「腑抜症候群」

世界一周773日目(8/11)

 

 

ここが安宿

だと思い知らされたのは、
ここに泊まっている客たちの配慮が全くない
ということからだった。

IMG_8627

 

 

特に夜中だ。

深夜1時を過ぎてもフツーの会話のボリュームで話す。
寝ている人間への気遣いなんてものはない。
宿のスタッフたちが注意する気配はない。

安宿に長いこと滞在しているヤツが権力みたいなものを持ち出すのは
どこも一緒なのかもしれない。

二階のシングルルームにいる欧米人のおっさんは
音楽を垂れ流したり、マイペースにくつろいでいる。

 

 

何が言いたいのかとうと、
昨日どっかの欧米人が夜中ペチャクチャ喋っていたせいで、
なかなか寝付けなかったということだ。

 

 

ここはメキシコ、オアハカ

気分は落ち込み気味。

 

 

もう何もする気がしない。

IMG_8637

 

 

 

 

長い期間旅をしていると
自分の旅に対するモチベーションが低下する時がある。

まぁ、そう感じてしまうのは
やはり自分が一カ所に留まっている時なんかがそうだろう。

前に進むことが若干義務化し、出会った長期旅行者の中には
「早く帰りたいんですけどね」なんて言う人間もいる。

長く同じ場所に留まり過ぎると移動するのも億劫になってくる。

人間の自己防衛機能のベースは自分の生命が
場所を移動すること(変化)によってリスクに晒されないように
しているんだろうな。

 

 

こんなつまらないことを考える暇もなしに
さっさか進んでしまうのがベターだろう。

旅の基本は別の場所に移動することだからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

9時を

過ぎると宿のスタッフがぺちゃくちゃとお喋りを始めた。

壁側を向くようにして寝返りを打ち、無理矢理に寝た。
起きたところでなにかやりたい気持ちは起こらないだろうから。

結局ドミトリーの外に出たのは11時。

空は快晴だった。

 

 

 

 

僕は寒がりなのでシャワーは昼前に浴びることが多い。

体をさっぱりさせると、
宿の中庭のコンセントがある席でパソコンを広げた。

IMG_8628

 

 

このブログはWordPress(ワードプレス)というソフトを
使って書いている。

サーバーはheteml(ヘテムル)という会社のもので、
年間1万8千円を支払って借りている。

っていうかサーバー代一日で広告収入で稼ぐってすごくね??!!
あ、「カエルダッシュ」のことです。

 

 

旅に出る前は準備ブログをアメブロで書いていたのだけれど、
自分の必要以上の機能や広告がうざったくなって、
自分の好きなように管理出来るようにサイトを立ち上げたのだ。

直接の面識はないが同世代に世界一周をした青木優くん
という男の子がWordPressを使っていたので、
その影響を受けたのもある。

ネットのスキルが全くなかったので
サイトを作る時はえらく苦労した。

 

 

一通り形になってしまうと、
僕は余計な手を加えずにミニマムなサイトを開くことにした。

ブログを書いてアップしておしまい。
時々自分の漫画をサイトにアップする。
ネット広告なんて難しそうなものはやらない。
それをサイトに組み込むのにも時間がかかるし、
そんなことをするなら旅を楽しもうと思ったからだ。

こうして個人でサイトの運営をしているわけだけど、
めんどくさいのがWordPressやその他の機能のアップデートだ。
ほら、スマートフォンのアプリもアップデートするでしょ?

 

 

今日はブログの話。

いっちょまえにWordPressなんて使っているけど、
全然分かんないんだから。

 

 

 

 

更にめんどくさいのが

サイトの「バックアップ」だ。

IMG_8621

あ、近所のスーパーっす。

 

 

WordPressを解説しているサイトなんかを覗くと、
ちょいちょいバックアップの大切さについて説かれている。

 

 

「いつなんどき不測の事態が発生するとも限りません。
バックアップは必要不可欠です!」

なんて書かれている。

 

 

ねぇ、バックアップって分かる?

ゲームに例えるとセーブ。
ブログの記事や写真をどこか別の場所に
記録しておかなくちゃいけないってこと。

その「不測の事態」って一体いつ起こるのだろう?
そんな風に書かれちゃうとますますWordPressに手が付けられなくなった。
余計なことはせずに現状維持。これも保守だ。

 

 

 

 

だが、いよいよ今日は
そのバックアップとやらをやってみることにしたのだ

 

 

 

Wi-Fiも調子がいい。

えっとまずはバックアップからだろ?

えっと、う~~~~~ん…。

IMG_8620

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうして時間は
あっという間に過ぎた。

 

同じ宿に泊まっているマコっちゃんは
遠距離恋愛中の彼女とダラダラと喋ったあと、
14時くらいにどこかに出かけて行った。

僕はサイトをいくつも見て、バックアップに悪戦苦闘。
煙草も何本も吸った。

ったく!なんでこんなに分かりにくいんだよ!
ってか専門用語多過ぎなんだよ!

 

 

作業内容は

「ブログのバックアップ」
→「WordPress、その他の機能のアップデート」
→「元に戻った設定を再びカスタマイズ」

ということなんだけれども、
地味に時間がかかったし、精神的疲れた。

一回どこかでWordPressのワークショップに
参加した方がいいかもな。

 

 

 

 

 

 

 

17時過ぎに

マコっちゃんと一緒にバスのチケットを買いに行った。

IMG_8630

 

 

向かうはサンクリストバドル・デ・ラスカサスという町

オアハカから安く行く場合は途中のトゥクストラという町まで行き、
そこからバスを乗り換えるそうだ。

 

 

 

二等バスのターミナルはメルカドのすぐ近くにあった。

マコっちゃんはグアテマラとメキシコを何度か行き来していたので、
既に場所を知っていた。

こういう時に場所を知っている人がいるとかなり助かる。

僕が独りだったら、宿のスタッフにターミナルの場所を訊いて、
メルカドの近くで「キエロ・イル・トゥクストラ!オートブス!」
って連発して場所を特定したことだろう。それもそれで面白いけどね。

 

 

 

バスターミナルの入り口は隠れるようにしてあった。

ターミナル内にはいくつかバス会社や目的地ごとにブースが別れており、
ベンチの他に小さな飲食店や売店がいくつかあった。
どこでも見かけるようなバスターミナルだ。

IMG_8631

 

翌日発のトゥクストラ行きで320ペソ(2,203yen)。

8時間の移動でこの値段なら安いだろう。

なお、トゥクストラからサンクリストバドルまでは
50ペソ(400yen)で行けるとのこと。こっちも安いね。

IMG_8633

 

 

 

 

 

バスチケットを買った後、マコっちゃんとは別れた。

僕はソカロでバナナチップスを買って宿に戻った。

 

 

やる気というヤツはかなり厄介だ。

宿に戻った僕はもう何かをするモチベーションは
完全にどこかへ消え失せてしまった。

「何か」と言うのは
漫画を描くことと、日記を書くこと、情報収集など。

 

 

腑抜けた僕が見始めたのは

SAMURAI CHAMPLOO(サムライチャンプルー)

というアニメだった。

 

 

以前からこの名前は知っていたが、
特に自分から見ようという気はしなかった。

もともと僕はそこまでアニメを観る方ではない。

いくつかの名作があって、気になったらそれを観るくらいだ。

ただ、旅をしていてごくたまに、
アニメ好きの外国人がこのアニメの名前を知っていることがあった。
海外的にも有名なアニメらしい。

 

 

調べてみるとこのアニメが
渡辺信一郎監督の作品だということが分かったのだ

というのも、僕が観てきた数少ないアニメの中で
同監督の作品である「COWBOY BEBOP」は最高の出来だった。

アニメながらに大人向けの渋い設定、
散りばめられたジャズ、世界観。

 

おいおい!これ観るっきゃないでしょーーーっ!

 

 

YouTubeにアップされている字幕つきのアニメを
片っ端から再生した。もう誰も僕を止められないゼッ!

とりあえずかっちょいいオープニングだけ。

 

 

 

気がついた時には宿の中庭のベンチにいるのは
僕だけになっていた。

なんせ一話24分を10本みたんだからね。

って今何時だ…?

 

 

満足してベッドに横になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

深夜一時半。

 

 

「ドンッ!!!パン!
ドドンッ!パパン!!」

 

 

どこかのバカが夜中まで喋ってると思ったら、
唐突に「ストンプ」みたいな足踏みと拍手のリズムが始まった

しばらくその音に耐えていたのだが、
誰もヤツらを注意する気配はない。

もう一体どうなってんだよ!この宿!

 

 

一瞬外に出て行って

「バカヤローーーー!
静かにしろ!ファック!」

とでも叫んでやろうかと思ったが、
ここが一泊70ペソ(560yen)の安宿だということを思い出して堪えた。

 

 

iPhoneにイヤホンをぶっさし、モノアイズのアルバムを再生する。

イヤホン越しに音の振動が伝わる。

 

 

 

 

 

「マジウルセェ~~~~~…」

 

 

思わず口に出した。

あと、それと、この宿蚊が多いんだよ…。

————————————————–
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

Facebookページ

旅する雑貨屋”Drift’

Twitter


2 件のコメント

  • シミ君そんなに安宿が嫌いならば、もう少しレベルの高いホテルに泊まる事です、そこは安宿だから其れなりの人間が集まるホテルなんですから。
    今はタイでも600円以下のホテルは殆ど有りませんよ、そして日本に帰れば、5千円以下のホテルはカプセルホテル位だそうです。
    シミ君都心ではアパートも5万以下ならば、風呂無しで酷い場所らしいですよ、私の知り合いの出稼ぎのタイ人も、自給800円のバイトでは生活が厳しいそうです。

    • >JOSANさん

      どうして腑抜けてしまうかは
      自分でも分かっているんですけどね。

      結局は自己管理ができていないということです。
      いくら高くて快適な宿にいても
      あまり変わらないと思います。

      それにしても世界はどんどん値上がりしていきますね。
      一年前のブログでも物価が違ってたりしますもん。
      世界全体が豊かになっているってことなのかな?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!