「歩的に言うなら『ちょ、マジ、リスペクトっす☆』」

世界一周524日目(12/4)

 

 

体を横に

しているだけでも
体は休まるのだから不思議だ。

IMG_2450

 

 

 

どういうわけだか、
鼻風邪も徐々に良くなってきている。

ってかおれ体丈夫だな。

ここにひとつの仮説を提唱したい。

 

 

「僕がなぜ体調を崩さないのか」

ということに対して。

 

 

この4ヶ月以上に及ぶキャンプ生活のおかげで、
僕の体はある程度の負荷に耐えられるようになった。

そう。筋力トレーニングと同じ要領で。

人間は適度な負荷が加わると、
それに耐えうる体へと変化していくのかもしれない。

 

 

や、マジで一睡もできなかったんです。

気づいたら朝だったし、
10時くらいまでは二度寝しようかと思ったんだけど、
どういうわけか寝れなかった。

 

 

しかたなく身を起こし、
寝袋や銀マットをたたんで撤収した。

頭はボヤボヤしていない。
むしろ冴えているとも言えるだろう。

宿でベッドから抜け出せない時、
二度寝から覚めた時の方がよっぽどボヤボヤしている。

体を横たえて目を閉じていれば
体は休まるーのかな…???不思議だ。

 

 

ここはイスラエル、エルサレム。

IMG_2448

 

 

 

ここへ来た理由はひとつしかない。

 

 

バンクシーの絵が
見られるからだ。

 

 

だけど、それは明日にとっておくこととして、
今日はまずオールド?シティーを歩いてみよう。

IMG_2454 IMG_2458

 

 

 

観光地価格の7シュケル(211yen)もするパンを
かじりながら街の中に入って行った。

まず向かったのが嘆きの壁だ。

や、僕だってこういうベタなものも見てみたいよ?
せっかく来たんだからさ。

 

 

 

 

荷物を検査する探知機の前で
ギターの持ち込みができないと言われた。

預けるところがないかと、
近くのレストランにギターを置かせてくれないかと
訊いてみたのだが、レストラン内には
預けることはできないと言う。

フル装備で移動している僕の悩みの種だ。

観光が不便!

あれ?なんで僕、宿に泊まってねえんだろう?

 

 

 

 

仕方がないので、ギターを鉄柵に
ダイヤルロックで固定した。

レストランのお姉さんに見ていて
もらえないだろうかとお願いすると、

お姉さんは「それくらいなら」と
ギターを引き受けてくれた。

IMG_2462

 

 

 

 

 

嘆きの壁、別名ウェスタン・ゲートは
実際に近づいて見ると、ただの壁だった。

IMG_2465

 

 

 

壁はフェンスで男性用と女性用とで分けられており、
壁がどこか小さく感じるのだ。

写真で見てきたあの壁はー、
まぁ、よく撮れてると思う。
写真映えするんだろうね。

 

 

外はかなり暑かった。

バックパックを背負ってあるていると、
背中がじわっと湿った。

壁は左に洞窟のように
天井のついた室内へと続いており、
そこでは冷房が効いていた。

ユダヤ教徒用の椅子に座って
壁に祈りを捧げている人たちの姿を
しばらく観察していた。

ユダヤ教徒たちは体を立てに揺らしながら
朗々と祈りを捧げていた。
中には唄うように祈る人もいた。

白シャツに黒のパンツ、黒のハット、
そして黒のジャケットを着ている。

 

 

もみあげを立てロールみたいにして、
草食動物の耳のように垂らした
「超正当派」と呼ばれる人たちの格好は、
いつからスタートしたのかを考える。

だってユダヤ教が誕生した当時には
こんなお洒落(?)な格好はないと思うから。

IMG_2472

 

 

 

 

 

 

嘆きの壁

を後にした。

 

 

そのまま岩のドームに壁の外をつたって
向かおうとしたのだが、東側の壁は一旦外に出ると、
なかなかオールド・シティーの中には
戻れないようになっていた。

城壁の外を歩いている人の姿は
ほとんど見当たらない。

 

 

人気のない日陰でギターの練習をした。

まだ鼻風邪をひいているけど、
唄えないわけじゃない。

IMG_2484

 

 

 

 

 

少し休憩した僕は
新市街に行ってみることにした。

ここは物価が高い。

もしかしたらバスキングで
お金が稼げるんじゃないかと思ったからだ。

 

 

アップに選んだのが、
道幅の狭いショッピングストリートだった。

IMG_2497

 

 

 

目の前にノース・フェイスのお店がある。
店員のお兄さんと目が合うと
「今からやるのかい?」と
ノリ気でめくばせしてくれた。

ここはそんなに厳しくなさそうだ。

 

 

ケースからギターを取り出して、チューニングをする。

ギターの前に「COME FROM JAPAN」と
書かれた自己紹介のボードを立てた。

 

 

 

 

「まずは自分が楽しむこと」

 

 

声も本調子じゃないので、キーの高くない唄を唄う。

一曲ですぐにレスポンスがあった。
いくら入ったかは分からない。

最初から好感触だとこっちもノれる。

 

 

 

そん中、日本人のグループの姿
僕の方に近づいてくることが分かった。
女のコ二人に男一人。

 

 

 

あれーーー…???

あの人どっかで見たことがある気がするーーー…

 

 

 

 

 

「えっ!あ!
マサトさんだ!
ブログやってますよね!マサトさんだ!」

IMG_2499

 

 

 

にほんブログ村のランキングに
参加している人はなんとなく知っている。

僕はそこまで他の人のブログを
読んでるわけじゃないけど、
マサトさんの名前と顔は知っていた。

 

 

「え??!!
なんでこんなとこにいるんですか?
ロバはどうしたんですか?
うわっ!本物だ!」

 

 

よく分からないけど、

テンションの高い僕。

 

 

高橋歩的に言うなら

「ちょ、マジ、リスペクトっす☆」

だ(笑)。

 

 

向こうも、こんなエルサレムの
ショッピングストリートで
ギターの弾き語りをやっている日本人に
少し驚いたようだ。

少しお話をさせていただき、
写真も何枚か撮ってもらった。

IMG_2501

 

 

 

「まだイスラエルいますよね?
また、どこかで会いましょう!」

そう言ってマサトさんは
日本人の女のコを二人はべらせて
僕の前から去って行った。

 

ブロガーの上位になると
そんなこともできるのか…。羨ましいぜ…!!!

 

 

 

 

タミングを見計らうように
ノース・フェイスの店員さんが僕に
「ギターを貸してくれ」と言ってきた。

お兄さんが弾いたのは
OASISの”Wonder Wall”という曲だった。

僕も半分くらい歌詞を知っていたので、
お兄さんの弾き語りに合わせて唄った。

歌詞がわからなくてもカズーがあれば
それなりに合わせることができる。

 

 

 

 

 

5曲ぐらいでアップを終えることにした。

ケースには10の文字が書いたコインが
何枚か入っていた。これで一体いくらになるんだろう?

てか、これが10シュケルだったら
すげーことになるぞ!

僕はワクワクしながらレートアプリで
今いくら稼いだのかを計算した。

 

 

 

 

「0.7シュケル(21yen)

ひゃっ、百円すらいってねえ…。

 

 

 

物価の高い国で稼げるって
思ったのが甘かったのかな…???

中心地のマクドナルドで
日記も書かずにずっと絵を描いていた。

一度描き始めると、なかなか止めることができない。
IMG_2511

IMG_2514

 

 

 

 

16時になって
もう一度バスキングにチャレンジしてみることにした。

中心地には以外とオープンテラスのお店多い。
ここで唄ったら苦情がくるかもしれない。

IMG_2511

 

 

 

声の大きさを小さくしてポソポソと唄っていると、
意外にもレスポンスが合った。

目が合うと、笑い返してくれる人が多い。

観光客では韓国人のお兄ちゃんが
しばらく聴いてくれたりした。

 

 

バスカーは僕の他にも何組かいた。

近くの木に登って
クラリネットを吹く面白いバスカーもいる。

オープンテラスの人たちも
この街のバスカーに寛容みたいだった。

 

 

ジャスト一時間の演奏でアガリは
30シュケル(904yen)。

物価が高いからすぐに使い切ってしまうだろう。

 

 

バスキングを終えて再びマクドナルドに向かった。

野宿をする国でマクドナルドがあるのは
ほんとうにありがたい。

そこは僕の部屋の延長線上だし、僕の避難所でもある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閉店

まで作業をして、今日も寝床探しへと向かった。

オールド・シティーの東側の城壁へと向かう途中、
僕は通りに何軒も連なるバーの通りを
バックパックを背負いながら歩いた。

イスラム教以外であればお酒は飲めるのだろう。

欧米人たちがシーシャを吹かしながら
陽気にビールを飲んでいた。

IMG_2516

 

 

 

 

『ほんとうに
ここがイスラエルだろうか?』

 

 

僕はまた、自分の今いる場所が
三大宗教の発祥地であることの実感が掴めなくなった。

でも、こういう陽気な夜もいいもんだ♪

 

 

 

誰もいない夜のイスラエルを
自分の唄を大声で叫ぶ。

誰も僕のことなんて気にしてやしない。

良い歌詞が浮かぶと、少し嬉しくなった♪

 

 

 

今日の寝床は昨日の場所から
少し離れた公園のような場所。

オールド・シティの東側にはあまり人は来ない。

それでも、すぐには見つからなさそうな場所に
テントを立てた。

 

 

テントを立てた場所は
若干傾斜になっており、少し寝にくい。

今日は破裂音も野良犬の遠吠えの聞こえない。

 

 

それなのに、3時過ぎまで眠ることはできなかった。

何かワクワクするような
アイディアを思いついてしまうと、
寝れない時だってある。

 

 

夜遅くまで脳みそは動いていた。

IMG_2518

—————————————————-
★世界一周ブログランキングに参戦しております。

うん!フツーーの日記だった。

イスラエルを歩いてみると、そんな厳かな雰囲気よりも、
そこで住んでいる人の生活の方がよりリアルに感じます。


僕の場合はね。

 

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
★Facebookページ「旅する漫画家

★Twitter「Indianlion45」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」を目指す、清水陽介(シミ:24歳)の世界一周ブログです。