「ムンバイ・デイズ」

世界一周206日目(1/20)

 

この街は
一体どんな顔を持っているんだろう?

IMG_0570

 

 

朝8時半に目を覚まし、サブバッグを持って外に出た。

IMG_0569IMG_0565

 

 

宿のあるFortエリアでは
メインの通りをちょっと離れるだけで
貧しい人々の暮らしを垣間見ることができる。

IMG_0572

 

 

布ばりの「家」とは
言いがたいような住居がひしめきあい、
それぞれの家からお湯を沸かす湯気が立ちのぼる。

IMG_0577

 

 

僕は10ルピーの揚げたポテトを挟んだ
サンドイッチをほおばりながら写真を取って歩いた。

IMG_0598

 

 

ここはムンバイ。
都会的な一面を持つ反面、貧しさも併せ持つ。

IMG_0585

 

 

そしてにゃんこが多い。

IMG_0588

「アニキ、来ましたぜ!ヤツです!」
「何ぃ?アイツか?
おれらのお魚を横取りしたヤツってのは」 

 

IMG_0602

「はぁ…車の上ってあったかい…」

 

IMG_0611

「写真とかマジ勘弁。
徹夜明けで眠いんだよぉ…」

 

IMG_0645

 「喰うべし!喰うべし!」

 

IMG_0667

 「やべっ…あの子ちょうエロい…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここに来て
嬉しかったのはPenny Boardに
ようやく乗れることだった。

IMG_0605

 

 

インドのボコボコしてジャリジャリした路面では
とてもじゃないけどスケボーなんてできなかった。

ムンバイはだいぶ整った道路だ

IMG_0601

(僕はこれを「Penny Road」と呼んでいる)。

 

Pennyを使うと移動が本当に楽だ♪

 

 

ただし、犬には注意しなくてはならない。

気を抜いて警戒を怠るとヤツらは急に吠えてくる。
狂犬病になったらたまんないもんね。

 

ヤツらの姿を認識したらすぐにPennyから降りる。

吠えかかられても対処できる間合いを意識しながら

『べ、別にお前のことなんて
全然意識してないんだから!』

とツンデレっぷりを発揮してヤツらとすれ違うのだ。

 

 

 

それにしてもインドの犬たちは
そこまで襲ってくるような気配を
感じないのはなぜだろう?

日中はだいたい死んだように眠っているし、
トコトコすれ違う時は怖い感じがしない。
そして吠える声が間抜けだ。

 

まぁ、もちろん日の沈んだ後の犬たちは
どこの国も凶暴化するから
十分注意しなきゃダメだけどね。

いずれにせよ東南アジアやインドで
Penny Boardに乗る場合、
ある程度大きな街でなくてはダメだ。

そして犬と車に気をつけること。

 

君がPennyを持って旅をするのなら
他の荷物を削った方がいい。マジで(笑)

もしくは大きな街をメインに旅をするか。

だって乗れないことの方が多いんだもん!
正直今後の状況次第では日本に送り返すよ?

 

 

 

といつも思いつつも
やっぱり持ってるんだよなぁ。

IMG_0619

 

 

 

日本に輸入されてきて『これだ!』って思い
ソッコーで手に入れて、

2012年の大学時代は
下北沢から渋谷までスケートリップで。

2013年のバイト時代は通勤に。

そして今は世界を旅しながら使ってる相棒だからね。

プッシュ専門で未だにキックフリップどころか
オーリーもできないんだけど(笑)

でも、やっぱり重いから!!!!

 

 

PennyでDefenceエリアまで行った。

戦車の模型や軍服を着た銅像たちを見かけた。

IMG_0612

 

 

写真を撮ろうとしたら「NO!」と怒られた。
ここはそういう地区だった。

 

 

 

 

 

 

ムンバイには
2階建てバスも走っている。

IMG_0613

 

 

そのデザインに惹かれたのと、
Pennyで戻るのがめんどくさいのもあって
バスに飛び乗った。

IMG_0618 IMG_0614

 

行き先はCSTM駅。
ムンバイのローカル駅だ。

 

 

 

と言ってもCSTM駅はけっこうデカい。
(てか「CSTM」ってなんの略なんだい?)

駅は年期の入った大きな建物で
ちょっとした観光名所のようになっている。

IMG_0629

 

 

すげえぇ…

 

と思いながら、バスを降りた目の前に
楽器屋さんを発見したので
弦のセット255ルピー(428yen)と
バラ売りの1・2・3弦を買っておいた。

IMG_0622
合計335ルピー(553yen)。

 

品質のいいのだと千円近くするものがある。
まぁ、僕くらいのレベルだったらこのくらいが丁度良い。

 

 

そして近くのマックのトイレに駆け込む。

朝からお腹がゆるい。
安い朝食好きなんだけどねぇ。
ときたまヒットするんですよ。

お腹が調子を崩しかけているのにもかかわらず、
現在マックで行われている
スクラッチのキャンペーンにまんまとやられた!

スクラッチを削って出たのは「マック・グリル」。

 

「あのぉ、これって今使えます?」

「次回のご注文からですね」

「あっ、じゃあ25ルピーの
マック・ピザ・パフで」

 

オーダーして席に戻ると
頼んだ60ルピー(101yen)のスプライトが
片付けられてしまっていた。
まだ半分しか飲んでないのに!

ちゃんと「席とってますよ」アピールするために
レシートもカップの下に置いて、
さも今到着したばかり的な演出をしてたのにっっっ!!!

隣りに座っていたインド人カップルが
「あ~、マネージャーに言った方がいいよ」と
アドバイスしてくれたので、僕はマネージャーに抗議しに。

マネージャーは素直に
新しいスプライトを僕にくれた。おっ意外。

IMG_0627

 

 

 

 

 

 

 

マクドナルド
一時間ほど旅ノートやお小遣い長をつけたあと、
僕はムンバイ探索を再開した。

こらまた年期の入ったムンバイを代表する建物の数々。

IMG_0655 IMG_0676

 

 

高架下沿いには様々なお店が軒を連ねる。

IMG_0658

 

 

たまたま見つけたサンドイッチ屋さん。

IMG_0653

 

ここで食べた30ルピー(50yen)の
ベジ・チーズ・サンドイッチが美味しかった。

IMG_0651

 

そして
甘いものの誘惑に勝てず、

30ルピーの
チョコレートケーキをほおばる。

 

 

 

 

げえっっぷ…。
今日はもう何も喰わねえぞ。

 

 

 

と思いつつも、昨日のWi-Fiフリーのカフェで
60ルピーのレモンティーをオーダー。ネットを満喫。

そして18:30にバスキングをしにインド門へ向かった。

時間も遅いし、昨日より人が少ない。
そうか昨日は日曜日だったのか。

 

「ここでやるな」と注意されたり、
うるさい通りで唄ったり、
タージマハール・ホテルの前で唄ったり。

「オブリガード」と

ずっと聴いてくれていたあんちゃんから
キーホルダーをもらった。

 

 

 

ムンバイ。

宿は高いけど、
メシは安いし、インドが凝縮された街。

IMG_0620

 

 

できればもう少しいたいけど
次の目的地は決まってるんだ。

 

1月22日。
僕の25歳の誕生日。

その日を「ある場所」で迎えたいと
僕は考えていた。

———————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております!

ちょっとタイムラグがありますが25歳になりました。

祝ってくれたみんな、本当にありがとう。嬉しかったよ。
(つっても相棒からしかメッセージなかったんで、
自分でFacebookに書き込んだんですけど…)

25歳。旅をする年になります。

夢だった世界一周。

脳みそがオーバーヒートしそうなくらい、めまぐるしく移り変わっていく日常。

時々それが当たり前に思えてしまうくらい。

だけど、一瞬一瞬が宝物。

いい人生だ。

 

★バナーをポチしてページの読み込みが完了すると
ポイントが入る仕組みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★相棒のまおの作ってくたFacebookページ
旅する漫画家」もよろしくです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!