「キャンプサイトにはスペースシップ」

世界一周699日目(5/29)

 

 

「ヘイ!

とっととテントを片付けるんだ!」

 

 

おふぅっっ…!!!

ちくしょー!全然眠れなかったじゃねえか!!!

 

 

姿形の見えない清掃員のおじさんは
そう言い残してどこかへ去って行った。

言われた通りにすぐにテントを片付ける。
一時間くらいしか寝られなかったが不思議と頭は冴えている。

フレッドマイヤーで身支度を済ませ、
ポートランド州立大学に忘れた漫画を描いた
コピー用紙を取りに行った。

IMG_3694

南アフリカで泊めていただいたエリオットとマユさんご夫婦は
現在アフリカを自転車で旅しています。元気にしてっかな?

 

 

フレンドリーなインド人顔のお兄さんが
忘れ物をチェックしてくれたが、そこには漫画の原稿用紙はなかった。

「残念だけど…」
とお兄さんは申し訳なさそうに言う。

 

 

すこし落ち込んで、すぐに
「ポートランドにくれてやるさ」と開き直った。

スキャンしたデータは残っているのだ。それでいいじゃないか。
定規とケースは失ってしまったが、
それはまたどこかで買えばいいさ。

コピー用紙十数枚とそれを入れる
ペラペラのクリアファイルを仕入れて僕は大学を後にした。

近くにあったスターバックスでWi-Fiに繋ぎ、ルートを検索した。

 

 

ここはアメリカ

14日間お世話になったポートランドともお別れだ。

 

 

 

 

 

住み慣れた

場所を後にするには少し勇気が要る。

やはり人間は新しい環境に飛び込むのよりかは
ぬるま湯に使っている方を選んでしまうのだろう。

これからまたいつもの旅が始まると想像すると
少しだけ不安な気持ちになったが、
ポートランドから出て行くのは難しいことなど何一つなかった。

 

 

最安値で行ける最大距離を導きだし、
僕はウップタウンからストリート・カーのブルーラインに乗る。

ただそれだけ。
わずか2ドルちょっとで街から出ていくことができる。

自分でも驚くほど簡単だった。

IMG_3704

 

 

 

 

 

町外れで路面電車からバスに乗り換えた。

ワゴン車のような小さなバスに乗って、
Macminville(マクミンビレ)という町まで向かった。

アメリカでのヒッチハイクは
そこまで明確はポイントというのが存在しないような気がする。

目的地まで一気に行けることは少なく、
どこか分からないような場所で降ろされることもしばしば。

ヒッチハイカーはまたハイウェイの入り口で
親指を立続けるしかないのだ。

 

 

ウエスト・コーストまで向かう道を僕は選んで
そこまで行ける最安値のルートを調べただけだ。
10ドル以下なら交通機関を使おうと自分の中でルールを設定している。

ちなみにマクミンビレまでのミニバスの値段は
わずか1.25ドルだった。

 

 

 

バスの運転手は地元の顔なじみと
楽しそうにお喋りしながら車を運転した。

IMG_3709

 

 

西海岸の英語は聞き取りやすい。

彼の知り合いのバス運転手の女性は
60を過ぎても未だに現役で車を運転しているらしい。
退職の年齢が年々引き上げられていることに不平をもらしていた。
それは日本も同じだなぁと思う。

顔なじみがバスを降りて行くと、
「よい週末を!」と運転手は言った。

なんだかこういうのっていいな♪

 

 

 

 

 

 

マクミンビレはほんとうに小っぽけな町だった。

トランジットセンターと呼ばれるバス停で下車し、
ハイウェイの入り口らしき場所に向かって僕は歩き出した。

その場所が果たしてヒッチハイクに向いた場所かは分からない。
僕が向かっているのはフリーウェイより狭い
Salmon river highwayというハイウェイだった。

IMG_3717

 

 

 

最も大きなハイウェイを除いて、
あとのものは意外に車が止まれるスペースがある。
時にはサイクリストもハイウェイを走っているのだ。

だからヒッチハイカーがここにいても特に文句は言われないだろう。

僕が検討をつけていた通り、
ハイウェイの始まるポイントは車の止まるスペースが十分にあった。

 

 

そのすぐ手前に別方向へ行くハイウェイの分かれ道があったため
僕はさらに先に進んでみることにした。

だが、10分ほど歩いて分かったのは、
進めば進むほど車の速度が速くなり、
そして駐車スペースも狭まっていくということだった。

 

 

僕は後に引き返そうか迷っていると50m先に車が停車した。
きっと通話かなんかしているんだろう。

 

 

ハイウェイで車が止まったということは
そのポジションに他の車も止まれるということだ。

僕はその車に向かってのろのろと歩いて行った。

前方の路肩に止まった車はなかなか出発しようとしない。

それどころか、運転席からドライバーが出てきた。

 

 

あれ…???もしかして??

 

 

 

 

「あ、どーもっす」

「どこまで行くんだい?」

「ウエストコートまで。リンカーンシティまで行きます?」

「ああ。乗せていってあげるよ?」

 

 

 

マジか。

親指を立てずに車を止めるヒッチハイカーの奥義があると聞く。

いや、そんなもんじゃないな。単なるラッキーだ♪

お礼を言って車に乗り込んだ。

 

 

 

ジョナサンは初老の男性だったが、
若い頃にバックパッカーの経験があり
旅人に対して理解を持っていた。

若い頃は自転車に乗ってアメリカ国内を旅をしたことがそうだ。

僕が漫画家であることを知ると
オススメの小説家を何人か教えてくれた。

カーステレオからはクラシックギターの音が聞こえた。

外の風景はオレゴン州の自然が広がっている。
僕はアメリカの州の中で一番オレゴン州が好きかもしれない。

 

 

「いつもキャンプだなんてシャワー浴びてないんだろう?
よかったらシャワーが浴びられるところに連れて行って上げるよ?」

「ほ、ほんとうですか!!??それは助かります!
ようやくフレッド・マイヤーの個室トイレから解放されましたよ!」

「それにもしリンカーン・シティより先に進みたいのであれば、
ニュー・ポートまで連れて行ってあげることもできるよ?」

「お、お願いします!」

 

 

まさか、今日の目的地に定めていた
リンカーン・シティより先に行けるだなんて。
旅の幸先が良さそうだ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

連れて

行ってもらった場所は、市民プールだった。

IMG_3719

 

 

そこでジョナサンはプールの利用代3ドルを
代わりに払ってくれた。

 

 

「どうする?私は一旦家に戻るけど、
心配だったら荷物もってこようか?」

「いや、信じてます」

 

 

車のトランクには荷物が全て置いてあった。

もうここまで来て騙されたのであれば、
それはそれで仕方がないと腹をくくるしかないだろう。
僕は彼に車に乗せてもらってここまで来たのだ。
それで何かトラブルがあれば自分の責任だろう。

 

 

一時間後に市民プールに迎えに来てもらうことを約束して
僕はシャワーを浴びた。

市民プールの塩素の臭いがどこか懐かしかった。

IMG_3721 IMG_3722

「うわ〜〜〜い!」

 

 

 

 

約束通りジョナサンは僕を迎えに来てくれた。

そして今度はニュー・ポートまで
連れて行ってもらうことになった。

 

 

太平洋が見えた時、思ったことは

『この海を越えれば日本がそこにあるんだな』

ということだった。

IMG_3739

 

 

 

ここからなら航空券もそこまで高くない。

インターネットからクレジットで支払って、
プリントアウトして空港まで向かい、
そこから成田行きの飛行機に乗ればおしまいだ。
僕の世界一周は幕を閉じる。

 

 

だけど、僕は今すぐにこの旅を終えるつもりは毛頭なかった。

 

 

 

時々感じるのだ。

ここから南に下った先にある「南米」と呼ばれる国々が
僕を呼んでいるということを。

 

 

 

南米を旅することをイメージするとワクワクした。
一刻も早く南米に行きたい気持ちになる。

もちろん治安も悪だってよくはない。そこには雑踏があり、
人々が力強く毎日を生きている。

そしてそこを旅することは僕にとっての冒険なのだ。

南米を旅せずにこの旅を終えるつもりはない。

 

 

 

 

 

ニューポートの町に到着すると
ジョナサンは奥さんが経営するカフェに僕を連れて行ってくれた。

カフェは海の町にぴったりと馴染んだお洒落なカフェだった。

至るところにペイントが施されており、
オオダコや色とりどりの魚の絵が僕を楽しませてくれた。

IMG_3747 IMG_3750 IMG_3752 IMG_3762

 

 

ジョナサンはここでサラダを僕にごちそうしてくれた。
10ドル以上もするようなヤツだ。
まず僕一人だったら注文しないだろう。

日本の文字に興味をもっていたので、
Googleで50音表をなどを見せて、
日本語がどのような文字を使っているのかを
簡単に説明することにした。

ひらがなをどういう時に使うのか説明するのは難しい。
ジョナサンは「なかなか興味深いね」と言った。

 

 

 

 

 

サラダと食後のコーヒーを頂いた後、
僕はキャンプサイトへと送ってもらうことにした。

これから海沿いのハイウェイを進んで行くと州立公園が沢山あり、
そこではいくつもキャンプサイトがあるらしいのだ。
値段も7ドルほど。

いつもは公園に野宿するところだが、
ジョナサンがキャンプサイトの使用料を払ってあげるよ?
と申し出てくれたので、
僕は好意に甘えさせていただくことにした。

IMG_3766

 

 

 

 

キャンプサイトはダウンタウンから離れた場所にあった。

近くにあるのはハイウェイだけだった。

 

 

ビジターズ・センターで登録を済ませると、
僕はいつものようにテントを張った。

ここでお金を払って得る物は
安全とトイレとシャワーくらいのものだろう。

まぁ、オレゴンはどこで寝たって危険ではないと思う。

IMG_3769

 

 

 

ただ非常に興味深かったのは、
ここにあるキャンピングカーの数々だった

IMG_3774 IMG_3778

 

 

 

まるで宇宙船のように変形した車が
キャンプサイトの至る所に停泊している。

広場では家族連れの子供たちがフリスビーを投げ合い、
キャンピングカーの前ではたき火や、調理が行われている。

おいおい。こんなにキャンピングカーがあるの初めて見たよ。
ほんとうにキャンピングカーってのは移動式の家だなと思う。

 

 

 

 

僕は荷物を置いて、町に戻ってみることにしたのだが、
トレイルが見つからずに道に迷ってしまった。

IMG_3793

『迷った…!!』

 

 

日も暮れて来たので
今日はキャンプサイトで大人しくすることに決めた。

ビジターズ・センターでは無料でコーヒーが飲めるのだ。
これはありがたい。

 

 

 

日が沈み、まだ空が薄明るいわずかな時間で
僕は海まで行ってみることにした。

浜辺まで出ると、途切れることのない波音が聞こえ、
潮風が絶え間なく吹きつけた。

 

 

あぁ、ついにここまで来ちゃったんだな。

 

 

もってきたギターで奥田民生の「さすらい」を歌う。

辺りには誰もおらず、灯台の光がゆらゆらと海面を照らしていた。

IMG_3799

———————————————–
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Facebookページ

旅する雑貨屋”Drift”

ついった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!