮崎駿監督の最後の作品「風立ちぬ」に
サナトリウムの描写が出てくるが

まさかインドで同じ光景を目にするとは思わなかった。

 

 

ここはインド最南端の駅。カーニャクマリ。

IMG_9486

 

列車が到着したのは深夜3時55分。

日が昇るまで人々は自前の毛布にくるまって
海から吹き抜ける風をしのぐ。

周りのインド人ように床に横になって眠る気には
どうしてもなれない。荷物のことともあるしね。

 

 

 

 

 

駅のベンチに座って読みかけの本を読む。

中国でかっぱらってきた失敬した
このジョン・アーヴィング作
「Hotel New Hampdhire」
5ヶ月以上経った今でも読み終えていない。

 

ほんとに気の向いた時にしか開かないし、
なにより400ページ以上の英文なんだよね。

時々何言ってるのかさっぱりプンですよ。

それでも物語のアウトラインはかろうじて
辿ることができている。

ちなみに今家族がウィーンに引っ越したとこ。
(これ日訳とか出てるのかなぁ?)

 

 

 

それと「風立ちぬ」ですが、

さも観た様なことを書いておきつつも
日本を出発した後の公開だったので観れていません。

予告編を何回も観ただけです。しったかしてゴメンなすって!

ノルウェイの森のワタナベくんの好きな
「魔の山」の方がよかった!!?

あれにもサナトリウム出てくるよね!
大学の時読んだけどさっぱり分からなかったYO!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅の構内に
見所マップのようなものがあった。

日の出が見れるポイントもそこには記されていた。

どうやら駅から海までの距離は
1キロちょっとしかないようだ。

それなら歩いて行けるかな。

 

野良犬が怖いので辺りが明るくなりだした
6時に駅を出発する。

IMG_9494

 

 

バックパックを背負って、
ジーンズのポケットには
野良犬に投げつけるための小石を3つ入れた。

 

トゥクトゥクの運転手は
「50ルピーでサンライズ・ポイントまで
連れてってやるぞ!」と持ちかけてきたが、
笑顔で断った。歩いて行けるから大丈夫っす。

 

 

 

道路の脇には浜辺から風で運ばれてきた砂があった。

シューズで砂浜独特の「サモッ」という感触を
感じながら進んでいく。

東の空がどんどん明るくなっていく。

そして見えたのはインド最南端から見える海。

IMG_9499

 

 

そこには多くのインド人たちが
僕より先に朝日を待っている。

IMG_9522 IMG_9520 IMG_9518

 

 

 

海からやって来る風が心地よい。

IMG_9517 IMG_9505

 

 

 

 

だんだんと明るくなっていく空。

太陽は水平線の上に重なった
雲の隙間から徐々に顔を出す。

 

 

 

朝日はいつ見ても綺麗だ。

IMG_9546

 

 

自分の名前「陽介」に
太陽の意味が込められているのがちょっと嬉しい。

 

2014年初めての朝日をインドで見た。

IMG_9551

 

 

 

 

朝日が昇りきると思わず唄いたくなった。

 

バックパックからすぐにギターケースをはずし、
ギターを取り出す。なんだ?なんだ?と
興味津々の周りのインド人たち。

IMG_7476 IMG_9550

 

 

CARAVANの「Love & Free World」。

まさに今の光景にぴったしだった。

旅をしながら彼の曲を唄うと旅に馴染んでいく。

 

 

 

海をに向かって拝む人。

IMG_9559 IMG_9560

 

 

どうか僕の旅も無事に進みますように。

IMG_9561

 

 

 

 

 

 

 

さてと!
宿探し行きますか!

最高の朝日を見て僕は
張り切って安宿を探し始めた。

IMG_9566

 

海までの道に何軒かホテルも見かけたし
安い宿もあるだろう!

 

 

 

 

 

だが、そんな期待は
脆くも崩れ去る

 

 

どこも予算外の400ルピー(664yen)以上。

ここまでほとんど
250ルピー(415yen)以下でやってきたんだ!
そりゃねよぅ…

 

何軒も何軒も「LODGE」や「HOTEL」の
文字が書いてある場所を「ハウマッチ?」と
訊いてまわった。

年始の旅行シーズンなのか
「Full(満室)!」
言われる宿もたくさんあった。

 

 

ど、どうしよう…?
ここには安宿はないのか?

 

 

ちょっと離れたところに
ナーガコイルという町まで
10ルピー(17yen)でバスで行けるらしい。

朝日も見たし、さっさと抜けてしまおうか?

 

念のため、海とは反対方向に向かって
安宿を尋ね歩いた。

 

 

 

ここもだめ。

IMG_9568

 

 

ここもだめ…。

IMG_9570

 

 

ここもー、

IMG_9582

 

 

ここも。

IMG_9581

 

 

 

 

町の端っこにさも高そうな宿。
トイレを借りる目的で一応値段も訊いてみた。

IMG_9593

 

 

ハウマッチ?」

「おー!おー!部屋なら用意できるよ!」

「あのぉ、一泊おいくらなんですか?」

「大丈夫大丈夫!」

「僕の予算250なんですよ?」

「わかった!わかった!いいから!いいから!」

 

「マジっすか!!!」

 

じゃあとりあえず2泊で!
とお金を支払らうと
「やっぱり350でいいか?」と訊いてきた。

 

 

「なら帰ります」

「オーケー!
250でいいよ」

 

 

か、簡単に折れた!

ここまでどこも満員か予算以上だったのに
最後の最後で安宿にありつけた!

てか目の前にYMCAの看板見つけたけど、
今はそんなことどうだっていい!

町の端っこにあるからお客さんが来ないのかなぁ?

 

 

 

案内された部屋にはベッドが2つとシャワルーム、
テレビにファンがついていた。

IMG_9587

 

 

部屋のドアを開けてくれたスタッフは
僕にバスタオルとホテルオリジナルの
ハーブ成分配合の石けんを渡してくれた。

これぜってー500ルピーとかするだろうな…。

ラッキーだ。

IMG_9592

 

 

 

洗濯とシャワーを済ませ、少し昼寝をした。

目を覚ますと描きかけた漫画の下描きを終わらせ、

僕は夕日を見に行く。

 

 

人でいっぱいのサンセット・ポイント。

世界中どこにいたって朝日と夕日は
人を惹き付けるのかもしれないな。

IMG_9606 IMG_9614

 

 

 

今日も一日が終わる。

僕は一日の始まりと終わりを見た。

 

ハロー・グッバイ。

また明日。

IMG_9631

———————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

にしても、ネット環境悪ぃいいぃいい!!!Wi-Fiなんて皆無よ!ナッスィング!

ねえみんな、ブログの更新頻度が悪くなって、
おれのこと心配にしてないの!?

さっきたまたま野良Wi-Fi拾ってメール見たら
ほとんどはAmazonだったよ!!!マジ切ねえ…。

そんな寂しがりやのシミですが元気に旅を続けております。
ははは…今の僕は何位かな~?

まぁこれはジャンプのアンケートとは性質が違うので
読んだ方がレスポンスとして押してくれりゃあいいっす。

いつもいつもつき合ってくれてありがとうね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

そうそう!
まおくんがFacebookページを作ってくれました!
旅する漫画家」もどうぞよろしくお願いします。

ブログ外のちょっとした旅の風景、
一回限りの旅する雑貨屋「DRIFT」の仕入れ状況、
シミの拙い落描きなんかも載せちょります。

2 件のコメント

  • ブログ、チェックしてますよ^ ^
    Wi-Fiなくても更新頑張ってくださーい。

    あ、明けましておめでとうございます。インドの日の出、良いですね!

    • >マルルさん

      あけましておめでとうございます!

      その一言が嬉しいっす。特に弱った体には…

      ちょっと体調崩しちゃってですね、
      ただ今絶賛体重減少中です笑。

      これからも面白いブログかけるように頑張ります!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!