「横向きに挟まって野宿するお兄さん」

世界一周315日目(5/9)

 

朝から来客だ。

IMG_6655

 

 

聴こえるのは日本語。
どうやら僕一人で占有しているドミトリーに
誰かがやって来た。

部屋のライトをつけずに荷物を整理している。
気を遣わせちゃってるな…。

iPhoneのホームボタンを押して
時刻を見ると8:30。起きなきゃ。

 

 

東南アジアで昼夜逆転した欧米人たちが
泊まっているドミトリーに入る
微妙な感じを思い出した。

昼過ぎまで起きない彼らに気を遣って、
暗い中で自分のベッドまで辿り着くあの感覚。

同じ様な気持ちにさせてしまったら
申し訳ないからさ。僕はドミトリーに
新しくやって来たその人に声をかけた。

 

 

「あっ、どうぞ、僕もう起きますんで、
全然部屋の電気とかつけちゃってください」

「起こしちゃいました?スイマセン、
大丈夫ですよこのままでも」

 

このやり取り…、
日本人だよなぁ~(笑)

 

 

 

 

新しくリダさんの家にやって来たのは、
痩せた40代くらいの男性の方。

髪は短く、顔にはザラザラとした髭が生えていた。
だが、どこかこざっぱりした感じの方だった。

中庭のテーブルに座って
「どこから来たんですか?」
そんな風に僕は切り出した。

初対面の人と話すごくフツーの会話。

 

 

「昨日、夜遅くに着いんですよ」

「じゃあ別の場所に泊まったんですか?」

「いや、野宿しました(笑)」

「野宿!!??」

僕みたいなアホなら野宿は分かるけど、
こんな僕より10歳以上離れた男の人が!!!
どんな冒険家やねん!

思わず関西弁でツッコんでしまう(心の中で)。

 

 

「いや、真夜中に宿の人起こすの
申し訳ないなぁと思って」

どんな気の遣い方すっか!

でも、僕はこういうお茶目なことを
やってしまう大人が大好きだ。
ついつい詮索してしまう。

 

 

「で、どこで野宿したんですか?」

「いやぁ、けっこう探しましたよ。
夜中色んなところを歩き回ったんですよ。
公園は周りから見えるから
ちょっと危ないじゃないですか?」

僕と一緒だ。

僕がエレバンに来た初日、
宿代を浮かせるために、
宿が見つからなかったために、
教会の裏口で野宿をしたんだ。

 

 

「リパブリック・スクウェアの下の方に
大きな銅像が立ってるんですよ。
裏に人が横向きに挟まれる
場所がありましてね、そこに寝ました」

IMG_6651

 

 

「体バキバキになりませんでしたか?」

「はい。だから今も肩が痛いんですよぉ」

 うわ~~~…
このお兄さん好き!!!

 

 

 

現在シンガポール在住のカズさん
(あれ?確か僕のニックネームみたいに
二文字だったことは覚えてるんだけど…
はっきしと思い出せない笑)

高校卒業後、オーストラリアに渡り、
大学と大学院で勉強したそうだ。

オーストラリアで働いたのち、
オーストラリア人の奥さんと結婚、
シンガポールに移り住み、
今現在4歳の娘さんと2歳の息子さんがいる。

今は育児のために休職されており、
ベジタリアンの奥さんの許可を得て
イランやグルジア、アルメニアなどの
エリアを旅している。

そんな方が野宿て…。ファニーだなぁ。

 

 

「「旅に行っていい?」って
ちゃんと奥さんに許可ももらって来ましたよ。
航空券の「購入ボタン」を押す直前に」

日本を離れて海外で
長く暮らすカズさんの話し振りは、
日本人のよりかは欧米人の持つノリに近かった。

冗談と共に軽くボディ・タッチを
してくるのもなんだか、親しみが持てた。

お互い喋り好き
ということもあって、会話がはずむ。

 

 

昨晩やって来た中国人のお兄さんが
僕たちにサラダを振る舞ってくれた。
すごい英語の上手いお兄さんだった。

三人で中庭のテーブルで
ご飯を食べながら英語でトークする。

カズさんもさすが海外で
働かれているだけあってペラッペラ。
時々なんて行っているか分からなかった。

でも、そういう方の話し振りを
聞かせていただくと、学ぶことも多い。

「actually(実際に)」とか、
そんな単語あったなぁ~。

なんて浪人時代を思い出しながら二人の話を聞いていた。

 

 

 

 

切りのいいところで、
僕たちは各々の活動をすることになった。

僕は漫画も仲間の披露宴で
使う絵も完成させたことだし、
それのデータを相棒に送ってしまいたかった。

でもその前にいい天気だったので、
気合いと根性でリダさんちのトイレで
髪を洗って、洗濯を済ませた。

や、文書で書くとなんともないけど、
リダさんちの水めっちゃ冷たいから!

お昼前ですら、しばらく水に当たっていると
あまりの冷たさに頭が痛くなる。

Scrubbaに水をためて
粉末洗剤をかき混ぜると
冷た過ぎて手が痛い。

井戸水かなんかなのだろうか?

 

 

ここの水は白い。

ミネラルが含まれているようだ。
先日会った日本語のバンドを組む
ヘギンちゃんいわく

「飲んでも大丈夫。
お腹の調子を整える効果がある。
ただし飲み過ぎは逆効果」

だそうだ。

僕はその水を毎日500mlの
ペットボトルに入れて持ち歩いているけど、
今のところお腹は大丈夫だ♪

 

 

 

 

 

雑務を済ませると
僕はいつものバーガー屋に向かった。

IMG_6861

 

 

ブログも書きたまっている。
今日は日記の執筆に当てることにしよう。

「おはよーございまーすカプチーノ!」

まずはiPhoneでブログでも読もうかな。

 

 

…あれ?

 

 

「すいませーん、Wi-Fi使えないんですけど」

「あぁ、そうなのよ。今日だけWi-Fi使えないのよ」

 

 

今日だけ…。

 

 

どうする?他のカフェ行くか?
相棒に描いた絵のデータ送らなくちゃ
いけないんだよな。

ブログのアップもできてないし、
またアップできない分が溜まるのはなぁー…

 

 

まっ、いっか♪

 

 

いつもお世話になっているカフェだし。
今日くらいWi-Fiが使えなくたって
どうってこたぁないぜ。
カプチーノも頼んじゃったしね♪

IMG_6865

 

毎日毎日長ったらしいブログに
写真を貼ってマメにアップしてますけど、
僕のブログなんてそんなものだ。

ダメな時はダメ。
アップできない時はしょうがない。
なぁに死にゃあしねーさ。

最近前向き。いい感じ♪人生最高♪

 

 

そんな感じで僕は
一気に日記を三本仕上げた。

MacBook Proのバッテリーが
なくなってしまったところで作業終了。

外は夕暮れ時。
涼しくなって来た時間だ。
そして僕にとってはバスキングの時間♪

 

 

 

 

 

 

 

だがこの時刻から
どんどん天候は悪くなっていった。

いつもの地下道にいるギター弾きの
おじちゃんがいないので

「この場所とーっぴ♪」
とばかりに唄いだしたが、強風が吹き荒れ、
ギターケースの中に砂や葉っぱが入り込んだ。

雨は振り出し、人の姿はめっきり少なくなった。

 

 

雨から逃げるように
メトロの入り口へと向かう。

そこには僕と同じように
多くの人たちが突然降り出した雨を
止むのを待っていた。

IMG_6866

 

 

雨が止むまでここで唄ってみたが、
反応はイマイチ。

ここでは僕はただの背景の一部だ。

最後の方に何人かがコインを
ギターケースに入れてくれたが。

雨が止んだのを確認して、
僕はいつもの大通りへと向かった。

 

 

雨が降ったあとだったので、
いつも見かけるアコーディオンと
ドラムのおじいちゃん2人組や
ガットギターのアフロのイラン人兄さんの
姿も見られない。

ほんだら僕の独壇場じゃないか!!!

IMG_6872

 

 

もちろん雨がやんだばかりでは
他の人の姿も見れない。

唄っているとじわじわと
歌を聴いてくれる人の姿が増え始めた。

IMG_6871

 

 

どこぞのかっぷくのいい女のコが
豪快に笑いながら僕に写真を求めてくる。

IMG_6868

 

 

宿に泊まっている
中国人のあんさんの姿も見られた。

IMG_6870

 

 

「ここで歌を聴かせてもらうよ」

と言って目の前のベンチに座って
スマートフォンをいじりながら、
しばらく僕の歌を聴いていてくれた。

今日のバスキングはそんな感じ。

IMG_6869

 

 

 

 

 

 

若い韓国人の夫婦が
リダさんの家にやって来た。

ここで欧米人の姿は見てないけど、
日韓中が泊まる宿なんだね。

みんなブログなどのクチコミを
頼りにここまで来たようだ。

 

 

中庭のテーブルを囲みながら英語でお喋りをする。

不思議なもんだよな。

隣接して違う言語を喋る国なのに
英語でコミュニケーションがとれるんだもんな。

僕は発音練習は個人的にしたけど、
文法なんて「なにそれ?」だし、
イディオムだってほとんど忘れてしまった。

「ヒカッキュウ」って
入れ歯のないおばあちゃんがどこかの
ポケモンの名前を言っているようにさえ感じる。

それでも、僕たちは英語を使って会話ができるのだ。

 

 

中国人のお兄さんの名前はフォンと言った。

アジアやアメリカ、アフリカを旅して、
このあとイランへ行くそうだ。

中国人の長期旅行者に初めて会った。

だけど、行きたい国にどこでも行ける
というわけじゃないみたいだ。

 

 

君たちはイランビザが
40ユーロとかだったろ?
中国人の僕はビザに
70ユーロ
(9,819yen)かかるんだ」

「た、高いね」

「ヨーロッパはどこでも行けるだろう?
だが、中国ビザだとそうはいかない。
ひとつの国ごとにビザがいるんだ。
まったくもって不便なビザだよ。
だから今回の旅ではヨーロッパは行けないんだ」

 

 

チャンソ(旦那さん)とチュニ(奥さん)、
韓国人夫婦も世界一周の旅をしている。

上海から始まった旅で
ここまで5ヶ月、旅をしてきたそう。

 

 

ビザとは一体なんなんだろう
と考える。

それは先人の方々が積み重ねた実績、
信用だったり、国家間の関係だったり
するのであろう。

もしかしたら今こうして話している立場は
逆だったかもしれない。

不公平だなぁと感じる反面、
自分はほんとうにツイてるとしか言いようがない。
どこの国に生まれるかは選べないからね。

 

 

それから話はフォンが次に行く
イランの話になった。

チャンソとチュニは
自分たちのオススメの場所をフォンに教える。

僕はそこで気になっていた質問を投げかけた。

 

 

「イランでやたらと「チーン!」だとか
「チャン!」だとか言われて、
中には中国人を嫌う人もいるんだ。
その原因のひとつはメイドイン・チャイナなんだって。
それについてどう思う?」

 

 

フォンは少し納得いかない顔で僕に言ってくれた。

「確かに世界中には
メイドイン・チャイナが溢れている。
だけどその全てが粗悪品というわけではない。
品質の高い中国製品ももちろんある。

だけど、それを全ての国が買えるわけじゃない。
経済的に余裕のない国は君の言う様な
安い中国製品を買わざる得ない。

自分たちが輸入したり、
作らせている中国製品に対して
とやかくいうのは
筋違いなんじゃないだろうか?」

 

 

ふむ。そうだ。

自分の国で作るよりも
コストがかからないから中国で物を作る。

お金をかけていないから
良い物はできない。その通りだ。

 

 

日本にも中国製品は溢れているけど、
僕はその全てを粗悪品だとは思わない。

中にはすげえしっかりした物もあるし、
僕ら日本人はそれに頼っている。

これはイメージの問題だと僕は考える。

「中国製品=安いけどちゃっちゃい」
そのイメージを多くのイラン人が
持っているのではないだろうか?

今回はメイドイン・チャイナについて触れたけど、
他にも色々なイメージがあるんだろうけどね。

外に出ないとわからないことってほんと多いぜ。

 

 

チャンソクは領土問題について話した。

そんないがみあってもしょうがない。
もっと歩み寄るべきだ
彼は言った。僕も同意見だ。

そういう前向きな意見が聞けて
僕は嬉しかった。

そうだよ。おれらは何に捕われているんだ?

 

 

「なぁ、
アフリカや中東を旅して来て
日本人の女のコが一人で
旅しているのを見たんだが、

どうして彼女たちは行く先々で
ボーイ・フレンドを作るんだ?

エジプトで会った女のコなんて、
相手が既婚者で子供もいるのにも関わらず
平気でつき合ってたぞ?
僕には理解できないな」

 

 

うっ…

 

 

まさか、日本人じゃなく、
中国人に指摘されるなんて…。
あまり聞きたくなかった。

僕も日本人の女のコは
尻軽だって聞いたことはある。
もちろんそれはマイノリティーなんだろうけど…

「いや、だいたい
どこの国にもそういう
日本人の女のコがいたぞ?」

 

 

う”っ…。

 

 

韓国人や中国人の女のコの一人旅
というのはポピュラーではないらしい。

フォンは日本人女子一人旅に
違和感を覚えているようだった。

あんなにホイホイ外国人の男に
ついていっていいものなのか?

聞いている限りでは、
「フレンドリー」というか
「イチャイチャ」。

 

 

まー、人それぞれだと思うよ。僕は。

日本人の女のコってカワイイからさー。
ほら?お洒落じゃん?女子力高いじゃん?

そうだよね。
世界中の男どもが日本人の女のコ様に
くびったけなんだよね(ヨイショっと)

 

 

だけどねー、うん。
僕はどういうふうに
フォンに説明していいか分からなかったよ。

どなたか旅女子代表の方、模範解答を僕にください。

————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

「好きに生きればいい!」

別に日本人だからこうあるべき!
だなんてないんだから。
でも、他の国の人から見ると、
やっぱり僕たちは「日本人」っていう
くくりで囲われちゃうんでしょうね。

色々な国の人たちとお喋りさせてもらうと
学びが沢山あります。そしてみんなイイヤツだ。
なんで、日本にいるとあんなに嫌悪感や
ネガティヴなイメージにとりつかれてしまうのか、
僕は不思議でしょうがありません。

ラブ&ピース!

バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★バイト時代の漫画もボチボチアップしてます。
Facebookページ「旅する漫画家」もよろしくね。

★Twitterも…「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!