「旅する寿司職人はスロベニアにいた」

世界一周408日目(8/10)

 

寝ている間に
雨が降ってきた。

寝袋から出した顔の部分にかすかな気配を感じた。

 

 

見上げると、空一面に雲がたちこめている。

これは雨のほんの始まり。
待てば止むもしれない。

そもそもこれは雨って言うほどの雨じゃない。

『もしかしたら雨になるぞ』
って言う予感みたいなものだ。

 

 

 

 

 

 

目覚めたのは
キッズコートの遊具の中。

IMG_3314 IMG_3320

 

 

 

こんな場所でも寝れるようになった僕は
そろそろホームレスの集会から
声がかかるかもしれない。

IMG_3317

滑り台からシュート!

 

 

 

 

ポケットからiPhoneを取り出し
時刻を家訓にすると8時23分。

今日もばっちし8時間以上の
睡眠をキメて優雅に活動を始める。

 

 

『今日はどうしよう?』

 

 

そんな言葉が浮かんでしまう僕は、
ここが日本だったら
ただのクソ野郎
だなって思うのだ。

日本で勤勉に頑張られている
みなさんのことを思うと頭が上がらない。

高橋歩的に言うなら

「ちょーリスペクトっす!」

だ。いや、マジ真剣に。

 

 

 

 

バックパックから昨日買っておいた食糧の残りを出す。

パンとプラム。

IMG_3318

 

 

 

季節ものなのかどこのスーパーにも置いてあるし、
皮をむかなくてもすぐに食べられるのがポイント!

って前回も同じこと書いたな。

 

 

 

 

公園のハトにパンをちぎってやる僕の姿は
かなり哀愁が漂っていたことだろう。

IMG_3319

 

 

 

ハトたちを見ていると面白いことに気がついた。

ひとつのパン屑に対して
倍率が2~3倍に上がると、
まぁ当然のごとく競争が起こるわけですよ。

ハトちゃんたちに「平等」とか「シェア」だとか、
そんなきれいごとみたいな考えは全くないわけでして、
誰がパンにありつくかは”早い者勝ち”なわけです。

そしてそこに力関係があるみたいで
強そうなハトがエサを奪い、

時々自分の狙っていたパンに来る
他のハトをツツこうとして脅すわけですよ。

ジャイアンかっつーの。

IMG_3321

 

 

 

反対にヨボヨボで汚くて、
おじいちゃんみたいなハトもいるわけです。

僕はそういうのを見るともう
なんだかいたたまれない気持ちになってしまって、

片方の競争倍率を上げておいて、
ハト共が群がったところに、
そのおじいちゃんバト用に
パンをピンポイントで放るわけです。

おじいちゃんバトもヨボヨボで目が悪いのか、
ちょと放るポイントがズレると
「あれ?どこだっかなの~?」って
地面をツンツンしながら探すわけです。

その好きに別のハトか
もしくは敏捷な雀がそれをかっぱらって行くのです。

 

 

こういう争いを見ていると、
なんだか悲しくもむなしくもあります。

根本的なことは人間も同じなんだろうか?

僕はそうではないと信じたいーっ…て

 

 

おれマジ暇人だな!

 

 

や、15分とかだよ?

そんな冷たい目でみなさんなって!

くっそ!

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーで朝ご飯をさらに買って、
ムシャムシャ食べると僕はマクドナルドに向かった。

暇人ー…。

 

 

 

 

 

仮にも僕はブロガーだ。

1年以上も世界一周の日記を細々と書いて来た。

それによって出会いにも恵まれた時もある。

 

 

外に出っぱなしの一日を過ごすことになって、
書いていない分の日記をまとめて書くようになった。

こういう「作業日」も必要なのだ。

作業日って言うと仕事してるっぽいよね。おれだけ?

IMG_3339

 

 

 

カプチーノを注文して、
コンセントのある席でカタカタとキーボードを叩く。

いろいろと勉強すれば
もっといいサイトを作れるんだけど、
あいにく僕にそんな余裕は無い。

日記書くだけでせいいっぱいだ。

WordPressで作っている時分のサイトにアクセスして、
写真をアップロードして、書いた日記を貼付けて改行して、
ブログをアップして、次の分も
予約投稿なんかしちゃったりしてー、
って全然リアルタイムに追いつかないなぁ…。

IMG_3340

 

 

 

 

そんな時に声がかかった。

 

 

「あのー、日本人の方ですか?」

「え!!??あっ、はい!
なんでしょう??」

 

 

『えっ???
おれ何かマズイことしたっけな?』

とっさに頭に駆け巡ったことがそれだ。

今自分が今パソコン荷向かって作業しているってのもある。

 

 

「旅されてるんですよね?
さっきそこに座ってたんですけど、
Macで作業しているの見て日本人かなぁって。

旅の話、訊かせてもらってもいいですか?
僕も旅が好きんですよね」

 

 

 

 

タニミズさんは

そんなダイレクトな方だった。

IMG_3342

 

 

「もしこれで嫌な顔されたら
そのまま帰ろうと思いましたよ」と言っていたので、

僕も「話しかけないでくれオーラ」が
出ていなかったことに安心した。

そんなことは一切思わないけどね。

 

 

 

簡単に自分の自己紹介をして
どんな旅をしてきたのかを話す。

 

 

「え?じゃあ僕と
同い年じゃないですか!
25歳ですよ!」

驚きだ。

 

 

そしてされらに驚きなのは
タニミズさんが
寿司職人だったってこと。

 

 

世の中には日本の寿司職人たちを
海外の斡旋するエージェントがあるらしい。

ご実家が寿司屋のタニミズさんのDNAには
寿司職人の血が流れているに違いない。

 

 

それにしてもなんで海外に出ようと思ったのだろう?

僕も「移住」に興味を持っている。

 

 

パソコンの画面を閉じて「旅する漫画家」の僕と
「旅する寿司職人」のタニミズさんの
トークセッションが始まった。

IMG_3341

ごちになりました!あざっす!

 

 

 

 

 

 

 

 

タニミズさんは去年、
24歳の時にベトナムのハノイの日本料理屋で
一年間働いていたそうだ。

 

 

「ベトナムは若い人たちの勢いがあるんだよ。
日本は人口がどんどん減少して、
若い人たちの数が少ないけど、

ベトナムはその逆で、今経済が
ものすごく発達しているだ。
みんなお金のはぶりがいいんだよね」

 

 

以前ベトナムを旅行した時に
ベトナムの持つ「エネルギー」を感じた
タニミズさんがいくつもある候補地の中から
選んだのはベトナムだった。

そして一年の契約が終わり、
次に目をつけたのがここスロベニア。

 

 

「なんでスロベニアにしたんですか?」

「他にもギリシャとかがあったんだけどね、
先に他の人が選んじゃってたんだよ。

そこで地図を広げてみると、
スロベニアって他の国と
めちゃくちゃ近いことに気がついたんだ。
それにイタリアのトリエステから
新鮮な魚が仕入れられることにもね」

 

目をつけるポイントが違う。

 

 

 

この時、僕が海外で働く寿司職人の話を聞いていて
一番面白いと思った点bは、
海外で日本食を作ることに対して
イマジネーションと即興性が必要とされる
ということだった。

 

 

海外で日本料理を作るわけだから、
もちろん環境も違えば食材も違う。

いくつかの材料は日本から取り寄せることがあっても、
その全てを日本の者で賄うわけにはいかない。

100%の日本食を作ることは不可能だ。

いかにその100%に近づけるかが求められる。

日本料理屋に来るお客さんが求めている物は
「日本の味」だからだ。

 

 

 

現地に滞在する商社や大使館で
働かれる人にご飯を作ることもあるそうだ。

タニミズさんは寿司以外にも料理を作る。

料理長がいないときはタニミズさんが
その人たちのオーダーに応えなければならない。

 

 

「なかには「お任せで」って
注文する人もいるんだよ。

そういう場合って予約があれば
こっちも準備できるけど、
突然ふらりと来てそんな風に注文されると、
こっちもある材料で日本食を作らなくちゃならない。

料理長には「即興でやれ」って言われてる」

 

 

寿司職人のタニミズさんから聞かせてもらう
話のほとんどは僕にとって新鮮だった。

彼らはアーティストだと僕は思う。

いつも冷蔵庫のことが頭にあるのだとか。

もう根っからの職人だ。

 

 

 

 

 

 

 

話は日本のことにも及んだ。

タニミズさんは辺りに日本人がいないか
キョロキョロと見渡しながらこう言った。

 

 

「今の日本ってつまらなくないか」

と。

 

 

 

タニミズさんは日本で
ドロドロになるまで働いたことがあるそうだ。

今の日本はどこかおかしい。

言及しているのは飲食店やいわゆる
「ブラック企業」で働いている人たちのことだと思う。

僕もフリーター時代、社員さんたちが
ほとんどの時間をお店に注ぎこむのを見てきた。

 

 

「その時は体を壊したんだよね。
日本の飲食チェーンや居酒屋で
過労死する人がいるけど、
それって130時間くらいで死んなんだけど、
おれは180時間だったんだ。

だからあの時、
「自分は一度死んだんだ」と思うことにしたんだ」

 

 

今の職場では
「一日に8時間までしか働いちゃだめだからね」
と言われているらしい。余裕がある。

 

 

 

日本の身を粉にしてトコトンまで
仕事に時間をそそぐことによる体育会系の
根性論みたいな美談は今もあるだろう。

長く働くことが「よし」とされている。

働かなくてはならない。
よくわからない義務感じだとか
責任感が日本の労働環境を覆う。

 

 

旅してきて僕が思うのは
日本で働く日本人の方々は
「すごく真面目」だなってこと。

店員が暇そうにしているのを見ると、
ついつい日本と比較してしまう僕だが、
果たしてそれが本当にいいことなのだろうか?

 

 

労働に見合った
お金をもらっているのか?

その人の人生は豊なのか?

 

 

こんな世界をプラプラ旅して
「働く」ことの意義なんかを
とやかく言えないのは分かってるさ。

でも、そう考えるのだ。

 

 

 

 

タニミズさんが
世界で働くことを周りの仲間に告げると、
そのほとんどは反対したそうだ。

だが、そのうちの一人の先輩が言ってくれたのは

 

 

「君は旅する料理人になれ」

だった。

 

 

お店の方々も、今日、タニミズさんが
クロアチアに日帰りで来ることに
大賛成だっと言う。良い職場だ♪

 

 

 

タニミズさんの話を聞いていると、
彼ならこの世界でやっていけるだろうなと思った。

僕なんかよりもよっぽど現実的で、それでいて夢がある。

熱量を伴う話は僕たちを前へと進めてくれる。

 

 

 

 

 

 

せっかくこうして
話かけてきてくれたのだからと、僕も通りでバスキングをした。

昨日よりかは全くもって
お金が入らなかったけど、楽しければそれでよし!

 

 

そしてその後、広場で二人でビールを飲んだ。

最近ようやくビールの味が分かって来た気がする。

違うな。

「誰と飲むか」だな。

IMG_3343

 

良い酒だ♪

 

 

 

 

旅をしていると「予期せぬ出会い」に恵まれる。

それもとびっきりのヤツに。

IMG_3345

 

 

 

そして今日も僕は
お気に入りの公園へと向かうのであった。

IMG_3347

——————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

そうだ!Kさん!無銭旅行のKさん!
タニミズさんがKさんのこと知ってましたよぉ~!
「最近ブログ更新してないから死んだのかと思ってた」
ってー!更新してくださーい!

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★Facebookページもなぁっっ!!「旅する漫画家

★Twitterもねぇええ!!「Indianlion45」

 

 

今日も読んでくれてありがとさんさん♪

4 件のコメント

    • >れーな★ちゃんさん

      でぇえええええ!!!!

      マジですか??!!
      寿司職人ってすごいっすよねー。

      ヨーロッパの行く先々で
      「SUSHI」の文字を見ます。
      (どれもなんちゃって寿司ですが)

      いいなぁ〜。

      ってことは毎日お寿司がー、
      食べられるわけないか笑。

      僕はサーモン好きっす♪

  • どこで生きたってそれなりの人生が送れると思います。
    もし それが選べるのならば それはそれで幸せなことだと思います。
    できれば 悔いのない溶け方をしたいですね。
    でも それは死ぬ間際にしか、分からないかも。

    • >そら

      そうですね。
      正解なんてないです。

      ないですし、
      どんな選択だって自分次第だと思います。

      そして
      ちょっと言うなら、
      それは「思い込み」なのかもしれません。

      たとえこの先に何がまっていてもー、
      (チェコ編にご期待ください笑!)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!