「掃除とアニメ」

▷ペルー、リマ

 

 

image

image
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 

 

日本人宿「桜子」に来て一週間が経った。

宿の清掃をする代わりに宿泊料を割引してもらっている僕の一日は8:00くらいから始まる。朝シャワーを浴びてそのまま8:30過ぎにnatsukiさんが用意してくれる朝ごはんをいただく。

不思議なもので、朝飯にありつけるのだと分かるとアラームなしでも起きられてしまう。やはり人間は精神力で生活リズムをいともたやすく変えることができるようだ。

そしていよいよ10:00から清掃が始まるのだ。最初は二階のトイレを掃除だ。続いて各客室の掃き掃除、モップかけをし、ごみ箱のごみをひとつにまとめれば掃除は終了。

もしチェックアウトしたお客さんがいればシーツを交換するのも僕の仕事のひとつだ。

 

 

最初は時間がかかった掃除も今では一時間以内に済ませられるようになった。

日本にいた頃は掃除なんて気の向いた時にしかやらなかったけど、こうして宿の清掃をしてみると掃除の大切さが分かってくる。

掃除はできるだけ毎日やった方がいいのだと思う。日を追うごとに部屋がどんどん綺麗になって、その状態を保てるからだ。

なんだかんだ義務教育下の掃除の時間というのは大切なことだったんだなぁと、掃き掃除をしながらよく思うのだ。

image image

 

 

 

掃除が終わるとあとは特にこれといってしなければならないことはない。

パスポートの再発行ができるまでは毎日漫画を描いていた。

気分転換に離れで大声を出しながらギターの練習もできるのもいい♪

新曲も一曲できた。”ripples(さざなみ)”という曲だ。僕の持っているiPhone4Sだとシケだと音しか録音できないので、サイトにアップするなんてことはしないだろう。

 

 
最近立て続けにアニメを二作品観た。
ペルーには日本のアニメの海賊版がわずか100円ちょっとで買うことができるのだ。しかも一枚に10話以上入っている。

ちょうど宿にアニメ好きの女子チャリダー、マホさんという方が一ヶ月以上ここに滞在してた。
マホさんのチョイスで僕が観たのは

 

「化物語」
「魔法少女 まどか/マギカ」

の二作品だ。

image

 

 

最初の作品は日本にいた頃、アニメ好きの弟(トシ)が見ていた。

話は逸れるけど、清水家のDVDレコーダーのハードディスクはトシの観るアニメや映画で殆ど埋まっている。

そんなトシがアニメ観るのは大体深夜帯だったので、バイトから帰ってきた僕はよくそれに鉢合わせた。

この作品は「会話回しが上手い」という印象があった。
内容は主人公の男子高校生が「怪異」と呼ばれるお化け絡みのトラブルを解決していく話。主人公以外の登場人物の殆どが美少女だ。

 
二作目はネットで反響があったのを知っていたが、キャラクターのデフォルメが受け入れられず見ないままでいた。

だが、観てみるとどうだろう?キャラクターの外見とは裏腹に内容は暗く陰鬱だ。ダークファンタジーというカテゴリーに分類されるらしい。こちらはネットで新劇場版まで観てしまった。(マジでよかった!)

どちらの作品も観てよかったと思う。

 
時折マホさんのパソコンからアニソンが流れる。観たばかりのアニメの主題歌だったりすると僕は思わず反応してしまう。

image

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「旅する漫画家」。世界一周後(2013-2016)、現在は海沿いの町に潜伏中。そろそろ旅がしたいぞ!