「ミナさんがくれたもの」

世界一周261日目(3/16)

 

救えないくらいの
ロマンチストの話をしよう。

PICT0010

 

 

 

ソイツは友達と
初めての海外旅行でインドにやってきて、
初日に1万3千円も
ボラれてしまうようなヤツだった。

一週間その友達とインドを旅して、
バラナシでまるでロード・ムービーの様に別れ、
別行動をとることになった。

ソイツは特に敬虔な仏教徒でもないのに
ブッダ・ガヤにやって来たんだ。

そこで一人の日本人と
一人のインド人と出会うことになる

 

 

出会った日本人は女性だった。
たまたまソイツがチェックインした宿に
一日遅れてやって来た人だった。

とても優しそうな雰囲気を持つ年上の女性で、
仕事を辞めてインドを三ヶ月も旅していた。

ソイツはその人に言った。

「僕も世界中を旅してみたいけど、
やっぱり将来のこととか考えると
無理かなって思っちゃうんですよね」

 

その人と笑って
やさしくタバコを吸った後、こう言った。

 

「その想いはね、
長いこと心の中にくすぶって、
きっといつか私みたいに
旅に出たくなると思うわ」

 

たった15分程度の出会いだった。

ソイツその日にうちに安い宿に移ったため、
その人とはもう顔を合わせることはなかった。

こんな狭い町なのになぁ。ソイツはそう思った。

 

その人が泊まっていたドミトリーに
置き手紙をすると、他の人を通して
沢木耕太郎の深夜特急のインド編が
その女性からソイツの元に届いた。

ソイツもまったく同じ本を
インドに持って来ていたが、
自分の持って来た方を
どこかのゲストハウスに寄付し、

その女性からもらった方を
日本に持ち帰った。

PICT0002

 

 

 

 

ソイツがブダッガヤで
出会ったインド人は
チャイ屋の男性だった。

ボロボロで砂まみれのテントの様な屋台で
チャイを売る男。

幼い子供たちが二人。そして男性の妻。

PICT0013 PICT0014

 

 

ソイツはブッダ・ガヤの滞在中、
何度かその店に足を運んだ。

その露店でハーモニカを吹いて
子供たちと遊んだり、日本から持って来た
折り紙で鶴を作ってプレゼントしたりした。

 

「明日、別の町に行くよ」

ソイツがそう男に告げると、
チャイ屋の男はこう言った。

 

「私はいつでも
ここでチャイを売ってるよ。

だからいつかまた
この店に来ておくれ」

なんでもない一言だったが、
ソイツは涙が出そうになった。

男性の日常にたまたま入り込んだ旅人に
こんな言葉をかけてくれる優しさは
一体どこからやってくるのだろう…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AM4:20。

IMG_2872

 

 

ダージリンからシッキム、
NJP駅と続いた移動で
列車はようやくパトナという駅に到着した。

地図を見るとガンジス川が近い。

ちょっと朝日でも見に行こうかと考えたが、
親切なインド人のおっちゃんが

「ガヤに行くんなら、4時50分だぞ!」

と教えてくれた。

こういうきっかけを僕は大事にする。

そうか。ここは早くガヤに
向かえということなのだな。

IMG_2873

 

 

駅の売店でお菓子とコーヒーを買って、
ガヤ行きの列車に乗り込んだ。

いつもとは少し違う列車。

IMG_2881

 

 

無数のスチール製の
つり輪がぶら下がっていた。

IMG_2879

 

 

インドの満員電車というのは、
日本のそれとは少し性質が違う。

気遣いなんてほとんどないし、
みんなフリーダムに乗っている。

だが、ここで乗った列車は
日本の満員電車に近かった気がする。

 

最初は余裕があったため、
座りっぱなしだった体をほぐそうと
壁際に荷物を置いて立っていたのだが、

乗車間際になると人が押し合いへし合い、
次の停車駅ではさらに人が乗り込んできた。

IMG_2883

 

 

不自然な立ち方で体を支えるため、
足が痛くなってくる。

これは最初のうちに
座席に着いておくべきだった。

3時間しんどい思いで立ち乗りし、
残りの1時間は席に座って
ガヤまでの移動をやり過ごした。

IMG_2885

 

 

 

 

 

 

 

4年前にも訪れた
ガヤ。

 

トゥクトゥクの運転手たちは
日本語で話しかけてくる。IMG_2886

 

 

列車の中でブッダ・ガヤまでの
相場を確認しておいた。
他の乗客とシェアできれば30~40ルピー。

周りにはカタコトの
日本語が話せるドライバーたち。
日本語が喋れるということは、
ふっかけてくる可能性も高いということだ。

最初の言い値は
100ルピーくらいから始まる運転手もいれば

「今日はホーリー・フェスティバルなんだよ」

と祭日を理由に
運賃のつり上げをしてくるヤツもいる。

IMG_2888

 

 

それでも僕は他の乗客と
シェアすることにより、40ルピーで
ブッダ・ガヤまで向かうことができた。

ブッダ・ガヤが二回目だとい言葉も
彼らに効いたのかもしれない。

IMG_2890IMG_2899

 

運転手はしきりに紹介料を受け取れる
他の宿を進めてくるが、
僕のチェックインする宿は決まっていた。

うろ覚えだが、場所は覚えている。

 

運転手にそのホテルらしき建物の
前まで連れてきてもらい、
中に入って宿の人間に確認する。

「ドミトリーはありますか?」と。

IMG_2900

 

 

だが、
ドミトリーはないと言う。

おかしいな?
確かこの宿だったんだと思うんだけど。

宿の外に出ると、
トゥクトゥクの運転手は
「さぁ、違うホテルに行こう」と
もちかけてきたが、
僕はここがその場所だという確信があった。

もう一度ホテルに入っていき、
内装をチェックする。

間違いない。この宿だ。

IMG_2906

 

 

「4年前、ここに
ドミトリーがありましたよね?」

「おぉ…そうだよ。
改装工事したんだ」

マネージャーが出てきてこう言った。

 

「4年前もここに泊まったんです」

僕がそう告げると、
マネージャーは200ルピーにしてくれた。

シングルルームには
ホットシャワーも出るし、Wi-Fiもある。

 

 

ここで「あの人」
会えるかもしれない。

そんな映画みたいな
期待があったのかもしれない。

もちろん、ここに「あの人」の姿など
あるわけもなかった。

自分でも分かってた。
そんな奇跡は起こりっこないって。

僕は4年前、彼女がタバコを吸っていた
玄関前の階段の同じ場所に座り、
同じようにタバコをふかした。

IMG_2904

 

 

 

 

サブバッグを持って、
4年前のチャイ屋に足を運んだ。

IMG_2910

 

 

同じ場所にテントのような
露店は立っていただが、
そこはもぬけの殻だった。

使われなくなった
お湯を沸かす石釜が設置されたままだ。

僕が会った男性の腕には
「J・B」と入れ墨がしてあった。

もしかしたら近くの露店の人間は
彼のことを知っているかもしれない。

IMG_2912

 

 

近くで露店を営む数人に
「J・Bという
入れ墨の入った男を知らないか?」
と尋ねてまわったが、

誰一人として、
彼を知っている人間はいなかった。

IMG_2913

 

 

彼と、その家族は
一体どこに行ったのだろう?

宿に戻るとその日は
何もする気が起きなくなってしまった。

4年ぶりに戻ってきたブッダ・ガヤで
僕の期待していたものに
再会することができなかったという失望感があり、
長時間の移動で疲れたということもある。

 

 

 

 

僕は救えないくらいのロマンチストだ。

IMG_2919

 

 

些細なことにこじつけや
意味を見いだし、日々を生きている。

それは決して悲観的なものではない。

むしろ、毎日を前向きに生きる
僕のスタンスでもある。

 

旅に出たい。世界を見たい。

 

僕が「世界一周」という言葉を見つけたのは、
高橋歩著の「WORLD JOURNEY」という本だった。

僕がVillage Vanguardで
この本を手に取った時には、
既に情報は古くて今のような
スマートな旅については書かれていなかった
(なんせ高橋歩はラジカセと
厳選したCDを持って旅してたくらいだ)、

だが、そこには
冒険のロマンが沢山詰まっていた。

そしてこの本は僕の中の
「心に旅に出たい!」という想いを灯した。

それは時を経て僕の中でますます熱く燃えた。

 

 

 

あの日、ミナさんからもらった
深夜特急は僕の部屋の本棚に置いてある。

もらった置き手紙は、
インドを旅した時につけていた
ノートの間に大切に今でも挟んである。

PICT0001—————————————————–
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

知らない土地を旅するのもいいけど、
「戻ってくる」そういうのもなんかいいっす。

思い入れのある土地に足を踏み入れると、
当時の記憶がフラッシュバックするのです。

今回はロマンチストなシミに
お付き合いいただき誠にありがとうございました。

バナーをポチするとポイントが入る仕組みです。
レスポンスあると嬉しいっす。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

★四年前、一緒にインドを旅した相棒が作ってくれた
Facebookページ
旅する漫画家
もよかったら覗いてみてください。

★Twitterも隠れてやってます。
「indianlion45」がアカウントっす。

2 件のコメント

  • 私も同じ本もってます^ ^

    どこかでまたミナサンにであえますよーに⭐︎

    • >れーな★ちゃんさん

      たぶん「深夜特急」で一番売れてる巻が
      インドの巻だと思います(笑)
      だいたいどこの日本人宿にも置いてありますし。

      ミナさんがあの日言った一言は
      気づいていなかったけど、
      僕の頭の片隅にずっとありました。

      そして、僕は今旅をしています。

      なんだか予言めいた言葉だったなぁ。
      また会いたいっす…。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!