「狭義。散歩」

世界一周235日目(2/18)

 

インドビザ
への第一関門は突破した。

IMG_4862

 

 

5営業日後の金曜日(提出したのは月曜日)に行って
今度はパスポートの提出をするわけなんだけれどー…

カトマンズでのインドビザ取得は
その面倒くささでちょっと有名だ。

最短で8日かかる。

 

一度目はオンライン・フォームなどの
書類提出とビザ代の支払い。

2回目はパスポートの提出。

その翌日にやっとこさビザ取得という流れなのだ。

3回もインド大使館まで
足を運ばなくちゃいけないなんてね。

 

ここで言いたいのは
ビザ申請のタイミングだ。

この「5営業日後」ってのがポイントでね、
土日は大使館がお休みなもんだから、
火曜日以降に出した場合は
2回目の出頭は翌週になるわけだ。

 

だけど、僕が申請した日は月曜日。

フリーに動ける日数3日間(火/水/木)。

せめて…火曜日以降に申請してたら…

もしかしたらトレッキングもできたかもしれない。

だいたいカトマンズから行くトレッキングは
4~5日かかるものばかりらしい。

 

 

 

 

 

 

よしっ!
ナガルコットへ行こう!
(鉄道会社の旅行広告みたいなノリで)

 

 

インドのジョードプルで出会ったネパール人は
別にガイドなんてつけなくても
行けるよと言っていたし、

昨日お会いした現職の雑貨屋のお兄さんは

「ナガルコットね。
あんなの「散歩」だよ。
ハイキングですらないよ。」

と言っていた。

さ、さんぽっすか!!?

 

安い日本人宿もあるみたいだし、
景色もよくてのんびりできるとか。

 

荷物を軽量化し、
「2~3日で戻るから」と
Penny Boardやポカラで仕入れた雑貨屋や
漫画の原稿用紙は置いて行くことにした。

念のためテスコのバックに入れ、
さらにその上からパックセーフでくるんで
錠をかけた。

IMG_4859

 

 

 

タメル地区から
徒歩10分くらいの距離にあるバス停で
バクタプル行きのバスに乗った。

IMG_4863

 

 

カトマンズから直通で行けるわけではなく、
途中にあるナガルコットという町で乗り換えるそうだ。

 

 

まだ歩いたことのないカトマンズの街を抜け、
どんどんバスは街から遠ざかって行く。

IMG_4864

 

 

自分の知らない場所へ行くのはワクワクする。

慣れ親しんだ場所を離れるのは最初は不安だけど、
次第にそれがまだ見ぬ土地への期待へと
変わっていくのだ。

やっぱり移動するということが
旅の本質なのかもしれない。

 

 

 

一時間半でバスは
バクタプルのターミナルに到着した。

IMG_4866

 

 

朝早かったので途中からウトウトしていた僕は
集金係にここで降りるんだぞと声をかけられた。

ターミナルの近くで腹ごしらえし、

IMG_4868

 

 

ナガルコット行きのバスを探したのだが、
ここからナガルコット行きの
バスは出ていないと言う。

あれ?話が違うぞ?

 

 

近くにいた別のバスの集金係たちに
聞いてまわっているうちに、
ナガルコット行きのバスが出る
ターミナルまで行くバスに乗せられた。
25ルピー(26yen)。

IMG_4870

 

まぁ、一度くらい乗り継ぎが
増えたからってなんてこたぁない。
マイルドに行こう♪

 

そして僕が乗りこんだ
3本目のバスは山道を走った。

IMG_4871 IMG_4873

 

 

 

 

 

シャワーも
浴びれないくらい寒かったカトマンズに比べ、
ナガルコットは暑さを感じるくらい
ポカポカしていた。

IMG_4875

 

 

売店の前でとりあえずチャイで一服。

IMG_4879

 

 

にしてもネパールの犬は本当に人懐っこい。
ネパールの人たちが優しいからだろう。

IMG_4877

 

 

 

「ホテルどこ?安いヨ?」

しつこすぎない客引きに
爽やかスマイルでやんわり応える。

「雲海リゾートかな?」

 

ナガルコットには日本人宿があるらしいのだ。

軽量化したバックパックを背負い
ずんずん進んでいく。

もちろん途中何度も人に道を尋ねながら。

 

ターミナルからやや離れた場所にある

「UNKAI RESORT」

IMG_4881

 

 

ドミトリーで330ルピー(340yen)。

去年の夏にここを訪れた人のブログには
275ルピーと書かれていたため、
最初は少し高く感じたが、
インドなんかに比べると全然安い。

 

案内されたドミトリーにはベッドが4つ。
この部屋には僕一人♪

そして2階のオープン・フロアからは
ヒマラヤ山脈が見えた。

IMG_4884IMG_4882

 

 

 

 

サブバッグだけ持って近くを散策した。

IMG_4909

 

 

「ネパール=トレッキング」

IMG_4898

 

 

イメージに捕われていた僕は
トレッキングをしなければいけない
ことのように感じたが、そんなことはない。

ナガルコットで散歩。それでも十分満足だ。

IMG_4894IMG_4895IMG_4891IMG_4917IMG_4912

 

 

 

 

一時間ほど山を下った途中にある村まで行って、
僕は引き返す事にした。

IMG_4922 IMG_4927 IMG_4925

 

 

山をぐるっと一周する様なルートはないようだ。

じゃあ違う道を通って帰るか…。

 

 

 

途中まではよかった。

IMG_4906

 

 

『ショートカットだ!』と言って細い道を行く。
だんだん険しくなる道。

IMG_4929IMG_4931IMG_4932

 

 

 

はぁ…はぁ…。

これってもしかして
トレッキングなんじゃねえか?

IMG_4939

 

狭義の意味では4000m以上、
6000m以下の山を登ることがトレッキングらしい。

でも今はレジャー目的とした
簡単な山登りをトレッキングと言う場合もある。

 

 

 

「ナガルコットでトレッキング」

IMG_4914

 

 

もう気分でいいじゃねえか!

誰がなんと言おうと
これはトレッキングに違いない!

すっ転んだら
「三年峠」どころじゃなくて
即死。

IMG_4937

 

 

そんな山道を
フル装備のサブバッグ(7kg)を背負って歩いた。

17時前になると風が吹き始め、
汗をかいた体が寒さを感じた。

やっとこさ雲海リゾートに戻り、
シャワーを浴びてベッドにダウン。

 

もう1ミリも動きたくなかったけど、

「月が凄い綺麗ですよぉ~…」

という後から来た宿泊者たちの声を聞いて
ムクリと起き上がった。獣の様に。

ベッドから這い出て見た月は
ヒマラヤの彼方に浮かぶ
歪んだ形のにごった黄色だった。
それでいて幻想的だった。

IMG_4947

 

 

同じ月でもどこで見るかによって全然違う。

鼻水をすすりながら月をしばらく見ていた。

————————————————
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

トレッキングの意味を調べたら、様々でした。
もう気分でいいんじゃないでしょうか?

小さい頃に上った裏山も今で言ったらトレッキングです。
僕はそういう人たちを全面的に応援します!

『あぁ~、トレッキングね。5歳の頃からやってたわ。
ばあちゃんちの裏山で』という人はポチを。

『あんたトレッキングの意味分かってんの?うんたらかんたら~…』
っていう御託を並べるあなた様は、是非!
ナガルコットにて麓からのショートカットをお試しください。

おっと!もちろん7キロ以上の荷物を持ってですよ?

ページの読み込みが完了するとポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒まおくんの作ってくれたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です