「ここがインドなら僕は迷わず君たち全員にプロポーズするよ 」

世界一周313日目(5/7)

 

「あ~、
やる気でねぇ」

というのが朝の口癖だ。

IMG_6824

 

 

リダさんちが自分の家にいる感覚に
近くなってきたことは間違いないだろう。

ここにいると活動する気が
起きないんだよなぁ~。

 

 

今日はそのまま作業場には直行せずに
日記を書いて時間を過ごした。

そしていつものように
メトロに乗って向かった先は
クイーン・バーガーのある駅ではなく、
そこからさらにふたつ離れた駅。

IMG_6801

 

 

オフラインのマップアプリで
オペラの場所を確認して
「彼ら」が来ているか辺りを見渡す。

うん。まだ来てないようだな。

その前にあれやっちまうか!

 

 

gorillapodを装着した一眼レフを
いい感じのポジションにセッティングする。

IMG_6804

 

 

せっかくだから
デッド・ベアのレックスくんにも
出演してもらおう。

僕が撮ろうとしているのは

仲間の結婚式の
サプライズ・ムービー。

 

 

お祝いの言葉なんて初めて言うよ。
なんて言えばいいんだろう?

オペラの前で僕はカメラのモニターを
何回も確認してRECボタンを押した。

オペラ前で一眼レフと格闘しているアジア人を
周りの人は面白がっている。
けど、気にしててもしょうがない!

相棒のアイデアで
どんな風に映像を撮るかは決まっていた。

ギターを持った僕が
Penny Boardに乗ってフレーム・インしてくる。
そこでお祝いの言葉を述べて一曲唄う。
そしてPenny Boardに乗ってフレーム・アウト。

唄う曲はウルフルズの
「バンザイ!好きでよかった」だ。
披露宴にはピッタシの曲。

フルコーラスだけでは長過ぎるので、
ワンコーラスだけ唄って終了だ。

気持ち悪いロン毛の旅人が
熱唱する3分間の動画。

 

会場は爆笑の渦に
巻き込まれること
間違いなし!

 

あとはクイーンバーガーのWi-Fiから
これを相棒に送っるだけだ!

撮り直し命じられたら…。
うん。その時はその時だよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

「お待たせしました♪」

IMG_6815

 

やって来たのは
小柄なアルメニアの女のコ。
ヘギンちゃん。

 

 

おかーさーん!。
僕にもようやく春がきたよ~!

誰かに言われた

「シミくんってモテキの主人公に似てるよね」

って言葉が忘れられないよぉ~~~!!!

IMG_6800

 

なるたけ冷静さをふりかざして
「じゃ行こっか」と言う。1cmだって飛べません。

事務所まで向かう途中、
ヘギンの妹も合流して3人で並んで歩く。
お、おれ女のコはべらせちゃってるよぉ~!

 

 

そして大きな建物の中に
僕は連れ込まれた。

IMG_6822

 

 

高鳴る心臓。

これってもしかしてー…

 

 

 

 

 

 

はい。部室ですね。

IMG_6816 IMG_6818

というのも数日前、路上で唄ってたら、
アルメニアで「HANA」という
日本語の曲を演奏する
ガールズバンドのコたちに
声をかけられたのだった。

「よかったら一緒に唄いませんか?」

ってお誘いをいただいており、
前日Facebookでヘギンと
メッセージのやりとりをして、
今日オペラの前で
待ち合わせすることに決めていた。

今度こそは約束を
すっぽかされたりしません!

 

 

 

日本大好き女子の感じが全開の部室。

IMG_6819

 

 

壁は彼女たちの手によって
壁一面に桜の絵が描かれていた。

この部屋は大学の構内にある。

メンバーの「つて」で
タダでこの部室を借りているそうだ。

IMG_6820

この人がボスらしい。

 

 

練習は別の場所でやっているらしく、
ここは事務所的として使っている。

別にプロのミュージシャン
とかいうのではなく、
仕事に就いているメンバーもいた。
ヘギンも明日出張らしい。

僕より歳下なのに
しっかりしていることは間違いないね!

 

 

「HANA」の他のメンバーも集合して、
色々お話させてもらった。

 

 

Q,「なんで日本語の曲を歌おうと思ったの?」

A,「きっかけは2011年の
日本の震災だったの。
それで私たちは日本に
関心を持つようになったのね。
アルメニアの他の人にも
日本に関心を持ってもらおうと、
日本語の曲を歌おうと思ったの」

 

 

彼女たちはアルメニアで
日本語の歌を唄う初めてのバンドなんだそうだ。
テレビにも2回ほど出演したことがあるという。

彼女たちのつながりは、同じ大学の生徒。

担当は全員ピアノ。
ヘギンの妹がギターも低そうだけど、
なんかゴスペラーズみたいな感じなのかな?

ちなみに日本語はヘギンのみが喋れて、
あとは英語でのお喋りでした。

 

 

 

 

 

「それじゃあ
何が唄えるかしら?」

と、ここで
高度な要求が
僕に求められた。

んなこと言っても、
コード抑えるだけで精一杯なんだよなぁ~…

 

 

「どんな歌が唄えるの?」

逆にこっちが質問してみる。
「上を向いて歩こう」とか
ベタなのだったら唄えるよ!!??

 

 

「えっと、
斉藤和義の「優しくなりたい」と
レミオロメンの「3月9日」、
嵐とか、ラピュタもー」
「ラピュタで
お願いします!(即答!!!)」

 

ヘギンのスマートフォンで
コードを調べてもらい、
そこから一時間は練習。

若干キーが低いけど、
HANAのメンバーは自分の持ち歌だけあって、
綺麗に合わせて唄うことができている。

僕はひたすらコードを抑えるだけ。
今回は伴奏者に徹します!

 

 

 

思うのがー、

頼むよONE PIECEみたいに
回想をはさませてくれ。

 

 

ほら?よく小学校で
合唱ってやらされたじゃない?

そういう時って大抵ピアノを
習っている子が伴奏者をさせられてたよね。

あの時、ピアノなんて
これっぽっちも弾けない僕は

「ピアノが弾けるんだから、
伴奏者をやって当然っしょ?」

って考えてたけど、

よく考えたらあれって
半強制だったんじゃ
ないかなぁって思うわけさ。

 

 

けっこうピアノ弾ける子って
頭よくなかった?

きっと彼らは頼まれたら

『えっ!?
私、ピアノ教室の
課題曲の練習もあるし、
塾の勉強もあるんだけど!』

ってなってたと思うんだ。

もちろんピアノ弾くのが
大好きだった子もいると思う。

 

 

だけど、
唄わない伴奏者をやってみると、
小中でいつもピアノの伴奏者をやらされてる
クラスメートを思い出したのだ。

まぁ、僕の方は楽しいけどね!
だってこんなカワイイ娘と
一緒にできるんだもん!デヘヘヘヘ~!

彼女たちのFacebookページに
公開する動画を撮った。

自分の気持ち悪いくらいに
ニヤけた面を見ると
少しヘコんだのはここだけの話。

 

 

 

 

「時間とか大丈夫?
さっき授業があるって
言ってなかったけ?」

一応今回のセッションは
13:00~15:00ということになっていたが、
その時刻はとっくに過ぎてしまっている。

 

 

「行きません。
楽しいかったら
行かないって決めてました♪」

っといたずらっぽく言うヘギン。

 

 

やべっ…。
私、惚れちゃうかも…。

 

 

 

「じゃあ何か食べに行きましょう!」

HANAのメンバーたちと
一緒に一軒のローカルなご飯屋さんに入る。

IMG_6828

 

 

ここのラマジョ(だったけな?)は
エレバンで一番美味しいらしい。

IMG_6826 IMG_6827

 

 

メンバー最年長のアニーは
ティッシュでテーブルを軽く拭き、
別のティッシュでグラスと
取り皿をひとつひとつ拭いた。け、潔癖…。

 

出て来たのは薄焼きの生地に
ミートが乗ったもの。それを丸めて食べる。

出された食べ物が
美味しかったのはもちろんのこと、
ここでローカルな食べ物が
食べられることが僕は嬉しかった。

いつもパンやトマト、お昼はカプチーノ、
夜にそこら辺で売っている
ケバブみたいなのを食べる。

そんなみたいなお決まりの
食生活だったからこそ、
その美味しさもひとしおだった。

 

 

お金を払おうとすると、みんなが

「今日は来てくれてありがとう。
ここは私たちが払うから大丈夫よ」

と言ってくれた。

 

一夫多妻制だったら、
迷わずみんな
僕の嫁にしていることだろう。

 

 

 

 

 

日が沈むまでの
残った時間、

僕は仲間の披露宴の
プログラム作製をしたかったので、
そのままクイーン・バーガーに向かうことにした。

IMG_6830

 

 

よくバスキングをする通りや
リパブリックスクエアを抜け、
歩調を女のコに合わせる。

ゆっくりと僕たちは
クイーン・バーガーまでの道のりを歩いた。

IMG_6833 IMG_6832

 

「それじゃあね。今日はありがとう」

「こちらこそ。とっても楽しかったよ」

 

 

そうお互いにお礼を言って、僕たちは別れた。

IMG_6834

 

毎日がこんな出会いばかりじゃない。

だけど、こういう数少ない
出会いだからこそ、
僕はそれを愛おしく思えるのだ。

 

 

バーガー屋のドアを入ると
店員さんたちがニコっとして僕を迎えてくれた。

いつもと同じテーブルについて僕は
原稿用紙を広げる。

IMG_6835

 

 

けっこういい感じでノれている。
明日には完成できそうだ♪

IMG_6838

————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

バスキングのレパートリーに「君をのせて」が増えました笑。

でも、Emから始まるコードだったので、キーが低いし、
曇りの日に唄うとテンションさがっちまいます。
いい唄なんだけどねー。
きっとどこかでこの歌が活きるシチュエーションがあるはず!

ラピュタ好きの君はポチだぁぁぁ~~~!!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

★Facebookページにいろいろと作品載せてます。「旅する漫画家

★Twitterもなぁっっ!!「Indianlion45」


聴いて驚け見て笑え!


7 件のコメント

    • >ckさん

      えっ!面食いなんですか!!??
      端正な顔立ちな人間の遺伝子しか残さないんですか!!??
      まじかよ!そりゃないぜ〜!

      男は顔じゃないっしょ〜!
      中身っしょ〜!

      (頼む…誰かそう言ってくれ)

        • >れーな★ちゃんさん

          よくぞ言ってくれました(涙)!

          ですが、
          ですが、髪の毛が長くて、薄汚い
          26歳の漫画家志望の男だったら
          どうでしょう?

          てか最後の「www」って…。

          ちくしょー!
          そういうことか!
          そういうことなんだなぁ!

          おか〜さ〜ん!

    • >れーな★ちゃんさん

      ちなみに僕は年々パズーのセリフに
      アレルギー反応を起こすようになってしまいました。

      『そんなクサイセリフ…おれには言えない!!!』

      だって地平線が輝いちゃうのは
      君がいるからなんですよ!
      マジやべ〜!
      おれが言ったら女のコぜってー
      「プッ!」って吹き出すよ!

      やっぱあの映画にはロマンが詰まってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!